FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/11/02UEFAサッカー情報
●UEFAは31日、アトレティコ・マドリーに対する処分を軽減、2試合のホームゲーム開催禁止処分を、1試合の無観客試合とすると発表した。これにより、11月26日のホームゲーム対PSV戦は観客を入れずに行われる。
●国王杯の試合中にピッチで倒れ入院していたレアル・マドリーのMFルベン・デ・ラ・レッドは31日に退院、飛行機でマドリードへ戻ったが、倒れたことはまったく覚えていないという。「まったく覚えていないんだ。わずかに直前の動きだけ。次に気づいたときは担架で運ばれていた。大勢の人が僕の名前を呼んでいた。なぜだかわからなかったが、ビデオを見てようやく理由がわかったよ」
●1日に行われたスペインリーグ第9節の試合で、バルセロナがマラガを4-1で下し、首位に立った。前節まで首位のバレンシアはホームでラシン・サンタンデールに2-4で敗れ、3位に後退。ビジャレアルはアスレティック・ビルバオを4-1で下し、バルサには勝ち点1及ばないが、2位に浮上した。また、アトレティコ・マドリーはホームでマジョルカと対戦、休養十分のアグエロのゴールで2-0と、5試合ぶりのリーグ戦勝利となった。
●ユーロ2008で最優秀選手に選ばれ、現バルサでもチームの中心として活躍するスペイン代表MFチャビ(28)の動向をプレミアリーグのクラブが探っているようだ。バルサとの契約は2010年までとなっているチャビは現在、クラブ側と契約更改の交渉を始めているが、バルサ側の提示とチャビ側の要求には開きがあり、合意には至っていない状況。そこで、英メディアはチャビが話し合いに満足していないとし、チャビの退団の可能性についてあれこれ推測し始めているようだ。イタリアのインテル、ユベントスだけではないようだ。アーセナルとリバプールが獲得に向けて水面下で動き出しているとのこと。
●オリンピック・マルセイユのパペ・ディウフ会長は早速反論に出た。「マルセイユのサポーターがこうむった前代未聞の暴力事件は忘れられるものではない。暴動がエスカレートして、サントス(マルセイユサポーターの1人)は刑務所に送られたのだ。アトレティコに対する制裁は、“スタジアムにおける暴力と人種差別の廃止”を訴えるUEFAの願いとは程遠い。むしろ、アトレティコにとっては“虫に刺された”くらいのものにすぎない。われわれはこの決定に失望している。現に、制裁が完全に取り消されていないということは、実際に不正行為があったと認めている証拠だ」
●レアル・マドリーのFWハビエル・サビオラは、マラドーナのアルゼンチン代表監督就任はチームにとってポジティブな選択だと受け止めているようだ。TyC Sportsの番組『デスペルタテ』の中で、サビオラは自身の代表復帰への思いと、マラドーナ新監督への期待をこう語った。「ディエゴ(マラドーナ)率いるアルゼンチン代表には期待している。アルゼンチン代表を、レベル相応の順位にまで引き上げられる監督はマラドーナ以外に考えられない」
●インテルは土曜日に最下位のレッジーナとホームで対戦するが、FWのアドリアーノは、規律違反ではずされた水曜日のフィオレンティーナ戦に続いてメンバー入りしないことがわかった。
●ゼニト・サンクト・ペテルブルクのディック・アドフォカート監督(61歳)は31日、ロシアのチャンピオンクラブとの契約をもう1年延長すると明らかにした。
●31日にブンデスリーガ第11節の1試合が行われ、ホッフェンハイムと首位争いを演じているレヴァークーゼンがヴォルフスブルクを2-0で下し、暫定ながら首位に返り咲いた。
●11月4日に正式にアルゼンチン代表監督に任命されることになるディエゴ・マラドーナ氏が、「アルゼンチン代表は、泥だらけのロールスロイスのようなものだ。洗車をしなくてはならない」と発言、代表チームの舵取りに意欲を見せた。アルゼンチン代表は世界屈指のタレントを揃えながら、今年はここ8試合でわずか1勝しかしていない。
●1日に行われたプレミアリーグ第11節の試合でリバプールがトッテナムに1-2で逆転負け、今季初の黒星を喫した。これで無敗のチームはいなくなった。また、トッテナムはハリー・レドナップ就任後の1週間を2勝1分という最高の形で終えた。ラファ・ベニーテス監督は試合後、「負けたのが信じられない。誰が見たって我々の方がいいチームだったのに。すべてをコントロールしていたの」と呆然とした様子。一方のレドナップ監督は、「運が味方したのも確かだが、追いついた時点で我々は波に乗れた」
●チェルシーはアネルカのハットトリックなどでサンダーランドに5-0で勝利。勝ち点を26に伸ばし、得失点差でリヴァプールを上回って、首位に返り咲いた。
●1日に行われたブンデスリーガ第11節の試合で、ホッフェンハイムがカールスルーエを4-1で下した。これで勝ち点を25に伸ばし、前日レヴァークーゼンに奪われた首位の座を取り返した。
●セリエA第10節の2試合が1日に行われ、インテルがレッジーナとアウェイで戦い、3-2で勝利した。インテルは勝ち点を21に伸ばして暫定首位に立った。
●サンダーランドのロイ・キーン監督は、DFパスカル・シムボンダとの確執を報じるメディアの報道を完全否定。「選手の入れ替えの度に、チームの規律が乱れていると書きたてられるのはたまらない」と、報道陣への不信感を露にした。
●来年1月の移籍マーケットで移籍がウワサされるマンチェスター・ユナイテッドのFWカルロス・テベスが残留を明言。厳しいポジション争いを戦い抜く決意を語った。
●ASローマのFWフランチェスコ・トッティ(32)が、1日のセリエA第10節アウェーのユベントス戦出場が絶望的となったことが判明した。試合前日練習に参加したトッティは、練習開始から約20分後に4月に手術を受けた右膝の痛みを訴え、ピッチを後にした。
●インテルのフランス代表MFパトリック・ヴィエラ(32)がUEFAのインタビューに応じ、今季のチーム目標が欧州CL制覇であることを明言した
●今夏の移籍市場でラツィオにレンタル移籍したアルゼンチン人FWマウロ・サラテ(21)が、ラツィオ残留を切望していることが明らかとなった。
●ウディネーゼと並び勝ち点「20」のナポリを同「19」で追う3位ACミラン。アンチェロッティ監督は「ナポリは昨シーズンと比べ、さらに成長している。彼らはクオリティが高く、チームの戦術に見合った選手をしっかりと補強した。個々の特長を見ても、本当に強いチームへと変貌した。ナポリは両サイドが積極的に攻撃参加し、ラベッツィという頼れるエースがおり、さらにインテリジェンス溢れるハムシクがチームをコントロールしている」
●ガリアーニ副会長は“MILAN CHANNEL”のインタビューに対し「我々ACミランのチーム編成は、どこにも劣ってはいない。選手は継続することの重要性を理解している。チームとして優勝のために一丸となって戦わなければならないことも自覚している。チーム状態はまだ50~60パーセントだが」
●ディエゴ・マラドーナの新監督就任が決定したばかりのアルゼンチン代表だが、同国サッカー協会は、国際試合を計画する際に問題を抱える可能性があるようだ。というのも、マラドーナ監督は過去の薬物使用が原因で、米国、日本、オーストラリアの3カ国から入国拒否をされているからだ。
●“エル・フェノメノ”(ロナウドの愛称=“怪物”の意味)の獲得を熱望しているセリエAのシエナがロナウドに対し、“ゴールごとに報酬を支払う”歩合制での契約を掲示していることが分かった。具体的な契約内容は、ロナウドが1ゴールを決めるごとにシエナが10万ユーロ(約1250万円)を支払うというもので、異例の好条件といえる。
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に所属するイングランド代表FWのルーニーが「ギグスのように長くチームにとどまりたい」と同クラブの公式戦最多出場記録保持者を目標に掲げた。「僕はここで常にプレーし続け、ゴールも決め続けたいと思っている。もし、僕がギグスの年齢までプレーできて、彼の記録や功績に近づくことができたら心から誇りに思えるだろう」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.