UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/18UEFAサッカー情報
●スペインのエル・ムンド紙は17日、レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長の友人が、クラブは来夏クリスティアーノ・ロナウドと契約する手はずをすでに整えたと明かしたと報じた。マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWとの契約はすでに署名を待つだけになっているが、公式には発表できないというのだ。マドリーは今年の夏、ロナウドの獲得を目指したが、結局カルデロン会長が「ユナイテッドを敵に回したくない」と発言をしたことで、移籍劇に幕が引かれたと見られていた。
●R・マドリー中盤の補強として、フランス代表でも国際Aマッチ3試合に出場しているポーツマス所属のラサナ・ディアラが入団することがほぼ確実となった。ポーツマスのホームページでは、すでにR・マドリーからのオファーがあったことを認めており、契約合意も最終段階に来ていることが明らかとなった。すでにポーツマスはラサナ・ディアラの代役となる選手を探しており、放出に対してはポジティブなようだ。後は選手とR・マドリー間の合意が待たれており、メディカル・チェックを終えて契約締結となる。
●ビジャレアルは、フラメンゴのジュアン・マルドナードに注目しているようだ。ビジャレアルの役員であるホセ・マヌエル・ジャネサは、元フルミネンセのチアゴ・シルバ(最終的にはミラン移籍が決定)の獲得交渉を行うためにブラジルへ渡った際、ジュアンの状況についても照会を行ったようだ。ジュアンについては、アーセナルも獲得を目指していると言われている。
●バルセロナのウルグアイ人センターバック、マルティン・カセレスは17日の記者会見で、「このままプレーの機会がなかったら、他チームへ期限付き移籍することも考えるだろう」と、移籍の可能性を示唆した。とはいえ今現在は落ち着いた心境であり、「今すぐに」ということではない。今はただバルセロナでプレーできるチャンスを待っているようだ。「(移籍の可能性は)長い目で見ての話で、今は今だ。現時点で出場機会が少ないのは事実だが、これが長く続くようであれば移籍も考える、ということだ。今は落ち着いて、試合で自分の実力を証明できるチャンスを待っているところだ」
●アーセナルのセスク・ファブレガスは、19日に行われるチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選で、「バルセロナと当たることは避けたい」と考えているようだ。『SKYスポーツ・ニュース』のインタビューに応じたセスクは、次のようなコメントを残した。「僕たちは、いくつかのビッグクラブと対戦する可能性がある。このトーナメントを制したければ、どのチームにも勝てる力を持っていなければならない。とはいえ、正直なところバルセロナとは当たりたくない。ただ、『対戦したくない』と言うと、そのチームと当たってしまうものだから、本当は何も話したくないんだけどね」
●イタリア代表DFのジェナーロ・ガットゥーゾは17日、デイヴィッド・ベッカムが期限付き契約でミランに加入するのは、「変な感じ」がすると話した。ベッカムはイングランド代表招集に備えるため、メジャーリーグサッカーのオフシーズンに当たる来年1月から3月までの短期契約でミランに加入する。今週土曜日には入団会見が行われる予定だ。
●17日にUEFAカップのグループリーグ最終節のグループEからHの試合が行われたが、優勝候補のミランは首位通過がならなかった。また、グループFでは、ハンブルガーSVがアストン・ヴィラを3-1で下し、首位通過。アヤックスはスラヴィア・プラハと2-2で引き分け、勝ち点を7に伸ばして2位。アストン・ヴィラは3位で勝ち抜けた。グループGでは、すでに勝ち抜けを決めているセンテティエンヌとバレンシアが対戦し、2-2で引き分けて、サンテティエンヌが首位の座を守った。3位の座をかけた戦いは、コペンハーゲンがアウェイでクラブ・ブリュージュを1-0で破り、勝ち点2上回って決勝トーナメントに駒を進めた。グループHでは、デポルティーボがナンシーに1-0、レフ・ポズナニがフェイエノールトを1-0で下して、首位のCSKAモスクワと共に通過を決めた。
●17日にコッパ・イタリアの2試合が行われ、ローマとトリノが勝利して、準々決勝に駒を進めた。また、セリエAで低迷するトリノはフィオレンティーナと対戦し、ビアンキのゴールで1-0。先週就任したばかりのノヴェッリーノ監督に初勝利をプレゼントした。準々決勝ではラツィオと対戦する。
●インテルのマルコ・ブランカ強化部長が、噂されているチェルシーのコートジボアール代表FWディディエ・ドログバ(30)の獲得をキッパリと否定した。
●今夏の移籍市場でパレルモからユベントスに移籍入団したFWアマウリ(28)。16試合を終えて、10得点を挙げる活躍で、既にユベントスサポーターから信頼を得たアマウリが現在の心境を明かしている。「まだユベントスでの挑戦は始まったばかりだが、今季ここまでの結果には満足している。ただ、ここに辿り着くまでの努力は惜しまなかった。また、自己犠牲を怠ることもなかった」
●右足腿の負傷で戦線を離脱しているユベントスのイタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン(30)が、クラブの公式サイト上で、現在の状態を明かした。「コンディションは快方に向かっており、既にキーパー練習にも合流しているが、復帰は来年になりそうだ。我々は、国内リーグ戦で重要な局面を迎えている。現在の好調を維持することが難しい時期も訪れるだろう。なぜならば、今のユベントスは『これ以上はない』と思えるほど調子が良いからだ。変化があるとすれば、悪い方に向かうしかない…。もちろん、今季これまでの結果には満足している」
●イタリア杯5回戦の2試合が行われた17日、ASローマはホームでボローニャと対戦。FWミルコ・ブチニッチの2得点大活躍もあり2-0勝利を収めたASローマが、8強進出を決めた。
●イングランド・プレミアリーグのウェストハムが売却される可能性があると報じた。買い手として複数の相手が関心を示しており、今後、クラブに対する評価額を聞いた上で、売却を検討するという。
●バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、ルーカス・ポドルスキが移籍希望を表明したことは過ちであるとの見解を示した上で、レアル・マドリーが獲得を目指している同選手が来年夏の放出選手リストに入っていることを認めた。
●『スポルト・ビルト』紙によると、シュツットガルトは来季、前レアル・マドリー監督のベルント・シュスターを迎え入れることを検討しているという。同紙によると、来シーズン、マルクス・バベル現監督がドイツサッカー連盟の要求する監督資格を取得するためにチームを離れることから、代わってシュツットガルトの指揮官に就任する見込みのようだ。
●ロシア人FWアンドレイ・アルシャービンは所属するゼニト・サンクトペテルブルクから出ることを引き続き強く主張していたが、ついにクラブも折れ、同選手の移籍を認めることになった。しかし、将来の行き先については今のところ全く定かではない。わずか1週間前にはレアル・マドリーとの交渉をほのめかしていたアルシャービンだが、今度は、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーと契約したいとの希望を口にしている。「このクラブから出て、スペインかイングランドでプレーしたい。バルセロナは僕のお気に入りのクラブだが、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーも好きだ」唯一はっきりしていることは、アルシャービンが「1月以降もゼニトでプレーを続ける可能性はない」ということだ。
●フェイエノールトとロッテルダム市は17日、新スタジアムの建設計画『スタディオンパルクプラン』を発表した。現在フェイエノールトが使用しているスタディオン・フェイエノールトは、“デ・カイプ”という愛称でより親しまれており、オランダで一番素晴らしいスタジアムと言われている。しかし1937年に建築されたため、これ以上の改修効果も見込めず、新スタジアム“ニュー・カイプ”を造ろうという声がクラブ、自治体から挙がっていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。