FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/11/25UEFAサッカー情報
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、2007年にビジャレアルに放出したFWジュゼッペ・ロッシ(21歳)を買い戻す可能性があることを示唆した。これはビジャレアルにロッシを売却した際、同選手の買戻オプションを盛り込んでいるためで、ユナイテッドはその権利を行使するかどうか思案中だという。ロッシはビジャレアルで活躍し、今年10月にはイタリア代表デビューも果たしている。
● 24日に発売されたドイツのキッカー誌は、レアル・マドリーのテクニカルディレクターのミゲル・アンヘル・ポルトゥガル氏が今週、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(24歳)の代理人と第1回の交渉の席に着くという記事を掲載した。ところが、この情報漏れに、シュヴァインシュタイガーの代理人は大慌て。結局この会談はキャンセルされることになった。
●25日、勝ち点で並ぶ(8ポイント)ビジャレアルとマンチェスター・ユナイテッドが、グループ首位の座をかけエル・マドリガルで激突する。首位決戦を前に、ビジャレアルのペジェグリーニ監督が「我々の第一目標はグループリーグ突破であり、首位の座はそのあとだ。もし、首位になれればベストだが、引き分けでも決勝トーナメント進出が決まるし、満足するだろう」と語った。
●セビージャは、アルゼンチン人DFフェデリコ・ファシオとの契約を2014年まで延長することで同意に達したと発表した。同時に、同選手の契約解除の違約金は4000万ユーロ(約49億6000万円)に設定された。ファシオは契約延長の喜びについて次のようにコメントした。「クラブが僕を信頼してくれていることに大変満足している。契約延長に合意できてうれしい。セビージャは居心地がいいし、ここでプレーを続けることは僕にとって重要なことだ」現在21歳のファシオは、2007年の1月にアルゼンチンのフェロカリル・オエステからセビージャへやってきた。移籍当初はセビージャ・アトレティコ(2部A)からのスタートとなったが、マノロ・ヒメネス監督に引き上げられ、2007-08シーズンからトップチーム入りした。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、「バルサはリオネル・メッシ1人に依存しているのではないか」という世論に対してこう反論した。「今のバルサは、個人よりチームとしての力の方が上回っている。これは、今シーズンを通じて証明されているはずだ。レオ(メッシ)やアンドレス(イニエスタ)が重要な選手でチームに貢献しているのは事実だが、今のバルサはあくまでチームという集団の上に成り立っている」ボージャン・クルキッチについては、「急成長している期待の若手だ。ボージャンに過度のプレッシャーをかけるべきではない」と周囲に忠告した上で、「現在の活躍もさることながら、将来も楽しみなプレーヤー」と、カンテラ(育成部門)上がりの “秘宝”を評価した。
●一筋の涙は1000の言葉よりも多くを語る。24日のヘタフェ戦で、試合途中にアンリとの交代を告げられたボージャンは、ひとりベンチで悔し涙を流した。メッシの欠場を受け、待望の今季リーグ戦初先発を果たしたボージャンだったが、わずかに1度迎えた決定的なゴールチャンスも決めることができず、アピールの機会を生かすことができなかった。試合を追っていたテレビ局は、ボージャンがベンチに下がった後の無念な表情をつぶさにとらえ、その映像は反響を呼んだ。
●ドイツ代表FWのルカス・ポドルスキが、所属のバイエルン・ミュンヘンに対し、1月の移籍させてほしいと訴えたが、ユルゲン・クリンスマン監督は24日、放出するつもりはないと話した。
●リヨンのフランス代表DFアントニー・レヴェイエールが、膝のケガで今季絶望となった。リヨンのクロード・プエル監督は24日、「左膝の十字靱帯の断裂で今季は残り試合を欠場することになった」と話し、手術が必要だろうと付け加えた。土曜日のパリ・サンジェルマン戦で開始11分に負傷していた。
●アーセナルの新キャプテンに21歳のセスク・ファブレガスが選ばれた。若いチームのなかでも特に若いキャプテンとなるが、このスペイン代表はすでにアーセナルで5シーズン目を迎え、経験という点では申し分ない。「世界有数のクラブでキャプテンを務めるのはとても名誉なことだ。すごく誇らしい瞬間だよ。責任の重さは十分承知しているけれど、チームメートと一緒に団結してやる。僕らに以前のように勝利を続けるためのやる気もあるし、全力を尽くしたい」
●24日に行われたプレミアリーグの試合で、ウィガンがエヴァトンを1-0で下し、降格圏を脱出した。
●ACミランのDFカハベル・カラーゼ(30)が、自身のハンドの判定を不服として2-2ドローに終わったセリエA第13節トリノ戦で主審を務めたステファノ・ファリーナ氏を痛烈に批判したことに対し、クラブ幹部が不快感をあらわにした。トリノ戦から一夜明けた24日、インタビューに応じたACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長は「選手は審判を批判するべきではない」とコメント。
●ユベントスが、ベテランのMFパベル・ネドベド(36)の後継者候補として、バイエルンに所属するドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(24)の獲得に関心を示していることが判明した。
●公式戦7連勝で迎えた22日の“イタリア・ダービ-”インテル戦で0-1敗戦を喫したユベントス。欧州CL第5戦アウェーのゼニト・サンクトペテルブルク戦を目前に控えた24日、ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督が記者会見に臨んだ。「7連勝を収めた我々の力を忘れてはならない。第1レグで彼らの実力は証明されており、また我々相手に勝利し、レアル・マドリー戦でも勝利を収めれば、彼らは決勝トーナメント進出も可能となるだけに、試合は容易ではないだろう。しかし、我々はゼニト戦も勝利を目指す。我々は既に決勝トーナメント進出は決めているが、欧州CLは親善試合ではない。今はインテル戦の敗戦からは立ち直っており、ゼニト戦に集中している」
●決勝トーナメント進出のためにも勝利が義務付けられた第5戦ホームのリヨン戦を直前に控えた24日、フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督が記者会見に臨んだ。「フィオレンティーナの歴史に新しい1ページを記す時が来た。運命の懸かった一戦に臨む準備は整っている。欧州CLで素晴らしいパフォーマンスを発揮したい。この思いの下、我々は団結し、集中力を高めている。この4試合で欧州CLの経験は積んでおり、同じ過ちを繰り返すわけにはいかない。我々自身のプレーに終始することが重要であり、決して相手のペースに巻き込まれてはならない。今季は先制されてからのリアクションに課題を抱えている。リーダーとなるべき選手が、バランスを崩した選手のサポートをしなければならない」
●26日の欧州CLグルプリ-グ第5戦アウェーのCFR・クルイ戦への意気込みを語った。ブチニッチは「クルイが強豪だということを第1レグで思い知らされたが、我々は当然勝ちに行く。ローマに『3』ポイントを持ち帰るために、集中力を高めなければならない。欧州CL初出場ということもあり、クルイサポーターは皆スタジアムに押し寄せるだろう。スタジアムは興奮に包まれるに違いない。我々はホームのクルイ戦を落としたことを教訓にしたい」
●ファーガソン監督は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)参加チームの中で、バルセロナを“脅威”とみなしていることを明かし、「ここ2年間はイングランド勢がCL本戦の主役だったが、今はバルサがイングランドのチームと同等レベルに位置している」と述べ、イングランドのほかのチーム同様に警戒すべき相手であることを強調した。また、バルサのジョゼップ・グアルディオラ監督、新戦力のダニエウ・アウベスとジェラール・ピケの名前を挙げて称賛した。
●リバプールのFWフェルナンド・トーレスは、『フランスフットボール』誌とのインタビューで、今年のバロンドール(世界最優秀選手賞)の最有力候補であるクリスティアーノ・ロナウドを絶賛し、「世界最高のプレーヤー」と断言した。「C・ロナウドは世界最高のプレーヤーだ。昨シーズンの彼の活躍は信じられないほど素晴らしいものだった。たぐいまれな“超人”といえるだろう」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/26
(水) 14:13:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.