FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/12/20UEFAサッカー情報
●18日に行われたUEFAカップグループA最終戦で、2006年、07年と大会連覇を果たしたセビージャがサンプドリアに0-1で敗れて、グループリーグで敗退する波乱があった。グループCのセビージャ対サンプドリア戦は、0-0で迎えた74分に途中出場のボッティネッリがサンプドリアに決勝点をもたらした。グループリーグが導入された2004-05シーズン以来、勝ち点6を持ちながら敗退した2番目のチームとなった。
●ブラジル代表FWのヴァグネル・ラヴ(24歳)が、エヴァトンから移籍の打診があったことを認めた。ラヴ自身は「1つのクラブから打診があった。それはエヴァトンだ。でも、レアル・マドリーでプレーできたら素晴らしいだろうね。全選手が入団を夢見るクラブだから」
●R・マドリー・カスティージャ(トップチームのサテライトにあたる)からイングランドのクインズ・パーク・レンジャースに活躍の場を移していたダニ・パレホ(19)が、R・マドリーに買い戻される形で復帰することが決まった。ディアラとデ・ラ・レッドが今季絶望となり中盤の補強が必須だったR・マドリー。2人をカバーする選手としてパレホの名前はすぐに挙がっていた。大型補強ではないにしろ下部組織出身選手の復帰は、将来へ向けた投資として間違ってはいないと言えるだろう。
●クラシコの熱はまだ冷めてはいない。“ラジオマルカ”に出演したカンナバーロはメッシのプレーについて、「今までマラドーナのようにたくさん足を蹴られる選手を見てきたけどそんなに文句は言っていなかった。メッシは自分で倒れていることもあるし、もっと倒れないように我慢して、文句もあまり言わない方がいい」と語り、メッシのプレースタイルを批判した。R・マドリー戦の翌日、カタルーニャ州の一般紙“El periodico”で連載している元バルサ監督のクライフ紙もメッシのプレーについて「ボールを放して、チームのためにプレーすることもしなくてはいけない」と個人技に走りすぎるためにファールをもらうとメッシについて話した。これに答えるように、まずはカンナバーロのコメントについてメッシは、「たぶん人のことを言う前に自分のチームの心配をした方がいいんじゃないかな」と冷静な表情で語った。クライフ氏についても、「クライフが言っていることにはあんまり興味ないよ」として、全く相手にはしていない様子だ。
●バレンシアに所属するポルトガル代表の右サイドバックであるミゲルは、英国の『ミラー』紙に対し、イングランド・プレミアリーグへの移籍に興味があることを明らかにした。「これまでにバレンシアから出る機会はあったが、クラブがいつも待ったをかけてきた。バレンシアで満足しているが、僕のスタイルはプレミアの方がより合っている」
●ナポリの右サイドバック、クリスティアン・マッジョの代理人マッシモ・ブリアッチ氏はイタリアのラジオ番組に出演し、レアル・マドリーが同選手に興味を持っていることを明かした。「レアル・マドリーは何人かの選手を視察するためにナポリに来た。その中には、もちろんマッジョも含まれている」
●バレンシアのFWダビド・シルバは、20日にサンチャゴ・ベルナベウで行われるリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリー戦を前に、「勝利の確率は五分五分だ」と予想しながらも、バレンシアの勝利への期待をのぞかせた。「レアル・マドリー戦は重要だ。休暇に入る直前の試合だからね。今、レアル・マドリーとの勝ち点差は4ポイント(バレンシアが勝ち点30の2位、レアル・マドリーが勝ち点26の6位)だが、勝てば両チームの差はさらに広がる」
●レアル・マドリードのカルデロン会長は19日、今年の世界最優秀選手(バロンドール)に輝いたポルトガル代表FWロナルド(マンチェスター・ユナイテッド)を今季終了後に獲得する密約を結んだとする報道を否定した。英紙タイムズ(電子版)などが伝えた。
●過去にリバプールとレアル・マドリーの両クラブでプレーした経験を持つスティーブ・マクマナマンは『ラジオ・マルカ』とのインタビューで、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、レアル・マドリー対リバプール戦の展望を述べた。マクマナマンは試合のポイントとして「リバプールのアウエーでの得点力」と「レアル・マドリーの故障選手の有無」を挙げた。
●オリンピック・リヨンのベルナール・ラコンブSD(スポーツディクター)は、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント組み合わせ抽選の結果、1回戦の相手がバルセロナに決まったことを受け、次のようにコメントした。「わたしはとても危惧(きぐ)してる。バルサは欧州で最も優れた選手がそろうチームだ。彼らを退けるのはまさに“ミッション・インポッシブル”だ。強いて言えば、“2本の足を結んだまま棒高跳びのバーを飛び越えろ”と言われているようなものだ」
●バルセロナのシャビ・エルナンデスは19日午後、クラブとの契約を2014年まで延長する契約更新にサインした。また、これに伴い同選手の契約期間中の違約金も8000万ユーロ(約99億2000万円)に引き上げられた。シャビはこれまでバルセロナと2010年までの契約を結んでおり、契約違約金は5000万ユーロ(約62億円)に設定されていた。年棒について具体的な金額は明かされていないが、契約更新により、シャビはバルサでメッシ、エトーに次ぐ“3番目の高年棒選手”となった。契約更新にサインした後シャビは、バルサに骨を埋める覚悟であることを明かした。「バルセロナで“役に立つ”選手であり続けたい。僕は生涯“クレ”(バルサの一員の意)だ。僕たちはきわめて重要な合意に達することができた。非常に満足しているし、幸せだ。これからも、クラブから期待されているパフォーマンスを披露し続けたい。契約更新はスムーズに進んだ。どちらも同じ気持ちだったからね。僕は、このクラブにできるだけ長くいたいと思っていたから、これ以上望むものはない。クラブが見せてくれた誠意に感謝している」
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の対戦相手リバプールについて、「ヨーロッパの“クラシコ”(伝統の一戦)ともいえる対戦だ。CLにはもう簡単に勝てる相手など残っていない。エキサイティングなゲームになるだろう」と、お決まりのコメントを残した。「われわれはできればリバプールと当たりたくなかったが、向こうもレアル・マドリーは避けたかったに違いない。イングランドでの経験から、ベニテスとリバプールのことはよく知っている。優れた選手を備えたタフでバランスの取れたチームだ」
●バルセロナのリオネル・メッシは、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦で対戦することに決まったオリンピック・リヨンに対し、「ベンゼマだけのチームではない」と注意を促した。メッシは、昨シーズンの同大会でも対戦したリヨンについて「実際に近くで見ると、本当に手強いチームだということが分かる」と述べ、今回の対戦について次のようにコメントした。「人々は、僕たちが力の劣るチームと当たったと考えるかもしれない。だが僕たちは、リヨンはとても厳しい相手だと考えている。楽な試合になるなんてあり得ない。なぜなら、これはCLの決勝トーナメントだからだ」
●ニューカッスルのマイク・アシュリー会長は財政難のクラブにあって、主将のマイケル・オーウェンを手放すことになるかもしれないと認めた。ニューカッスルは今週、オーウェンに2万5000ポンド(344万円)の週給カットとなる新契約をオファーしたばかりと報じられているが、もしオーウェンが潤沢な資金を持つマンチェスター・シティからオファーを受けたら、引き留める手立てはなさそうだ。ただし、オーウェンはニューカッスルのオファーをただちに拒むことはしておらず、クラブはいまだ希望を捨ててはいない。
●再び浮上したクリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリー移籍の噂について、クラブワールドカップに参戦中のマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は怒りを隠さなかった。「私が彼らと接触するようなことがあると思うかい? 彼らにチャンスはないよ。クラブ同士で合意したこと一切ない」と語ると、「非常に憤りを覚える状況だが、私は彼らのやり方を知っている。一番いいのは無視することだ」と言い切った。
●ブラックバーン・ローヴァーズのサム・アラダイス新監督(54歳)は18日、就任会見で残留争いの心得を語った。「私は以前やったことがあるから、残留争いがどういうものかはわかっている。ボルトンでの最初の2年間は、降格圏を経験した。とても簡単にはいかない順位だ。今チームはプレッシャーにさらされながらプレーしなければならず、そのプレッシャーのなかで最善を尽くさなければならない。選手たちはすぐに立ち直ってくれると思う。昨季はリーグ7位のチームなんだ。我々はがんばってその頃のプレーレベルを取り戻さないといけない」
●Uー21イタリア代表のパオロ・デ・チェリエが、ユヴェントスと2年間の契約更新をし、2013年までクラブでプレーすることになった。
●チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が19日に行わた。
チェルシー(イングランド) × ユベントス(イタリア)
ビジャレアル(スペイン) × パナシナイコス(ギリシャ)
スポルティング・リスボン(ポルトガル) × バイエルン(ドイツ)
アトレティコ・マドリー(スペイン) × FCポルト(ポルトガル)
リヨン(フランス) × バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリー(スペイン) × リバプール(イングランド)
アーセナル(イングランド) × ローマ(イタリア)
インテル(イタリア) × マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
●UEFAカップ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が19日に行わた。
パリ・サンジェルマン(フランス) x ヴォルフスブルク(ドイツ)
コペンハーゲン(デンマーク) x マンチェスター・シティ(イングランド)
NEC(オランダ) x ハンブルガーSV(ドイツ)
サンプドリア(イタリア) x メタリスト(ウクライナ)
ブラガ(ポルトガル) x スタンダール・リエージュ(ベルギー)
アストン・ヴィラ(イングランド) x CSKAモスクワ(ロシア)
レフ・ポズナニ(ポーランド) x ウディネーゼ(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ) × サンテティエンヌ(フランス)
フィオレンティーナ x アヤックス(オランダ)
オールボー(デンマーク) x デポルティーボ(スペイン)
ブレーメン(ドイツ) x ミラン(イタリア)
ボルドー(フランス) x ガラタサライ(トルコ)
ディナモ・キエフ(ウクライナ) x バレンシア(スペイン)
ゼニト(ロシア) x シュトゥットガルト(ドイツ)
マルセイユ(フランス) x トゥウェンテ(オランダ)
シャフタール(ウクライナ) x トッテナム(イングランド)
●インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が、冬の移籍マーケットでチェルシーFWディディエ・ドログバ獲得する意思はまったくないと話した。
●チェルシーGKペトル・ツェフが「プレミアとCLのダブル達成を確実にするだけの経験がチェルシーにはある」と語った。
●ユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンが、年明け1月の復帰をめどにトレーニングを再開した。
●インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・ユナイテッドとの対戦が決まったことを喜んだ。「(抽選結果に)満足している。私は最高のチームを望んでおり、その通りに、欧州王者、そして2日後には世界王者になるかもしれないチームと対戦できることになった。今年のバロンドール受賞選手(クリスティアーノ・ロナウド)がいて、アレックス・ファーガソンという偉大な監督もいるし、ファンタスティックな雰囲気のスタジアムを持つチームだ。マンチェスターを再訪するのは忘れられない経験となるだろう」
●リバプールはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でレアル・マドリーと対戦することになったが、チームにはスペイン人選手も多いだけに、グループリーグに続いてマドリードを訪問することを歓迎している。元DFのフィル・トンプソン氏はクラブの公式サイトで、「トーレスは(古巣の)アトレティコ・マドリー戦でプレーできなかった。だから、マドリードに帰って、レアル相手にゴールを決めることを本当に楽しみにしているよ」と話した。ラファエル・ベニテス監督はマドリード生まれで、レアルのリザーブチームを指導した経験があるし、DFのアルバロ・アルベロアは16歳でレアルに加入、 GKのペペ・レイナはマドリード生まれだ。また、元エスパニョールのアルベルト・リエラ、元レアル・ソシエダのシャビ・アロンソにとってもレアルのネットを揺らす絶好のチャンスが訪れた。レアルのミヤトヴィッチ・スポーツディレクターもリバプールとの対戦を歓迎。「このレベルでは簡単な相手などいないし、もっと先まで勝ち抜けたいなら、相手は厳しいほうがいいんだ。我々ならそれができるし、いい大会にできる自信がある。準備にかけられる時間は十分あるし、やる気も満々だよ」と話した。ファンデ・ラモス新監督は、10月末まではプレミアリーグのトッテナムを率いていたこともあって、ベニテス監督とチームのことを「熟知している。レアル・マドリーは誰も恐れていないし、彼らと同じように、我々にも勝ち抜けるチャンスはある」と話した。●
●欧州CL決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が19日、スイスのニヨンで行われた。イタリア勢は、インテルは前回王者のマンチェスター・ユナイテッド。ユベントスはチェルシー。そして、ASローマはアーセナルと…。3チーム全てがイングランド勢と対戦する。イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は「まるで地獄絵図のような抽選結果だ。イタリアの3チーム全てがイングランド勢との対戦になるなんて…。このような展開は予想していなかった。今後はすさまじい情報戦が予想される。また、全ての試合において、勝敗の予想は不可能だ。アーセナル、チェルシーそしてマンチェスター・ユナイテッドにとって厳しい試合となるだろうが、それ以上にASローマ、ユベントスそしてインテルが苦戦を強いられるだろう」と話している。
●ユベントスのアレッシオ・セッコGMは「全てのチームへの敬意を怠るつもりはないが、我々が恐れているチームはない。我々は、通過が不可能と予想されていたグループリーグを通過した。また、グループリーグのレアル・マドリー戦では2戦全勝した。グループリーグで自信を深めた我々は今、臆することなくチェルシーと対戦することができる」
●アーセナルとの対戦が決まったASローマの主将フランチェスコ・トッティ(32)は「間違いなく厳しい試合展開が予想されるが、とても魅力的な試合だ。決勝トーナメント進出を果たした全チームが強豪だ。厄介な試合が待ち構えるが、最高の刺激になる」
●1回戦の相手がチェルシーに決まったユベントス。名門ユベントスの主将アレッサンドロ・デル・ピエロ(34)がチェルシーについて語っている。「欧州CLの決勝トーナメントには強豪しか駒を進めることはできないが、厳しい抽選結果となったね。チェルシーは他のチームと比較しても、非常に組織されたチームだよ」
●アーセン・ベンゲル監督は「非常に興味深く、接戦となるだろう。ASローマは、とてもバランスの良いチームだ。また、デ・ロッシ、アクイラーニ、ペロッタ、タッデイそしてジュリオ・バティスタら一流の選手が、トッティという素晴らしい大黒柱の下にまとまっている。テクニックのある選手達が狭いスペースを巧みに突いてくる」
●ヘルタ・ベルリンは、今シーズン末で契約が満了となる主将アルネ・フリードリッヒと3年間の契約延長で合意に達したことを発表した。
●バイエルン・ミュンヘンのカールハインツ・ルンメニゲ会長は、フランク・リベリーが今後も同クラブでプレーすることを確約した。同会長は、『ビルド』紙とのインタビューに力強く答えた。「彼へのオファーは金額に関係なく受け付けない。バイエルンのファンおよび魅力的なサッカーを愛する人々に100パーセント約束しよう。リベリーは、少なくとも2011年6月30日まではここでプレーする。さらにわれわれは、2011年以降の契約延長についても進めていくつもりだ」
●『リバプール・エコー』紙は、リバプールがラファエル・ベニテス監督との契約を2013年まで更新することでほぼ合意に達した、と伝えた。同紙によると、契約期間、報酬条件などの大枠は決定しており、まだ残っている細部の調整が終わり次第、両者は新たな契約にサインする予定だ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.