FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/12/15UEFAサッカー情報
●14日に行われたスペインリーグの試合で、セビージャがビジャレアルを1-0で下し、3位に浮上した。セビージャは前半終了間際、レナトがこの試合唯一のゴールを決めると、ビジャレアルは後半直後にジョレンテが退場になったこともあって、反撃はならなかった。セビージャはこれで勝ち点を30に伸ばし、ビジャレアルをかわして3位。2位バレンシアとは得失点だけの差となった。また、アトレティコ・マドリーはホームでベティスと対戦、マキシとアグエロのゴールで2-0で勝利。地元ライバルのレアルを勝ち点1上回り、5位に浮上した。
●バルサとのクラシコに敗れ(2-0)3連敗となってしまったレアル・マドリー。ディフェンス重視のカウンター狙いでバルサを苦しめはしたが勝利をもぎ取ることができず、首位バルサとの勝ち点差は12に広がってしまった。データによると、15節終了以降で勝ち点12差をひっくり返してリーガ優勝したチームは歴史上まだない。サルガドは試合後、「バルサは優勝したかのような祝い方をしていたけど、まだリーガは残っている。新年を迎える前にバレンシア戦という大事な試合がある。しっかり勝ってサポーターの信頼をもう一度取り戻したい」バルサのグアルディオラ監督は、「選手が自惚れないように努めなければいけない」
●14日に行われたアスレティック・ビルバオ対スポルティング・ヒホン戦(3-0でビルバオが勝利)の88分、ビルバオのカルロス・グルペギとスポルティングのGKイバン・クエジャルがプレー中にボールを追って激しく衝突し、両者はピッチに倒れこんだ。クエジャルは間もなく立ち上がったが、グルペギは鼻から血を流し、脳震盪(のうしんとう)を起こして一時的に意識を失った。グルペギは、そのままピッチから担架で運び出されて病院に直行し、けがの状態が心配されていた。その後、ビルバオ市内の病院で頭部スキャンなどの検査が行われた結果、鼻骨を骨折して手術を行った以外には異常は見つからず、念のため一晩入院して様子を見た後、月曜日には退院できる見込みだという。
●イギリスのメディアによると、レアル・マドリーはファンデ・ラモス監督の要請により、トッテナムのロシア人FWロマン・パブリュチェンコを冬季移籍市場の補強選手としてリストアップしているという。
●インテルのジョゼ・モウリーニョ監督は14日、ブラジル代表FWアドリアーノについて、退団を容認するような発言をした。「彼については、このイメージのままここに残るのか、環境を変えるのがいいのか、考えることにするよ」と意味深な話をしたもの。ただし、「アドリアーノはブラジルに帰る。わずか4度のミランよりも、40度のブラジルのほうが体にはいいからね。最近の騒ぎから離れることもできるし」彼はほかのみんなと同じに、1月2日には戻ってくるよ」
●14日に行われたプレミアリーグの試合で、チェルシーはウェストハムとのロンドンダービーで1-1と引き分け、リヴァプールから首位の座を奪うことはできなかった。
●14日に行われたブンデスリーガの試合で、ホッフェンハイムがシャルケと1-1で引き分け、「冬のチャンピオン」としてウィンターブレイクに入ることになった。わずか2年前は3部に所属していたホッフェンハイムは、ブンデスリーガ史上、トップリーグデビュー組としては初めて、昇格組としてもわずか2チーム目として、首位でシーズンを折り返すことになった。
●セリエA第16節の8試合が14日に行われ、ユヴェントス対ミランの2位直接対決はユーヴェに軍配が上がった。4-2。ユーヴェは勝ち点を33に伸ばし、インテルとの差をキープ。ミランは同30のままとなった。首位を快走するインテルはキエーヴォをホームに迎え、4-2で快勝した。
●リーグアン第18節、首位リヨン対2位マルセイユの直接対決が行われ、両者一歩も譲らずスコアレスドローで90分を終えた。これでリヨンが勝ち点35、マルセイユが同32で3ポイント差は変わらず
●ニューカッスル・ユナイテッドのジョー・キニア暫定監督が、今シーズン限りで契約の切れるFWマイケル・オーウェン(29歳)をなんとしてもキープするために死に物狂いで動いていると主張した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.