UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/16UEFAサッカー情報
●宿敵のライバルR・マドリーを倒し、勝ち点12差まで広げた上、2位バレンシアとも勝ち点差8としてリーガを独走するバルサ。リーガ最大の山場とされた4連戦(セビージャ、バレンシア、R・マドリー、ビジャレアル)の内3試合を終えて無敗。しかも、すべて完封勝利と驚くべき強さを発揮している。数字を見てもその強さは際立っている。なんと15試合を終えて46得点をマーク。1試合平均3.06ゴールで、このペースをシーズン終了まで続けると116ゴールまで到達することが予想される。リーガ最高の得点記録としては1989-90シーズン、トシャック監督率いるR・マドリーが107ゴールを記録しているが、その当時は15節終了時点で43ゴールと現在のバルサの記録よりも3ゴール少ない。となると、バルサが今シーズン記録を大きく塗り替える可能性は大いにあると言えるだろう。
●冬の移籍マーケットでR・マドリーが選手補強をするのは確実とされているが、その獲得候補としてプレミアリーグ、アストン・ビラに所属するアシュリー・ヤングとセリエA、インテル所属のマンシーニの名前が挙がっている。スポーツ・ディレクターのミヤトビッチ氏はすでに2人の獲得に動き出す模様だ。
●アトレティコ・マドリーのメキシコ人監督ハビエル・アギーレは、14日にビセンテ・カルデロンで行われたベティス戦での勝利(2-0)により、リーガ・エスパニョーラでの通算100勝目を記録した。アギーレ監督は、2002-03シーズンにオサスナの監督として迎えられて以来、05-06シーズンまで同クラブで指揮を執り、06-07シーズンからはアトレティコを率いている。同監督はオサスナでは4シーズンで56勝55敗41分、アトレティコでの3シーズンで44勝28敗19分と、両チーム合わせてこれまで243試合を戦い、100勝83敗60分の成績を残している。
●デルボスケ監督は、「ラウルは代表での“最終章”をどう迎えるのか」という問いに対して、「彼に終わりを宣告する“方法”など存在しない。彼は今後もレアル・マドリーでプレーし続けるだろう。様子を見て、代表に招集するかどうかを考えたい」とコメント。さらに、「ダビド・ビジャ(バレンシア)、フェルナンド・トーレス(リバプール)、そのほか控えのFWの存在を前に、どんな状況下でラウルを招集する可能性が考えられるか」という質問に対しては、「レアル・マドリーで活躍し、現代表のFWを脅かす存在になった時に復帰することになるだろう」
●アトレティコ・マドリーのセルヒオ・アグエロは、14日のベティス戦での2-0の勝利にも浮かれた様子は見せなかったが、「リーガ・エスパニョーラ優勝を争える」と、独走する首位バルセロナを追っての今後の展開に楽観的な見方を示した。「バルセロナは良いサッカーをしている。このペースを続ければ優勝するかもしれないが、不調な時もあるはずで、そこに僕らがつけこむことができるかどうかに懸かっている。彼らをどう追っていくべきか分かっているし、自信もある。バルセロナとは国王杯でも対戦するから、その時に調子を落としてくれればいいね」
●トッテナム・ホットスパーのハリー・レドナップ監督が、ノースロンドンのライバル、アーセナルの今季プレミア優勝はないと断言した。「アーセナルが今年プレミアを制覇することはないだろう。彼らが復調してプレミアで優勝するとは思えない。それから、リヴァプールはあまりにもジェラードとトーレスに依存し過ぎている。万が一ジェラードに何か起こった場合、彼らがどうするのか私には全く分からない。リヴァプールは、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドに比べて選手がまだ不足している」
●チェルシーのMFデコが、CL決勝トーナメントで古巣バルセロナと対戦したいと話した。チェルシーがグループ予選を2位で通過しているため、ベスト16の試合でバルサと当たる可能性がある。「もしバルセロナと対戦することになったら、僕にとっては特別な試合になるだろう。バルサに4年間在籍していたからね。だが、僕は今チェルシーの選手だ。たとえ何が起ころうと僕らが勝つことだけを望んでいる。バルセロナは自分の人生において重要なものだった。だが今は違う。チェルシーですごくハッピーだし、僕らは順調に進んでいるよ」
●サン・シーロ(スタジアム)を共有しているインテルとACミランが、市議会を訪れ、別々のスタジアムを建設する計画があることを伝えた。「ミラノダービーがそれぞれのスタジアムで開催されるのを見るのが私の夢だ。どれだけ時間がかかるか分からないが、私とインテルのマッシモ・モラッティオーナーとで計画に着手すべく市議会をプッシュしているよ」
●セリエAで低迷するレッジーナは16日、ネヴィオ・オルランディ監督を解任、ジュゼッペ・ピロン氏を新監督に任命した。レッジーナは14日の試合でサンプドリアに0-2で敗れ、今季10敗目を喫し、降格圏に低迷する。
●プレミアリーグで降格圏に沈むブラックバーンは16日、ポール・インス監督(41歳)を解任した。インス監督はプレミアリーグ初の黒人監督としてクラブを率いて半年になるが、チームはリーグ6連敗を喫し、残留ラインまで6ポイントと低迷している。クラブのジョン・ウィリアムズ会長は、「大変残念なことだが、ポール・インスがクラブを去ることになった。昨季は7位にシーズンを終えたチームが、今季は 17試合で3勝という成績で19位に低迷している。このまま行くと、ほかのチームから取り残される恐れがある。プレミアリーグに残留するのは至上命令であり、そのために我々はこれから代わりの監督捜しに専念する」
●リヴァプールの主将スティーヴン・ジェラードが、この夏加入しながらいまだチームにフィットしていないアイルランド代表FWロビー・キーンについて、1月の移籍を示唆するような発言をした。
●負傷を理由に14日のセリエA第16節ユベントス戦を欠場したACミランのブラジル代表MFカカ(26)に対し、一部メディアからはヘルニア説まで浮上している。この状況に、カカ本人がヘルニア説をキッパリと否定した。カカは「今朝の検査の結果で、骨盤付近の炎症であることが判明しており、ヘルニアではない。早期回復を願っているが、復帰は来年にずれ込む可能性もある。炎症は2、3日で治まると見ているが、場合によっては2、3か月かかるかもしれない」
●モウリーニョ監督は「私が彼の立場であるのならば、今のイメージのままインテルに残留した方が良いのか、環境を変えた方が良いのかを考えるが…」と発言するなど、アドリアーノに移籍退団を促すような姿勢も見せている。様々な報道が流れる中、インテルのマッシモ・モラッティ会長が、モウリーニョ監督発言の補足説明をした。「モウリーニョの言葉は、とてもインテリジェンスに溢れており、正論だ。また人道的でもある。監督は正しい発言をしたと思っている。」
●イタリア代表のマルチェロ・リッピ監督が、ASローマのFWフランチェスコ・トッティ(32)やサンプドリアFWアントニオ・カッサーノ(26)にも代表復帰の可能性があることを明かしている。
●ブラジルの名門フラメンゴがインテルのブラジル代表FWアドリアーノ(26)獲得に乗り出すことが16日、明らかとなった。フラメンゴのクレベル・レイテ副会長は「アドリアーノの代理人を務めるリナウディ氏から電話があり、『アドリアーノ本人がフラメンゴでのプレーを望んでいる』と伝えてきた。我々にとっても興味深い選手であり、明らかに朗報だ。」
●ACミランは15日、イタリア代表MFガットゥーゾが靱帯(じんたい)断裂の重傷を負った右ひざの手術を受けたと発表した。手術はベルギーで行われ、成功した。6カ月戦列を離れるとしており、今季中の復帰は絶望的。7日のカターニア戦で負傷した。 
●スパルタク・モスクワは15日、ブラジルのグレミオに所属する19歳の守備的MF“ラファエウ・カリオカ”ことラファエウ・デ・ソウザ・ペレイラと5年契約を交わしたと発表した。同選手はすでにドイツでメディカルチェックを済ませており、年明けのチーム合宿に合流し、ミカエル・ラウドルップ監督の指揮下に入るという。
●イングランド・プレミアリーグで首位を走るリバプールのラファエル・ベニテス監督が14日夜、腎結石による痛みを訴えて入院していたことが明らかになった。リバプールのスポークスマンによれば、15日に結石除去の手術を行い、その後2、3日で現場復帰できる見込みで、本人も元気な状態でいるという。
●イングランドサッカー協会(FA)は、13日に行われたトッテナム対マンチェスター・ユナイテッド(マンU)戦(0-0)で、マンUのクリスティアーノ・ロナウドがトッテナムのDFマイケル・ドーソンに対し“蹴りを入れた”とされる件で、制裁を科さないことを決定した
●チャンピオンズリーグ(CL)のオールボー戦で、故意に相手選手を踏みつけたとしてUEFA(欧州サッカー連盟)が調査していたマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーに、最終的に制裁が科されないことが決まった。
●インテルのマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)は、ラジオ番組『アンキオ・ロ・スポルト』のインタビューで、同クラブがチェルシーのディディエ・ドログバに興味を示しているといううわさを否定し、「チームはエルナン・クレスポとアドリアーノを信頼している」と強調した。「ドログバの獲得を強く望んでいるわけではない。インテルにはすでに多くのFWがいる。ドログバはチェルシーで何年もプレーしているし、向こうで活躍している」
●アヤックスはトゥエンテのFWエリアの獲得競争に乗り出す。今季、左サイドアタッカーとして急成長しているエリアには、すでに海外のクラブ(ブラックバーン、アーセナル、シャルケ04)からオファーが来ている。しかしエリア本人は、「まだ外国のクラブへ行くのは早い」と思っており、トゥエンテからアヤックスへの移籍はキャリアのステップアップとして理想的と考えている。だが大きな問題は、トゥエンテが冬の移籍市場で主力選手をライバルチームへ移ることを認めるかどうかだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/17
(水) 13:46:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。