UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/14UEFAサッカー情報
●スペインのマルカ紙は13日、レアル・マドリーがポルトガルのリオ・アヴェから、ブラジル人の16歳FWアリピオ・ドゥアルテ・ブランダーノを獲得したと報じた。マドリーはすでに1年前からこの選手に目をつけていたが、この夏彼が16歳の誕生日を迎えたことから、正式にオファーを提示することができたもの。チェルシーも獲得を目指していた。
●13日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)の試合で、セビージャが3部のポンフェラディーナと対戦し、2試合合計4-1でベスト16に進出した。また、リーグ戦で低迷するオサスナは2007年、08年のファイナリストであるヘタフェと対戦。パンディアーニが相手GKのミスを誘ってこの試合唯一の得点を上げ、1-0で勝ち、2試合合計1-0で勝ち抜けを決めている。オサスナはこれが今季公式戦初勝利。
●レアル・マドリーのスペイン代表GKイケル・カシージャスが、ベルント・シュスター監督を援護した。ここ最近、チームの成績が悪く、国王杯では3部チームに敗退し、シュスター監督へのプレッシャーが強まっている。「チーム全員、最初から最後まで監督とは一緒だよ。僕らはいつも言っているけど、判断を下すのはシーズンの最後になってからだ。もしうまく行かなければ、そのときに責めるべきだと思うよ」
●レアル・マドリーのテクニカルマネジャー、ミゲル・アンヘル・ポルトガル氏は、レアル・マドリーが週末のバジャドリー戦に敗れたら、ベルント・シュスター監督に代わって指揮を執ることになるという噂を一蹴した。「私は自分のプロジェクトに集中しているんだ。監督になるつもりなどまったくない。ベンチに座るプレッシャーが懐かしくないかって? 私はマゾヒストじゃないよ」
●FWルート・ファン・ニステルローイ(32)が今シーズン絶望となったことで、冬の移籍マーケットでフォワードの補強が確実視されているレアル・マドリー。スペインメディアは早速、代役候補について取り上げている。FWルート・ファン・ニステルローイ(32)が今シーズン絶望となったことで、冬の移籍マーケットでフォワードの補強が確実視されているレアル・マドリー。スペインメディアは早速、代役候補について取り上げている。
●19日に行われるチリ代表との親善試合に向け、スペイン代表の招集メンバーが発表された。前回からは、負傷により最短でも6週間の離脱となっているバルセロナのアンドレス・イニエスタ、そしてセビージャのDFフェルナンド・ナバーロ、アスレティック・ビルバオのアDFアンドニ・イラオラが外れ、バレンシアのMFフアン・マヌエル・マタ(20)とアスレティック・ビルバオのFWフェルナンド・ジョレンテ(23)が初招集された。
●バレンシアに所属するMFアングロがひざの負傷のため、6週間戦列を離れることになった。
●バルセロナのカンテラ(育成部門)の秘宝と言われ、“メッシ2世”とも称される弱冠17歳のイスラエル人FWガイ・アスリンが、早くもイングランド・プレミアリーグの注目を集めている。イスラエル史上最年少の16歳でフル代表デビューを果たしたアスリンには、トッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがすでにアプローチをかけているという。
●マラドーナは記者団に取り囲まれると、「辞任しようと思ったことなど一度もない。そんなことは一切ない。私は選手のためにアルゼンチン代表チームにいるだけで、それ以外の理由はない」と話した。
●負傷離脱しているACミランのイタリア代表MFアンドレア・ピルロ(29)の復帰が目前に迫っていることが13日、明らかとなった。「今週はずっとチームと同じ練習メニューをこなした。日々、コンディションの回復を確認する必要がある。16日で怪我からちょうど2か月を迎える。リハビリに多くの時間を費やしており、1日も早くピッチに復帰したいよ」
●ACミランの元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ(32)が、わずか勝ち点4差に8チームがひしめく混戦模様となっている今季セリエAの現状について語った。「現在インテルが首位を走っており、優勝候補の大本命だろう。ここ数年不本意な結果に終わっている我々ACミランは、今季こそ力を発揮しなければならない。インテル同様に我々も好調だ。前節(レッチェ戦)では、残念なことにロスタイムに追いつかれてしまったが、チームが成長を遂げていることは明らかであり、インテルやユベントスとは異なる特長もある。我々はボールを回して試合を組み立てるチームであり、特長が生かせていることに満足感を覚えている。」
●セリエA第12節のユベントス対ジェノア戦は13日、トリノのオリンピコで行われ、ホームのユベントスが4-1快勝を飾った。5連勝と波に乗るユベントスは勝ち点を「24」に伸ばし、インテルと並び暫定首位に浮上した。
●プラティニ会長はこの訪問中、ブルガリアサッカー協会会長のボリスラフ・ミハイロフ氏と会談。「ブルガリアとルーマニアがユーロ(欧州選手権)2020の共同開催地として立候補する」という両国の案を支持する意向を示した。
●来年2月11日、バレンシアのメスタージャ・スタジアムでスペイン対イングランドの親善試合が行われることが正式に発表された。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。