FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2009/01/01UEFAサッカー情報
●バルセロナMFアンドレス・イニエスタが、2カ月ぶりにピッチに戻って来ることになりそうだ。イニエスタは右足を負傷し戦列を離れていたが、痛めた筋肉に違和感なくトレーニングをこなせるようになったことから、1月3日のレアル・マジョルカ戦のメンバーに含まれる可能性が高まった。
●リヴァプールのウィンガー、ジャーメイン・ペナント(25歳)が「スペインでプレーする夢を実現させたい」と移籍を望んでいることを改めてアピールした。2006年夏にバーミンガム・シティからリヴァプールに加入したペナントだが、レギュラーの座を確保できず、今シーズンに至ってはわずか2試合しか先発出場していない。
●今週末にリーグ戦が再開するスペインだが、首位を行くバルセロナの練習に、サミュエル・エトー、セイドゥ・ケイタが休みを早めに切り上げて復帰し、やる気を見せた。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、12月31日に行われた理事会で、2009年の目標の一つにアルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロ獲得をぶち上げた、とカタルーニャのスポルト紙が報じた。
●フンテラールか?それともラスか?CL追加登録選手枠をめぐり意見が二分している。マルカのウェブサイトで行われたアンケートではゴールゲッターのフンテラールが票を多く獲得しサポーターはゴールを期待してはいるが、選手間ではラスを優先した方がよいという意見も出ているようだ。
●リーガ第16節を終えて勝ち点「29」の5位と低迷するレアル・マドリー。首位バルセロナとは「12」ポイント差と大きく水をあけられているが、同チームのアルゼンチン人MFフェルナンド・ガゴ(22)は、今後の巻き返しを誓った。「国内リーグ戦も欧州CLも、まだ何が起こるかは分からないよ。現状では、バルセロナと大差がついているが、数字の上でもまだ我々の逆転優勝の可能性は残されているんだから」
●クリスマス休暇を利用し、母国アルゼンチンに帰国中のバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(21)が、代表への熱い思いを語った。2月11日にフランスのマルセイユで開催されるフランス代表との親善試合への出場の可能性については「マラドーナから声がかかれば、出場したい」と意欲を見せた。
●ビジャレアルのスペイン代表MFマルコス・セナ(32)が、「マンチェスター・シティのプロジェクトに興味がある」と移籍に積極的であるコメントを発したと、英国メディアは報じた。しかし、セナは「マンチェスター・シティ移籍は見に覚えがない」と報道を完全に否定した。
●レアル・マドリーのメディカルスタッフは、ゴンサロ・イグアインのへんとう腺の炎症が化膿し、7~10日間の絶対安静が必要であると発表した。
●先日バレンシアを退団したイバン・エルゲラに、すでに複数のクラブからオファーが届いているようだ。そして、今度はデイビッド・ベッカムが所属するMLS(米メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーからもオファーが届いたようだ。
●バルセロナは12月31日、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ監督が1月3日のマジョルカ戦の観戦に訪れることをクラブの公式サイトで発表した。マラドーナ監督の目的はもちろんメッシの視察のためで、同選手も2月11日に行われるアルゼンチン対フランスの親善試合への出場希望を明らかにしている。
●アーセナルと接触していると報道されたポーツマスDFシルヴァン・ディスタンが、その噂を一蹴した。「母国フランスでインタビューを受けたディスタンが、アーセナルから移籍の打診を受けてフラットン・パーク(ポーツマス本拠地)における自分の立場を熟慮している」
●ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOが「1月の移籍市場で左サイドバックを獲得したい」と補強方針を明らかにした。
●リヴァプール主将のスティーヴン・ジェラード(28歳)が12月31日、暴行容疑で起訴されて以来初めてメルウッドで行われたチームの練習に復帰した。
●英タブロイド紙のサンは1日、チェルシーが今週初めに論議を呼ぶコメントを発したディディエ・ドログバに10万ポンド(約1300万円)の罰金を科したと報じた。ドログバは、この夏の祖母の死後に孤独を感じてやる気をなくしたが、クラブはそれに対してなんのサポートもしてくれなかったと不満を述べた。
●マンチェスターUのFWディミタル・ベルバトフがクラブワールドカップ開催中に日本で過ごした1週間を「人生最悪の7日間」と語っている。風邪により体調を崩し、準決勝のガンバ大阪、決勝のキト戦の2試合ともプレーすることなかったベルバトフは「チームはクラブワールドカップで優勝したけれど、個人的に日本での1週間は人生最悪だった。メンバーに入れずにチームを助けることができなかった。しかもずっと体調が悪かったから」と日本での苦い思い出を告白。
●アーセナルのベンゲル監督は負傷で離脱したセスク・ファブレガスの代役としてエバートンのMFミケル・アルテタをリストアップ―。31日付の英ガーディアン紙はスポーツ面のトップでアルテタのアーセナル移籍の可能性を報道している。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.