UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/07UEFAサッカー情報
●スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は6日、イングランドとの親善試合に臨む代表メンバーを発表、バルセロナのジェラール・ピケとセルヒオ・ブスケツの若手2名が初招集された。元マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、ピケ(22歳)と、MFのブスケツ(20歳)のほか、バルサからはチャビ、プジョル、イニエスタが選出された。また、リヴァプールからもトーレスを含め5名が選出されている。デル・ボスケ監督は、「我々は一歩ずつチームを前進させ、将来に備えなければならない」と若手の招集について説明した。スペインは2月11日にセビージャでイングランドと対戦する。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、ジェラール・ピケとセルヒオ・ブスケツの若手2名がスペイン代表に初招集されたニュースを聞いて大喜びした。この2人のほかにバルサからは常連のチャビ、アンドレス・イニエスタ、カルレス・プジョルが選出されているが、全員がバルサのカンテラ(ユース)育ちだ。ラポルタ会長はマルカ紙の取材に応え、「(ピケとブスケツの)2人ともこれまでよくやってきたし、代表に選ばれたことはバルサや選手自身、そして監督にとって大きなメリットとなる。彼らのがんばりが報われたということだし、バルサのカンテラは多くの才能を抱え、システムがうまく機能しているという証明にもなった」と話した。
●スペイン国王杯準決勝第1レグ対マジョルカ戦。アンリの先制点をお膳立てしたのがボージャンだった。右サイドでボールを持ったボージャンは、アンリが入り込むタイミングを見計らって絶妙のセンタリング。アンリがフリーの状態で合わせられるピンポイントのセンタリングだった。今シーズンはアンリ、エトー、メッシの活躍でリーガではほとんど先発出場の機会が与えられていないが、国王杯ではベスト16対A・マドリー戦で1ゴール、ベスト8対エスパニョール戦でも2ゴールを挙げるなど若いエースがチームを引っ張っている。昨シーズンと比較しボージャンは、「昨シーズンはFWの交代では僕が出たりしていたけど、今シーズンはそういうプレッシャーはないね。まだ、リーガは5か月間残っている。別に不満はないよ」と語った。
●オランダ代表のベルト・ファン・マルワイク監督は、レアル・マドリーに所属するラファエル・ファン・デル・ファールトおよびクラース・ヤン・フンテラールのクラブに置かれた現状を嘆いた。このオランダ代表2選手はレアル・マドリーのファンデ・ラモス監督からスタメン扱いされておらず、出場時間もあまり与えられていない。マルワイク監督は、この状況について次のように述べた。「現在起きていることに満足などできるわけがない。なぜなら、選手たちには毎週試合に出ていてほしいからだ。今のところ支障があるとは言えないが、このままの状況が続くようなら、近い将来問題が生じる可能性もある」
●ナポリのエディ・レヤ監督が今季末でクラブ幹部に転身することから、デ・ラウレンティス会長は次期監督にロベルト・マンチーニ氏を考えていると、イタリアのメディアが報じた。
●チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦が近づいているが、インテルと対戦するマンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドが敵の指揮官に反論した。今年初め、インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は、インテルのFWズラタン・イブラヒモヴィッチのほうが、バロンドールを受賞したロナウドよりも優れたプレーヤーだと話していた。「僕はどんな人の意見も尊重するよ。だけど、肝心のトロフィは僕の家にあるんだ。インテルは何人かのすばらしい選手がいる強いチームだ。だけど、僕らのほうが彼らよりいいチームだから、僕らが勝つと信じている。彼らを倒せば、ファイナルへまた一歩近づくことだからね」
●アイルランド代表のジョヴァンニ・トラパットーニ監督が、ロビー・キーンが冬の移籍でリヴァプールからトッテナムへ復帰したことを歓迎した。
●リヴァプールではラファエル・ベニーテス監督の構想に合わず、早々とトッテナムに復帰したロビー・キーンが、監督が違えばアンフィールドでもうまくやれたはずと告白した。ベニーテス監督はキーンについて、自分の戦術に合わなかったことと、リヴァプールでの期待の大きさに対処できなかったと語っている。「選手やラファ、スタッフみんなの幸運を祈っているよ。僕は誰かと確執があったわけじゃない。僕は大人だし、他人をリスペクトしている。僕はラファの選んだメンバーを尊重するよ。僕はただ彼の好みのプレースタイルには合わなかったんだ」
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督は、シーズン終盤に向けて、負傷者が減り、選手のフィジカルコンディションが整ってきたことに満足している。同監督によれば、昨年はもっとひどい状態だったため、今季は楽観的に考えられるという。
●先月28日のフランス杯リヨン戦で相手GKと激突して頬骨を骨折したマルセイユFWのバカリ・コネ。レキップ紙によると、経過は良好で手術を受けずに患部を固定し、癒合を待つことになった。全治3週間と診断され、8日のボルドー戦は欠場するコネだが、母国コートジボワールでは11日の国際親善試合トルコ戦の代表メンバーに入り、驚きを呼んでいる。
●リッピ監督は「ベッカムは、(ASローマとの)デビュー戦でいきなり素晴らしいパフォーマンスを披露した。レギュラーにも定着し、得点も挙げる活躍でチームのバランスを保っている。彼の態度と協調性は偉大な選手の証とも言える」
●冬期移籍市場の最終日となった2月2日にインテルからチェルシーへレンタル移籍したポルトガル代表MFリカルド・クアレスマ(25)。今季開幕前にジョセ・モウリーニョ監督の要求に応じる形でポルトから獲得したクアレスマが、わずか半年でチェルシーにレンタル移籍…。電撃移籍の裏にはチェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(30)のインテル移籍が絡んでいるのではないか?との報道も浮上している。
●トリノからウエストハムにレンタル移籍中の元イタリア代表FWダビド・ディ・ミケーレ(33)が、ウエストハムへの完全移籍を望んでいることが明らかとなった。
●インテルのジョセ・モウリーニョ監督は6日、7日に控えるセリエA第23節アウェーのレッチェ戦で6試合ぶりにFWマリオ・バロテッリ(18)を招集した。出場機会増を望むバロテッリは退団を示唆するなど、モウリーニョ監督との間に溝が出来ていた。「今のバロテッリは、私が望む姿を見せている。私の指示通りにするのではなく、自ら積極的に練習に打ち込めば、将来は完璧な選手となることだろう。前向きな姿勢を取り戻し、とても嬉しく思う。」
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、1月11日のセリエA第18節のASローマ戦以降先発落ちが続いているブラジル代表MFロナウジーニョ(28)の起用法について語っている。「ロナウジーニョはコンディションも良く、試合に出場させるつもりだ。彼は今まで通りにトップ下で起用する。カカとパトのスピードは今のACミランに不可欠であり、ロナウジーニョが出場する場合は、彼らより後方の位置が妥当だろう。しかし、チームが結果を出している状態でのメンバー交代は難しい…」と歯切れの悪いコメント。
●イングランド・プレミアリーグは6日、2010年から3シーズンの同リーグの生中継(英国内)の放送権を、英衛星テレビ大手BスカイBとアイルランドの有料テレビ局セタンタの2社が獲得したと発表した。入札による放送権料の総額は17億8200万ポンド(約2400億円)。3年前に結んだ07年から3シーズン分の現在の契約額を約5%上回った。
●パリ・サンジェルマン(PSG)のセルビア人FWマテヤ・ケジュマンは、4日に行われたフランスリーグカップ準決勝、対ボルドー戦(0-3で敗戦)の試合直後にユニホームを地面に投げつけたことを理由に、チームから15日間の謹慎処分を受けた。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は来週11日に行われるスペインとの親善試合を前に、対戦チームの強さを認めつつも互角に戦える自信のほどを見せた。「スペインは素晴らしく、スピードのあるサッカーをする強いチームだ。だが、いかに強力なチームだとしても、イングランドは対等に戦うだけの力を持っている」
●バイエルン・ミュンヘンのフランス人MFフランク・リベリーが、フランスの『ル・モンド』紙とのインタビューで、クラブを離れる可能性を再びにおわせる発言をしたことが注目を集めている。「バイエルンでの居心地は非常によい。僕はクラブと2011年までの契約を結んでいる。皆、僕にとてもよくしてくれるし、ドイツ語もだいぶ上達した。だが、ビッグクラブが僕に興味を持っていてくれるとなれば、無関心でいるというわけにはいかないだろう。今後どんなことが起こるのか見てみようじゃないか」
●LA・ギャラクシーは約8カ月後に契約が終了するベッカムを必要な戦力として計算しているものの、同選手の売却によって得られる経済的なメリットを考慮すると、その扉が開かれる可能性もある。イタリアの『カゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、ミランはベッカムに「年俸450万ユーロ(約5億3500万円)に加え、肖像権も選手側に帰属させる」というオファーを提示することを決定したとのことだ。これはベッカムにとっても、LA・ギャラクシーから受け取っている条件に近いかなりの好待遇である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。