UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/06UEFAサッカー情報
●バルセロナのMFアンドレス・イニエスタは、4日に行われたチャンピオンズリーグ第4戦のバーゼル戦で負傷し、翌日の検査の結果「右足太ももの肉離れで全治6週間」と診断された。検査を終えた直後、本人はこう心境を語った。「1日も早く回復し、チームに貢献したい。今一番大切なのは故障を完治すること。そのためにも、あせらないで自分の体を大事にしたい。もう少し軽い負傷だと予想していたが、仕方がない」5日からリハビリを開始したイニエスタは、負傷の瞬間をこう振り返る。「前半で、すこし痛みを感じていた。シュートとセンタリングの直後がとくにひどかった。筋肉疲労が故障につながったようだ。精神的にはつらいが、過ぎたことを悔やんでも仕方がない。今は復帰の時期を待つだけだ。何より心配なのは故障自体で、自分が試合を欠場することは二の次だ。幸運にも、チームには代わりの選手がいるからね」
●すべてはロスタイムに砕け散った。アトレティコ・マドリーは4日、敵地アンフィールドでリバプールを破り、チャンピオンズリーグ・グループD首位の座を確かなものにするという歴史的勝利まであと1分というところまできていた。しかし、そこに思わぬ落とし穴が待っていた。勝てば決勝トーナメント進出が決定していたアトレティコは、一瞬にして32万ユーロ(約4100万円)の勝利ボーナスも失うことになった。後半ロスタイム、ペナルティーエリア内でアトレティコのペルニアと空中で競り合ったリバプールのジェラードが倒れたが、そのプレーはファウルではなかった。スウェーデン人のマーティン・ハンソン主審はそのまま中央の方を向き、プレーを続行するしぐさを見せた。だが、リバプールの攻撃を追っていた副審の“ファウルあり”との合図を認め、PKの指示を出したのだ。完全な誤審だった。
●アトレティコ・マドリーのマリアーノ・ペルニアは、チャンピオンズリーグ第4戦のリバプール戦を終えた後、驚くべきコメントを発した。ペルニアによれば、ペナルティーの合図をした副審が、その直後に彼に謝ったというのだ。「副審は『ソーリー、ソーリー(申し訳ない)』と僕に許しを請うたんだ。その時点ではまだ過ちを正す時間はあったのに、彼はそれをしなかった」
●5日に行われたCLグループEの試合で、ホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎えたセルティックはさい先よく先制しながら、後半猛攻にさらされ、1-1でかろうじて引き分けた。もう1試合のオールボー対ビジャレアル戦はビジャレアルが、ロッシとフランコのゴールで二度も先行しながら、ホームのオールボーが追いつき、2-2で引き分けた。セルティックのゴードン・ストラカン監督は試合後、「選手11人を交代させたいくらい、みんな疲れていた。誇れる試合だったし、それこそが我々の取り戻したいものだったんだ」ビジャレアルのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、「拮抗した試合だったし、相手は見事なFKで同点に持ち込んだ」とコメント。
●5日に行われたCLグループGの試合で、アーセナルがホームでフェネルバフチェと0-0で引き分け、グループリーグ突破決定は次節以降に持ち越された。アーセン・ヴェンゲル監督は試合後、「フェネルバフチェは非常に守備的で、ほとんどの時間を自陣で過ごしていた。第1戦で5失点もしていたので用心に用心を重ねたのだろう。我々は前半はチャンスも作り、3、4度は決定的な場面もあったが得点できなかった。後半はフィジカルが落ちてしまった」ここまで1勝2敗で、これ以上の取りこぼしは許されないポルトがアウェイでディナモ・キエフと対戦、前半に先行されながら、後半にローランドが頭で決めて追いつく。その後、両チームとも決勝点を目指して激しい攻防を繰り広げるが、ロスタイムにポルトはカウンターアタックからルチョが決勝点を入れた。ポルトのフェレイラ監督は試合後、「ポルトはもうダメだと言っていた批判的な人たちに対する格好の答となったと思う。」
●CLグループHではレアル・マドリー対ユベントスの2強直接対決が行われ、アウェイのユーベがデル・ピエロの2ゴールで2-0と快勝した。サンチャゴ・ベルナベウでユーベが勝利するのは1962年2月以来。4日前に34歳の誕生日を迎えたばかりのデル・ピエロは、今シーズンこれまで絶好調を持続し、この試合でも最高の輝きを見せた。
●CLグループFではバイエルンとリヨンの勝ち点が8で並び、ステアウアは敗退が決まった。フィオレンティーナとのアウェイ戦を戦ったバイエルンは、立ち上がり11分にムトゥのボレーシュートで先制を許すものの、終盤78分にボロウスキが起死回生の同点ゴールを奪って1-1で引き分けた。一方、リヨンはステアウアをホームに迎え、44分にジュニーニョがお家芸であるFKを決めて先制。ロスタイム直前にはルベイエールが強烈なシュートを突き刺して2-0で快勝した。
●5日のCLの試合で、1962年以来初めて敵地でレアル・マドリーを下し、ベスト16進出を決めたユヴェントス。この試合で2ゴールを上げ、べルナベウの観客からもスタンディングオベーションを受けたアレッサンドロ・デル・ピエロ(33歳)について、クラウディオ・ラニエリ監督は賞賛の言葉を惜しまなかった。「すばらしいプレーをしている偉大な選手がいて、彼がチームのために全力を尽くしている姿を見れば、ユニフォームの色などどうでもいいことなのだ。彼らが拍手をしたのは、フットボールを賞賛し、その美しさを賞賛しているんだよ」と感慨深げに話した。そのデル・ピエロは、「とてもうれしいよ。試合に勝って、決勝トーナメント進出を果たして、ゴールを決められたんだからね。あんなすばらしいスタジアムのべルナベウで拍手をもらったことは誇りに思うよ。こういう気持ちを味わいたいがために生きているようなものなんだ」と話した。
●元ブラジル代表FWロナウドが、シエナへの移籍を断ったことがわかった。ロナウドの代理人は、「ロナウドがシエナでプレーすることはない。どのチームもロナウドのような選手をほしがるだろうし、興味を持ってもらえるのはありがたいが、(膝のケガから)9カ月間かけて復活したロナウドは、シエナには失礼だが、残留争いをしているチームではプレーできない。もっと競争力のあるチームが必要だ」
●イタリア代表を率いるマルチェロ・リッピ監督が、ACミランのイタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ(30)を“ファンタジスタ”として絶賛した。
●今季、ロシア1部リーグを制覇したルビン・カザンに所属し、スペインリーグでの経験が豊富なFWサボ・ミロシェビッチは、今シーズン限りで現役引退を考えていることを明かした。
●ミランは、イタリア人FWフィリッポ・インザーギとの契約を2010年6月30日まで延長することで合意に達したと発表した。
●1日に行われたイングランド・プレミアリーグのストーク・シティ戦で足首を負傷したアーセナルのFWエマニュエル・アデバヨルは、約3週間戦列から離れる見込みとなった。
●UEFA(欧州サッカー連盟)のミッシェル・プラティニ会長は、今後もローマの本拠地スタディオ・オリンピコで暴力行為が発生し続けた場合、同スタジアムは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝の開催権を失う可能性があることを明らかにした。
●このPKが誤審であると言われていることについて、ジェラードは次のように反論した。「別の角度からも見てみないといけないが、僕にはPKに思えた。もし、あのプレーがペナルティーエリア以外の場所で起こったなら、間違いなくファウルだっただろう。つまりPKだったということだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。