UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/24UEFAサッカー情報
●スペインサッカー連盟は23日、2018年W杯をポルトガルとの共同開催で誘致する計画を明らかにした。開催地は2010年12月に決定する。FIFAが2018年と2022年のW杯への立候補を歓迎したのを受けて、欧州チャンピオンのスペインとポルトガルは、W杯開催に興味を示していた。
●リヨンのストライカー、カリム・ベンゼマが「クラブを去ることになったら、スペイン、特にレアル・マドリーに行くのが夢だ」と語った。レアルは国内外で高評価を受けるベンゼマとの接触に関してまだ正式なコメントを出していないが、ライバルのバルセロナもフランス代表FWに興味を示している。
●来シーズンの補強に向けてバルサが動きを見せた。バルサは、圧倒的な強さでリーガを独走し、冬のチャンピオンも3節を残し確実としたが、来季の攻撃力アップのためにバレンシアのビジャ獲得を考えていると“マルカ紙”は伝えている。バルサからバレンシアに提示されたオファー額は3500万ユーロ(約43億7500万円)だが、バレンシア側は最低でも4000万ユーロ(約50億円)を支払わなければビジャを手放さないとしているようだ。
●レアル・マドリーは、1カ月前からCSKAモスクワのセルビア人MFミロシュ・クラシッチの獲得交渉を始めていたようだが、いまだ目立った進展はない。一方、クラシッチは、すでにクラブのスポーツディレクター(SD)であるロマン・ババエフ氏に自身の移籍希望を伝えたようだ。これに対してババエフSDは、同選手の移籍の条件として2000万ユーロ(約25億2000万円)を要求することを明らかにした。同SDの見解は「2000万ユーロを支払うクラブが現われるか、さもなくば放出はしない」と明快だ。
●来年のイタリアのスーペルコッパは8月8日に北京の鳥の巣スタジアムで行われることになった、とイタリアサッカーリーグが23日に発表した。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は23日、キャプテンのセスク・ファブレガスが土曜日のリヴァプール戦で膝の内側靱帯を部分断裂し、復帰まで4カ月かかると明らかにした。ファブレガスはリヴァプールのシャビ・アロンソのタックルを受けて負傷、ハーフタイムに退いた。ヴェンゲル監督は当初、3週間程度の離脱と話していたが、精密検査の結果、4月まではプレーできないことがわかった。「よくないニュースだ。3カ月から4カ月かかるらしい。おそらく4カ月だろう。彼はなるべく早く戻れるように努力するだろうが、私は4カ月かかると思っている。アロンソのタックルはフェアで公正なものだったし、それは問題ない。これまでも言っているように、こういうことは試合では起こりうることなんだ。悪意があったとは思えないし、あれは不慮の出来事だった」
●チェルシーGKペトル・チェフが「選手全員がルイス・フェリペ・スコラーリ監督を全面支持している」と主張し、指揮官と選手たちのコミュニュケーション不足を指摘する声を否定した。
●クラブオーナーの破綻により、1月の移籍市場での選手大量放出が噂されるウエストハム。アストン・ビラとマンチェスター・シティはFWベラミーを、ユベントスはMFベーラミを狙っているという。しかしゾラは「我々のベストプレーヤーを売るつもりはない。誰も私に選手を売るようにという指示も受けていない。ただ、サッカー界では何が起きてもおかしくないのは確か。もしクラブが選手を売るのなら、それなりの理由がなければならない」と放出を断固拒否。
●かつてイングランド代表のファビオ・カペッロ監督は「ウェンブリーでの試合はやりにくい」と言った。アウェー11連勝というプレミア記録を打ち立てたチェルシーのスコラーリ監督は「アウェーの方がいいプレーができる」とのコメントを残している。アーセナルのベンゲル監督もそれに同意する。彼は近年“ホームアドバンテージが失われつつある理由を次のように分析している。「アーセナルも今はアウェーの方がいい試合をしている。理由は二つだ。まずは多くのチームがシステムを変え、1トップを採用するチームが増えたこと。二つ目はチームの戦い方が変わり、カウンターとセットプレーを重視するようになったことだ」
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、ウディネーゼ戦の大勝を振り返っている。「ウディネーゼ戦の勝利で、負傷者続出が原因で陥ったデリケートな状況から脱することができた」とアンチェロッティ監督。また、29日からドゥバイで行う冬季合宿については「離脱者の復帰やこれまで出場機会に恵まれなかった選手がモチベーションを高めるためにも、とても重要な時間となるだろう」
●カンナバーロは「アントニオは、天賦の才を持った選手だが、彼を招集するかどうかの決定権はリッピ監督にある。彼は以前『代表監督であるリッピを選手選考で悩ませたい』と言っていた。今のところ、カッサーノはリッピの構想から外れているが、最終的にはアントニオの持つ真の価値を再確認するときが訪れるだろう」
●元スペイン代表のホセ・アントニオ・レジェスは、アトレティコ・マドリーとの合意を得て、正式にベンフィカの選手となった。同選手の代理人、マリアーノ・アギラール氏はこの合意を受け、「レジェスは非常に満足している」とのコメントを伝えた。
●ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムに所属するFWベダド・イビシェビッチは、母国ボスニア・ヘルツェゴビナの『サン』紙とのインタビューで、「冬季移籍市場に向けてインテルと移籍交渉中」といううわさを否定し、ドイツに残る意向を示した。
●23日、ローダJCのファン・カイヤー会長が辞任した。理由はサポーターからの脅迫がエスカレートしてきたこと。ローダJCはしばらく前まで、オランダの中堅強豪クラブの1つだった。しかし最近はAZ、ヘーレンフェーン、トゥエンテ、フローニンゲンといったクラブの急激な予算増加についていけず、予算の横ばい状態が続いている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。