FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/12/08UEFAサッカー情報
●7日に行われたスペインリーグの試合で、レアル・マドリーがホームでセビージャに3-4で敗れた。マドリーはリーグ戦4試合で3敗目となり、勝ち点26のままで5位に後退。首位のバルセロナとは9ポイント差となり、クラシコを前に痛い敗戦となった。セビージャは勝ち点を27に伸ばし、マドリーをかわして4位に浮上。3位バレンシアとは得失点だけの差となった。マドリーのミヤトヴィッチ・スポーツディレクターはクラシコについて、「(バルサ戦を前に)こんなポジションにいるとは思ってもいなかった。(この試合で退場となった)ロッベンを欠き、負傷者も多い中では、非常に厳しい試合になるだろうね」と話した。デポルティーボはホームでマラガを2-0で下し、勝ち点24で7位に浮上。ベティス対エスパニョール、ラシン・サンタンデール対アスレティック・ビルバオは共に1-1のドロー、オサスナはバジャドリーと3-3で引き分けたが、マジョルカを3-2で下したレクレアティボと入れ替えに最下位に後退した。
●バレンシアに4-0で勝利したバルサ。試合後の記者会見でグアルディオラ監督は、「まずはシャフタール戦に向けて調整する」と語っていたが、CLグループリーグはすでに1位通過を確実としていることから、来週末のR・マドリー戦を前に主力選手の温存は当然とも言える。クラシコで先発出場が予想されるビクトル・バルデス、ダニエウ・アウベス、プジョル、マルケス、トゥーレ・ヤヤ、シャビ、メッシ、アンリの8選手がシャフタール戦を欠場する可能性が高い。一方、バレンシア戦は累積警告で出場停止だったエトーは、シャフタール戦で試合感覚をもう一度研ぎ澄まし、因縁の対R・マドリー戦を迎えるとみられている。
●グアルディオラ監督は「今季これまでの結果には正直驚いているよ。得点数は多く、失点は少ない。チームは好調と言えるが、この団結を今後も維持しなければならない。今はまだ12月7日だ。長いシーズンの途中には、スランプに陥る時が必ず訪れるはずであり、その時はサポーターが我々の後押しをしてくれることに期待している。我々自身のためだけではなく、サポーターのためにも戦っているからだ」
●バルセロナのMFアレクサンドル・フレブは、13日のレアル・マドリーとの伝統の一戦“エル・クラシコ”を前に、相手を「アグレッシブで手ごわいチーム」と評価し、「伝統とライバル意識からして難しい試合になるだろう。バルセロナに勝ちたいと思うのはどのチームも同じだろうが、レアル・マドリーの意気込みはさらに特別なはず」と警戒した。「(前回の試合は)バルサにとって痛々しい負けだった。しかし今回は全く状況が違う。新しい監督の下、うまく事が運んでいるし、ぜひとも勝ちたい。ここに移籍してきた時点で、バルサはタイトルを狙う一方、いつも美しいサッカーを心掛けるチームだということは分かっていた。昨季はツキがなかったが、ビッグクラブであることは変らないし、これからもそうあり続けるように努めている」
●7日に行われたプレミアリーグの試合で、CL出場圏内を目指すアストン・ヴィラとエヴァトンが直接対決。アウェイのヴィラが接戦を3-2で制した。7日に行われたプレミアリーグの試合で、CL出場圏内を目指すアストン・ヴィラとエヴァトンが直接対決。アウェイのヴィラが接戦を3-2で制した。
●7日に行われたブンデスリーガの試合で、ハンブルガーSVがケルンと対戦、ペトリッチの2ゴールで2-1で勝利し、勝ち点を30に伸ばし、5位をキープ。ヴォルフスブルクが2-1で勝利し6位に浮上。ヴォルフスブルクの長谷部誠はフル出場している。
●セリエA第15節の7試合が7日に行われ、首位インテルを追うユヴェントス、ミランが揃って辛勝した。ユヴェントスはレッチェとアウェイで戦い、2-1と勝利した。ユーヴェは勝ち点を30に伸ばし、インテルとの差を6でキープした。レッチェは降格ゾーンから1ポイント上回っているだけの16位。一方、ミランはホームでカターニアと対戦。1-0で勝利した。ミランはユーヴェと同じく勝ち点30。なお、カターニアの森本貴幸はベンチ入りしなかった。ナポリはシエナとホームで対戦。マッジョとデニスのゴールで2-0と勝利し、勝ち点27で4位とした。また、フィオレンティーナはトリノとアウェイで戦い、ジラルディーノの2ゴールを含む4-1で快勝し、勝ち点26で5位。サンプドリアを1-0で下したジェノアが同25で6位となっている。
●リーグアン第17節の4試合が7日に開催され、パリ・サンジェルマンがル・マンとホームで戦い、ギョーム・オアロの2ゴールとリュインドゥラのダメ押し点で3-1と快勝した。パリSGは勝ち点29で5位。ル・マンは同24で9位となった。モナコはソショーと1-1で引き分け、ロリアン対ナンシーは1-0でロリアンが勝利。グルノーブル対オセールはスコアレスドローだった。
●試合後ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は「レッチェ戦は厳しい試合になると予想していたが、本当に価値ある1勝を挙げることができた。今季がこれまでの集大成を発揮する重要なシーズンであることを選手達が自覚している証であり、このチームは自滅することがない。選手達は、ユベントスのプロジェクトを背負い、モチベーションを高めている。今日は、どうしても勝ちたいしあいであり、最後の最後でようやく勝利を手に入れることに成功した。インテルは強敵だが、諦める気はない」
●試合後ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「得点チャンスが多く、良い試合展開だった。チーム危機が報じられた中で、最高のパフォーマンスを披露した。しかし、ここで満足してはいけない。首位インテルは現在も好調であり、我々は成長して勝利を積み重ねていかなければならない。我々は、中盤の選手を負傷で欠いている。今日もエメルソンがトラブルを抱え、最終的にはDFヤンクロフスキを上げざるをえなかった。これからの1週間でこの問題点を改善しなければならない」
●7日のセリエA第15節ホームのカターニャ戦で決勝点を挙げたMFカカが、試合後のインタビューで喜びを語った。「自分が決定的な仕事をできて嬉しい。このような形でチームに貢献できれば最高だね。チーム、そして自分も自己犠牲の重要性を自覚しており、今後もそのスタンスを変えるつもりはない。しかし、時々は『自分の好きなようにプレーしたい』との本音を明かしたくもなるけれど(笑)」
●今季初得点を挙げたクラブの至宝ジョビンコが笑顔で試合後のインタビューに応えた。「アウェーのレッチェ戦で苦戦を強いられることは覚悟していた。負傷離脱者が続出している中で勝利を収めることが重要だった。自分のゴールで勝利に貢献することができて、とても嬉しいよ。ゴールが生まれれば、(出場機会に恵まれていない)状況が少し変わるからね」
●イタリアの『トゥットスポルト』誌が選出する21歳以下の欧州年間最優秀選手『ゴールデンボーイ』賞に、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のブラジル人MFアンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリベイラが選ばれ、6日にオールド・トラフォードで行われた対サンダーランド戦に先立ち授賞式が行われた。アンデルソンは、昨シーズン、プレミアリーグとチャンピオンズリーグの2冠を達成したマンUの主力選手として活躍したことが評価された。同賞は、欧州各地の30人の記者が40人の候補選手の中から投票を行い決定するが、1位のアンデルソンは129票を獲得。2位にはわずか3票差でアーセナルのテオ・ウォルコットが続いた。また、3位は109票を獲得したアトレティコ・マドリーのセルヒオ・アグエロだった。
●ポーツマスのオーナーである32歳のアレクサンドル・ガイダマク氏はBBCに対し、クラブを売却する意向があることを公式に表明した。その理由として同氏は、次のように説明した。「3年間、同クラブの経営に関わってきたが、投資にふさわしい利益を得ることができないことが分かった。これからは別のビジネスに投資する。つまり、投資のタイムリミットを迎えたということだ。私のやり方ではクラブはうまく機能しない。だから、より良い運営を任せられる先に売却する方が良いと判断した」
●この規約を適用すれば、「28歳未満で契約した選手は契約時より3年、28歳以上であれば2年でクラブとの契約を一方的に解除できる」ことになる。この規約によってフラミニとフレブを失ったベンゲル監督は、セスク、テオ・ウォルコットら主力選手が、同じ手段に訴えてアーセナルを去るのことを懸念しているという。「セスクがアーセナルをとても気に入っているのは知っているが、ウェブスター判例を持ち出してチームを去る可能性もないとは言えない。だからこそ、彼との契約更新は重要な意味を持ってくるだろう。今、サッカー界は大きな変化の最中にある。この判例は多くのチームに影響を与えることだろう。われわれは十分警戒しなければならない。実際、ウェブスター判例の存在を忘れている人間は多い。しかし、3年たてばどの選手だって、ほかのチームに行けるのだ。ビッグクラブはこの状況をうまく切り抜けられるかもしれないが、小さなクラブにとっては“破産”につながりかねない」
●オランダ1部リーグのフェイエノールトは7日、ホームで2部降格候補のデ・フラーフスハップに1-3で完敗した。この結果、フェイエノールトの順位は11位、デ・フラーフスハップは16位となった。
●2008年のバロンドール(世界年間最優秀選手賞)を受賞したクリスティアーノ・ロナウドは、「マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に残留する」という現在の自身の希望をはっきりと口にした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.