UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/14UEFAサッカー情報
●バルセロナのペップ・グアルディオラ監督は13日、国王杯のアトレティコ・マドリー戦を前に、自信過剰は禁物とチームに警告した。バルサはアウェイのファーストレグに3-1で勝利、14日にカンプノウで行われるセカンドレグは断然優位と見られている。しかし、11日のリーグ戦で最下位のオサスナに3-2で辛勝したことに、グアルディオラ監督は一抹の不安を感じているようだ。 13日に行われた記者会見で、「日曜日の試合では全体的にはいいプレーができた。だが、後半の序盤はよくなかったし、そういう時に失点してしまうものだ。オサスナにも、わずか10分間に2点入れられた。こういうことは初めてだった。監督としては、チームに警告しなければならない。危険な対戦相手がいるとしたら、アトレティコだ。彼らは過去にも予想もしない結果を生み出している。ゴールをたくさん決めてね」
●バルセロナMFヤヤ・トゥレ(25歳)の代理人が「1月の移籍マーケットで同選手がカンプノウを去ることはないが、シーズン終了後に将来について検討するかもしれない」とコメントした。中盤の強化を図るアーセナルとマンチェスター・シティが、ここ数週間に渡ってこのコートジボワール代表MFにアプローチを仕掛けていると噂されている。
●アス(電子版)は13日、国際サッカー連盟(FIFA)の昨年の年間最優秀選手に輝いたポルトガル代表FWロナルド(マンチェスター・ユナイテッド)が、レアル・マドリード(スペイン)と来季からの加入で密約に合意したと報じた。 レアルのカルデロン会長が、ロナルドと代理人との間で口頭で約束したとしており、移籍金8500万ユーロ(約111億円)、年俸1200万ユーロ(約15億円)、代理人への手数料800万ユーロ(約10億円)と具体的な条件も挙げた。
●『マルカ』紙は、レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長が、昨年12月7日のクラブの総会で投票操作を行った疑いがあると伝えた。同紙によると、同会長は、投票権のない多くの個人やグループを総会に動員し、クラブ側の決議案が通るように工作したという。この総会に動員された者の中には、ここ1、2年でソシオ(クラブ会員)になったばかりの“代表選挙人”の資格を持たない者や、ソシオではない者も多く含まれているという。
●ユーロ(欧州選手権)2008を制したスペイン前代表監督のルイス・アラゴネス氏は、ロシア代表のフース・ヒディンク監督、トルコ代表のファティ・テリム監督らを抑え、IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)が選ぶ2008年の最優秀代表監督に輝いた。同賞は、世界87カ国の記者および専門家の投票により決定される。2008年、無敗のままユーロを制したアラゴネス監督は、今回13回目を迎えた同賞をスペイン人監督として初めて受賞した。
●レアル・マドリーのルート・ファン・ニステルローイがピッチへの復帰に向けての長い道のりを歩き始めた。ようやく松葉づえなしで歩けるようになったオランダ人FWは、これから6、7カ月にわたり、リハビリのプログラムをこなさなければならない。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、2009年のFIFA(国際サッカー連盟)年間最優秀選手の受賞者はリオネル・メッシになると考えているようだ。「今年はメッシが世界で最も優秀な選手としての評価を得ると確信している。なぜなら、彼はサッカー界の歴史においても、世界最高の選手のうちの1人だからだ」
●アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレッソ会長は、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ監督がアグエロに対して「今のクラブを出てインテルに行くべき」とアドバイスしたことについて、記者会見の場で次のように反論した。「確かにイタリアのクラブは偉大だ。だがアトレティコは、“選手を売るクラブ”ではなく、“買うクラブ”だ。うちのアルゼンチン人FWはアトレティコ・マドリーに残る」
●マンチェスター・ユナイテッドの左サイドバック、パトリス・エヴラが先週末のチェルシー戦(3-0で勝利)で負傷、しばらく戦列を離れることになった。4試合の出場停止明けだったエヴラは、チェルシー戦で切れのあるプレーを見せたが、足の靱帯を傷めた。
●13日に行われたFAカップ3回戦の再試合で、昨季覇者のポーツマスがアウェイで2部のブリストル・シティと対戦、2-0で勝利した。
●13日に行われたコッパ・イタリアのベスト16の戦いで、インテルが延長戦の末、ジェノアを3-1で下し、ベスト8に名乗りを上げた。試合後インタビューに応じたインテルのジョセ・モウリーニョ監督は「(DFビアバが前半20分、ファールで一発退場)数的不利になりながらもバランスを崩さなかったジェノアを相手に、我々はクオリティを見せつけることが出来た。チームは最低でも10回は得点チャンスを作った」と試合を振り返った。
●マンチェスター・シティがブラジル代表MFカカと交渉を開始したと、現地時間13日深夜にスカイスポーツニュースが報じた。シティのCEOガリー・クック氏が13日にミラノを訪れ、カカ獲得についてミランと話し合いを行ったという。現時点では、シティが可能性を打診しただけとされる。
●チェルシーは14日にFA杯3回戦の再試合で、サウスエンド・ユナイテッドと対戦するが、ストライカーのディディエ・ドログバがメンバーから外された。
●プレミアリーグではもうお馴染みとなっているスペイン人選手の大活躍。“スパニッシュ”色が最も強いリバプールはベニテス監督の下、本来のプレミアスタイルであるフィジカルの強さとロングボールを使った速攻に加え、ディフェンスラインからのビルドアップで魅力的なポゼッションフットボールを展開している。お隣スコットランドも例外ではない。バルサのカンテラに目を付けているのがセルティックだ。昨夏、マルク・クロサスを獲得し中盤の補強を行ったストラチャン監督は、すでに国王杯でトップデビューを飾ったアブラハム・ゴンサレスに興味を示しているようだ。
●フランス通信(AFP)によると、ASローマのスパレッティ監督が13日、フランス代表CBフィリップ・メクセスが残留を希望していることを明らかにした。
●ACミランのオーナーを務めるシルビオ・ベルルスコーニ氏は「カカがACミランに残留することを望んでいる。彼は放出不可能な選手だ。また、私はこのオファーのこと何一つ知らない」と応えている。
●マラドーナ監督は「まず始めに、マッシモ・モラッティ会長に敬意を表したい。イタリアにおける私の会長は彼しか存在しない。彼は男としても素晴らしく、インテルを強豪へと成長させた。そしてモラッティは、ジョセ・モウリーニョを獲得した。私がもしどこかのクラブの会長であるならば、間違いなくモウリーニョは獲得したい監督の1人だ。でき得る範囲内での最高の補強だった。ジョセは監督に必要な全ての要素を持っている。選手やメディアとのコミュニケーションの取り方を心得ている。私が理想とする監督だ」
●オリンピアコスのメディカルスタッフは、FWダルコ・コバチェビッチが13日、スペインのサン・セバスチャンにある病院で心臓の手術を受け、無事成功したことを発表した。
●元ウルグアイ代表のFWダリオ・シルバが交通事故による右足切断から約2年4カ月ぶりにチャリティーマッチに出場し、2ゴールを決めた。
●バイエルン・ミュンヘンのユルゲン・クリンスマン監督は、同クラブの公式サイトで、FWルーカス・ポドルスキの“やる気のなさ”を厳しく批判した。「ルーカスは選手として伸び悩んでいる。ほかの選手たちがレギュラーであるという現実を受け止め切れていないようだ。彼ほどの才能を備えた選手が低迷しているのは、実に嘆かわしいことだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。