FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/11/29UEFAサッカー情報
●今シーズンから背番号10を付けクラブの顔となったバルセロナのリオネル・メッシが「プレッシャーは全く感じていない」とコメント、多くの専門家が“今シーズンのバルサはメッシに依存しすぎている”と批判しているのに対して「そういった意見は信じない」と反論した。「チームが僕に頼っているとは思わない。バルサには十分選手がいるし、全員が一緒になって動いている。誰がピッチに立つかはそれほど重要なことじゃない。一番大事なことは僕らが試合に勝つことであり、芝が長いといった状況下でもチームが上手く機能することだ。芝が長いとボールを早く回すのは難しいからね。これから上位チームとの対戦が続き、厳しい試合になるだろう。でもそういった試合に勝って首位を維持するのが大切だ」
●レアル・マドリーは1月の移籍市場で、若手2選手を補強すると、クラブのラモン・カルデロン会長が28日にラジオ・マルカの放送で明らかにした。「大見出しとなるようなニュースを求めている君たちにこれをあげよう」と話し始めたカルデロン会長は、「いい選手2人と契約をすることになる。ミヤトヴィッチ(スポーツディレクター)が担当しているから、彼らの名前を私は知らないが、若くて、スピードがあって、チャンピオンズリーグでプレーできる選手だというのはわかっている。マルセロ、フェルナンド・ガゴ、ゴンサロ・イグアインのように長くクラブにとどまる選手になってほしいと思っている」と続けた。マドリーがインテルのエルナン・クレスポ(33歳)に興味を示しているという噂が流れたが、カルデロン会長は「彼が来ることはないと思う」と付け加えた。地元のメディアは、ラツィオのFWマウロ・サラテ、アヤックスのクラース・ヤン・フンテラールを候補選手のなかに上げている。また、来季の補強については、「5月か6月に、ワールドクラスの選手を2、3人獲ることになるだろう。名前は出せないよ。無駄に期待感をあおりたくないからね」と話した。これについては、マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウド、リヨンのカリム・ベンゼマ、バイエルン・ミュンヘンのバスティアン・シュヴァインシュタイガー、ゼニトのアンドレイ・アルシャヴィンらの名前がメディアを賑わせている。
●今夏、セビージャからバルサに移籍したブラジル代表DFダニ・アウベスが29日、古巣と対戦する。移籍後初めてサンチェス・ピスフアンに凱旋するアウベスにとって古巣との試合は「特別な試合」であることは間違いない。「興奮するだろうね。これまでの僕のキャリアの中で最も特別な試合となるだろう。6年間一緒だったチームメイトと、しかもそのホームで対戦するんだからね。とても特別なものだよ。僕は、セビージャでフットボールの選手として、そして人として成長したんだ」。
●バレンシアのポルトガル人MFのマヌエル・フェルナンデスは、バレンシア市内のディスコで非番中の警官にガラスのコップを投げつけたとして起訴された。この事件に関して、検察側は1万ユーロ(約121万円)の罰金を要求しているが、フェルナンデス自身は法廷で起訴内容を否認し、「事件とは一切かかわっていない」と主張している。
●レアル・マドリーは、同クラブ保有のラジオ放送局レアル・マドリー・ラジオの開局発表を行い、ラモン・カルデロン会長やOBのアルフレド・ディ・ステファノ氏らとともに、ラウル、グティ、カシージャスの3選手が開局記念式典に出席した。
●バレンシアはドイツ人GKのティモ・ヒルデブラントを移籍金なしで放出する決断を下したようだ。同クラブのスポーツ部門を統括するフェルナンド・ゴメス副会長は、ヒルデブラントがどのクラブにも無償で移籍できるよう、同選手と合意を取り交わしたことを明らかにした。
●セビージャのマノロ・ヒメネス監督は、リーガ・エスパニョーラ第13節のバルセロナ戦を前に“難しい試合”になることを予想したものの、「バルサと言えどもセビージャに勝つのは難しい」と自信をのぞかせた。「誰もが出たいと思うような素晴らしい試合になるだろうが、われわれはまず“リーガで最も好調なチーム”を屈服させなければならない。バルサはリーガナンバーワンのボールポゼッションを誇っているが、われわれとしては序盤から主導権を握りたい。とにかく、相手に容易に自分たちのゲームをさせてはいけない。もちろん、バルサだってセビージャに勝つのは難しいと考えていることだろう」
●次節のチャンピオンズリーグ第6節、オリンピック・マルセイユとアウエーで対戦するアトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、サポーターに対して、「念のため、マルセイユに観戦に行くことを控えた方がいい」と忠告した。そして、ビセンテ・カルデロン・スタジアムでの“2試合無観客試合”という処分につながった事件を「一刻も早く忘れたい」という意向を示した。アトレティコは、マルセイユのスペイン領事館と連絡をとり、現地が“危険”にあふれていることを知ったが、セレソ会長は「同試合における安全面には問題はない」と考えているようだ。「われわれは“敵”ではなく“友”を作る目的でマルセイユへ行くつもりだ。決して危険な町ではないし、マルセイユ市民もマドリーと同様普通の人なのだから、何も起こらないことを信じたい。われわれには恐怖心はない」
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、29日にサンチェス・ピスファンで行われるアウエーのセビージャ戦を前に、チームカラーとして掲げている“積極性と野心”を強調し、セビージャ戦で勝利を挙げるための心構えを説いた。「常に集中力を切らさないことは鉄則だ。選手には、野心的にプレーしてリズムを作り出し、ボールポゼッションを高めて、うまく攻めることを期待している。相手が素晴らしいカウンターを仕掛けてくることも忘れてはならないが、とにかくボールを持ったら迷わず攻めることだ。それが私から選手たちへのメッセージだ」さらに、イエローカードの累積枚数が4枚となっているセルヒオ・ブスケツ、サミュエル・エトーの2人が、セビージャ戦で次戦が出場停止となる5枚目のイエローカードを受けることを恐れてはいないと言い切った。「彼らにも力強くアグレッシブなプレーをして欲しい。その結果、もしイエローカードを受けたとしても、代わりに戦える選手はほかにもいる」
●マンチェスター・シティのFWロビーニョが「地元のライバル、ユナイテッドとのダービーマッチの重要性は十分理解している」と、大一番の試合に闘志を燃やしている。ロビーニョは「レアル・マドリー対バルセロナのライバル関係はすごい。クラシコがファンにとって何を意味するか選手たちも理解しているから、試合は非常に激しくなる。毎回バルサと戦う時は、クラブのプライドが賭けられるからね。だけど、ここでのダービーマッチは2つのチームが同じ都市に存在するという別の特性がある。僕の出かけた先で皆がこう声を掛けてくるんだ。“ロビーニョ、ユナイテッドを倒してくれよ。ダービーは我々の試合、シティの日だ”ってね。彼らの気持ちは分かるし、僕はその情熱が好きだ」
●アーセナルのピーター・ヒルウッド会長が、アーセン・ヴェンゲル監督は1月の移籍マーケットで使える資金を十分持っており、指揮官が望めば新しい選手の獲得は可能だと主張した。トロフィー獲得の可能性を高めるには、経験豊富なベテランの補強が必要だと主張しながらも、ヴェンゲル監督はこれまで若手中心のチームに信頼を置いてきた。そのため“他クラブと比較してアーセナルが補強に消極的なのは、クラブ首脳陣が邪魔しているのではないか”との憶測が流れていた。これに対してヒルウッド氏は「ヴェンゲルの移籍マーケットの対するアプローチは非常に賢明だ。マスコミやファンが補強の必要性を訴えたからといって、選手を買うことはない。ヴェンゲルは、望めば使える資金を持っている」
●28日付けの英紙“Daily Telegraph”は「アーセナルがユベントスの若き天才MFセバスティアン・ジョビンコ(21)の獲得を検討している」と報じている。北京五輪代表の中心選手だったイタリアの至宝ジョビンコは、2013年までユベントスとの契約を延長したばかりだが、ビッグネーム揃いのチームにあって現在もレギュラーの座は獲得しておらず、出場機会を求めてレンタル移籍する可能性は否定できない。
●ウニベルシダ・デ・チリの元チリ代表FWマルセロ・サラス(33)が現役を引退することが明らかとなった。ラツィオやユベントスなどに所属し、豪快なプレーでセリエAを盛り上げたサラスがユニフォームを脱ぐことになった。
●インテルのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(26)先日の欧州CLグループリーグ第5戦パナシナイコス戦0-1敗戦については「試合には負けたが、決勝トーナメント進出を決めることができた。欧州CL戦での決定力不足?昨季のグループリーグで自分は5得点を挙げている。確かに今季は7得点している国内リーグ戦の方が、より結果が出ているが…。ドログバ獲得の噂?彼は偉大な選手であり、フィジカルにも恵まれているが、チームには既に優秀なフォワードが多数所属している。好調時のアドリアーノは異彩を放つ。スペースを作ることもできる彼とのコンビは楽しい」
●今夏の移籍市場でレアル・マドリーからASローマへ移籍入団したブラジル代表MFジュリオ・バティスタ(27)「ASローマは今まさに成長を遂げている段階だ。最も重要なことであり、我々が待ち望んでいたことでもある。我々のプレーは明らかに改善されている。フォーメーション変更?監督はチームが機能しない時には、色々な解決策を探らなければならない。スパレッティ(監督)は試行錯誤の結果、我々が最も機能するフォーメーションにたどり着いたと思う。我々選手は新しいフォーメーションの戦略・戦術に順応しなければならない」
●27日にあったUEFA杯グループリーグ第3戦アウェーのポーツマス戦で2点ビハインドから1点差に迫るフリーキック弾を決めたACミランのブラジル代表MFロナウジーニョ(28)が一夜明けた28日、2-2ドローに追いついた試合を振り返っている。「練習に集中し、結果も伴っている。また、ポーツマス戦でもフリーキックを決めることができてとても嬉しい。練習での成果を試合に反映させることに努めているよ」
●27日にあったUEFA杯グループリーグ第3戦ポーツマス戦で、敗戦濃厚で突入したロスタイムで2-2ドローに追いつく同点弾を決め、ACミランの決勝トーナメント進出に貢献した元イタリア代表FWフィリッポ・インザーギ(35)。UEFA主催による欧州カップ戦で通算ゴール数を「65」に伸ばし、26日の欧州CL戦で並ばれたレアル・マドリーの元スペイン代表FWラウール(31)から再びリードを奪った。歴代の得点ランキングで単独首位に立ったインザーギが一夜明けた28日、試合を振り返っている。「昨夜のゴールは格別だったよ。0-2とリードされ、1点差に追いついた試合の終了間際にキャプテンマークを身に付けた自分が、サポーターの目の前で同点弾を挙げることができたんだからね。キャプテンマークを身に着けたのは今回が初めてだったよ。自分にとっては全てが特別だった。UEFA杯の試合というのは関係なかったよ。とにかく最高に嬉しい」
●トーレスは以前けがをした場所と同じ個所を再度負傷したことについてかなり心配しており、完全にけがが治るまでは復帰の時期を設定するつもりがないことを明らかにした。「またけがをしてしまい少し落ち込んでいる。だけど、前進するしか道はない。同じ場所を何度か負傷しているので心配だ。今回のけがについては、復帰の時期はあらかじめ決めずに、再発しないよう完全に治したい」
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、新主将のセスク・ファブレガスがその若さにもかかわらず、チームを率いるだけの成熟度を有していると考えているようだ。現在21歳のセスクについて、ベンゲル監督はこう称した。「まるで26歳の選手のようだ。なぜなら、彼はすでにこのクラブで200試合以上を戦っており、これは通常なら26歳か27歳になって到達する数字だからだ」
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督が「12月を首位か2位で終えたら、チェルシーがタイトルを獲る」とイングランド・プレミアリーグのライバルたちに警告した。今シーズンのチェルシーは、FWディディエ・ドログバ、MFミカエル・エシアン、DFリカルド・カルバーリョ、MFミヒャエル・バラックら中心選手が相次いで離脱。それでもスコラーリ監督はその手腕でチームを首位に導いている。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.