UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/10UEFAサッカー情報
●9日に行われたスペインリーグ第10節の試合で、ビジャレアルとバレンシアが共に勝利した。ビジャレアルはホームでアルメリアと対戦、ロッシとジョレンテのゴールで2-1と勝利。バレンシアは10人となったヘタフェ相手に、フェルナンデス、ホアキン、ビセンテがネットを揺らし、3-0で勝利した。これでビジャレアルは勝ち点を24に伸ばし、首位バルセロナに1ポイント差の2位、バレンシアは勝ち点23で、得失点差でレアル・マドリーをかわして3位。セビージャはケガから復帰のカヌーテが唯一のゴールを決めて、レクレアティーボを1-0で下し、公式戦4連敗に終止符を打って5位をキープ。アトレティコ・マドリーは最下位のオサスナと対戦、GKクペが前半のPKをセーブしたこともあって失点は免れたが、得点もできずに0-0のドロー。勝ち点14で、エスパニョールを1-0で下したデポルティーボに1ポイント足りず、7位に後退した。オサスナのホセ・アントニオ・カマチョ新監督にとっては4試合でこれが初の勝ち点となったが、いまだ勝利からは見放されている。
●バルセロナはMFセルヒオ・ブスケ(20歳)と契約更新することで合意に至ったようだ。バルセロナが提示した一度目のオファーを断ったブスケに対してアーセナルが強く興味を示していたものの、結局バルサが最初の契約条件を見直して再度オファーを提示、ブスケがこれに基本合意したと見られる。ブスケの代理人は「我々は合意に向かってより近づいている。契約書にサインする前に話し合いの場をもっと持たなければならないが、バルサはブスケを大変気に入っているし、同選手もバルサに残ることを希望している。だから何も問題はないだろう」
●8日に行われた対マラガ戦で、自身8枚目となるレッドカードを受け退場となったレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモス。セビージャでの3シーズンで退場となったことは一度もなかったセルヒオ・ラモスだが、2005-06シーズンにレアル・マドリーへ移籍して以来4シーズンで早くも8回目の退場。シーズン平均で2回退場というハイペースぶりに、このままいくとセルヒオ・ラモスはクラブで新たな記録を作りそうだ。しかし、それは退場回数という不名誉な記録だ。マラガ戦で、倒れている相手選手を踏みつけたセルヒオ・ラモス。すぐさま謝罪したものの、レッドカードに値するものであり、彼の退場でチームは10人での戦いを余儀なくされた。最終的にレアル・マドリーはマラガを下したが、辛勝であったことは言うまでもない。レアル・マドリーでの退場回数歴代トップは、14シーズンで10回退場のフェルナンド・イエロだが、セルヒオ・ラモスはレアル・マドリーでの4シーズンですでに8回の退場処分を受けている。そのうち6回は警告2回による退場、そして2回はレッドカードによる一発退場だ。ウーゴ・サンチェス(7シーズンで7回)、グティ(14シーズンで7回)がセルヒオ・ラモスに続いている。
●8日のリーガ・エスパニョーラ第10節、後半途中から出場した対マラガ戦で左太もも裏を痛めたレアル・マドリーのMFマハマドゥ・ディアラは、試合の数時間後に行われた検査の結果、「左太もも後部筋伸長で全治約10日間」と診断された。
●リーガ・エスパニョーラは序盤の10試合が終了し、タイトル奪回を目指すバルセロナが首位に立っている。圧倒的な攻撃力を見せつけているバルサの10試合で34ゴールという数字は、ここ50年の中でもリーグ最多タイのゴール数となっている。ジョン・ベンジャミン・トシャック監督が率いた1889-90シーズンのレアル・マドリーは、シーズン107ゴールという年間最多得点を記録したが、10試合を終えた時点では25ゴールだった。また、ボビー・ロブソン監督が率いた1996-97シーズンのバルサもシーズン102ゴールを挙げたが、10試合を終えた時点では33ゴールだった。ここ50年間で、今シーズンのバルサと並ぶ開幕10試合でのゴール数を記録したチームは、1959-60シーズンのレアル・マドリーだ。ディ・ステファノ、プスカシュ、ヘントを要したスター軍団は、ベティス戦で7-1、オサスナ戦で7-0という2試合でのゴールラッシュが効いて、10試合で34ゴールを挙げた。だが奇妙なことに、このシーズンを制したのはバルサだった。バルサとレアル・マドリーは勝ち点で並んだものの、得失点差58のバルサが同56のレアル・マドリーを上回り、タイトルを獲得した。また、その前年の1958-59シーズンもレアル・マドリーは開幕10試合で35ゴールを挙げたが、優勝したのはやはりバルサだった。今シーズン、ここまでのバルサの1試合平均得点は3.4点だが、この数字はホームゲームに限ると4.2点(5試合で21得点)まで上昇する。中でも直近のホーム3試合では、アトレティコ・マドリー戦で6ゴール、アルメリア戦で5ゴール、バジャドリー戦で6ゴールと、合計17ゴールを荒稼ぎしている。
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督は9日、スコアレスドローに終わったオサスナ戦後の会見に臨み、「試合に向けてのモチベーションが足りなかったのでは?」との記者からの質問に対し、「それはあなたの物の見方だ。私には私の物の見方があるので、全く同意できない」ときっぱりと反論した。、「中盤のスペースを消し、相手に自由を与えないことが目的だった」「選手交替により試合が動き出し、どちらのチームにも勝利するチャンスがあった」「前半はどちらのチームにとっても濃い内容だった。オサスナにはPKが与えられ、われわれにはクン(アグエロ)に決定機があった。だが、どちらもチャンスを生かすことができなかった。後半は、中盤が大きく開いたオープンな展開となり、何が起きてもおかしくない試合となったが、われわれにはゴールが足りなかった」「勝ち点1ではあまり意味がない。われわれは7位に後退してしまった。リーグ戦でもスイッチが入るのを待つしかない。われわれは大きな興味のある試合(チャンピオンズリーグ)以外でまだ調子を出せていない。勝ち点を取りこぼしており、上位争いに加わるためには連勝が必要だ」
●2点目を決めたホアキンは、試合を振り返って次のようにコメントしている。「僕らにとって最高の勝利になった。ヘタフェはホームで非常に強いチームだからね。試合をコントロールできていたし、とても満足している。自分のゴールにも大満足だ。調子はいい」
●9日に行われたプレミアリーグの試合で、チェルシーはアウェイでブラックバーンと対戦。一時は試合中止になるかと思われるほどの激しい雨のなかで、今季絶好調のアネルカが前後半に1点ずつ入れて、2-0で勝利。再び得失点差でリバプールを上回り首位に立った。フラムはニューカッスルと対戦、マーフィのPKが決勝点となり、2-1で勝利。降格圏から一気に10位に浮上し、ニューカッスルが降格圏に後退した。また、マンチェスター・シティ対トッテナム戦は、ホームのシティがロビーニョのゴールで先制するも、退場者を出したこともあって、トッテナムのベントに2点を許して逆転負け。これでトッテナムは降格圏脱出に成功した。勝てばマンチェスター・ユナイテッドをかわして4位に上がるチャンスがあったアストン・ヴィラはホームでミドルズブラと対戦、トゥンジャイ・サンリに2ゴールを決められ、1-2で敗れ5位にとどまった。
●セリエA第11節が9日に行われ、インテルが首位に返り咲いた。ウディネーゼとホームで戦ったインテルは、なかなかゴールの生まれない苦しい展開になりながら、試合終了数分前のロスタイムに、途中出場のフリオ・クルスがヘディングで決勝点を奪って1-0で勝利した。一方、前節首位のミランはレッチェとアウェイで戦い、80分にロナウジーニョが決めて勝ち点3獲得まであと一歩となったが、ロスタイムにエスポージトに決められ1-1で引き分けた。インテルが勝ち点24で首位に立ち、ミランは同23で2位となった。また、好調のナポリはサンプドリアをホームに迎え、マンニーニとサラジェタのゴールで2-0で快勝した。ナポリは勝ち点を23に伸ばしてミランに並んだ。ラツィオはサラーテの先制点とロッキの2ゴールでシエナに3-0で勝ち、勝ち点22で4位につけた。
●9日に行われたブンデスリーガの試合で、バイエルン・ミュンヘンは相性の悪いアウェイでシャルケと対戦、ケガから復帰のトニが先制点、リベリが4試合で4得点目となる決勝点を入れ2-1で勝利。リーグ戦で5連勝とし、首位レヴァークーゼンに1ポイント差まで迫った。一方、前日首位の座を奪われたホッフェンハイムは、ヘルタ・ベルリンと対戦。70分にヴォロニンに決勝点を許し0-1で敗れ、こちらは連勝が5でストップした。
●リーグアン第13節の3試合が9日に行われ、松井大輔の所属するサンテティエンヌが今節も勝利に見放され、ついに降格圏へ落ちた。レンヌとホームで戦い、13分にパジスに先制ゴールを許すと、後半立ち上がり51分、53分に連続して追加点を挙げられ、0-3の完敗だった。サンテティエンヌは勝ち点10で18位。ここまで13試合を戦って3勝1分け9敗という体たらくだ。なお、レンヌ戦で松井は出場しなかった。
●チェルシー主将ジョン・テリーが、12試合で10得点とゴール量産態勢に入ったニコラス・アネルカを絶賛した。「僕らがアネルカを必要とする時、彼はずっと素晴らしい仕事をしてきた。アネルカはプレシーズン初日から調子が良かったからね。彼が好調をキープしてチェルシーのためにゴールを決め続けられるよう願っている」
●先週ナントから獲得の意思を伝えられたレンヌのシルバン・ビルトール(34)だが、11日付のレキップ紙によると、オファーに応じる構えはない模様だ。
●試合後、インテルのジョセ・モウリーニョ監督は「ウディネーゼは確かに素晴らしいチームだが、今日のインテルは輝きに欠けていた。唯一評価できる点は、ディフェンスが善戦していたことだ。ウディネーゼには素晴らしいフォワードが3人いるが、これといったピンチに陥ることはなかった。一方、得点機で我々は苦戦を強いられてしまった。しかし、審判が笛を吹いた時点で試合は終了する。前節のレッジョ・カラブリアでの試合同様に、選手達は勝利に執着し、最後まで諦めることなく戦った。」
●セリエA第11節(最終日)が各地で行われた9日、ユベントスはアウェーでキエーボと対戦しFWデル・ピエロの34歳バースデーゴールもあり2-0の勝利を収めた。クラウディオ・ラニエリ監督は「昨シーズンのチーム復活、そしてここ数試合の好調の鍵はデル・ピエロの存在だ。デル・ピエロという偉大な選手の気迫が、チームの表面に現れている。この状況はまさにマジックだ。彼は真のリーダーであり、ユベントスというチームを活気付けており、他の選手が彼の後を追っている。少ないチャンスでも確実に得点へとつなげる彼の姿勢は素晴らしい」
●ユベントスFWアレッサンドロ・デル・ピエロ。この日、34回目の誕生日を迎えたチームの精神的支柱が現在の心境を明かした。「最高に幸せだよ。自分自身の得点ももちろん嬉しいが、それ以上にチームの勝利が嬉しい。(自身の2得点で快勝した先日の欧州CLグループリーグ、レアル・マドリー戦)マドリーでの快挙後ということもあり、どうしても勝利を収めたかった。また、自分自身に誕生日プレゼントを贈りたかったしね」
●試合後ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「我々は試合に勝った。試合終了間際に注意力を欠いたのは我々ではなく審判だ。あの場面でファールを取るのはイタリアだけだ。残念ながらイタリアの審判は笛を吹きすぎる傾向にあるようだ。我々は何度も決定機を演出するなど、今日の試合は今季最高のパフォーマンスだった」とコメント。
●トルコリーグ第10節は、9日にフェネルバフチェとガラタサライの2強対決が行われ、ルイス・アラゴネス監督率いるフェネルバフチェが4-1でガラタサライを下し、リーグ戦の順位を2つ上げて7位に浮上した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。