FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/12/14UEFAサッカー情報
●13日にスペインリーグで注目のクラシコが行われ、ホームのバルセロナが終盤のゴールで2-0で勝利した。首位と5位という立場で迎えた大一番。雨が降りしきるカンプノウで躍動したのはメッシを先鋒としたバルセロナの攻撃陣。前半から猛攻を仕掛け、マドリーのゴール前を襲う。しかし、守備陣の決死の守りとGKカシージャスの美技の前にゴールを割れないまま時間は過ぎた。70分には途中出場のブスケスが倒されてPKを得たが、絶好の先制のチャンスにもエトーのシュートはカシージャスの好判断に防がれる。しかし、ついに83分、チャビの右CKをプジョルが頭で落とし、エトーが先制点を決めた。マドリーは同点ゴールを求めて攻撃を仕掛けるが、その隙を突いたバルサはロスタイムに、アンリのパスを受けたメッシがカシージャスの頭上を抜くシュートを決めて、だめ押した。バルセロナはこれで勝ち点を38に伸ばして首位を盤石なものとした。また、もう1試合では、バレンシアがエスパニョールに2-1で逆転勝利し、勝ち点30で暫定2位に浮上している
●13日にカンプ・ノウで行われた“エル・クラシコ”(伝統の一戦)に故障上がりで強行出場したレアル・マドリーのMFウェスレイ・スナイデルは、試合中に太ももの二頭筋を痛め、前半36分に交代でピッチを後にした。
●レアル・マドリーのファンデ・ラモス監督は13日、宿敵バルセロナとのアウエー戦に0-2で敗れた後の記者会見に臨み、両チーム無得点の時点で迎えたいくつかのチャンスをものにできなかったことを嘆いた。「バルセロナはプレーを支配したが、最も決定的なチャンスはわれわれの方にあった。ピッチで起きたことからすると、結果はあまりに極端なものだ」また、この敗戦によりバルセロナに勝ち点12ポイント差をつけられたことについては、「まだ(バルセロナとの)第2戦があるし、試合はたくさん残っている」と、巻き返しをあきらめていない姿勢を強調したものの、これが非常に大きな差であることは認めた。
●エトーは試合後、次のようにコメントした。「時間がある限り、希望も残っていた。レアル・マドリーは今夜は非常によく守っていたが、僕らは1点を入れて試合を決めなければならなかった。そして最後には2点を入れることができた」また、PKを止められたにもかかわらず、エトーはあくまで強気だった。「PKを蹴ることを拒否することなどあり得ない。もし今度PKのチャンスがあれば、また僕が蹴るだろう」「1つ勝利を重ね、一歩前に進んだ。それだけだ。この方向でこういう努力を続けていかなければならない。ただ僕らはどのような形であれ、こうした試合に勝つすべを知っている」
●バルセロナのグアルディオラ監督は13日、ホームでレアル・マドリーに2-0で勝利した“エル・クラシコ”(伝統の一戦)の後、記者会見に臨んだ。グアルディオラ監督はまず、今回下したのは万全の状態とは言えないライバルだったとはいえ、勝利を高く評価。その一方で、シーズンを乗り切るためには、1試合1試合の積み重ねが大切であることも強調した。「レアル・マドリーは、いかなる時でもレアル・マドリーだ。確かに欠場者は多かったが、ハイレベルの選手をそろえていることに違いはない。この勝利は非常に評価が高い。チームが見せたパフォーマンスには大変満足している。なぜなら、選手たちはボールを最後まであきらめなかったからだ。とはいえ、われわれは1試合に勝っただけだ。レアル・マドリーに勝つことがどういう意味を持つかは分かっているが、1試合であることには変わりない。ほかにも難しいスタジアムでの試合が残っているし、3つの大会を戦っていかなければならないということを忘れてはならない」
●ユヴェントスとトッテナムの間で交換トレードの噂が浮上している。ユヴェントスの強化担当、アレッシオ・セッコ・ディレクターは現在ロンドンで冬の補強選手を物色中だが、トッテナムのMFルカ・モドリッチがターゲットになっているといわれている。トゥットスポルト紙によれば、ユーヴェはこのクロアチア代表に強い関心を抱いており、ヴィンチェンツィオ・イアクインタとのトレードを画策しているというのだ。
●13日に行われたプレミアリーグの試合で、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルがいずれもポイントを落とした。首位のリヴァプールはホームでハル・シティと対戦、2-2のドローに終わった。リヴァプールはこれでリーグ戦3試合連続のドロー。ベニーテス監督は、「チャンスを失ったからがっかりだ。ホームで2ポイント失い、これでホームでは3試合連続勝てていない。だが、このまま前を向いて進むだけだ」また、日本でのクラブW杯出場が控えるマンチェスター・ユナイテッドは、アウェイでトットナムと対戦、ベルバトフがブーイングで迎えられるなか、0-0のドロー。アーセナルはアデバヨルのゴールで先制するも、ミドルズブラはアリアディエールの古巣相手のヘディングシュートで追いつき、1-1のドローだった。
●13日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、セルティックはホームでハーツと対戦。1-1で引き分け。セルティックはこれで、リーグ戦では2試合勝ち星なしとなった。一方、ライバルのレンジャーズも勝ち点差を詰めるチャンスを逃し、2-2で引き分け、両者の差は4ポイントのまま。
●13日に行われたブンデスリーガの試合で、バイエルン・ミュンヘンがアウェイでシュトゥットガルトと対戦、2-1で終盤までリードしながら、終了直前にサミ・ケディラに同点ゴールを許し、2-2で引き分けた。これで勝ち点を35に伸ばし、ホッフェンハイムを1ポイント上回り、今季初めての首位に浮上した。
●セリエA第16節の2試合が13日に行われ、好調のナポリがレッチェとサン・パオロで対戦、3-0で快勝した。ナポリはこれで勝ち点を30に伸ばし、ユヴェントス、ミランと勝ち点で並んで2位タイとなった。また、ボローニャはトリノをホームに迎え、オウンゴール1つ、PK2つを含む5得点で5-2と大勝した。ボローニャは勝ち点を14に伸ばして16位。トリノは同12で降格圏にいる。
●リーグアン第18節が13日に開催され、ル・マンを3-1で破ったボルドーが2位に浮上した。また、パリ・サンジェルマンはオーゼールとアウェイで戦い、セッセニョンの2ゴールで2-1勝利。ボルドーと同じ勝ち点32で3位につけた。そして、今日14日に首位リヨンとマルセイユの直接対決が行われる。勝ち点31のマルセイユは勝てばリヨンと並ぶ。サンテティエンヌはトゥールーズに1-3で敗れた。松井大輔は先発し、78分までプレーした。
●イタリアのメディアは14日、インテルのアドリアーノ(26歳)が同日夜、ブラジルに帰国予定と報じたが、今回は片道切符になるかもしれない。インテルは今日、ホームでキエーヴォと対戦するが、アドリアーノはケガを理由にメンバー入りしていない。
●この秋ドメネク代表監督の去就問題などで揺れたフランス・サッカー連盟(FFF)だが、13日に開かれた総会の会長選挙で、ジャン=ピエール・エスカレット会長(73)が再選を果たした。3年の任期満了に伴い行なわれた会長選に立候補したのはエスカレット会長のみ。オフに心臓疾患が原因で現役続行を断念した元フランス代表のリリアン・テュラム氏(36)が、21人からなる理事会の新メンバーに選ばれた
●ASローマのFWフランチェスコ・トッティ(32)が、“TG2”のインタビューに応じ、イタリア代表復帰の可能性がゼロではないことを明かしている。トッティは優勝を飾った06年ドイツW杯後に代表から距離を置き、その後、正式に代表引退を表明していた。「リッピから要請があれば『ノー』とは言えない。しかし、熟考することになると思う。しかし、もちろん現状での応えは『ノー』だ。」
●今年11月に39歳の誕生日を迎えたシュツットガルトのGKイェンス・レーマンは、自身のコンディションについて「安定している」と自信を見せ、「シュツットガルトか、そうでなければ、契約終了後に別のチームでプレーし続けたい」と、この先も現役を続けることに意欲をのぞかせた。
●コリンチャンスはロナウドと2009年12月までの契約を締結し、同時に1億ユーロ(約122億円)という高額な契約違約金を設定した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.