UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/15UEFAサッカー情報
●コリンチャンスのFWデンティーニョが、レアル・マドリーとの契約間近という報道を否定した。今年はクラブ史上初めて2部で戦い、優勝を決めたコリンチャンスだが、その原動力となったデンティーニョに対し欧州の複数のトップクラブが興味を示している。なかでも、マドリーが本命と言われるが、本人は移籍話は噂にすぎないと語る。「僕のことをチェックしているクラブがあるという話は聞いているけれど、マドリードから来た人たちも僕のプレーを見ただけで、オファーはまだ届いていないよ」と18歳のデンティーニョは語る。
●ベティスは14日、クラブの公式サイトに、ブラジル人FWエドゥに対して来年6月30日までのクラブとの契約を全うするという条件の下、「今日からほかのクラブと交渉し契約を結ぶ自由を与えた」との声明文を掲載した。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督が、14日の練習に数分遅刻した選手に対し、500ユーロ(約6万2000円)の罰金を命じたと地元テレビ局TV3が報じた。
●ルート・ファン・ニステルローイの深刻な故障によって、レアル・マドリーはエースFWの代役探しを余儀なくされているが、有力候補の1人として名前が挙げられているのが、ジェノアのFWディエゴ・ミリートだ。今季、サラゴサからジェノアに移籍したアルゼンチン人FWは、ここまで11試合で10ゴールを決め、セリエAの得点王争いで首位を走っている。
●14日に記者会見に臨んだシュスター監督は、オランダ人FWの今季中の復帰が絶望となったことを受け、無念さを表すとともに、冬の移籍期間に“重要な補強”を行うようにクラブに要請したことを明らかにした。「われわれは、(クラブが補強を行う)可能性があるかどうか探っている。もしあれば、間違いなくこの機会を生かしたい。ルートの故障が、われわれに補強を強制するわけではないが、この先長い間1人の主力選手を欠くことを考慮すれば、冬の移籍市場をより注目しなければならないだろう」
●バルセロナのリオネル・メッシは、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ新監督のデビュー戦となる19日のスコットランドとの親善試合の観戦が認められないことになった。
●バルセロナのFWサミュエル・エトーは、「バルサですべてのタイトルを手に入れたい。なぜなら、今その時が来たからだ」と、タイトル獲得に向けて並々ならぬ意欲と自信を見せた。今シーズンのリーグ戦では10試合で13得点をマークし、リーガ・エスパニョーラの得点王を独走しているエトーは、「まだ調子は上げられる」と考えているようだ。「プロの世界に身を置く者として、自分に対する限界は一切設けていない。少なくとも、もうこれ以上プレーできないという日が来るまではね」「確かに僕はゴールを量産しているが、それはチームおよびチームメートが良い状態にあることを表す鏡でしかない。僕たちは思ってもみない時にゴールを決めている。チームがこれだけ多くの得点を挙げているのは、多少の幸運のおかげもあるだろう。だが、すべてはハードワークのたまものだ」
●イングランド代表GKデイヴィッド・ジェームズ(38歳)が、契約満了までクラブに残ると宣言、ポーツマス残留をファンに約束した。
●12日に行われたカーリングカップ4回戦のバーンリー戦でピッチに投げ込まれたもの(コインと見られる)を観客席に投げ返したチェルシーFWディディエ・ドログバ(30歳)が、愚かな行為だったと謝罪した。イングランドサッカー協会は、バーンリーのサポーターに向かって中指を立て、コインをスタンドに投げ返したドログバの一件について徹底的に調査すると発表している。
●イングランド代表での居場所を確保するべく、MLSオフシーズンの間にイタリアのビッグクラブに加入することが決まったベッカムだが、期間延長してセリエ Aシーズン終了までミラノに残るのではないかと噂されていた。しかし、同選手代理人は改めて、ミランでプレーするのは2カ月間だけと断言した。
●ボルトンは15日の試合でホームにリヴァプールを迎えるが、ガリー・メグソン監督は、「リヴァプールは優勝候補本命」と敵を持ち上げた。「彼らはすっかり安定し、快調に飛ばしているね。チャンピオンズリーグでも勝ち進み、リーグタイトルも取りたいと考えているけど、今季序盤のスタートダッシュを見ると十分できると思うよ」
●チェルシーのMFミヒャエル・バラックは、自身のキャリアをチェルシーで終えると宣言。ルイス・フェリペ・スコラーリ監督に契約延長をアピールした。
●13日のセリエA第12節、ホームのジェノア戦で1得点を挙げるなどチームの4-1勝利に貢献したユベントスのブラジル人FWアマウリ(28)。今季パレルモからユベントスに移籍入団後、リーグ戦でここまで6得点を挙げているアマウリが、好調の理由を語った。「28歳の自分には経験が必要だったが、今季はその課題をクリアーできている。今季これまでの自分自身の結果と、チームの結果には満足しているよ。最も重要なことは、どのような状況下でも決して諦めないことだ。ユーベが今のプレーを持続することができれば、我々に敵はいない」
●今夏の移籍市場でACミランからボルドーへレンタル移籍したフランス代表MFヨアン・グルキュフ(22)が、自身の将来について語っている。「ACミランではプレースタイルに関して信頼を失っていたわけではないが、出場機会には恵まれなかった…。素晴らしいパフォーマンスを発揮した次の試合でさえ、出場機会が巡ってこないこともあった。少ないチャンスで確実な結果を求められて、精神的にもナーバスになっていた。ボルドーに移籍すれば、良い経験を積むことができると確信していた。フランスでは、メディアやサポーターのプレッシャーから選手が守られている。」
●ここ6試合で5敗…。ウェストハム監督就任後、これまでわずか2勝しか挙げることのできていないフランコ・ゾラ監督の解任説が囁かれる中、イタリア人のゾラ監督は“再建可能”を主張している。
●セリエA第12節“ローマダービー”となるラツィオ戦を2日後に控えた14日、ASローマのフランス人DFフィリップ・メクセス(26)が意気込みを語った。「ダービーに向けて、ベストな調整が行えている。モチベーションは高く、ポジティブな結果を期待している。この1週間、チームは集中して練習に励んできた。また、チームには活気も戻っている。まだスランプを脱することは出来ていないが、チームの輪は乱れていない。現在、我々には結果が伴っていないが、ダービーに臨む絶妙のタイミングだと思っている。我々には勝利以外の選択肢はない」
●剃刀のトップメーカーとして知られる“Gillette”社選定の“Future champion”の受賞式が14日、イタリアのミラノで行われ、ユベントスのMFセバスティアン・ジョビンコ(21)が最優秀賞に選出された。
●モウリーニョ、パレルモ戦に今季新加入のポルトガル人MFクアレスマと、ブラジル人FWアドリアーノの招集を見送った理由については「クアレスマに対しても特別扱いはない。彼はこれまで出場機会を得ており、今後もそのスタンスは変わらない。今回は彼を休ませて、来週に備えたいだけだ。アドリアーノに対しても特別扱いはしていない。彼の招集を見送った理由は、彼が火曜の練習に参加していなかったからであり、彼を干しているわけではない。昨日、ようやくチームに合流したが、本格的な練習を開始したのは今日からだ。私の目には彼がコンディション万全とは映っていない」
●インテルのジョゼ・モリーニョ監督は、試合での低調なパフォーマンスに加え、試合後にディスコへくりだし、その後の練習にも遅刻するなどして逆鱗に触れたアドリアーノをまだ許してはいないようだ。15日に行われるリーグ戦、アウエーのパレルモ戦のメンバーにアドリアーノの名前はなく、ここ5試合連続で招集を見送られている。
●リバプールに所属するスイス代表DFフィリップ・デゲンが、負傷のため4週間の離脱を強いられることが分かった。デゲンは、12日に行われたイングランド・リーグカップ(カーリングカップ)4回戦(トッテナム戦)で負傷。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。