FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2009/01/21UEFAサッカー情報
●不動のGKに成長したカンテラ出身のビクトル・バルデス。気性の荒さで冷静さを欠き、致命的なミスを冒してしまうことも過去にはあったが、ここ最近は安定したセービングを見せ、サポーターを安心させている。そのビクトル・バルデスに来シーズン強力なライバルが現れそうだ。U-21スペイン代表GKを務めるバジャドリードのセルヒオ・アセンホだ。19歳のアセンホは、2007年12月12日対ビジャレアル戦でリーガデビューを飾る。デビュー以降5試合で1失点という記録を残し、一気に注目を集める。これはカシージャス、カニサレスといったスペイン屈指のGKも果たすことができなかったデビュー記録となる。1.82センチとGKとしては小柄だが、U-17、U-19、U-21と各カテゴリーの代表GKも務め、特に2007年夏に行われたU-19ヨーロッパ選手権では準決勝対フランス代表戦、PK合戦にもつれこんだがアセンホが2本をセーブし、決勝進出の立役者となった。その後、スペインU-19代表はヨーロッパチャンピオンに輝いている。
●バレンシアは、トッテナムからGKセサル・サンチェスを獲得することでクラブ間合意に至った。同選手は、メディカルチェックを経て正式にバレンシアの一員となる。18日のアスレティック・ビルバオ戦で、正GKのレナンを負傷で失ったバレンシアは、リーガ・エスパニョーラでのプレー経験があり、移籍金があまりかからないGKを探していた。セサルはこの条件に合致していたもようだ。
●エスパニョルは20日、マウリシオ・ロベルト・ポチェティーノ監督と今シーズン終了までの契約を結んだことを発表した。ポチェティーノ監督は、11月末に解任されたバルトロメ・マルケス監督、19日に解任されたホセ・マヌエル・エスナル監督に次ぐ、エスパニョルの今シーズン3人目の指揮官となった。かつてエスパニョルの選手としてプレーしたポチェティーノ監督は、クラブやファンからの評価が高く、イバン・デ・ラ・ペーニャやラウール・タムードといった主力選手とも良好な関係を築いている。だが、これまで監督としてプロのチームを指揮したことはなく、経験不足が危機的状況にあるチームに大きな代償を払わせる可能性も秘めている。
●マンチェスター・シティFWロビーニョが、スペインでのトレーニングキャンプを放棄、練習中に立ち去ったことが明らかになった。
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、24日のFA杯イプスウィッチ戦でFWディディエ・ドログバを起用することを示唆、またドログバとの関係は良好だとアピールした。
●マンチェスター・シティがローマMFダニエレ・デ・ロッシに興味を持っていると報道されたのに対し、ルチアーノ・スパレッティ監督は「シティからは何の連絡も受けていない」と答え、デ・ロッシ移籍の噂を否定した。
●マンチェスター・ユナイテッドが20日のリーグカップ準決勝でダービー・カウンティを4-2で下し、2試合合計4-3で決勝へコマを進めた。
●19日に合宿中のスペインのトレーニング場から突如姿を消したマンチェスター・シティFWロビーニョが、「家庭の事情で母国ブラジルに一時帰国した」と失踪の理由を説明、クラブから許可を得ての行動だったと弁解した
●リヴァプールMFジャーメイン・ペナント(26歳)がポーツマスへ期限付き移籍することが決まった。期間は今シーズン終了まで。
●インテルDFマルコ・マテラッツィ(35歳)の代理人が、トッテナム・ホットスパーからオファーが届いたことを明らかにした。
●「ハンブルクやポーツマスなどが、ユベントスのデンマーク代表MFクリスティアン・ポウルセン(28)の獲得に関心を示している」と一部メディアが報じる中、ポウルセンの代理人が移籍の噂を完全に否定している。
●インテルのジョセ・モウリーニョ監督が記者会見に臨んだ。「選手には、『私の9年間の監督人生で、ネガティブだと感じたことは2度しかない。就任直後のポルト時代の0-3敗戦と、一昨日のアタランタ戦の2度だけだ』とだけ話した。しかし、この世の終わりではない。私がネガティブな状況にあるのであれば、その他19チームの監督は何と表現すればいいのだろう?アタランタ戦で唯一ポジティブなのは、メンタルの強さを確認できたことだ。」
●イタリア杯の準々決勝インテル戦を目前に控えた20日、ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が記者会見に臨んだ。「両クラブともに主力数名が不在だが、タイトル獲得に向けての意気込みは高い。また、素晴らしいスペクタクルのために、両チーム共に(現状での)ベスト布陣で戦うことになるだろう。最高の試合を期待している。」
●カカの残留決定から一夜明けた20日、ACミランの主将パオロ・マルディーニが現在の心境を明かした。「カカの移籍が成立するのではと、とても心配していたよ。大騒動となったが、最終的にポジティブな結末となって良かったよ」
●インテルのアルゼンチン人DFニコラス・ブルディッソは、数日以内にイタリアを去ることになるかもしれない。『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙によると、“スパーズ”(トッテナムの愛称)から同選手の移籍についてオファーを受けたインテルは、900万ユーロ(約10億4400万円)の移籍金と引き換えに、これを受けることを決めた。クラブ間の合意が成立した今、残るは選手の合意だけとなった。
●フェネルバフチェは、元ブラジル代表DFのロベルト・カルロスが同クラブとの契約を1年先の2010年まで延長したことを発表した。
●バイエルン・ミュンヘンのFWルーカス・ポドルスキは18日、今年の夏にバイエルンを退団し、ケルンへ移籍することを発表した。ポドルスキは退団にあたって、「最高の形でバイエルンを去るためにも、ブンデスリーガ、ドイツカップ、そしてチャンピオンズリーグで優勝したい」と、残りのシーズンへの意欲を示した。「僕は常に目標を高く掲げてきた。出場機会のないバイエルンに来シーズンも残るなんて意味がないことだ。コンスタントにプレーできなければ、どんな選手だっていいコンディションをキープすることはできない」
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督は、『デイリー・スター』紙のインタビューの中で、「クリスティアーノ・ロナウドはカカ以上の価値がある」と語った上で、同選手のチーム残留に自信を見せた。「世界一の選手であるC・ロナウドの価値は、カカやメッシよりも高い。カカが1億1000万ユーロ(約127億6000万円)なら、クリスティアーノやメッシは、少なくともこれと同じ価値があるということになる。だが、2008年度のバロンドール(世界年間最優秀選手)、FIFA(国際サッカー連盟)年間最優秀選手に選ばれたクリスティアーノの値段は、カカよりもう少し高い1億3500万ユーロ(約156億6000万円)程度といったところだろうか」
●イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのユニホーム胸部分のスポンサーである米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が、2010年5月で切れる契約を更新しないことが21日、分かった。英BBC放送(電子版)が伝えた。
●ドイツ1部リーグでFW大久保嘉人、MF長谷部誠が所属するウォルフスブルクが20日、マクデブルクで下部リーグの2チームと変則的な親善試合(1試合45分)を行い、大久保、長谷部とも目立った活躍はなかった。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.