UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/11UEFAサッカー情報
●CL対R・マドリー戦のためマドリード入りしたゼニットのFWアルシャビンが、ロシアのメディアに対しR・マドリーとゼニットがチーム間交渉を開始し、冬の移籍マーケットでR・マドリーへ移籍する可能性があることを明らかにした。フアンデ・ラモス監督の初陣となったCLグループリーグ最終戦R・マドリー対ゼニット。結果はR・マドリーが3-0で快勝だったが注目が集まったのはアルシャビンのプレーだ。本人は試合前に、「ゼニットはR・マドリーと交渉している。でもまだ正式な話になるまでは時間がある。また、スペイン、イングランド、イタリアのクラブからオファーが入っている」
●ベルント・シュスター前監督の緊急解任を決めた後、レアル・マドリーのゼネラルマネージャー(GM)、ミゲル・アンヘル・アロージョは声明を発表し、シュスター前監督が「問題なくレアル・マドリーとの契約解除を受け入れてくれたこと」に感謝の意を表した。実際、シュスター前監督との合意がスムースに行われたおかげで、レアル・マドリーはすぐにファンデ・ラモス監督の就任を発表することができた。シュスター前監督とレアル・マドリーとの契約は2010年まで、あと2シーズン残っていたが、前監督は今シーズン終わりまでの報酬にあたる700万ユーロ(約8億5000万円)のみを受け取ることで契約解除に応じたという。とはいえ、シュスター前監督とレアル・マドリーとの間にはインセンティブ契約が付随されていることから、レアル・マドリーが今季タイトルを獲得した場合には報酬総額が上積みされることになっている。
●バルセロナのシャビ・エルナンデスは、レアル・マドリーが騒がれているほどの危機に直面しているとは考えていないようだ。シャビは13日にホームで行われる“エル・クラシコ”(伝統の一戦)で対戦する最大のライバルについてこう述べた。「バルサとマドリーはてんびんのようなものだ。片方がよければ、もう一方は悪いといった具合にね。これこそが、今起きていることだろう。彼らの状況は言われているほど深刻なものではないし、危機だとも思わない。彼らは必ずチームを立て直してくる。事実、2年前にも似たような状況にいたけど、復活して最後はリーグ戦のタイトルを獲得しているしね」、“エル・クラシコ”の鍵は、レアル・マドリーではなくバルセロナが握っているということを強調した。「重要なのは、ここでどう戦うかだ。マドリーでの試合は関係ない。僕たちは素晴らしい手応えをつかんでおり、勝利に必要な力強さも持っている。このことが彼らを苦しめることになるだろう。僕たちはリーグ戦において期待通りに勝利を重ね、波に乗っているだけに、この流れを維持していかなければならない」
●チャンピオンズリーグでのベスト16進出をすでに決めていた“新生”レアル・マドリーは10日、グループリーグ最終戦をサンチャゴ・ベルナベウで迎え、ゼニト・サンクトペテルブルクに3-0で圧勝した。
●スペイン・サッカー連盟は11日までに、地元テレビ局が報じた2006-07年シーズンの1部リーグ最終戦、ビルバオ-レバンテの八百長疑惑について当局に捜査を要請した。ビルバオが2-0で勝って2部降格を逃れた試合の結果をめぐり、地元テレビは金銭の授受を伴う不正操作をうかがわせるレバンテの会長と選手の会話の録音を放送した。既に同連盟は昨季の2部最終戦、マラガ-テネリフェに関する捜査も要請している。
●母国ブラジルでリハビリを続けていたロナウドが現在の心境を語った。「自分がここまでたどり着いたことを誇りに感じているよ。コリンチャンスのプロジェクトはファンタスティックであり、2009年は素晴らしい年となるだろう。サポーターに我慢をさせるつもりはないが、スタートは厳しい状況となることを理解してもらいたい。自分はエキスパートであり、過去にも同様の体験をしている。筋肉に問題を抱えることは覚悟している。しかし、時間が経つにつれて、徐々に慣れていくはずなので、練習を通じて元の状態に戻していきたい。そのためにはサポーターの後押しが不可欠であり、彼らが自分の味方をしてくれると信じている」一方、復帰に向けてフラメンゴで練習をしていたにも関わらず、ロナウドがコリンチャンスと契約したことで、フラメンゴのサポーターが「裏切り者」と激怒している。
●フラメンゴで調整を続けていたロナウドがコリンチャンスと契約を結んだことで、フラメンゴのブラガ会長がロナウドを痛烈に批判している。「ロナウドは我々フラメンゴで調整していたにも関わらず、礼も言わずに我々に背を向けた。彼にはモラルがない。ここ数か月の恩を返すべきだった。後味の悪さと失望感を覚えている。彼のとった行動は非常に苦いものだ」
●欧州CLグループリーグ最終戦が各地で行われた10日、第5戦のリヨン戦で1-2敗戦に終わり決勝トーナメント進出を逃していたフィオレンティーナは、アウェーでステアウア・ブカレシュティと対戦し1-0勝利を収めた。勝ち点「3」を獲得し、UEFA杯出場権を獲得した。
●欧州CLグループリーグ最終戦が各地で行われた10日、ユベントスはホームでBATEボリソフと対戦し0-0ドローに終わった。試合後ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は「ジョビンコには満足している。PK失敗は残念だが、誰にでもあることだ。BATEが狙い続けていたカウンターから失点していたのであれば問題だが…。相手に失点を許さなかったことが大きい。また、ザネッティが約4か月ぶりに復帰し、後半はまずまずだった。またACミラン戦(14日セリエA第16節)にはカモラネージも復帰する」
●FWアンドリー・シェフチェンコ(32)が、14日のセリエA第16節アウェーのユベントス戦への意気込みを語った。「ACミランとユベントスは、国内戦のみならず国際試合において最も勝ち星が多いチームであり、両チームの対戦はイタリア国内で最も重要な一戦と言える。また、現在勝ち点で並んでおり、この試合で引き離すことを狙っている。我々にとっても、彼らにとっても厳しい試合となるだろう」
●ガットゥーゾは「受け入れるしかない。長い選手生命の中で、これ程までに長い離脱は今回が初めてであり、6か月間もピッチを離れることに耐えられるかが最大の問題だ。負傷はサッカー選手には付きものであり、これまではこれといった大きな怪我を負わなかったこと事態がラッキーだったよ。31歳を目前にして初めて大きな怪我に見舞われたのだから…。俺は運があると思っているよ。チームメートは俺に来季の欧州CL出場権とUEFA杯の決勝進出をプレゼントしなければならない」
●10日に行われたCLグループGの試合で、ポルトがアーセナルを2-0で下し、首位通過を決めた。また、すでにUEFAカップ出場権を決めているディナモ・キエフはホームでフェネルバフチェを1-0で下し、勝ち点を8まで伸ばした。
●10日に行われたCL最終節のグループEの試合で、マンチェスター・ユナイテッドはホームでオールボーと2-2で引き分け、アヤックスとバイエルン・ミュンヘンが持つCLでの無敗記録19試合に並んだ。また、すでに敗退の決まっているセルティックはホームでビジャレアルを2-0で下し、今大会初勝利を上げた。
●CLグループFでは、すでに突破を決めているチーム同士、リヨンとバイエルンが対戦し、バイエルンが3-2で勝利した。これでバイエルンが首位通過、リヨンが2位で突破することになった。UEFA杯出場権をかけた直接対決となったステアウア対フィオレンティーナは、アウェイのフィオレンティーナがここ最近調子を上げているジラルディーノのゴールで1-0と勝利し、3位をキープした。ステアウアはグループリーグで1勝もできなかった。
●CLグループHではユヴェントスが首位通過を決めた。ホームにBATEボリゾフを迎えたユーヴェは、後半立ち上がりにジョヴィンコがPKを失敗、マルキオンニのシュートがポストを叩くなどツキがなく、決め手を欠いて0-0で引き分けた。勝ち点を12とし、レアル・マドリーと並んだが、直接対戦成績でレアルを上回っているため首位をキープした。一方、レアルはホームでゼニトと対戦。ファンデ・ラモス新監督になって初の試合はレアルは勝ち点12でユーヴェと並んだが、2位通過。UEFA杯出場権はゼニトが手にした。
●ミランが獲得を目指していると噂されるデンマーク代表DFダニエル・アッガー(24歳)の代理人が、リヴァプール残留とは限らないと話した。
●プレミアリーグのスポンサーであるバークレイズが行った調査で、リヴァプールのFWフェルナンド・トーレスが最も人気のある選手に選ばれた。この調査に参加した185カ国3万2000人のうち、34パーセントがトーレスに投票、2位にはロナウドではなく、リヴァプールのチームメートで主将のスティーヴン・ジェラードが入り、3位がロナウドだった。また、リーグ史上最も好きな選手には、元アーセナルのティエリ・アンリが選ばれた。
●イタリアのメディアは11日、ミランがブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ(24歳)と契約したと報じた。クラブと口頭で契約に合意、来夏に入団するという。ミランは1月の獲得を希望したが、EU外選手の枠が空いていないため、来夏まで見送ったようだ。
●インテルのDFマルコ・マテラッツィは、9日に行われたチャンピオンズリーグのベルダー・ブレーメン戦で骨折したほおの手術に成功した。同クラブは、イタリア代表DFの手術が十分に満足いくものであったことを発表したものの、復帰に要する時間については明らかにしていない。
●通信社SIDは10日、「バイエルン・ミュンヘンは、同クラブのMFバスティアン・シュバインシュタイガーとの契約を2012年6月まで延長した」と報道した。
●複数のイギリスメディアによると、リバプールのラファエル・ベニテス監督は、同クラブのオーナー、トム・ヒックス、ジョージ・ジレット両氏との数カ月に及ぶ契約更改交渉の末、“2013年までの契約延長”で当面の合意に至ったという。
●ドイツの『ビルド』紙によると、今季のブンデスリーガでダークホースとなっているホッフェンハイムは、先週バレンシアから自由契約になったばかりのGKティモ・ヒルデブラントと契約したようだ。29歳のドイツ人GKは、同クラブと2010年までの契約で合意したもよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。