UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/16UEFAサッカー情報
●15日にスペインリーグ第11節の2試合が行われ、首位のバルセロナを2ポイント差で追うバレンシアとレアル・マドリーが共に敗れた。
●15日に行われたスポルティング・ヒホン戦でリーガ1部の選手として通算100ゴールを達成したバレンシアのスペイン代表ダビ・ビージャだが、チームは2-3で敗れ、残念ながら100ゴール達成を勝利で祝うことはできなかった。リーガ1部で6シーズン目を迎えたビージャは、スポルティングの下部組織で育ち、同クラブでキャリアをスタートさせ、そこでの活躍が認められ2003-04シーズンにサラゴサへ移籍。サラゴサでの2シーズンを経て、2005-06シーズンにバレンシアへ移籍した。ユーロ2008の得点王は、1部でトータル185試合に出場(サラゴサで73試合)。100ゴールの内訳はサラゴサで31ゴール、バレンシアで69ゴールとなる。
●FWルート・ファン・ニステルローイ(32)が、膝の手術を受け今季絶望となったことで、冬季移籍市場でのフォワード補強に迫られているレアル・マドリー。スペインの一部メディアは、現時点でジョセ・モウリーニョ監督の構想から外れていると見られるインテルの元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ(33)が補強の最有力候補と報じている。
●リーガ・エスパニョーラ第11節、アウエーでバジャドリーと対戦したレアル・マドリーは0-1で敗れ、国王杯敗退に始まった“病状”がより深刻であることが浮き彫りとなった。後半開始早々のバジャドリーのカノビオの決勝弾は、迷走するレアル・マドリーの誇りを打ち砕いた。状況打開も図れない無策ぶりをさらしてしまい、落ちるところまで落ちてしまった感のあるチームには、2連覇した王者の陰はない。即効薬の見つからないレアル・マドリーは、さらに自信さえも失いつつある。
●イングランドリーグカップ(カーリングカップ)の準々決勝の組み合わせ抽選が行われ、ジャイアントキリングが得意のバーンリーがアーセナルと対戦することになった。バーンリーは4回戦でチェルシーを退けてベスト8に進出、今度はホームに若きアーセナルを迎えることになった。また、リヴァプールを下して勝ち上がった昨季覇者のトッテナムは、アウェイでワトフォードと対戦、ポール・インス監督はブラックバーンを率いて古巣のマンチェスター・ユナイテッドと対戦することになった。
●プレミアリーグ第13節の試合が15日に行われ、上位陣のうち、アーセナルが今季4敗目を喫し、首位に9ポイントも離されることになった。首位チェルシーは、アウェイでウェストブロムと対戦。ボシングワの先制点にアネルカの2ゴールで、3-0と快勝。アウェイで10連勝とし、48年前にトッテナム・ホットスパーが記録した1部リーグでのアウェイ連勝記録に並んだ。チェルシーと勝ち点で並ぶリヴァプールはアウェイでボルトンと対戦。カイトが鮮やかに先制点を決めると、後半には途中出場のトーレスのクロスをジェラードが頭で押し込んで、2-0で勝利した。マンチェスター・ユナイテッドは開始3分にロナウドが得意のFKで決めた先制点を皮切りにゴールラッシュを演じ、ストーク・シティに5-0で圧勝。ロナウドはユナイテッドでの通算100ゴールとなった。前節はマンチェスター・ユナイテッドを下し、ミッドウィークのカーリング杯では主力を温存してウィガンに勝利したアーセナルはホームでアストン・ヴィラと対戦。ヴィラが2-0で勝利した。アーセナルがヴィラにホームで敗れたのは15年ぶりのこと。これでアーセナルはユナイテッドに1ポイントかわされ4位に後退。ヴィラはアーセナルに勝ち点で並んだ。
●15日に行われたブンデスリーガの試合で、1、2位のレヴァークーゼンとホッフェンハイムが辛勝した一方で、バイエルン・ミュンヘンはボルシアMGと2-2で引き分けてしまった。
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は15日、19日に行われるドイツとの親善試合に向け、23名の代表メンバーを発表。チェルシーのDFマイケル・マンシエン(20歳)が驚きの初招集を受けたが、デイヴィッド・ベッカムは招集を見送られた。また、アストン・ヴィラのカーティス・デイヴィスとガブリエル・アグボンラホールも選出され、トッテナムで得点力を発揮しているダレン・ベントも久しぶりの招集を受けた。
●アーセナルのフランス代表DFバカリ・サーニャが、19日にスタッド・ド・フランスで行われるウルグアイとの親善試合を欠場することになった。15日に行われたアストン・ヴィラ戦の試合中に足首を負傷したため。
●セリエA第12節の1試合、パレルモ対インテルが15日に行われ、インテルがイブラヒモヴィッチの2ゴールで2-0と快勝した。インテルは勝ち点を27に伸ばし、ユヴェントスとの勝ち点差を3に広げた。
●リーグアン第14節が15日に開催され、首位リヨンを4ポイント差で追う2位マルセイユはロリアンと対戦、2-3で逆転負けした。
●セリエA第12節のキエーボ戦を前に15日、記者会見に臨んだアンチェロッティ監督は「前節レッチェ戦では残念な結果(ロスタイムに追いつかれ1-1ドロー)に終わったが、内容は素晴らしかった。我々が好調であることに変わりはなく、キエーボ戦ではそのことを改めて証明しなければならない。我々は急激な成長を遂げているが、来週ピルロが復帰することで、プレーの質はさらに向上するだろう。チームは確実に正しい方向に向かっている」
●イブラヒモビッチは、能力に自信を持ちながらもバロンドール獲得には「欧州CLでの優勝が必要」と冷静に分析した。「自分の能力はバロンドールを獲得するレベルだ、という自信はある。しかし、受賞には欧州CLでの優勝が不可欠だとも感じている。自分はイタリア人でも、ましてブラジル人でもないが、カカやロナウジーニョに負けているとは思わない。彼らと横並びに比較しても、決して無様ではないはずだ」
●ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は、スクデット(セリエA優勝)についてコメントするのはまだ早いと強調した。「スクデット?スクデットについて、私はこれまで1度も発言したことはない。しかし、『3位に終わった昨シーズン以上の結果を出さなければならない』と、選手達には常に話している」
●今夏の移籍市場でACミランからラツィオへ移籍し、初めて迎えるASローマとの“ローマ・ダービー”直前の15日、ブロッキが心境を語った。「ダービーに向けて、街の盛り上がりは最高潮だ。好調をダービーでも証明し、素晴らしいパフォーマンスを披露したい。また、これまで以上に順位も上げていきたい。勝利に貪欲でなければならない。精神面でASローマに劣るわけにはいかない。我々はビッグクラブへと成長することを目標としており、モチベーションは高い」
●2得点を挙げる活躍で勝利に貢献したイブラヒモビッチは「重要な場面で決めることができたよ。チームのパフォーマンスも良く、好調なパレルモ相手に勝利を収めることに成功した。アウェーでのパレルモ戦勝利は、大きな意味があり、嬉しいよ。ただ、自分が2得点を挙げたことは特別重要なことではない。国内リーグ戦優勝のためには、次節ユベントス戦は絶対に負けられない。シーズンは長く、厳しい試合で勝利することが重要だ」
●ナポリのアルゼンチン人FWエゼキエル・ラベッシは、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のインタビューの中で、チェルシーからアプローチがあったことを認めたものの、本人は「ナポリでの好調なシーズン」および、「最近のパフォーマンスが、アルゼンチン代表マラドーナ新監督のデビュー戦となる親善試合、対スコットランド戦の招集につながったこと」に満足しているようだ。「ナポリでプレーし続けたい。チェルシーに注目されているのは知っているが、それは代理人とクラブの間の話。ナポリも僕を移籍させようとは考えていないだろう。僕はこのチームにとても満足しているし、ここでプレーできて心から幸せだと思う」
●マンチェスター・シティ(マンC)のオーナー、マンスー・ビン・ザイード・アル・ナヤン氏は、現在イングランド・プレミアリーグで下位に低迷しているマンCの強化のための選手獲得資金として、マーク・ヒューズ監督に2億4300万ユーロ(約300億円)を提供する用意があるという。『アブダビユナイテッド・グループ』のオーナーでもある同氏が明かしたところによると、クラブの補強の柱は“生粋のストライカー”“威厳あるセンターバック”、そして“万能型のミッドフィルダー”だという。中でもバレンシアのダビド・ビジャの獲得には強い関心を示しており、移籍金として4700万ユーロ(約58億円)を提示する用意があるという。また、リバプールのフェルナンド・トーレス、ミランのカカの獲得も視野に入れており、7000万ユーロ(約86億円)に及ぶ高額な移籍金を提示することを検討しているようだが、同氏は「これを超える金額でのオファーはしないだろう。なぜなら、それはあまりに高すぎると考えるからだ」と述べている。
●欧州中から切望されているリヨンのFWカリム・ベンゼマは『レキップ』紙のインタビューに対し、リヨンから去る時期について、まだ具体的な考えはないことを明らかにした。「バルセロナやレアル・マドリーなどがあるスペインリーグには引かれるが、マンチェスター・ユナイテッドやミランでも成長できると思う。でも、まずはリヨンで世界のトップレベルに到達してからほかのクラブへ移籍したい」
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、現在故障中のウェイン・ルーニーとリオ・ファーディナンドが、19日に行われる親善試合、ドイツ対イングランド戦に向けた代表の練習に合流しないことを発表した。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、15日のプレミアリーグ、アストンビラ戦(0-2の敗戦)の後、現時点で自分たちがトップレベルにないことを認めた。「トップレベルのパフォーマンスというのは“一貫性”というものに関係しているが、現時点でアーセナルはそれを欠いている。この段階で、皆さんがプレミアリーグの行方を話すことができるとは思っていないが、われわれが一貫性を欠いているというのは確かだ。パフォーマンスは良くなかったが、アーセナルが1-0で勝っていてもおかしくない試合だった。ロッカールームでは皆が非常に落ち込んでいる。この敗戦はわれわれ全員にとって大きな失望だ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。