FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2009/02/13UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーのフルバック、ミチェル・サルガド(33歳)が今週初めのトレーニング中に筋肉を痛め、チームドクターの診断の結果、全治2~3週間であることが判明した。CLノックアウトステージの緒戦となる25日、レアルはホームのベルナベウでリヴァプールを迎え撃つが、今回の怪我でサルガドの欠場はほぼ確定。3月10日にアンフィールドで開催されるセカンドレグには間に合うと見られる。
●イングランド代表との親善試合でシャビ・アロンソのパスを受け、相手DFを巧みに交わして先制ゴールを入れたビジャ。このゴールで代表6戦連続ゴールとなりザラ、クバラの二人がマークした5戦連続ゴールの歴代記録を抜き去った。ビジャは対ボスニア代表、アルメニア代表、エストニア代表、ベルギー代表、チリ代表戦でゴールを決めていた。代表キャップ数42を数えすでに25ゴールを記録しているビジャ。歴代ゴール数でもラウル(44)、イエロ(29)、モリエンテス(27)、ブトラゲーニョ(26)に続く5位につけている。ラウル以外の記録はここ数試合の活躍次第で十分に抜く可能性が高い。
●バルセロナは、FCポルトのDFブルーノ・アウベスの獲得に乗り出す構えのようだ。ポルトガルの『ディアリオ・ジ・ノティシアス』紙によると、バルセロナはこのポルトガル代表の獲得に向けて、来シーズンからの5年契約を提示する準備があるとのことだ。同紙はまた、バルセロナのグアルディオラ監督は早くからアウベスに目をつけており、今シーズンの初めにも同選手の獲得に動いた経緯があると報じている。
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督の来シーズンの去就をめぐり、レアル・マドリーの周辺で動きがあるようだ。アンチェロッティには、チェルシーも来シーズン以降の監督候補として興味を示していると推測されているが、イタリアの各メディアはレアル・マドリーが本命であると考えているようだ。事実、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙は、「アンチェロッティ監督は、イングランドよりもスペインでの仕事に興味を持っているようだ」との見解を示し、『コリエーレ・デッロ・スポルト』紙も「同監督はマドリーでの経験に魅力を感じているようだ」と報じている。
●イングランド代表MFのフランク・ランパードは、11日に行われたスペイン代表との親善試合(2-0でスペインが勝利)の後にコメントし、「スペインは世界一のチームだ」と、その強さに脱帽した。「現時点でスペインは世界一のチームだと思う。ここ数カ月に行われた1試合1試合で、それを証明してきた」さらに、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督も、スペイン代表の戦いぶりを次のように称賛した。「スペインは同じスタイルを守って戦っている。昨年のユーロ(欧州選手権)を制した時と同じスタイルでね。それは、ピッチの上で極めてよく機能している。周知の通り、スペインは世界一の中盤を擁して入る。相手ボールのときにはプレスをかけてくるし、自分たちがボールを持っているときには、それを簡単には失わない。もしミスをすれば、彼らはそれを見逃さない」一方、翌日この試合の様子を伝えたイングランドのメディアは、「スペインがイングランドのフィジカルサッカーを葬った」などの見出しで、この敗戦を伝えている。
●ポーツマスは解任したトニー・アダムス前監督の後任探しをしているが、イングランド代表戦から戻ったばかりのGKデイヴィッド・ジェームズが、チームをプレミアリーグ残留に導くのはスヴェン・イェラン・エリクソン氏が適任と話した。
●チェルシーの新監督に就任することになったフース・ヒディンク氏が12日、選手と初めて顔を合わせた。ロシア代表と兼任で、今季末までチェルシーを率いることになったオランダ人指揮官は、コバムで行われたトレーニングセッションを視察した。
●ゼニト・サンクトペテルブルクを昨季のUEFAカップ優勝に導いたディック・アドフォカート監督は、キャプテンのアナトリ・ティモシュチュクが今季終了後にバイエルン・ミュンヘンへ移籍することについて、もはや諦めの境地にいるようだ。29歳のウクライナ代表は今年、1400万ユーロ(約16億3000万円)でバイエルンに加入することになっている。
●今季ジェラード同様ハムストリングの怪我に悩まされたトーレスは「リヴァプールでスティーヴィーの代わりはいないよ。チームシートの最初に彼の名前が来て、それから残り10人の名前が連なる。彼は僕らのリーダーであり、クラブの象徴なんだ。でも、ハムストリングの怪我はリスキーだと僕は経験から知っている。もし負傷したら、その回復を待つしかない」と、ジェラードには完全に怪我を治してからチームに戻って来てほしいと語った。
●マンチェスター・ユナイテッドMFライアン・ギグス(35歳)が、クラブとの契約を1年間延長した。今回の契約更新により、ギグスは2010年6月までオールド・トラフォードでプレーすることが決まった。
●ベッカムは「ACミランのお陰で、自分は好調を維持できている。数か月前よりも確実にコンディションは良い。この1か月半で、コンディションは100%まで回復した。とても重要なことだ」とコメント
●トレゼゲは「コンディションは良く、出場への意欲に溢れている。早く得点を挙げて歓喜したいよ。ここ数日間ハードな練習を続けており、再び試合に出場できるコンディションに戻ったことが嬉しい。チームに貢献する準備は整っている」
●ランパードは「今後も勝ち点を取りこぼすようなことになれば、さらに順位を下げる危険もある。最大限の注意を払わなければならない」とコメント。一方、テリーは「ヒディンクは経験豊富な監督であり、彼の下、我々は適切な改善策を見つけることができるだろう。監督と我々選手は力を合わせて、目の前の大きな課題を乗り越えていかなければならない」と意気込んだ。
●『スポーツ・エクスプレス』紙がチェルシーの関係筋から入手した情報によると、解任されたルイス・フェリペ・スコラーリ前監督の後任として同クラブを率いることが決まったオランダ人監督のフース・ヒディンクは、5月末までチームを率いる報酬として250万ユーロ(約2億9000万円)を受け取るようだ。
●アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ監督は、11日に行われたフランスとの親善試合(2-0で勝利)におけるチームの活躍に満足の意を表し、「アルゼンチンは非常に高いレベルで戦った」と、選手をたたえた。「スコットランド戦以来、チームは大きく成長した。代表クラスの選手はほかにもいるが、招集されるためには相当頑張らなければならないだろう。なぜなら、昨日のアルゼンチンは非常に高いレベルで戦ったからだ。これはうれしいニュースであるし、わたしはこのチームに誇りを感じている」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.