UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/02UEFAサッカー情報
●今週末のレアル・マドリーとの対戦を前に、ビジャレアルのイタリア代表FWジュゼッペ・ロッシが勝利も夢ではないと語った。「どの選手にとってもモチベーションの上がる試合で今年を始めることができる。ベルナベウでの試合は難しいが、僕らがポジティブな結果を手にして、勝つことができると信じているよ」と話した。また、ベルナベウでゴールを決めるのは「特別なこと」
●マンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアーノ・ロナウド(23歳)が、今なお騒がれるレアル・マドリー移籍説はまったくのデマだと主張した。「今人々が話していること(レアル・マドリー移籍に合意したという噂)は真実ではない。それを話す人は嘘つきさ。だって僕はクラブに満足しているし、ここに残りたいと思っている。僕はユナイテッドを家のように感じているよ」
●R・マドリーのカルデロン会長はシーズン終了後に、「2人の大物を獲得する」と“ラジオマルカ”のインタビューで豪語していたが、その候補に挙がっているのがB・ミュンヘンのリベリーとA・マドリーの“クン”アグエロである。しかし、リベリー獲得はそう簡単にはいきそうにない。B・ミュンヘンはエースとして活躍するリベリーを手放す方針はなく、市場価格で約6000万ユーロ(約75億円)に達する可能性がある。この額はすでに5500万ユーロ(約68億7500万円)の値が付いているアグエロを超えている。
●カルデロン会長は数日前にプラティニ会長に電話をかけ、“今季のUEFA主催の大会に別のクラブから出場した選手については、1人しかCLの追加選手枠に登録できない”というUEFAの規約について問い合わせた。そして、今季すでに前所属チームでUEFAカップに出場している両選手の登録可能性について確認を求めたようだ。だが、UEFAの法務部門と相談したプラティニ会長からの回答は、「申し訳ないが、不可能だ」との一言だったらしい。
●リーガ・エスパニョーラのクラブでプレーする選手のうち今年6月30日にクラブとの契約を終了する79人の選手が、1月1日をもって、来季以降の契約について“あらゆるクラブと自由に交渉できる”権利を手に入れた。すでに多くのクラブが水面下でこれらの選手たちとコンタクトを始めていると見られているが、1日以降は、公にアプローチすることが認められる。この79選手の中には、レアル・マドリーのファビオ・カンナバーロ、ベティスの主将フアニート、ビジャレアルのロベール・ピレスといった名の知れた選手も含まれている。そのほかにも、エスパニョルのイバン・デ・ラ・ペーニャ、カメニ、アルメリアのブルーノ・サルトル、バレンシアのフェンルナンド・モリエンテス、ベティスのエドゥ、デポルティボのジョアン・ベルドゥらも、来季以降の契約について希望のクラブと自由に交渉することができる。
●プレミアリーグ1年目ながら前半戦を8位で折り返したハル・シティが、12月30日に行われたアストン・ヴィラとのリーグ戦で、スティーヴ・ベネット主審が一度ハルにPKを与えながら、決定を覆した件で調査を求めた。ハルはこの試合に0-1で敗れている。
●プレミアリーグのハル・シティが、レアル・マドリーが獲得を目指すリヴァプールのウィンガー、ジャーメイン・ペナント争奪戦に名乗りを上げた。ペナントは350万ポンド(約4億6000万円)でレアル・マドリーへ移籍するとされていたが、この契約交渉は頓挫した。
●アストン・ヴィラのFWゲイブリエル・アグボンラホール(22歳)が、2008年を振り返って充実した1年を送れた喜びを語った。「今でもわくわくしている。イングランド人として、代表のためにプレーしたのはとてつもなく光栄だった。これからも代表歴を重ねられることを願っているよ」「長く待たされたのが喜びをさらに大きくしたと思う。前にも招集されたのにケガをして、とにかくピッチに立ちたいと思っていたら、なんとドイツとのビッグマッチで先発だからね。まるで夢みたいだった」
●マンチェスター・シティが、イングランド代表DFウェイン・ブリッジ獲得へ向けてチェルシーと交渉中であることが判った。
●負傷やアルゼンチン人FWサラテの台頭で、出場機会が減っているラツィオのFWトンマーゾ・ロッキ(31)。一部メディアが、1月の移籍の可能性を報じる中、ロッキは残留を明言した。
●ユベントスのチーム・マネージャーを務めるジャンルカ・ペソットが、欧州CL決勝トーナメント1回戦のチェルシー戦について語った。「必ずチェルシーを下すことができる。ユーベがチェルシー以上の実力があるからではなく、意気込みが違うからだ。08年のユーベで、最も評価すべき点は、我々の歩みは正しいという自信を深めたことだ」。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。