FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/11/13UEFAサッカー情報
●バルセロナFWティエリ・アンリがイングランド復帰報道を否定、バルセロナでリーグ制覇とスペイン国王杯優勝のダブル達成を目指していると主張した。「バルセロナでハッピーだよ。それはすごく明らかなことだし、僕がイングランドでプレーするとは思えない。自分はイングランドで偉業を達成したかもしれないけれど、まだバルサでは何一つ勝ち取っていない。だからここに残らなくてはならない。僕が本当に欲しいのはCL優勝じゃない。リーグとコパ・デル・レイで勝ちたいんだ」
●12日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)で、リーグ2位のビジャレアルが3部のポリ・エヒドに2試合合計1-6で敗退した。スペイン南岸の小規模クラブは、ホームのファーストレグに5-0で大勝しており、エル・マドリガルの試合でも先制。ビジャレアルは1点を返すのがやっとで、セカンドレグは1-1のドローに終わっている。バルセロナはホームで3部のベニドルムと対戦、メッシがPKのリバウンドを押し込んで1-0で勝利し、2試合合計2-0で勝ち抜けた。昨季の覇者バレンシアは4部のポルトガレーテをアングロの2ゴールなどで3-0で下し、2試合合計7-1で5回戦に駒を進めた。アトレティコ・マドリーはオリウエラとスコアレスドローだったが、ファーストレグのフォルランのゴールが効いて、1-0で勝ち抜け。そのほか、アスレティック・ビルバオ、マジョルカ、ヒホンが1部対決を制し、エスパニョール、バジャドリー、デポルティーボ、アルメリア、ベティス、ラシン・サンタンデールは2部チームを退けて次のラウンドに進んだ。
●レアル・マドリーのDFファビオ・カンナバーロとクリストフ・メツェルダーは、スペイン国王杯4回戦、レアル・ウ二オン戦の第2戦で負傷し、ペペ、ディアラ、ロッベン、ファン・ニステルローイに続き、新たに故障者リストに名を連ねてしまった。
●アトレティコ・マドリーのMFシマゥン・サブローサは、ポルトガルのテレビ番組『シック・ノティシアス』のインタビューで、「今のアトレティコに満足しているが、いつかはプレミアリーグでプレーしてみたい」と自身の希望を明かした。
●レアル・マドリーのキャンプテンであるラウル・ゴンサレスは、スペイン国王杯4回戦で敗退したことに対する批判を受けて、次のようにコメントした。「この敗退は、僕たちが守るべきクラブのレベルにふさわしいものではない。とはいえ、こうしたことは今回が初めてではない。まずはこの結果を分析し、シーズンの最後に自信を取り戻せるよう、何らかの解決策を講じるべきだ」
●ゼニト・サンクトペテルブルクに所属するロシア代表FWアルシャービンがレアル・マドリーへの移籍を望んでいることを明かした。12日に発行されたスペイン『アス』紙の中で、アルシャービンは次のように答えている。「レアル・マドリーに僕が行きたくないわけがないだろう? あそこは素晴らしいチームで、ベストクラブの1つだ。断言できるのは、どんなことをしても来年にはゼニトを去りたいということ。2009年のスタート時には、絶対にほかのチームにいるだろう。その移籍先として、レアル・マドリー以外に名前が思いつかなかった。現時点で重要なのは、レアル・マドリーが私を欲しいかどうかではなく、ゼニトが放出してくれるかどうかという点だ」
●12日に行われたイングランドリーグカップ(カーリングカップ)4回戦でプレミアリーグの1、2位のチームが敗退した。チェルシーは2部のバーンリーと対戦、ケガから復帰のドログバが今季初ゴールを決めて先制したが、バーンリーもアキンバイのゴールで追いつく。延長戦を終えても試合は1-1で動かず、決着はPK戦にもつれ込むんだ。共に1人ずつ失敗したあとのチェルシーの6人目ミケルが失敗し、バーンリーが5-4でベスト8に進出した。一方、リバプールはアウェイでトッテナムと対戦。土曜日のウェストブロム戦の先発から10人を入れ替え、ケガから復帰のフェルナンド・トーレスが初先発した。前半序盤はスローペースだったが、38分にトッテナムはパブリュチェンコのゴールで先制すると、さらにキャンベルが2ゴールを入れ前半までに3-0とリード。後半にリバプールもプレシスとヒューピアが得点するが、パブリュチェンコがこの日2点目を入れ、トッテナムが4-2で勝利。リバプールはリーグ戦に続いてトッテナムに2連敗、トッテナムはレドナップ監督就任後、公式戦6試合5勝1分と絶好調だ
●12日に行われたスコットランドプレミアリーグ第13節の試合で、セルティックはホームでキルマーノックと対戦、期待の19歳FWシェリダンの2ゴールと、ケガから3試合ぶりに復帰の中村俊輔のだめ押し点で3-0と勝利した。
●12日に行われたコッパ・イタリアのベスト16の戦いで、ウディネーゼ、サンプドリア、ナポリが勝ち抜けを決めた。ウディネーゼは同じセリエAのレッジーナと対戦、退場者2名を出しながら失点を許さず、0-0で引き分け。PK戦8-7で勝利した。サンプドリアはセリエBのエンポリを2-1で下し、準々決勝ではウディネーゼと対戦する。また、ナポリは2部のサレルニターナに3-1で勝利した。
●12日に行われたフランスリーグカップ4回戦の試合で、昨季覇者のパリ・サンジェルマンがナンシーと対戦、リュインドゥラのゴールで2-0で勝利し、ベスト8に名乗りを上げた。準々決勝では、昨季のファイナルで下したランスと対戦する。また、リーグアン同士の対決では、ル・アーヴルがレンヌを2-1で下し、準々決勝ではニースと対戦することになった。
●アルゼンチン代表のマラドーナ新監督が就任したばかりで早くもトラブルを呼んでいる。マラドーナ監督は、アシスタントコーチの選択で、アルゼンチンサッカー協会(AFA)フリオ・グロンドナ会長と意見が衝突、アルゼンチンのメディアはマラドーナ監督の辞任にまで発展するかもしれないと報じた。
●マンチェスター・ユナイテッドが来シーズンに向けて、バルサのスペイン代表MFチャビ・エルナンデス(28)獲得を狙っており、2500万ユーロ(約30億円)のオファーを用意していると英タブロイド紙“デイリー・スター”が報じている。マンチェスター・ユナイテッドの懸念材料は、この16日で34歳となり、2008-09シーズンが現役最後のシーズンとなる可能性を示唆している同クラブ生え抜きのMFポール・スコールズの後任選手探し。チャビのプレーを称賛するファーガソン監督は、チャビがスコールズの後任にピッタリであると考えているようだ。
●国際サッカー連盟(FIFA)が12日、最新の世界ランキングを発表したが、フランスはイングランドに抜かれ、順位をひとつ下げて12位となった。フランスは2001年にランキングトップまでのぼりつめたが、以降はずるずると後退、とくにユーロ2008で大きく順位を下げた。代表チームはいま一歩ながら、欧州のトップレベルで活躍するフランス人選手が多いのは変わらない。12日に発表された欧州サッカー連盟(UEFA)のレポートによると、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)に出場したフランス人選手は58人。スペイン(最新FIFAランキング1位)の53人、イタリア(同3位)の52人、ポルトガル(同10位)の48人、ドイツ(同2位)の41人を上回ってトップだ。なお昨季のCLベスト4には、イングランド勢から3チームが勝ち残ったが、CL出場選手の数となると、イングランド出身者はわずか28人にとどまり、トルコ人選手(36人)より少ない。
●松井大輔が所属するリーグ・アンのサンテティエンヌが12日、解任したローラン・ルセー前監督の後任として、前リヨン監督アラン・ペラン氏の就任を正式に発表した。
●ACミランに移籍後、国内リーグ戦で5得点をマークし、完全復活に近付きつつあるブラジル代表MFロナウジーニョ(28)。ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長は、ロナウジーニョの復活を喜びながらも、驚くべきことではないと強調した。「我々は『ロナウジーニョ獲得』という賭けに勝ったのではない。なぜならば、『ロナウジーニョ獲得』は一か八かの賭けではなかったからだ。我々は、常にチームに必要な選手の補強を考えており、ロナウジーニョはチームの力になるという確信の下に獲得した。」
●今夏の移籍市場でバルセロナからACミランへ移籍入団し、順調なスタートを切ったブラジル代表MFロナウジーニョ(28)が、現在のコンディションについて語った。「今は全てのことが予想通りに進んでおり、コンディションは良いよ。最高の気分だ。まだ100%ではないが、チームに貢献できていることが嬉しい。また、サポーターの応援が励みとなっている。練習初日から、チームメートも自分をサポートしてくれた。同僚そしてサポーターも皆親切で、本当に幸せだ」
●インテルの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ(36)が、一部メディアから叩かれている同郷のジョセ・モウリーニョ監督を擁護した。フィーゴは「モウリーニョは、外部からは真の姿が分かりにくいタイプの監督だ。しかし、我々は彼の性格を理解しており、チーム内での問題はない。国内リーグそして欧州CLグループリーグにおいて首位を走っており、今後もチームが良い方向に向かうと確信している」
●2010年W杯出場に向けて、欧州予選グループリーグ6で4戦全勝の勝ち点「12」で首位を走るイングランド。今年1月から同チームの指揮を執るファビオ・カペッロ監督が“FIFA MAGAZINE”のインタビューに応じ、2012年のロンドン五輪を最後に、監督業から引退する意思を表明した。「2012年には66歳を迎え、そろそろ引退しなければならない年齢となる。しかし、引退する前にもう1つの夢である、オリンピック参加を実現したいと考えている。オリンピック出場は選手時代には叶わなかった。そのことが今でも悔まれる」
●チェルシーのコートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(30)が、観客にコインを投げつけたとして出場停止処分に課せられる可能性が浮上している。問題となっているのはPK戦の末、敗戦に終わった12日のイングランドリーグカップ(カーリングカップ)4回戦2部のバーンリー戦。ケガから復帰したドログバが今季初ゴールを決めて喜びを爆発している際に、観客席から投げられたコインを投げ返した模様。
●2018年ワールドカップ(W杯)を共催で招致を目指すオランダとベルギーの両サッカー協会が、合同の招致委員会を発足させることで合意したことが12日、分かった。
●リバプールの経営難がアンフィールドに落とす影は日増しに濃くなっている。イギリスの証券会社セイモア・ピアースの会長で、イギリス経済に多大な影響を及ぼすと言われている人物、キース・ハリス氏は「今日の経済危機で被害を受けたクラブの中で、リバプールが最も大きな打撃を被っている」と明言した。米国人投資家トム・ヒックス、ジョージ・ジレット両氏をオーナーに持つリバプールは、2009年1月25日までに3億5000万ポンド(約500億円)の負債を返済しなければならず、“スター選手”の売却も日ごとに現実味を帯びてきた。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.