UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/20UEFAサッカー情報
●バルサの3トップ、エトー、メッシー、アンリの勢いが止まらない。リーガ前半戦を折り返しなんと41ゴールを叩き出した。エトーはリーガ得点王争い首位となる18ゴール、メッシーとアンリがそれぞれ12ゴール、11ゴールで続く。この得点数をリーガで超えているチームは唯一アトレティコ・マドリー(42ゴール)だけだ。R・マドリーは対オサスナ戦の3ゴールでやっと3人の合計得点に並んでいる。
●バレンシアは18日のアスレティック・ビルバオ戦に敗れ、リーガ・エスパニョーラ、UEFAカップ、スペイン国王杯の3つの大会でタイトルを争うという目標が遠のいた上に、同試合で正GKレナンまでも負傷で失ってしまった。
●ボカ・ジュニアーズへの移籍がほぼ確実となりながら、直前に破談となったヘタフェのアルゼンチン人GK“パト”ことロベルト・アボンダンジエリは、18日のリーガ・エスパニョーラのラシン戦では招集されることを自ら避けようとするほど(結局はベンチ入りした)チームに愛想をつかしているようだ
●バルセロナのダニエウ・アウベスは、現在のチーム状況に大変満足しているようだ。今季セビージャからバルセロナに移籍し、期待通りチームの核となっている同選手は、「セビージャの友人が懐かしい」と述べたものの、現在はバルセロナが誇る世界有数の選手たちとのプレーを満喫しているという。「僕は人生において、サッカーから多くのことを学んできたが、それはまだ続いていくだろう。僕はこの美しいスポーツの虜になっている。今は、これまであこがれてきた選手たちが、チームメートとして僕の横でプレーしている。彼らのプレーを間近で見られるのは本当に素晴らしいこと。僕はバルセロナで幸せだ。日々エネルギーが増しており、練習がどんどん楽しくなってきている」「レオ(メッシの愛称)とプレーするのは極めて簡単だ。なぜなら彼は頭の良い選手だから、マークを外す動き、スペースを作る動き、創造的なプレーを的確な状況判断によって行うことができるからだ。世界最強の右サイドだって? 僕の力によるものかどうかは分からないけど、彼の力によるものであることは間違いない。何といっても、彼は世界最高の選手だからね」
●バレンシアのFWダビド・ビジャはリーガ前半戦を振り返り、「バルセロナはスペインだけでなく、ヨーロッパナンバーワンのチームだ」と、首位を独走するライバルを称賛した。「バルサは結果だけでなく、ゲーム内容でも僕に強い印象を与えている。バルサのプレーは称賛に値するし、率直に言ってうらやましくもある。バルサがシーズン終了までに4、5試合を落として、後続のチームが全試合に勝つなんていう状況はあまり考えられない」「前半戦で上位4位に入ることはチームの目標だった。昨シーズンの成績を考慮すれば悪くない。でも、ここ2試合で1ポイントしか取っていないのは物足りない感じがする。好調をキープするためには、確実にポイントを重ねなければならない」
●ポーツマスのトニー・アダムス監督が、アーセナル時代の元同僚パトリック・ヴィエラと接触しているとの噂が流れたが、アダムス監督はこれを否定した。
●マンチェスター・シティのガリー・クックCEOは19日にミラノで、カカの父親と代理人のボスコ・レイテ氏と交渉の席に着いたとイタリアのメディアが報じた。
●史上初となる1億ユーロ超え(約118億円)でマンチェスター・シティへ移籍かと騒がれたACミランのカカ(26歳)が、ミランに残ると宣言した。「皆が僕を愛してくれる場所だし、僕はここに残ることを非常に喜んでいる。家族は寛大にも僕自身で決断を下すのを認めてくれた。誰かが記事にしていたけれど、僕は父親と一度も言い争ってはいない。多くの人々がアドバイスしてくれたように、僕は自分の心の声を聞いたんだ。ミランにはベルルスコーニやレオナルドといった素晴らしい人々が沢山いる。レオナルドに至っては、僕にとってディレクター以上の存在。真の友人だよ」
●この冬の移籍市場で主役を演じているマンチェスター・シティは19日、ウェストハムのクレイグ・ベラミー(29歳)がメディカルチェックをパス、正式に移籍が決まったと発表した。契約は4年半。
●インテルのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(27歳)がイタリアの選手が選ぶ最優秀選手に選出された。
●19日に行われたプレミアリーグの試合で、リバプールはホームでエバトンとマージーサイドダービーを行い、痛恨の1-1のドローに終わった。
●前半戦を首位で折り返したものの2位ボルドーに1ポイント差に詰め寄られているリヨン。故障者の続出で、ここ数シーズンの安泰ぶりとはまるで異なる状況に陥り、リーグ8連覇を危ぶむ声も少なくない。冬の移籍期間における補強がカギを握るが、レキップ紙によると、ウェストハムのフランス人MF、ジュリアン・フォベール(25)の獲得が今週中にも決まりそうだ。
●敗戦から一夜明けた19日、インテルのマッシモ・モラッティ会長が、インタビューに応じている。「昨日の試合では、失態をさらした。内容も悪く、最悪だった。足は動いておらず、集中力も欠いていた。昨日の試合での救い?まだ完全復活とはいえないが、アドリアーノの復調を確認できたことだけだ。もちろん、敗戦は全員の責任であり、個人の責任ではない」とモラッティ会長。一方、冬期移籍市場での補強の可能性については「惨敗したからといって、すぐに補強に走ることは馬鹿げている」と
●ACミランのブラジル代表MFカカ(26)の獲得に失敗したマンチェスター・シティ。“SKY”のインタビューに応じたマンチェスター・シティのクックCEOは、交渉成立目前で態度を一転させたACミランへの怒りをあらわにした。「カカは、間違いなく移籍リスト上の選手だった。数週間前から水面下では合意に達していた。3、4回の話し合いの後、ACミランはカカ売却の方針を固めており、我々は契約を終結させる段階に進んでいた。大詰めの段階で、突然ACミランは態度を一転させた。政治または、世論のプレッシャーを感じたのだろう。我々のシナリオは大きく変わった」
●08年夏の移籍市場でレアル・サラゴサからジェノアに移籍し、既に12得点を挙げる活躍で欧州のビッククラブから注目を浴びるアルゼンチン人FWディエゴ・ミリート(29)。冬期移籍市場での移籍説が絶えないミリートの去就について、ジェノアのファブリツィオ・プレツィオージGMが語っている。「主力選手の残留をクラブ側が望むのは当然のことだ。我々とミリートとの絆は固い」とコメント。
●日本も立候補の方針を固めたサッカーの2018年ワールドカップ(W杯)の招致に、ロシアが乗り出すことを表明した。ロシア通信によると、同国サッカー連盟の会長を兼任するムトコ・スポーツ観光青年相が19日、「近く、最初のステップを踏み、国際サッカー連盟(FIFA)に立候補申請に必要な書類を要請する」と語った。18年などの大会には、この日、スペインとポルトガルが共催で招致を目指すことを正式に決めたほか、イングランドや共催によるオランダとベルギー、中国、オーストラリアなども関心を示している。
●ラツィオのマウロ・サラテは、デリオ・ロッシ監督への不満が溜まっているようだ。サラテは18日のユベントス戦で、第17節のパレルモ戦、第18節のレッジーナ戦に続き、3試合連続で途中交代を命じられた。これに納得がいかないサラテは、交代直後に「いつもおればかりが犠牲になる」と監督に対し暴言を吐き、不満をぶちまける態度を取った。
●ルーカス・ポドルスキのケルン復帰が19日、正式に決まった。発表によると、ケルンとの契約期間は来季から2013年までの4年間。契約の詳細は明かされていないが、移籍金額はバイエルンがポドルスキ獲得時に支払ったものと同額の1000万ユーロ(現在のレートで約11億7000万円)とされている。
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は、DFダニエル・アッガーの契約状況について心配しているようだ。アッガーには、負傷中のネスタの代わりを探しているミランが興味を示しており、同選手との契約延長をいち早く完了させるべきと考えているベニテス監督はクラブ経営陣の対応の遅さを嘆いた。「彼の契約更新の進捗(しんちょく)については、新聞等で毎日報道されている通りだ。事は素早く進んでいない。私は、アッガーおよび彼の代理人と話し合いを行い、状況をはっきり確認することができた。彼は『残留したい』と言っており、リバプールに残ることに100%の意思があるにもかかわらず、何が起きているのかも知らされず、ひたすら待たされている」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。