UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/11UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーは11日のリーグ戦でアスレティック・ビルバオと対戦するが、ハビエル・アギーレ監督はトップチームの数人がケガや出場停止で出場できないため、リザーブの選手、イグナシオ・カマチョとアルバロ・ドミンゲスをメンバーに招集した。AS紙によると、中盤のカマチョとディフェンスのドミンゲスは先発出場するようだ。
●10日に行われたスペインリーグ第18節の試合で、セビージャが10人になりながらデポルティーボに3-1で逆転勝利。バレンシアがビジャレアルと3-3で引き分けたため、2位に浮上した。
●今シーズン、リーガ17節を終えて14勝2分1敗という好成績を残しているバルサ。今夜(11日)行われるオサスナ戦で勝ち点3を獲得することができれば、レアル・マドリーが記録した前半戦での勝ち点最高記録に並ぶことになる。20チーム、勝ち点3ポイント制となった1997-98シーズンから、これまでの最高記録は昨シーズン、レアル・マドリーが獲得した47ポイント。そのバルサは、レイノ・デ・ナバーラでオサスナ戦に挑むことになる。このスタジアムにおいて、両チームの過去30回の戦いは10勝10分10敗と全くの互角。ここ3シーズンでもバルサの残した成績は2分1敗だ。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、リーガ・エスパニョーラの首位を独走しているチームが持つ安定感の要因を「勝利しているから」と単純明快に分析し、現在の姿勢を維持していくことが重要であることを強調した。「すべてうまくいっている。なぜなら勝っているからだ。だが、素晴らしい成績を収めているからといって、チームには浮かれたそぶりなどない。3日で1試合というペースで時が進んでいくため、自分たちのことをあれこれ振り返っている暇などない。やるべきことはまだたくさん残っており、現在のやり方を続けていくことが、われわれの進むべき道だ」グアルディオラ監督はまた、多くのファンが現在のバルセロナに敬意を表していることについて、「誇りと喜びで満たされている」と明かしたものの、リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、スペイン国王杯の3冠が求められていることについては、“過度の要求”としてくぎを刺した。「3冠というのは、クラブ109年の歴史においても達成されていないことだ。そんな要求は受け入れられないし、理不尽だと思う」
●ミランのデイヴィッド・ベッカムは、11日のローマ戦はベンチスタートになった。セリエAはウィンターブレイクが明け、ミランはアウェイでローマと対戦するが、カルロ・アンチェロッティ監督は10日、「ベッカムはプレーする準備はできているが、なにしろ2カ月間実戦から遠ざかっているので、ローマ戦で先発させるのは難しい」と話した。しかし、ベッカムが「チームに貢献するため準備万端整えている」と強調し、ローン期間が過ぎてもクラブにとどまることを歓迎すると話した。
●欧州を襲う寒波の影響で、10日に予定されていたポーツマス対マンチェスター・シティ戦、フラム対ブラックバーン戦が延期となった。これで、今週末はプレミアリーグが2試合、そのほか、イングランドの下部リーグの試合は多くが延期となった。
●10日に行われたスコットランドカップ4回戦の試合で、セルティックは2部のダンディーとホームで対戦。謹慎明けのマッギディのゴールで2-1で勝利した。
●10日に行われたプレミアリーグの試合で、首位リヴァプールが降格圏に低迷するストークとアウェイで対戦、0-0で引き分けた。
●ウィンターブレイク明けのセリエA第18節2試合が10日に行われ、冬の王者インテルは勝ち点1を得るにとどまった。もう1試合のジェノア対トリノは3-0でジェノアが快勝した。ジェノアは勝ち点32で暫定5位。トリノは降格圏一歩手前の17位となっている。
●リーグアン第20節が10日に開催され、首位リヨンはロリアンと対戦。開始9分にエデルソンのゴールで先制したが、前半のうちに追いつかれ、そのまま1-1で引き分けた。一方、2位レンヌはグルノーブルをホームに迎え、後半立ち上がりに決めたソウのゴールが決勝点となって1-0で勝利した。レンヌは勝ち点を37に伸ばし、リヨンとの差を2ポイントに縮めた。勝ち点35のボルドーは11日に試合がある。サンテティエンヌはソショーとアウェイで戦い、0-1で敗れた。松井大輔は先発したものの、前半だけで交代となった。
●太腿の負傷で戦線を離脱しているユベントスのイタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン(30)が、14日のイタリア杯カターニャ戦で復帰することが明らかとなった。セリエA第18節ホームのシエナ戦を目前に控えた10日、ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督が記者会見で明かした。「シエナ戦でのブッフォンの招集は見送った。14日のイタリア杯カターニャ戦には出場が可能となるだろう。ブッフォンはカターニャ戦に照準を合わせて調整を行っていたようだ。私にとっても何の問題もない」
●昨年12月9日に行われたカターニャ戦で右膝十字靭帯損傷の重傷を負ったACミランのイタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ(30)。今季絶望と報じられる中、ガットゥーゾは5月20日のUEFA杯決勝出場に照準を合わせていることを明かした
●試合後インテルのジョセ・モウリーニョ監督は「レギュラー11人が揃った試合では勝利を収めてきた。累積警告による欠場者がおり、今日の結果は想定できた。前節はスタンコビッチ、そして今日はマイコンが欠場しており、次節はムンタリが出場できない。ここ数試合は1度も同じメンバーでプレーできない状態が続いている。選手が1名変わっただけでもチームのバランスは微妙に変わる。失点後、我々のプレーは改善されたが、カリアリは積極的に何度もカウンターを仕掛けてきた」
●ドルトムントはU-21ドイツ代表MFマルク・クルスカがクラブ・ブルージュ(ベルギー)へ移籍することを発表した。同選手は今季終了まで契約が残っていたため違約金が発生するが、その額は75万ユーロ(約9100万円)と報じられている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。