UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/27UEFAサッカー情報
●2000年から6年間レアル・マドリーの会長を務め、夏に実施される会長選に立候補したフロレンティーノ・ペレス氏が、“自分が会長に当選したらアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督を指揮官に任命する”と示唆したのを受け、アーセナルのピーター・ヒルウッド会長は「ヴェンゲルはアーセナルに残る」と噂を一蹴した。
●リーガ対デポル戦で1-0の勝利を飾ったR・マドリー。しかし、試合内容は改善された感がまったくない。攻撃はカウンター重視で、スピードで相手を翻弄する。最後はロッベンのスピード頼み。R・マドリー全盛期の華麗なフットボールからは程遠い。サポーターの不満は、ミスが多い選手へ当然向けられてしまう。デポル戦で標的となってしまったのがラウルと交代して出場したドレンテだ。ブーイングで迎えられたドレンテは、左サイドでボールを受けるとスピードに乗ってドリブル突破にかかるも滑って転び再び大ブーイングを浴びてしまう。試合後、明らかに落ち込んでいた様子のドレンテ。「毎日家に帰って何が自分に起こっているのか考えている。僕はR・マドリーのために全てを尽くしているつもり。本当にショックだね。こういう事はフットボールでは普通だし、精神的に強くならなくちゃいけない。こういう時を乗り越えるためにも助けが必要だ」と語った。
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は、25日のデポルティボ戦で苦しみながらも辛うじて1-0の勝利を収めた戦いぶりついて、次のようにコメントした。「できるだけ良い勝ち方ができるよう心掛けているが、重要なのは勝つことだ。前半は良かったが、後半に入りペースダウンしてしまった。しかし、最後には勝ち点3を手に入れることができた。最少得点差ではあるが、われわれはこの勝利に満足しなければならない」
●バルセロナのキャプテンであるカルレス・プジョルは、ラジオ・マルカとのインタビューで「リーガ(エスパニョーラ)の後続チームはバルサの“スランプ”を期待している」というコメントに対して、次のように応えた。「どこのチームにも不振はつきものだが、バルサはすでにこれを経験し、そして克服している。リーガの最初の2試合(ヌマンシア戦0-1、ラシン戦1-1)がそうだった。つらい経験だったが、僕たちはチームの戦い方を信頼して乗り切った」だが、プジョルは3冠(リーガ、チャンピオンズリーグ、国王杯)の可能性については、あくまで慎重なコメントを残している。「シーズンは長いし、まだ僕たちは何のタイトルも獲得していない。3冠達成は決して容易なことではない。例えば、国王杯はあと1試合落としたら、それで終わりだ」
●バルセロナのFWリオネル・メッシは、地元テレビ局TV3の番組『ハットトリック』の中で、「ロナウジーニョはチームに貢献したが、最後にはクラブやファンから不当な扱いを受けた」とコメントした。メッシは同番組の中で、「この先何年もバルサでプレーしたい」と自身の気持ちを強調したものの、将来クラブが同選手を放出する可能性もあることを指摘した。「どんなことでも起こり得る。ロナウジーニョだってあれだけチームに貢献したのに、最後にはクラブやファンから不当な扱いを受けてほかのクラブへ移籍してしまった」しかし、最後にはバルセロナファンに心強いメッセージを送っている。「ファンは何も心配することはない。僕の気持ちはみんな分かっているはずだ。環境を変えるつもりはない。僕の言葉は100%真実だ」
●ポーツマスが、ウェストハムのヘイデン・マリンズ(29歳)とFCポルトのペレ(21歳)のMF2選手を獲得したと発表した。
●インテルのFWアドリアーノは26日、前日のセリエAのサンプドリア戦(1-0でインテルの勝利)で相手選手を殴ったとして、3試合の出場停止処分を受けた。
●イタリア人GKカルロ・クディチーニ(35歳)は26日、優勝争い中のチェルシーから残留争い中のトッテナムへ移籍した。移籍金は発生しない。早ければ27日のストークシティ戦に出場できる。
●ブラジル代表のドゥンガ監督は26日、ロンドンのエミレーツスタジアムで2月10日に行われるイタリア代表との親善試合のメンバーに、ミランのFWロナウジーニョを呼び戻した。ロナウジーニョは9月にホームで行われたボリビア戦で精彩を欠き、その後の3試合の代表戦には招集されなかった。また、セリエAの試合で相手選手を殴ったとして3試合の出場停止を受けたばかりのアドリアーノも招集された。
●中村俊輔のチームメイトでもあるセルティック主将ステフェン・マクマナスにニューカッスル移籍の噂が流れている。
●マンチェスターUのMFマイクル・キャリックがこのところ急激に評価を高めている。プレミアリーグ首位をひた走るマンUの前半戦のチーム内MVPはクリスティアノ・ロナウドでもウェイン・ルーニーでもなく、中盤で安定したプレーを見せるマイクル・キャリックだと言われている。ここまで出場は15試合と決してフル稼働というわけではないが、毎試合高レベルのプレーを見せているキャリック。FAカップトッテナム戦でも、英メディアから“今シーズンのベストパス”と評されるほど素晴らしいパスをベルバトフに通し、勝利に貢献した。
●第19節アタランタ戦で1-3惨敗を喫したことでチーム内に隙間風が吹いていると報じられていることについて問われると、「新聞は読まないことにしている。しかし、批判を迷惑だとは感じていない。自分は中傷や批判で落ち込むことはない。『逆境を跳ね返してやる』という刺激を感じるが」とイブラヒモビッチ。
●「3か月後には必ずピッチに戻るつもりだ。医師団からは、『馬鹿な奴だ』と言われているよ。日々、限界ぎりぎりまでリハビリに取り組んでいるからだろうが。ただ、何と言われても我流を変えることはできない」とガットゥーゾ。
●パヌッチの代理人を務めるオスカー・ダミアーニ氏「クリスティアンは偉大な人物であり、プロフェッショナルでもある。また、経験豊かな選手であり、何らかの責任は取るはずだ。彼は既に結論を出している。私は他に何も付け加えることはできない。パヌッチは他クラブへの移籍を望んでいる。」
●チェルシーのナイジェリア人MFジョン・オビ・ミケル(21)が24日早朝、飲酒運転で捕まったことが明らかとなった。26日付けの英紙“Sun”は「25日にFA杯4回戦イプスウィッチ・タウン戦を控えたチェルシー。同試合でオビ・ミケルのターンオーバーを考えていたスコラーリ監督は、飲酒運転で捕まった彼に激怒している」と報じた。
●ACミランに期限付きで移籍中のイングランド代表MFベッカムが、移籍期間延長の可能性を示唆したことが26日、分かった。英メディアなどによると、「3月まではミランにいる。その後は、どうなるかな。今は、プレーに集中したい」と話したという。
●2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕まで500日となった26日、同大会の組織委員会がヨハネスブルクで記者会見し、コザ会長は、「W杯の開催は、わが国に多大な遺産を残すだろう」と開催の意義を強調した。
●ゼニトは26日、所属するロシア代表MFアルシャビンの移籍で、イングランド・プレミアリーグのアーセナルとクラブ間合意したと発表した。ゼニトは、同選手とアーセナルが条件面で同意すれば、移籍が成立するとしている。
●ボルドーのジャン=ルイ・トリオー会長は、同クラブがローラン・ブラン監督との契約を2シーズン延長したことを発表した。
●イングランド・プレミアリーグは、1992年に発足して以来の観客動員数が間もなく2億人の大台を突破しようとしている。プレミアリーグは前身のフットボールリーグ・ディビジョン1を改編し、1992年の8月15日にスタート。以降、これまで通算6543試合が催され、延べ1億9997万7163人の観客がスタジアムに足を運んだ。
●ミランのエメルソンが数日中にもポーツマスに移籍する可能性が出てきたようだ。中盤のテコ入れをもくろんでいるポーツマスは、冬の移籍市場の終了を間近に控え、このブラジル人MFにターゲットを絞ったようだ。
●1カ月以上にも及ぶドイツサッカーの長い冬休みも、ようやく今週で終わりを告げる。まずは27、28日の両日にDFBカップ3回戦が行われ、週末の30日からリーグ戦が再開となる。ベスト8入りが争われるDFBカップでは、シュツットガルト対バイエルン・ミュンヘンという好カードが実現。リーグ再開初戦でハンブルガーSVとの対戦が控えているバイエルンにとっては、後半戦の開始早々から強豪との対戦が続くことになる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。