FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2009/01/03UEFAサッカー情報
●スペインリーグは今週末に再開するが、レアル・マドリーは4日のビジャレアル戦に、扁桃腺炎のゴンサロ・イグアインを除いたほぼフルメンバーで臨めることになったと、クラブの公式サイトで発表した。DFのぺぺ、ガブリエル・エインセ、クリストフ・メッツェルダーに、ラファエル・ファン・デル・ファールト、ウェスレイ・スナイデルのMF2名がいずれも復帰、新加入のクラース・ヤン・フンテラール、ラッサナ・ディアッラも出場する可能性がある。一方、ビジャレアルはサンティアゴ・ベルナベウでリーグ戦500得点目を記録したいと望んでいるが、1998-99シーズンに1部昇格して以来、ベルナベウで勝利したことはいまだにない。
●昨季まで5シーズンに渡りバルサを率いて、2度のリーガ制覇とCLチャンピオンに輝いたライカールト氏が、バルセロナのプラット国際空港で今季のバルサについて、「コーチングスタッフ、選手を祝福したい。シーズン終了までこの調子が続けばいいね。サポーターも喜んでいるし、チームも機能している」と喜びを露にした。
●昨年末にレアル・マドリー監督を解任となったベルント・シュスター氏が、現在の心境を明かした。ドイツ紙“Digital Plus”のインタビューに応じたシュスター氏は「今はもうレアル・マドリーの監督ではないが、私の人生は確実に前進している。誰もが知っていることだが、レアル・マドリーを指揮することは非常に難しい。しかし、私が指揮を執った1年半で、国内リーグ戦優勝とスーパーカップ優勝を達成できたことは喜ばしい事実だ」
●スペイン2部リーグのジローナに、Jリーグ・柏ユースに所属していたFW指宿洋史(17)の入団が決まった。 3年半の契約で合意したという。18歳未満の海外移籍は原則的に禁止されているため、公式戦出場は18歳になる2月27日の誕生日以降になる可能性もある。
●2008年をFIFA(国際サッカー連盟)世界ランキング1位で終えたスペインのビセンテ・デルボスケ監督が、アルゼンチンの『オレ』紙のインタビューに答えた。同監督はまず、ユーロ(欧州選手権)2008でスペイン代表を優勝に導いた前任のルイス・アラゴネス監督から引き継いだチームを今後どのように率いていくか、という質問に次のように答えた。「(ユーロで)タイトルをもたらしてくれたメンバーはできるだけ残したいと考えているが、一方で、代表をさらに強化するために何が必要なのかを常に意識している。例えば、サイドの選手にもう少しバリエーションが欲しい。だが、今のスペイン代表には非常に強力な基盤があり、大きな変化を与えることは考えていない」スペインサッカー協会(RFEF)100周年にあたる今年、その記念イベントの一環としてスペイン代表はアルゼンチン代表と親善試合を行うことになっている。
●セビージャのフレデリック・カヌーテは、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト上でコメントし、現在チームが勝ち残っているすべての大会で「できる限り上位を目指し戦っていく」と述べ、後半戦への意欲を示した。その一方で、今季のリーグ戦では「バルセロナの強さには手がつけられない」と感じており、チームの目標はあくまで“来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得”にあることも付け加えた。
●イタリアで、リオネル・メッシのイタリア移籍が熱望されているようだ。イタリアのスポーツ紙『トゥットスポルト』は、現在バルセロナと違約金1億5000万ユーロ(約192億円)で2014年までの契約を結んでいるメッシが、「数年中にも、7000万ユーロ(約89億6000万円)の移籍金でユベントスに渡る可能性がある」と予言している。同紙によると、ユベントスのオーナーであるアニエリ一族のアンドレア・アニエリ氏は、自身の希望をこう明かしたという。「世界中の選手の中でユベントスに来てほしい選手はたくさんいるが、1人選ぶとしたらリオネル・メッシだ」
●アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(24歳)が「マンチェスター・ユナイテッドでハッピーだし、完全移籍交渉が合意に達する自信はある」と語った。テベスは、完全移籍のオプション付きでウェストハムから期限付き契約で移籍中だが、レンタル期間は今シーズン限りで終了する。
●ニューカッスル・ユナイテッドのGKシェイ・ギヴン(32歳)が、1月の移籍マーケットでクラブを去ることを検討中であることが明らかになった。ここ数週間でトッテナム・ホットスパー、アーセナル、マンチェスター・シティがこのアイルランド代表GKに接触したと報じられていた
●マンチェスター・ユナイテッドは2日、パルチザン・ベオグラードのMF、ゾラン・トシッチとアデム・リャイッチを獲得することで合意したと発表した。セルビア代表で21歳のトシッチはただちに入団するが、17歳のリャイッチ今年いっぱいはパルチザンにとどまる。移籍金は公表されていないが、英メディアは2名で1600万ポンド(約21億3600万円)ほどになるだろうと報じた。
●セルビア代表のセンターバックは、1-0で勝利した決勝戦で、リガ・デ・キトの選手に肘うちしたとして退場処分となった。それに伴う出場停止処分は欧州の大会に適用されるが、UEFAはまだ試合数については決定していない。モウリーニョ監督は、「ヴィディッチが少なくとも2試合の処分を科されなかったら、私は驚くよ。世界中が注目している試合であんなことをやったのだから、それでも少なすぎるぐらいだ」
●リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督は2日、土曜日のFAカップ3回戦の対プレストン・ノース・エンド戦に、暴行容疑で起訴されたスティーヴン・ジェラードを出場させると話した。「彼は試合に出場する。彼もそのつもりだし、プロ選手としてサッカーだけに集中させるのが彼のためになる。スティーヴンは普通に練習をこなしているし、問題はない。私は彼を100パーセント支持している。我々にとって一番いいのは、サッカーに専念すること、しっかり練習することだ。彼はプレーするよ」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。モウリーニョ監督は「マンチェスター・ユナイテッドの監督の座?インテルを指揮することの方が魅力的だ。彼らと対戦する2月には、我々は更に強いチームに成長している」とコメント。一方、ブラジル代表FWアドリアーノ(26)の去就については「個人的には移籍した方が彼のためになると考えているが、彼が残留を望むのであれば、カリアリ戦(10日のセリエA第18節)で起用するつもりだ」。最後に絶大な信頼を置いているスウェーデン代表のエースFWズラタン・イブラヒモビッチ(26)を「彼はフェノーメノ(怪物)であり、真のリーダーだ。彼は、同僚から必要とされていることを自覚している」と絶賛した。
●新年の抱負についてカカは「ACミランはハングリー精神に目覚めている。自分、そしてチームのために09年が白星で埋め尽くされることを願っている。また、後半戦でチームが成長することも期待している。チームの目標はスクデット(セリエA優勝)とUEFA杯優勝であり、個人の目標はACミランで100得点を達成することだ。誰にも予測はできないが、再びパリの受賞式(バロンドール)に参加できる日が訪れるかもしれない」
●ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督が、新年の抱負を語った。「作シーズンの3位以上で終えることが今季の我々の目標であり、現状では目標を達成している。しかし、シーズンはまだ半分以上残されており、何が起こるかはわからない。もちろん、頂点を目指して戦っている。また、かつての栄光を取り戻すという夢の実現のために日々練習に励んでいるが、目標を高く設定しすぎて、最終的にサポーターの期待を裏切るという事態は避けたい」
●クロアチア代表のスラベン・ビリッチ監督は、同国の『スポルツケ・ノボスティ』紙に対し、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を最後に、2006年から続けている代表監督の立場から身を引くことを言明した。「4年間というのは十分すぎる期間だろう。(ドイツ大会から)南アフリカのW杯までの1つのサイクルの間は監督でいるだろうが、それ以降は1秒たりとも続けるつもりはない」
●マンチェスター・シティ(マンC)のマーク・ヒューズ監督はクラブの公式サイトで、チェルシーのウェイン・ブリッジ獲得について、選手本人との合意を残すのみとなったことを発表した。「あとはブリッジと話をして、合意に至らなければならない。交渉がうまく進み、メディカルチェックにもパスすることを願っている」
●イングランド協会(FA)カップは2日、当地で3回戦の1試合が行われ、トットナムがウィガンとのプレミアリーグ勢対決を3-1で制し、4回戦へ進んだ。パブリュチェンコが2得点と活躍した。プレミア勢が登場する3回戦は、3日以降に本格開催される。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、レアル・マドリーからの引き抜きのうわさを否定し、今後も長期にわたって“ガナーズ”(アーセナルの愛称)のベンチに座り続けることをあらためて強調した。同クラブを12年間率い、700試合以上で指揮を執ってきたベンゲル監督は、こうしたうわさを早く終結させたいようだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.