UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/07UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーのアリエン・ロッベンが、5日のCLユヴェントス戦前のウォーミングアップ中にふくらはぎを負傷していたことがわかった。全治5、6週間だという。
●ユベントスがバレンシアのMFホアキン獲得に向けバレンシア側と交渉を始めていると伊紙“ガゼッタ・デッロ・スポルト”が報じている。
●欧州CLグループリーグ第4戦、ホームのユベントス戦で0-2完封負けを喫したスペイン王者レアル・マドリー。試合を決定付けたユベントスFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(33)のフリーキックに対し、一歩も動けなかったGKイケル・カシージャス(27)がクラブの公式サイト上で心境を吐露している。「あのFKによる失点は全て自分の責任だ。彼が壁を越えて、自分の左上を狙ってくると本能的に思ってしまった。その方向に向けて一歩踏み出しており、右に反応することはできなかった。責任は全て自分にあり、弁解の余地はない。右に反応することができていれば、間違いなく防いでいたのだが…」と
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、外国人排除などの人種差別問題への対策として、今後は同クラブが選手やスポンサーと締結するあらゆる契約書に“反人種差別条項”を盛り込むことを明らかにした。
●5日に行われたチャンピオンズリーグ第4戦のリヨン対ステアウア・ブカレスト戦(2-0でリヨン勝利)の笛を吹き、主審として国際試合通算100試合を達成したスペイン人審判マヌエル・エンリケ・メフート・ゴンサレス氏が、欧州でここ数週間、審判および判定をめぐる批判が続出していることについて、ラジオ・マルカのインタビューに応えた。「審判を非難しているクラブの役員は、もしその地位にふさわしい振る舞いができないのであれば、何らかの罰則を受けるべきだ。スタンドで観戦する一般の人なら別だが、クラブの代表として来賓席に座る人々は、それなりのモラルを持つべきだと思う。選手についても同じことが言える。私は、もしペナルティーエリア内で選手が審判を欺くようなプレーをした場合、罰金5万ユーロ(約620万円)に加え、2、3試合の出場停止を科してもよいという考えに賛成だ」
●バルセロナのエリック・アビダルは、右ひざの外側半月板損傷のため3週間戦列を離脱することが確実となった。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、チームの中心選手シャビ・エルナンデスとの契約延長について、「シャビとの契約延長に向けた交渉は順調に進んでいる」と簡潔に述べ、「こういったテーマについては、チキ・ベギリスタイン(スポーツディレクター)が責任者であり、シャビの件についても彼が話を進めている」と、フロントを全面的に信頼して任せていることを強調した。当のシャビは、契約更新について次のように述べている。「僕はバルサでキャリアを終えたいと考えているし、クラブもそう思ってくれている。交渉は極めて順調だし、バルサとの契約更新が第一選択であることは間違いない。もちろん、プロである以上、今の時点ではまだ絶対とは言えないけどね」
●6日に行われたUEFAカップの試合で、イングランドのトッテナム、マンチェスター・シティ、アストン・ヴィラがそれぞれ勝利を収めた。
●UEFAカップのブラガ戦で、決勝点となるゴールを決めたミランのロナウジーニョだが、試合後は自らのゴールよりも勝利の重要性を力説した。「自分がスコアしたことより、チームが勝てたことがうれしいんだ。僕らはみんな懸命にやっているし、真剣に取り組んでいる。このままこの調子が続くことを願っているよ」
●昨シーズンの覇者マンチェスター・ユナイテッドとの対戦を前に、アーセナルFWエマニュエル・アデバヨルが「恐れることは何もない」と力強く語った。
●アヴラム・グラント前監督が、イングランドに戻って再びプレミアリーグで指揮を執ることを熱望している。一時ポーツマスとの接触が噂されたグラント氏は現在休職中。しかし、イングランドのクラブで監督を務めることがトップターゲットだと主張する。
●かつてアーセナルで活躍し、フランス代表としても92試合出場(26ゴール)の経験をもつシルバン・ビルトール(34)が、この冬の移籍期間にレンヌからナントへ移籍する可能性が高まっている。6日付のレキップ紙が報じた。
●欧州CLグループリーグ第4戦、ホームでのバイエルン戦で善戦しながらも1-1ドローに終わったフィオレンティーナ。グループFは4試合を終わり、リヨン、バイエルン=勝ち点「8」、フィオレンティーナ=同「3」、ステアウア・ブクレシュティ=同「1」。フィオレンティーナは決勝トーナメント進出に向けて崖っぷちに追い込まれた。
●キエッリーニは「敵地ベルナベウで46年ぶりのレアル・マドリー戦勝利となった昨夜の試合は、歴史に残る結果だ。歴史的瞬間に立ち会えたことを光栄に思う」と笑顔でコメント。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、「プレミアリーグは最大限の集中力を要求される厳しいリーグであり、チャンピオンズリーグ(CL)との連戦で体力を維持するのは非常に困難だ」と語り、レベルの高い国内リーグとCLとの両立の難しさを指摘した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。