UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/31UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーがインテルの元ブラジル代表MFマンシーニ(28歳)に獲得に動いていると、イタリアのメディアが報じた。
●3日のマジョルカ戦に向け練習を再開したバルサ。11月4日CL対バーゼル戦で怪我を負い戦列を離れていたイニエスタが完全復帰し、グループ練習に加わった。イニエスタは、「こんなに長く怪我でプレーできなかったのは初めて。だから早く試合に出たい」と語っている。イニエスタの故障で戦力低下が懸念されてはいたが、興味深いことにバルサは10試合で8勝とイニエスタ不在を感じさせない戦いぶりを見せた。彼の復帰はもちろんバルサにとって戦力アップにつながることからグアルディオラ監督がどのような選手起用をするかの楽しみではある。練習再開2日目、一番の驚きだったのは1月2日に合流予定だった一人、エトーが突然姿を現したことだ。グアルディオラ監督は、家族となかなか会うことができないエトー、カセレス、セイドゥ・ケイタ、メッシ、ダニエウ・アウベスの5選手に特別許可として2日からの練習合流を認めていた。エトーは一部の全体練習に参加後、ジムで個人調整を行った模様だ。
●ベティスは2010年の6月まで残っていたFWホセ・マリとの契約を、双方合意の下で解除したことを発表した。同クラブは公式ページで同選手に感謝の意を表した。「彼のプロ選手としての、そして人としての振る舞いは常に模範的だった。これまでの貢献に感謝するとともに、今後の幸運に期待する」
●バレンシアのホアキン・サンチェスは29日、クリスマス休暇を終えて再開したチーム練習に向かう際、何とも“お間抜けな”アクシデントに見舞われ遅刻してしまった。ホアキンは練習開始の10時30分を回っても練習場に姿を現さず、チームは彼抜きでウォーミングアップを始めた。やがて練習開始から30分が過ぎ、練習場に駆け込んだホアキンは、クーマン前監督よりも遅刻に対して寛容なウナイ・エメリ監督に謝罪した後、練習に合流した。休暇明け初日に遅刻したことで、早速チームメートの“拍手”と“からかい”の的となった。練習後、ホアキンは遅刻の原因をチームメートに説明した。話によると、彼の愛車フェラーリのエンジンがかからず、発進できなかったという。これに腹を立てたホアキン自身がサイドミラーを壊してしまい、結局、練習開始時間には間に合わなかったということだ。
●レアル・マドリーは冬の移籍市場で獲得したラサナ・ディアラとフンテラールの両選手をチャンピオンズリーグ(CL)の選手登録枠に申請する予定であることに変わりないようだ。UEFA(欧州サッカー連盟)の規約によると、CLの決勝トーナメントに進むチームが新規に選手登録を行う場合、今季のUEFA主催の大会に別のクラブから出場した選手は1人しか登録が認められない。よってレアル・マドリーは、共に前所属チームで今季UEFAカップに出場している両選手のうち、どちらか1人をCL選手登録枠に選ばなければならないとされている。しかし、それでもレアル・マドリーは1月2日以降、この両選手の登録申請を決行するつもりでいる。クラブ側は、UEFAの規律委員会がどちらかの登録を拒否することも織り込み済みで、その場合は、同クラブの法務部門がUEFA上訴委員会に異議を申し立てる予定でいる。もし、これも認められない場合、最終的にはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴することも視野に入れているようだ。
●リヴァプールは30日、暴行容疑で起訴された主将スティーヴン・ジェラードに対し、全面的に支えていくとのコメントを発表した。「スティーヴンはこれまで10年間、リヴァプールのためにすばらしい働きをしてきた。クラブは今回のことで、彼が必要とするすべてのサポートを与えるだろう」とクラブのスポークスマンは話した。ジェラードの逮捕に関連して、クラブがコメントしたのはこれが初めて。
●30日に行われたプレミアリーグの試合で、アストン・ヴィラがハル・シティと対戦、レアル・マドリーが獲得を狙っていると噂のアシュリー・ヤングのクロスが相手オウンゴールを誘い、1-0で勝利した。
●31日のレキップ紙が、フランス代表でバイエルン・ミュンヘンの右サイドバック、ウィリー・サニョール(31)がモナコ入りする可能性を報じた。サニョールは現在、8月に痛めた左アキレス腱の回復が思わしくなく、現役引退を検討している。レキップ紙によると、サニョールはモナコから来季のゼネラル・マネージャー就任の打診を受けており、年明け早々にもクラブを訪れて話し合う予定だ。
●アドリアーノは「自分は退団したいなど一度も言ったことはない。(休暇明けには)イタリアに戻り、チーム始動日に姿を現すつもりだ。仮にインテルを退団しなければならないのであれば、様々な選択肢があるだろうが、それでも欧州に残りたい」とコメント。
●トニは「アマウリがイタリア代表となっても、何の問題もない。また、脅威ではない。最も力のある選手が、イタリア代表のセンターフォワードを務めるべきだと考えている。選手の選考は、監督に決定権がある。リッピは偉大な監督であり、ゴール数だけで選手の価値を判断したりはしない。彼は時間をかけて、じっくりチームを作り上げる。イタリア代表は既にベースが出来ており、団結している。新しく代表メンバーとなった選手も能力の高い選手が揃っており、モチベーションに溢れている」
●「この1年の自分自身のパフォーマンスには満足している。ここ2年間は怪我との戦いだったが、今年は膝の痛みに悩まされることなく、連続して試合に出場することができた」と笑顔を覗かせたマルディーニ。一方、今夏の移籍市場でバルセロナからACミランに移籍入団したブラジル代表MFロナウジーニョ(28)については「クオリティが高く、素晴らしいテクニックの持ち主だが、傲慢な雰囲気はなく、以前から好感を抱いていた。しかし、バルセロナとの関係に歪みが生じてから、彼はバッシングされるようになった。同僚となって改めて、彼は自己管理の行き届いた選手であり、チームのために自己犠牲を払う人間であると確信した」と絶賛した。
●29日からドゥバイ合宿を開始したACミラン。同クラブのカルロ・アンチェロッティ監督が、同合宿からチームに合流したイングランド代表MFデビッド・ベッカム(33)について語った。「重要な選手であり、我々ACミランに力を貸してくれると期待している。中盤の全てのポジションをこなすことのできる選手であり、既にチームに馴染みつつある。今回の合宿は、彼のフィジカル・コンディションを判断するための重要な期間であり、どの段階で公式戦出場が可能かを見極めたい」
●“France Football”誌のインタビューに応じたドログバが、戦意を喪失していたことを明かした。「今夏は、サッカーに集中できない期間が数週間続いた。サッカーへの情熱を完全に無くしてしまっていたんだ。『目標』や『抱負』という言葉を耳にするのも嫌だった。かつてのような刺激を感じることができなくなっていた。サッカーへの情熱を失ったのは今回が初めてであり、喪失感に襲われていた。怪我を負っていたが、1日も早くピッチに復帰したいと思うこともなかった。モチベーションがなかったんだ。自分にとって、今回の休養は、自分にとって重要な時間だった。今の自分は、力が溢れてくることを実感している。ハングリー精神も完全に復活したよ」
●セリエAのACミランに期限付きで移籍したMFデービッド・ベッカム(33)が、1月11日のアウェー、ローマ戦でデビューすることが30日、濃厚となった。
●イングランドのマージーサイド州警察は、29日未明にサウスポートのパブで乱闘を起こし警察に身柄を拘束されていたリバプールの主将スティーブン・ジェラードが起訴された後、保釈金と引き換えに釈放されたと発表した。乱闘事件に関与したとされるジェラードは、1月23日にイングランド北西部にあるノース・セフトンの裁判所へ出頭することを命じられた。また、ジェラードとともに逮捕されていたジョン・ドーラン(29歳)、イアン・スミス(19歳)の2人も、同じく保釈金により釈放された。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。