UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/30UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーがアストン・ヴィラのウィンガー、アシュリー・ヤングに興味を示していることがわかった。スペイン紙の報道によると、1月の補強候補としてマドリーがイングランド代表のヤングを名指し、ファンデ・ラモス監督はさらにヤングと一緒にウィガンのアントニオ・バレンシアも欲しがっているという。しかし、ヴィラのマーティン・オニール監督は「我々はレアル・マドリーから何一つ連絡を受けていない。たとえ彼らが2500万ポンド(約33億円)の移籍金を提示しても、我々はそのオファーを断るポジションにいる」
●リーガ各チームは新年明けてから再開されるリーガに向け練習を開始。R・マドリーは新加入のラスとパレホがウォーミングアップから練習に参加。一方、フンテラールは飛行機の遅れが影響し明日からの練習参加となった。
●ベティスのDFフアニートは、あとわずかで他チームと自由に契約できる身となる。「まずはベティスからの契約更改オファーを優先的に検討する」と断言していたフアニートだが、来シーズンも同選手をチームに引き止めたいのであれば、ベティスは契約条件を大幅に改善しなければならないだろう。
●元メキシコ代表監督で、アルメリアの新監督に就任したウーゴ・サンチェスは28日、同クラブで入団会見を行った。今回の抜てきを「新たな挑戦」と受けとめていることを明らかにし、現役時代に選手としてプレーしたスペインリーグへのカムバックに強い意欲を示した。「再びスペインに来ることができてうれしい。プロとして、チームのトレーニングに100パーセントの力を注ぎたい。(メキシコ国外の)アルメリアとの契約は、メキシコ代表監督を解任されたことへの“あてつけ”などではなく、自分自身の夢を実現するためだ。アルメリアでの成績が、監督としての地位を確立するものであってほしい。わたしはこのチームで、大きなことを成し遂げられると信じている。これまで監督としてつちかった経験をここで証明したい」
●17日前にバレンシアとの契約を解除したイバン・エルゲラにミランが興味を示しているというニュースが流れた。驚くべきことにこのニュースは、ミランのシルビオ・ベルルスコーニ前会長(現イタリア首相)が大株主となっているメディアグループのウェブサイト『Mediasat.it』に掲載された。
●1月3日にマジョルカ戦を控えるバルセロナは29日、クリスマス休暇後の練習を再開したが、エトーとメッシを含む5選手は不参加となった。この両ストライカーのほかに練習を欠席したのは、セイドゥ・ケイタ、ダニエウ・アウベス、マルティン・カセレスの3人で、欧州外の母国で休暇中のこれら5選手は、1月2日にチームに合流することで事前にジョゼップ・グアルディオラ監督の了承を得ているという。グアルディオラ監督はまた、年末年始の12月31日、1月1日は各選手に休暇を与えたため、今年最後の練習は12月30日となり、新年初のチーム練習は、マジョルカ戦前日である1月2日となる予定となっている。
●今年最後となるリーグ戦で、ニューカッスル・ユナイテッドに5-1と快勝したリヴァプールのキャプテン、スティーヴン・ジェラードがプレミア優勝に自信を見せた。「このチームは僕が今までプレーした中でベストのチームだ。ここには何人も大物選手がいる。これから多くのテストや試練がやって来るけど、今日のようなパフォーマンスを維持すれば僕らはトップに立っているだろう。ドレッシングルームを見渡せば、GKからFWまでファンタスティックな選手が揃っているし、そこには自信があるよ」
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が「これまでの経験がプレミア3連覇を十分確実なものにする」として、タイトル獲得を最後まで諦めないと語った。
●29日に行われたプレミアリーグの試合で、マンチェスター・ユナイテッドがホームでミドルズブラと対戦、ゴールが遠い時間帯が続いたが、69分にベルバトフの至近距離からのシュートが決まって1-0と勝利した。ユナイテッドはこれで勝ち点を38に伸ばして3位。首位リヴァプールより2試合消化数が少なく、その差を7ポイントに縮めることに成功した。アレックス・ファーガソン監督は試合後、「今夜のボロは非常にいいプレーをしていたので、苦労したね。とにかく3ポイントとれてよかったという試合だった。うちはチャンスをたくさん逃がしたのが気になるね。こういうチャンスをものにしないと、結局困るのは自分たちだ」
●リヴァプールの主将スティーヴン・ジェラードが、サウスポートのナイトクラブでDJを殴った容疑で起訴された。ジェラードら6名の逮捕から24時間後の30日早朝、マージーサイド警察が発表した。ジェラードはすでに保釈され、1月23日に出廷する。ほかに29歳と19歳の2名が同様の容疑で起訴された。残りの3名は不起訴になった。事件は28日深夜、ラウンジインの外で起きたもので、34歳のDJは歯を折り、額を切って病院に運ばれたが、すでに帰宅している。
●リッピ監督は「W杯予選に向けて、U-21世代の何人かの選手に代表への扉を開けたい。ただ、その世代は6月にも大会を控えており、もちろんその大会での経験も貴重なものとなるだろう。とは言え、私が『若手選手』と口にする時は、ペペやアクィラーニ、そしてモントリーボなど、24~25歳も対象になるが」とコメント
●ロナウジーニョは「ベッカムの加入はとても嬉しいよ。また、チームの勝利を手助けをしてくれると期待している。環境が許すのであれば、3月以降もACミランに残留してほしい」と大歓迎。一方、自身のパフォーマンスについては「イタリアでの挑戦は、まだスタートに成功したという段階に過ぎない。しかし、全てのことが順調に進んでおり、ACミランで全力を尽くして、ブラジル代表でも貢献したい。最も優秀な選手の1人として、長年君臨し続けたい」と復活の手応えを語った。
●ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、ミリート放出の可能性について語った。「ミリートを獲得する際に、我々は1200万ユーロ(約19億円)を投じた。3000万ユーロ(約38億円)以下で彼を売却するつもりはない。ミリートはジェノアに残留する。いかなるクラブとも移籍の合意には達していない。ミリートは、ジェノアでの環境に満足しており。『評価されている』と感じているようだ。色々な憶測報道が流れているが、彼への獲得打診はどこのクラブからもない」
●バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリーは、“2008年マン・オブ・ザ・イヤー”に選ばれたドイツ『キッカー』誌とのインタビューで、「バイエルンでの現状に満足している」とコメントした一方で、うわさされているレアル・マドリーなどほかのクラブにも興味を抱いていることを否定しなかった。「バイエルンは世界最高峰のクラブの一角を占めているし、ここでの現状には満足している。とはいえ、もちろん将来的には、レアル・マドリー、バルセロナ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドといったほかのクラブでもプレーしてみたいという夢はある」
●元ブラジル代表FWで母国のコリンチャンスに移籍したロナウドが29日、記者会見し「できる限り早くプレーしたい。しかし、万全な状態にする必要がある」と、左ひざの負傷からの復帰を急がない考えを示した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。