UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/08UEFAサッカー情報
●バルセロナのストライカー、サミュエル・エトー(27歳)がマンチェスター・シティからの誘いに関心を示しているとの憶測が流れたが、バルセロナはこれを否定した。今シーズン20試合に出場し18ゴールを挙げているエトーの獲得を目指すシティは、移籍金6000万ユーロ(約75億6000万円)、エトーに対しては最大で年棒1200万ユーロ(約15億円)のオファーを提示する用意が出来ているという。しかしながら、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、2010年6月に切れるエトーとの契約を2013年まで更新したいとの意向を明らかにし、エトー退団の噂を一蹴している。
●マンチェスター・シティがバルセロナMFトゥーレ・ヤヤ(25歳)に巨額のオファーを提示したと報じられたが、バルセロナはこれを否定した。バルセロナ関係者は「我々はトゥーレ・ヤヤへの公式なオファーを1つも受け取っていない」と噂を否定
●7日に行われたスペイン国王杯のベスト16の試合で、昨季覇者のバレンシアがアウェイでラシン・サンタンデールと1-1で引き分けた。バレンシアは36分に相手オウンゴールで先制したが、ラシンも後半開始早々にラセンがFKを決めて追いついた。また2007年に優勝したセビージャは、ファビアーノとカヌーテのそろい踏みで、ホームでデポルティーボを2-1で下している。そのほか、スポルティング・ヒホンがバジャドリーに3-1、2部のポリデポルティーボ・エヒドがエスパニョールに3-2、ベティスが3部のレアル・ウニオンに1-0で先勝した。
●ボカ・ジュニアーズのカルロス・ビアンチスポーツディレクターは、ヘタフェのGKロベルト“パト”・アボンダンシエリのアルゼンチン帰還について話し合いの場を持ったことを認めた。「われわれはGKを探している。(現在、正GKの)カランタはもはや戦力として考えていない。アボンダンシエリとコルドバ(コロンビアのミリオナリオス所属)とは話をしたが、わずか30秒ほどのもので、まだ何の決断も下していない」
●レアル・マドリーの役員会は7日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントに向けた追加選手登録に際し、この冬に新戦力として獲得したクラース・ヤン・フンテラールとラサナ・ディアラの2選手の登録申請を行い、これが認められるよう最後まで争う方針を決定した。同クラブは、最終的にはCAS(スポーツ仲裁裁判所)への上訴も辞さない構えだ。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、地元ラジオ局カタルーニャ・ラジオとのインタビューで、リオネル・メッシを「世界屈指のプレーヤーになるだろう」と評価し、「バルセロナ、アルゼンチンサッカー協会両方がメッシを大事に育てていく必要がある」と語った。
●セルティックの中村俊輔がそけい部のケガで、スコットランドカップの対ダンディー戦を欠場することになった。先週末のダンディー・ユナイテッドとのリーグ戦(2-2のドロー)で負傷した中村は、10日の試合への招集を見送られ、来週末のアバディーンとのリーグ戦に備えることになった。
●7日に行われたイングランドリーグカップ準決勝のファーストレグで、世界王者のマンチェスター・ユナイテッドが1部のダービー・カウンティに0-1で敗れるという波乱があった。
●10日(土)に後半戦(第20節)がスタートするリーグ・アン。1試合を除く9試合が21時にキックオフを迎える。しかし年明けから全国的に氷点下の寒波に見舞われているフランス。夜間の開催には、選手や監督から猛烈なブーイングが起こっている。
●ACミランでのデビュー戦を飾ったベッカムは「ACミランのユニホームを着てデビューできたことは本当に嬉しく思う。自分のプレーには満足しているよ。疲れを感じているが、ここ数日の張り詰めた中でのハードワークを考慮すると当然だろう。ピッチ上での感触は良かった」
●ユベントスが2月13日に19歳の誕生日を迎えるパリ・サンジェルマン所属の若きフランス人DFママドゥ・サコの獲得に動いているようだ。
●インテルのジョセ・モウリーニョ監督が、1月11日にオールド・トラフォードで行われるプレミアリーグ第21節マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー戦を観戦する可能性が高まっている。
●インテルのイタリア人FWマリオ・バロテッリ(18)が、継続した出場機会を求め半年間のレンタル移籍を希望していることが明らかとなった。
●1月8日に30歳の誕生日を迎えるムトゥは「年を取るのは嬉しくなく、パーティーはあまり好きではない。貰って嬉しい誕生日プレゼント?簡単だよ。フィオレンティーナでタイトルを獲得することだ。これまでの自分のサッカー選手としてのキャリアには満足している。しかし、今後も成長を続けて、重要なタイトルを獲得したい」
●ボカ・ジュニアーズのMFセバスティアン・バタグリアは、ラツィオへの移籍に向けて一歩前進したようだ。この移籍については双方が興味を示しており、バタグリアの代理人を務めるマルティン・グアスタディセグノ氏は、来週にもラツィオの経営陣と会談を行う予定とのことだ。
●かつてスペインのベティス、フランスのボルドーなどでプレーし、2002年ワールドカップ・日韓大会ではブラジル代表メンバーとして優勝を経験したデニウソンが、再びヨーロッパの舞台でプレーする機会を手に入れるかもしれない。現在31歳のウインガーは、イングランド・プレミアリーグに所属するボルトンのテストを受けるため、現在クラブの練習に参加している。
●過去10年のポルトガルリーグで最も輝きを放っていたストライカーの1人、スポルティング・リスボンのブラジル人FWデルレイ(本名:バンデルレイ・フェルナンデス・ダ・シウバ)が、7日に行われた記者会見の場で、今季限りの引退を示唆した。「まだいろいろなことが起こる可能性はあるが、これが僕にとっての最後のシーズンになると思う」
●先日、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のカルロス・テベスがアルゼンチンのラジオに対し「レアル・マドリーだろうと、そのほかどこのクラブだろうと僕と契約することができる」「マンUからは、これまで何のオファーも提示されていない」などと述べたことが、マンUの怒りを買ったようだ。
●イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナルド(23)が8日午前に、英マンチェスター空港近くの道路で自動車事故を起こしたことが分かった。英メディアが報じた。 運転していた高級車フェラーリがトンネルの壁に正面から衝突し、前方部分が大破した。幸い、ロナルド本人にけがはなかった。事故の原因や詳細な状況は警察が調査中。飲酒の疑いはないという。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。