UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/24UEFAサッカー情報
●23日に行われたスペインリーグ第12節の試合で、首位バルセロナがホームでヘタフェと1-1で引き分けた。リーグ戦連勝が9試合でストップしたバルサは勝ち点29、2位のレアル・マドリーとの差は3ポイントとなった。6位のアトレティコ・マドリーはアウェイでヌマンシアと対戦、シモンのお膳立てでフォルランが先制点を入れ、終盤まで1点をリードしたが、ロスタイムに痛恨のPKを献上。1-1で引き分けて、上位との差を詰め損なった。アトレティコは勝ち点18で、アスレティック・ビルバオを3-1で下したデポルティーボが得失点差で続く。また、オサスナはアルメリアを3-1で下し、今季初勝利をあげて最下位脱出に成功した。
●22日に行われたリーガ第12節、対レクレアティーボ戦で辛勝ながらも勝ち点3を獲得したレアル・マドリーだが、この試合でチーム内得点王(9ゴール)のFWイグアインが左足首を捻挫し、負傷退場。スペインの“アス”紙によると、これでレアル・マドリーの今シーズンの負傷者は20人目となり、リーガで最もケガ人を出しているクラブであるとのことだ。ヨーロッパ内で見ても、チェルシー(26人)に次いで2番目の数字であるという。各クラブの負傷者は、リーガではセビージャ:17人、バルサ:13人、アトレティコ・マドリー:12人、バレンシア:10人、ビジャレアル:6人。またヨーロッパ内で見てみると、マンチェスター・ユナイテッド:17人、ユベントス:15人、バイエルン・ミュンヘン:13人、リバプールは12人、インテルは11人となっている。
●ホームでヘタフェと1-1の引き分けに終わったバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は23日、試合後にカンプ・ノウの観衆がチームをスタンディングオベーションでたたえたことについて触れ、決して悪い試合をしたわけではないと考えているようだ。「スタジアムに来て、試合後にわれわれをたたえてくれたすべてのサポーターにお礼を述べたい。サポーターを欺くことなどできない。いい試合をしなかった日は、彼らもわれわれをたたえたりはしない。だが、今日たたえてくれたということは、チームが勝利を目指して戦った努力を認めてくれたからだ」
●レアル・マドリーに所属するFWゴンサロ・イグアインが、25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5戦の対BATEボリソフ(ベラルーシ)戦を欠場することが分かった。一方、同じくレクレアティボ戦で負傷したMFのウェスリー・スナイデルはチームに帯同する。
●リーグアン第15節が22日に行われ、首位リヨンがパリ・サンジェルマンに0-1で敗れた。一方、サンテティエンヌを1-0で下したニースが2位へ浮上。前節まで2位だったマルセイユは23日にゲームがある。
●シュトゥットガルトは、ヴォルフスブルクに1-4で敗れて11位に後退した翌日の23日、アルミン・フェー監督を解任した。
●23日に行われたプレミアリーグの試合で、トッテナムがホームでブラックバーンと対戦、開始9分にレノンのクロスからパブリュチェンコのゴールが決まって1-0で勝利した。レドナップ監督になってからの連勝街道が前節のフラム戦で途切れたトットナムだが、この勝利で勝ち点を15に伸ばし、15位に浮上した。また、ウェストハムはアウェイでサンダーランドと対戦、ベーラミのゴールが決勝点となり、1-0で2カ月ぶりの勝利。勝ち点を17に伸ばし、13位に浮上した。
●チームメイトを公然と非難したことが問題となり、先週末のマンチェスター・シティ戦(3-0でシティ勝利)から外され、さらにキャプテンマークを剥奪されたアーセナルDFウィリアム・ギャラス(31歳)が、25日のCLディナモ・キエフ戦に出場することが判った。
●チェルシーのMFミヒャエル・バラックが、プレミアリーグのタイトルレースはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッド間の一騎打ちになるだろうと断言した。
●リーグ・アン第15節の7試合が23日に行なわれ、松井大輔が所属するサンテティエンヌは、好調のニースをホームに迎え0―1と敗れた。サンテティエンヌはこれでリーグ7連敗、ついに最下位に沈んだ。
●クラウディオ・ラニエリ監督は「本来の力を発揮することができなかった。善戦はしたが、インテルが勝利に値した。彼らはカウンターから何度か決定的なチャンスを作っていた。それにしても失点シーンは悔いが残る…。我々は最後まで試合のペースをつかむことができなかった。この試合への思い入れが強すぎたことも敗因の1つかもしれない。もう少し、積極的に仕掛ける必要があった。連係のミスも目立った。残念ながら彼らの方が、決定力があった」
●1―0勝利を収めた22日のセリエA第13節ホームのユベントス戦で、トップ下として後半40分まで出場したMFスタンコビッチ(29)が、会心の“イタリア・ダービー”勝利を振り返った。「ほぼ完璧と言える素晴らしい試合だったよ。決定的なチャンスを作りながらも、なかなかゴールネット揺らすことはなかったが、我々は最後まで諦めることはなかった。最終的に最高の形での勝利が我々に訪れた。これは個人ではなくチーム全体の勝利だ。ボールがラインを割るギリギリの1メートルまで諦めず、走り続ける必要があった」
●セリエA第13節の2試合が行われた22日、フィオレンティーナはホームでウディネーゼと対戦。前半0-1とリードを許す苦しい展開だったが、後半4点を奪う猛攻で終わってみれば4-2勝利。勝ち点を「23」に伸ばしたフィオレンティーナは暫定4位に浮上した。試合後フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は「サポーターの後押しがあるからといって、必ず結果が出せるわけではない。しかし、我々は後半になって見事にサポーターの声に応えることができた。失点を許すまでは良いテンポでプレーしていたが、失点後はチームの統制が一気に乱れた。しかし、ズルズルと簡単に2点目を許さなかったことが大きかった。」
●セリエA第13節(最終日)が各地で行われた23日、ASローマはアウェーでレッチェと対戦し、3-0完封勝利を収めた。勝ち点を「14」に伸ばしたASローマ(悪天候により1試合延期)は暫定15位に浮上した。トッティは「アウェーの勝利を待ち望んでいた。これほどまでの連敗は経験がなかったので、さすがに焦ったよ。ようやく本来の力を取り戻しつつある。チームワークを乱さず、団結し続けることが最も重要だ」
●試合後ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「リードした時の決定力を高めていかなければならない。ただ、オフェンシブな展開ができるようになっており、その点には満足している。3-1と突き放すチャンスは何度か訪れたにもかかわらず、決め切れなかった。そこが我々の最大の課題だ」
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、最近の問題発言により主将を降ろされ、22日のマンチェスター・シティ戦(0-3で敗戦)にも招集されなかったウィリアム・ギャラスについて、「来シーズンもチームに残る」と断言した。
●ポーツマスに所属するイングランド代表FWジャーメイン・デフォーが、手術を受ける可能性が出てきた。
●トッテナムのハリー・レドナップ監督が23日、イングランド・プレミアリーグのブラックバーン戦を1-0の勝利で終えた後、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督に対して「レノンを代表に復帰させるべきだ」と進言した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。