UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/13UEFAサッカー情報
●明日に迫った伝統の一戦、クラシコ。世界が注目する試合を明日に控え両監督が記者会見に臨んだ。まずは、ホームで戦うFCバルセロナのグアルディオラ監督だが、相変わらず慎重な姿勢を貫いている。、「あなたたち(記者に対し)が言う6-0の試合は終わり。OK?本当の試合は明日だよ。夜10時から0-0で始まる。リーガ首位と昨シーズンチャンピオンの戦いで、彼らは王座を守りに来る。我々はその王座を奪いたいが、チャンピオンに対して6-0で勝つなんてことはありえない。もちろん、これまでのような試合ができれば良いけど私も、あなたたち(記者に向けて)も、試合に観戦に来る多くの人にも結果は予想できない」「フアンデ・ラモス監督がどんな布陣で来るかは全くわからない。バルデベバス練習場に行ったわけじゃないからね。全選手が揃っているより、多くの怪我人を抱えて来るR・マドリーの方が怖い。みんなR・マドリーの選手に変わりはない。我々のチームと同じようにトップレベル以外の選手は存在しない」一方のフアンデ・ラモス監督は、FCバルセロナが有利だとされる予想に対して、「危険を冒して億万長者になる絶好の機会だね。私の辞書には負けるという文字はない」とR・マドリーへ賭けてみてはどうかと促すコメントを残した。さらに、「こういう試合では有利なチームなどない。バルサはすばらしいサッカーをしているが無敵なチームなどどこにもない」と強気な姿勢をみせた。
●バレンシアのウナイ・エメリ監督は、13日に行われるエスパニョル戦に向けた招集メンバーを発表した。けがにより約3カ月間戦列を離れていたダビド・シルバが久々に招集された。この試合でエメリ監督は出場停止処分の解けたカルロス・マルチェナと、けがから復帰したエミリアーノ・モレッティ、数日前からチーム練習に参加していたシルバを招集メンバーに加えた。
●バレンシアは12日、2010年6月に終了するはずだったイバン・エルゲラとの契約解除をめぐって、同選手と合意に至ったことを発表した。昨年バレンシアに入団したエルゲラは、今シーズンこれまでほとんど試合に出場していない。ウナイ・エメリ監督がエルゲラを「チームのプロジェクトに非協力的」と批判していたこともあり、両者はこれまで幾度も対立を繰り返してきた。エメリ監督が同選手の態度を改めさせようとチームメートの前でしかったこともあったが、両者の関係は改善されるどころか悪化の一途をたどっていた。今週、エメリ監督が選手の士気を鼓舞(こぶ)しようとロッカールームのボードに書き込んだ言葉をエルゲラがふざけて書き直し、これが同監督の逆鱗(げきりん)に触れたこともエルゲラの退団を早めたようだ。
●ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、2006年夏にミランへ移籍寸前だったことを明かした。ケガでリハビリ中のブッフォンは週末のミラン戦には出場できないが、12日に明らかにしたところによると、カルチョスキャンダルに揺れた2006年夏、もう少しでミランと契約するところだったという。「僕がミランへ行くのをやめたという話じゃないんだ。双方のクラブが交渉を始めたんだけれど、途中で何か問題が起きた。その時点で僕は、『移籍する理由がない。自分はここが気に入っているし、チームがセリエBへ落ちようともね』と言った。これにユーヴェはほっとしたんだ。僕が移籍したがっていると思っていたからね」
●トッテナムのハリー・レドナップ監督が、今年の夏、ディミタル・ベルバトフがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したのは避けられないことだったと明かした。移籍期限ぎりぎりで決まったベルバトフの移籍は、チームの不調の最大の原因と言われてきたが、レドナップ監督は英タイムズの取材に答え、「毎朝、、不機嫌な顔をしてやってくる人間がいたらどうする?」と話し始めた。「彼がここにいたくなければ、どうすればいい? チームのためにならないよ。チームスピリットに影響する。そういう選手がいたら、彼なしでやったほうがずっといい。私でも、彼が移籍したがっていたなら無理してとどめたりしなかっただろう」
●クラブ最古参で主将のハビエル・サネッティが英メディアの取材に答えて、インテルについて、思いの丈を語った。「これまでにもさまざまな状況を経験している。いいときも悪いときもね。だが、僕が唯一考えてきたことはチームとファンのために常に最善を尽くすことなんだ。一番大事なことは、ピッチの中でも外でもリスペクトされるような存在であることだと思っている」
●イングランドサッカー協会(FA)は12日、この冬の移籍市場の締め切りを、1月31日から2月2日のグリニッジ標準時17時に変更することで、プレミアリーグ、フットボールリーグと合意した。1月31日が土曜日であることから、「海外の協会が採用した方針と共同歩調をとるために、直近の週の初めに移動した」とFAは公式サイトで発表した。
●ユヴェントスが冬の移籍市場で獲得を目指していると言われるブレーメンのブラジル代表MFジエゴだが、本人は移籍する気は毛頭ないようだ。「僕はすばらしいクラブにいるし、それは常々言っていることだ。選手にとって一番大事なことは、毎日楽しくハッピーに暮らせることで、僕はここでそういう生活をしている。クラブが僕を受け入れてくれたんだ。僕の気持ちは永遠にここにあるよ。キャリアのなかでも最高の時期をここで過ごしているからね」
●マンチェスター・シティがイタリア代表でユベントス所属のGKジャンルイージ・ブッフォン(30)獲得に向けて、破格の年俸1300万ユーロ(約16億円)を準備!?12日付けのイングランド紙“Daily Mail”によると、マンチェスター・シティはブッフォン獲得に向けて移籍金2500万ユーロ(約27億円)を用意していると報じている。また同紙は、ブッフォン獲得交渉は遅々として進んでいないとも報じている。
●ACミラン退団後、クラブに所属することなく調整を続けていた元ブラジル代表FWロナウド(32)のコリンチャンス入団が正式に発表された。ロナウドは月給12万7000ユーロ(約1500万円)+インセンティブの1年契約にサインを交わしたとのこと。デビュー戦は1月17日に予定されているアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズとの親善試合が濃厚と見られている。
●アルベルト・アクイラーニ(24)が“SKY”のインタビューに応じ、ASローマとの契約延長問題について語った。「自分はASローマで育ち、人生の半分をここで過ごしてきた。ローマの街、そしてASローマに残留することが最優先されるのは当然の流れだ。ただ、契約については特別な問題がある。前進はしているが、解決にはまだ時間が必要だろう。今は様子を見守るしかないが、自分は全ての問題が解決されると信じている」
●「試合終盤でゲームをコントロール出来ていないのではないか」。イタリア首相であり、ACミランのオーナーを務めるシルビオ・ベルルスコーニ氏が、ベルギー・ブリュッセルで行われたユーロサミットの閉会時に、ACミランの抱える問題についてコメントした。
●来年1月からACミランに期限付きレンタル移籍が決まっているLAギャラクシーのイングランド代表MFデビッド・ベッカム(33)が、自身の公式ホームページ上で、今月29日からACミランに合流することを明らかにした。
●U-21ウクライナ代表の主将マキシム・パシャイェフが11日午前、ポルタワ地方で自動車を運転中にスリップ事故を起こした。病院に搬送(はんそう)されたが、翌日にその病院で死亡した。
●フランク・ライカールトは少なくとも今シーズンが終わるまでは、監督業から遠ざかる意向のようだ。ライカールトの代理人ペリー・オーフレイム氏は、「今シーズン、フランクが監督に戻ることはないだろう。来シーズン? 復帰もあり得るが、クラブからのオファーによるだろう」と、元バルセロナの指揮官がまだ当分監督に復帰する気がないことを明らかにした。
●ポルトガルのスポーツメディアが選ぶ2007-08シーズンのリーグ最優秀選手および監督賞の授賞式が12日に行われ、最優秀選手にFCポルトのアルゼンチン人FWリサンドロ・ロペスが、最優秀監督賞に同じくポルトのジェズアルド・フェレイラ監督が選ばれた。
●ミランのFWロナウジーニョはイタリア紙『ラ・スタンパ』とのインタビューで、「ピッチで選手としての任務を終えた後は、ディスコで思う存分楽しむのが好きだ」と明かした。「試合や練習の後は楽しみたいよ。ディスコはそのためにあるんだ。モラルにうるさい奴らは消え失せろ、と言いたい」
●アドリアーノがまたやらかしてしまった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、チーム練習があった11日、アドリアーノとマイコンの2人は集合時間より30分も早く姿を現したという。しかし2人はかなり泥酔した状態にあり、モリーニョ監督は2人に有無を言わさず「家に帰って休むよう」命じたという。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。