UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/05UEFAサッカー情報
●CL圏内が最低の目標である今シーズンのA・マドリー。しかし、国王杯もバルサに敗れベスト16敗退。リーガではCL圏内どころかUEFA圏内争いの7位と低迷している。この状況打開のためクラブが選んだ最初の手段が、アギーレ監督だ。新監督に選ばれたのが選手としてもA・マドリーGKとして活躍したアベル・レシノ氏だ。「夢がかなった。最初はアリゴ・サッキ監督の下で指導者(GKコーチ)となった。A・マドリーのトップチームの監督になるのは夢だった」と喜びを露にしている。「大事なのはチームが自信を取り戻すこと。とにかく自分ができる力全て、それ以上をだして目標の4位以内に入りたい」
●セビージャのFWアルナ・コネが、今週にもチームに合流する見通しとなった。昨年夏にコートジボワール代表として出場した親善試合で左ひざを故障し、現在はベルギーで手術後のリハビリを行っているコネについて、メディカルスタッフ主任のフアン・リバス氏はその順調な回復ぶりを明らかにした。「ひざの状態はもう問題がない。リハビリの最終段階に入り、今後どの程度プレーに適応できるかを見ていくことになる」
●アトレティコ・マドリーのFWディエゴ・フォルランは、ハビエル・アギーレ監督からアベル・レシーノ監督への指揮官の交代劇について、自身の素直な感情を表した。このウルグアイ代表FWは、大きく心を痛めていることを明らかにした。「アギーレ監督がチームを去り、皆がショックを受けている。これは誰にとっても、好ましくない状況だ。アギーレ監督を解任することは最も安直な方法だっただけで、彼に大きな問題があったとは思えない。チームの不調の原因は、実際にピッチでプレーする選手の側にある。問題を解決しなければならなかったのは選手だというのに、僕たちは良いプレーができずに、多くのミスを繰り返してきた。僕は今、チームメートと同じように、アギーレ監督を解任に追い込んでしまった責任を感じている」
●過去19年間プレミア優勝から遠ざかっているリバプールだが、MFシャビ・アロンソは、「今シーズン、その歴史にピリオドを打てない理由は見つからない」と、改めて国内リーグ制覇への熱い思いを語った。先週末のチェルシー戦を2-0で制したリバプールは首位マンチェスター・ユナイテッドを2ポイント差で追いかけている。
●アーセナルは3日、ゼニト・サンクト・ペテルブルクのロシア代表MFアンドレイ・アルシャビン(27歳)との契約がついに成立したと発表した。アルシャビンは移籍期限の2日に、アーセナルと長期間の契約(3年半と言われている)に署名。プレミアリーグが3日午後になってようやくこの契約を承認したため、晴れて発表の運びとなった。
●チェルシーが0-2で敗れたリバプール戦でレッドカードを受けて退場となっていたフランク・ランパードについて、サッカー協会はランパードの訴えを認めて、処分を取り消した。これで今後の試合の出場停止処分はなくなる。
●ユベントスの長身ストライカー、アマウリはイタリアとの親善試合に向けてブラジル代表に初招集されたが、ユベントスが拒否したため、代表デビューはお預けになった。それに関して、3日午前にアマウリがブラジル代表を選ぶといった趣旨の発言をしたとメディアに報じられたが、同日夜、選手本人が発言の意図が間違ってとらえられたことを説明した。
●イタリア代表のマルチェロ・リッピ監督は先日、「マルディーニはサッカー界から引退する前に、そのことを世間に公表しなければならない立場だ」と語り、ACミランのDFパオロ・マルディーニ(40)のイタリア代表招集を検討していることを明かした。リッピの呼びかけに応じるように、マルディーニも現役引退前にもう一度イタリア代表のユニフォームに袖を通す意思があることを明かした。
●LAギャラクシーからACミランへ期限付きで移籍入団し、既にレギュラーの座を獲得してチームに大きく貢献しているMFデビッド・ベッカム(33)。期限後もACミラン残留が噂される中、夫人のヴィクトリアさんも「デビッドはACミランでプレーすることに喜びを感じている」と明かした。
●冬期移籍市場最終日となる2月2日にインテルからチェルシーへの電撃移籍が成立したポルトガル代表MFリカルド・クアレスマ(25)が、新天地での飛躍を誓った。「プレミアリーグはセリエAに匹敵する素晴らしいリーグであり、今度こそ自分の実力を発揮したいと願っている。チェルシーのようなビッククラブでプレーする機会を得て、とても幸せだ。チームに相応しい活躍をしたい。期待してくれているスコラーリ監督には感謝している。チェルシーの目標を達成する手助けをしたい。自分のクオリティと価値を存分に発揮したい」
●モラッティ会長は、モウリーニョ監督との強固な関係をアピールした。モラッティ会長は「我々の絆は強い。私は彼の全てを評価している。彼は常に私を刺激してくれる存在だ。彼は熱狂をもたらし、さらにクラブに対する世間からの関心も高めることに成功した」
●ガリアーニ副会長は「ロナウジーニョが控えとなっていることはとても申し訳ない気持ちだ。しかしながら、現在の布陣でチームは結果を出しており、今後も慎重に状況を見守らなければならない。ロナウジーニョは偉大な選手であり、今季前半戦でそのことを証明してくれた。監督と共にロナウジーニョ起用についての解決策を見つけなければならないと考えている。しかし、今は可能な限りの勝ち点を稼ぎ、前進していくことが重要だ」
●欧州サッカー連盟(UEFA)は、将来的に五輪を20歳以下の大会にして、制限年齢以上の選手が出場できるオーバーエージ(OA)枠も撤廃するという国際サッカー連盟(FIFA)の提案を支持する姿勢を3日、打ち出した。
●スポルティング・リスボンのMFミゲル・ベローゾの移籍希望はかなわなかったようだ。ベローゾはパウロ・ベント監督と折り合いが合わず、かねてからチームを出る意思を明らかにしていたが、クラブはボルトンからのオファーを却下したことを明らかにした。
●元スウェーデン代表FWのヘンリク・ラーションが、現役復帰を果たす可能性が出てきたようだ。昨シーズン末でヘルシンボリとの契約を満了したラーションは、引き続き同クラブで“スケートのないアイスホッケー”にも例えられるフロアボールの選手としてプレーしていた。だが同クラブの情報筋によると、ラーションはこの北欧発祥のスポーツから身を退くことを決断したとのことだ。これにより同選手のサッカー界への復帰がまことしやかにささやかれ始めている。
●バイエルン・ミュンヘンは、ボルシア・メンヘングラッドバッハの若手MFアレクサンデル・バウムヨハンの移籍で合意に至ったことを明らかにした。
●元フランス代表のDFリリアン・テュラムは、『ル・モンド』紙とのインタビューの中で、昨年12月、ニコラ・サルコジ大統領から内閣入りの話を持ちかけられたが、断っていたことを明かした。
●ゼニトは「両クラブ間での合意により、アルシャービンの移籍は正式に決定した」との声明を発表する一方で、同クラブのスポークスマンを務めるアレクセイ・ペトロフ氏は次のような興味深いコメントを残した。「ゼニトはとても良い条件で交渉を行うことができた。われわれの口からは1200万ポンドなどといった数字は出てきていないはずだ。実際の金額はそんな程度のものではない
●リバプールでの活躍を期待されながらも思うように実力を発揮できないままトッテナムに復帰したキーンは、同クラブの公式サイトで心境をこう語っている。「リバプールでは難しい時期を送ったが、過去を嘆くのは意味がない。トッテナムでの再出発を楽しみにしている。(今シーズン途中の)就任以来、素晴らしい仕事を成し遂げてきたハリー・レドナップ監督と一緒にトレーニングするチャンスに恵まれて、自分はとても幸運だと思う」
●オランダ1部リーグのアヤックスは3日、ヘラクレス相手にホームで2-2と引き分け、優勝がさらに遠のいた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
踊る腰
腰って勝手に動くもんなんだなw
動かないでねって言われたけどそんなん無理だわwwww
怒りながら喘いでて激しくするから中出ししちまったよw

http://csnpg.net/iz_dl/
オレも気持ちよかったのに、5万ももらっちゃっていいのかね(;=∀=)43690
2009/02/05
(木) 00:57:56 | URL | たけしんぐ #BWgGc7Fk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。