UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/05UEFAサッカー情報
●レアル・マドリー新加入のストライカー、クラース・ヤン・フンテラール(25歳)が、その意気込みを語った。アヤックスから移籍金2000万ユーロ(約24億円)でレアル・マドリーに入団、同クラブと2013年まで契約を結んだオランダ代表FWは、「ファン・ニステルローイはファンタスティックな選手。だけど、僕は彼とタイプの異なるプレーヤーだ。僕は、できるだけ多くゴールを挙げられるように全力を尽くしたいと思う」
●R・マドリーの育成部長を務めていたホセ・ミゲル・ゴンサレス・マルティン・デル・カンポ“ミチェル”氏が、育成部のプロジェクトをカルデロン会長が評価していないとして辞任した。ミチェル氏はR・マドリー・カスティージャ(サテライト)以下のトップの地位にいたが、辞任の理由として、「私の仕事にカルデロン会長は興味を示していない」とした。極度のプレッシャーから解放されたのかミチェル氏は辞任すると同時にラジオやテレビの取材に応じ、カルデロン会長を厳しく批判している。「カルデロン会長がR・マドリーよりも自分の事しか考えていないのはとても残念なことだ」と言うミチェル氏。これに対し、スポーツ・ディレクターを務めるミヤトビッチ氏は、「絶対に許せない行為。辞めた途端、マスコミに出て会長の批判をしている」と怒りを露にした。
●アトレティコ・マドリーは、9日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のマルセイユ戦について、当日移動でマルセイユに向かうことを決定した。両チームをめぐる危険な状況については、UEFA(欧州サッカー連盟)が警告を発しており、アトレティコのクラブ役員はフランス当局やスペイン当局と相談した上で、今回の決定を下したようだ。アトレティコは試合当日にマルセイユから招待されている食事会には誰も出席せず、ホテルには小休息をとるためだけに滞在。スタジアムへは厳重な警備のもとで移動し、試合終了とともに即座にマドリーに戻る予定となっている。
●スペイン2部リーグに所属するレバンテのフリオ・ロメロ会長は、同クラブとアスレティック・ビルバオが“試合結果について事前に同意していた疑い”および、スペインサッカー協会のアンヘル・マリア・ビジャル会長と“その件について話をしていたという疑い”を全面否定する声明を発表した。声明の内容は以下のとおり。「ここ数時間で、複数のメディアが私に関して報じた情報について説明したい。アスレティック・ビルバオとはいかなる事前同意もないし、スペインサッカー協会会長のアンヘル・マリア・ビジャル会長との(同件に関する)会話の事実も一切ない。この一連の報道についての対応はすでに弁護士の手にあり、厳粛なる法的措置を講じることになるだろう」事の発端は、3日に放映されたポプラールTVの番組『スポルトCV』。2006-07シーズンの1部リーグ第38節に先立ち、レバンテのロメロ会長と同クラブの主将イニャキ・デスカルガが「レバンテがビルバオに敗れる」ことを事前に同意していたかのような会話をしているところを収録したビデオが放映され、にわかに“八百長疑惑”が持ち上がったことによる。
●レアル・マドリーには疫病神がつきまとっているようだ。故障者の数だけではなく、その深刻度の上でも全くツキがない。代理人とクラブのメディカルスタッフに付き添われ、リヨンへと渡ったMFマハマドゥ・ディアラは、古巣リヨン時代から信頼を置く医師に診察を受けた結果、関節鏡による右ひざの手術が必要で、少なくとも全治3カ月と診断された。
●レアル・マドリーはベルギーのスタンダード・リエージュに所属するFWミラン・ヨバノビッチ獲得に興味を持っているようだ。現在27歳のヨバノビッチは、左サイドアタッカーとして昨シーズンは18ゴールを挙げている。リエージュとは2010年までの契約があるものの、同クラブのルシアン・ドノフリオ会長は、「もしこの冬の移籍市場で良いオファーが届けば、移籍を容認する用意がある」と明言している。
●サンダーランドは4日、ロイ・キーン監督(37歳)が辞任したと発表した。同日午前中にクラブ首脳と話し合い、双方合意の上で別々の道を行くことに決めた。キーン監督は、「スタッフ、選手、ナイアル・クイン、そして特にファンにはこれまでの支援を感謝したい。クラブの今後の発展を祈っている」とコメント。
●ドイツサッカー連盟(DFB)は4日、来季のブンデスリーガのウィンターブレイクを2週間短縮すると発表した。ブンデスリーガは伝統的に冬のあいだは1カ月半という長い中断期間がある。DFBは今回の変更について、2010年6月11日に開幕するW杯南アフリカ大会の出場を目指す代表チームに準備期間を長く与えるためとして、ドイツサッカーリーグ(DFL)と合意に至ったという。
●UEFAカップのグループリーグ、グループEからHの試合が4日に行われ、ヴォルフスブルク、ブラガ、バレンシア、アストン・ヴィラ、アヤックス、ハンブルガーSVが決勝トーナメント進出を決めた。グループEでは、ヴォルフスブルクがホームでポーツマスとの接戦を3-2で制し、ブラガはアウェイでヘーレンフェーンを2-1で下した結果、勝った2チームはミランに続きグループリーグを突破、ポーツマスとヘーレンフェーンは敗退を知りながら最終戦を戦うことになった。グループFでは、ハンブルガーSVがスラヴィア・プラハを2-0で下し勝ち抜けを決めたが、ジリナはアウェイでアストン・ヴィラを2-1で下したにもかかわらず、4試合終えて勝ち点4にとどまった。この結果、1試合を残して勝ち点6のハンブルガー、ヴィラ、そしてこの日試合のなかったアヤックスが勝ち抜けを決めた。グループGでは、バレンシアがホームでクラブ・ブリュージュと1-1で引き分け、勝ち点を5にして、サンテティエンヌに続き突破を決めたが、ローゼンボリは敗退が決まった。グループHは、すでに突破を決めているCSKAモスクワがヴァクネル・ラヴのハットトリックもあって、ナンシーを4-3で下し、4戦全勝でグループリーグを終えた。また、レフ・ポズナニとデポルティボは1-1で引き分け、ナンシーと共に最終戦に突破をかける。 17日の試合では、勝ち点4のナンシーとデポルティボが直接対決、勝ち点2のレフ・ポズナニは最下位のフェイエノールトと対戦する。
●今季3度目の怪我で戦線離脱中のリヴァプールFWフェルナンド・トーレスが、年内はリハビリに専念、復帰は来年1月以降になることが判った。先月26日のCLマルセイユ戦でハムストリングを負傷し全治3週間と診断されていたものの、ラファエル・ベニーテス監督は「トーレスの復帰を急かしたくない。当初の予定では復帰まで約3週間だったが、今は怪我を完治することに専念してもらいたいと思っている。だから復帰時期の目処を付けるつもりはない」
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、現在19位に沈み解任の危機にあるブラックバーンのポール・インス監督には“時間が必要”と元教え子を擁護した。最近9試合で1勝も挙げられず降格ゾーンへ落ちていったブラックバーン。インス監督がクビを免れるにはここ1、2試合で結果を出すしかないと言われている。
●サム・アラダイス元ニューカッスル・ユナイテッド監督が、サンダーランド監督のポストに興味があることを認めた。わずか2年3ヶ月でクラブを去ったロイ・キーン氏の後任を急いで探す必要に迫られているサンダーランドに対して、すでに自分の意思を伝えているという。
●ウェリントンフェニックスとの親善試合のためニュージーランドを訪れたLAギャラクシーのイングランド代表MFデビッド・ベッカム(33)「全ての試合で満足のいくプレーを発揮することが重要であり、コンディションを維持したい。そのために期限付きでのACミラン移籍を決意したんだから。世界で最も重要なクラブの1つでプレーする機会が与えられた。もちろん、今後もイングランド代表入りを狙っているが、1試合1試合を大切にするというのが自分の信念だ」
●独紙“KICKER”は「ユベントスがハンブルガーSVのクロアチア代表FWイビチャ・オリッチ(29)の獲得に関心を示している」と報じた。
●ACミランのオーナーを務めるシルビオ・ベルルスコーニ氏の息子ピエールシルビオ氏が、インタビューに応じ、「昨夜の試合結果は残念であり、悔いの残る試合となった」と振り返った。またスクデット(セリエA優勝)争いについては「我々ACミランにまだ可能性が残されていると信じている。アンチェロッティ監督は優秀な監督だが、現状では、モウリーニョがイタリア・カルチョ界で最も優れた監督と言えるだろう」
●セリエAで通算137ゴールと素晴らしい経歴を持ちながら現在インテルで出場機会に恵まれず、厳しい状況にある元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ(33)。出場機会を求めて、冬の移籍市場での退団が噂されるクレスポが現在の心境を明かした。「平常心で練習に打ち込むだけだ。自分をアピールするために、それ以外の方法は知らないからね。試合に出場できない日が続いており、再びポジションを取り戻すために努力しなければならない」
●アーセナルのセスク・ファブレガスは、アーセン・ベンゲル監督率いるチームで今後もプレーし続けたいという自身の希望を明らかにした。アーセナルのクラブ史上2番目の若さで主将を務めるセスクは、クラブとの結びつきの強さを強調した。「アーセナルのキャプテンマークをつけてプレーしていることをとても誇りに感じている。僕はこのクラブと100%のきずなで結ばれている。したがって僕の将来はここにある」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。