UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/30UEFAサッカー情報
●マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドと共に、バロンドールの最有力候補に挙げられているメッシだが、ほかの候補についての予想を語った。「バロンドールに選ばれたら、アルゼンチン人としては初めての受賞になるわけだから、感激だね。(アルフレド)ディ・ステファノはスペイン人として受賞したし、(オマール)シボリはイタリア人としての受賞だったからね」「僕だったら誰に賞をあげるかって? アグエロかな。でも、トーレスとチャビも賞に値すると思う。」「クリスティアーノ・ロナウド、ルーニー、イブラヒモヴィッチ、カカはみんな候補に入っている。解せないのはイニエスタが入ってないことだね。彼はすばらしいのに」
●29日付のフランスのレキップ紙とのインタビューで、「マドリーでプレーしてほしいフランス人選手は誰?」と聞かれたナダルは、「一人を選ぶのは難しいな。でも、もし、ベンゼマ、リベリ、グルキュフのなかから契約したい選手を選ぶのなら、間違いなくベンゼマだね」と答えた。
●FIFAは29日、今年の最優秀選手賞のノミネーションを発表、23名の候補者のうち欧州チャンピオンになったスペインから最多の6名が選出された。 GKのイケル・カシージャス、MFのセスク・ファブレガス、アンドレス・イニエスタ、チャビ、FWのダビド・ビジャとフェルナンド・トーレスがスペイン代表からの選出となり、そのほかに昨年の受賞者でブラジル代表のカカや、マンチェスター・ユナイテッドの国内と欧州制覇の二冠に大きく貢献したポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドが順当にリストアップされた。
●29日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)4回戦ファーストレグが行われたが、リーグ戦好調のビジャレアルとセビージャが3部のクラブに敗れる波乱があった。ビジャレアルはポリ・エヒドに0-5の大敗を喫し、セカンドレグの巻き返しが非常に厳しくなった。一方でセビージャは試合終了直前の失点でポンフェラディーナに0-1で敗れている。また、昨年覇者のバレンシアはここまで勝ち上がったきたなかで最も下部の4部に所属するポルトガレーテと対戦、モリエンテスの2ゴールなどで4-1で勝利した。そのほか、アトレティコ・マドリー、ベティス、デポルティーボが下部のチームにアウェイで先勝、エスパニョールはセルタと2-2のドローだった。1部のクラブ同士の対戦は4試合が行われ、アスレティック・ビルバオがホームでレクレアティーボに2-0で勝利、ヘタフェ対オサスナは0-0、マラガ対マジョルカは1-1のドロー、ヌマンシアはホームでスポルティング・ヒホンに0-1で敗れた。
●アスレティック・ビルバオ戦後、レアル・マドリーのミヤトビッチSDが審判の判定に対して不満をぶちまけたことで、スペインメディアはこの話題で賑わっているが、ミヤトビッチSDの審判批判は、逆に他のクラブから批判されるという結果を招いている。バレンシアのエメリー監督は、「彼らが審判への不満を漏らすなんて恥ずかしい。オサスナ(最下位)なら文句も言えるだろうが、自分たちのミスを第三者で正当化している。それは非常に恥ずかしいことだ」とビッグクラブがとる行為ではないとバッサリ。一方、2004-05シーズンからビジャレアルの指揮を執り、スペインで5シーズン目に突入したチリ人指揮官ペジェグリーニ監督は、審判の判定を巡る話題が常に取り沙汰されるのが不思議でならないと語った上で、「全ての試合で審判の判定について分析すれば、チームにとって有利にも、不利にもなる判定はある。だから、一つの判定に絞って審判にプレッシャーをかけようとするのは良くない」とコメントしている。
●バルサのレオ・メッシが29日、伊紙“ガゼッタ・デッロ・スポルト”とのインタビューでデコとロナウジーニョがバルサから去ったことについて本音を明かしている。「彼らがいなくなったことでバルサのプレーは変わったし、すべてのことが僕らにプラスに働いている。それに、パスが回るようになった」。ロナウジーニョ、デゴの退団でバルサのプレーは変わり、チームにとってはメリットとなっていると語るメッシ。それでもメッシにとってロナウジーニョが最高の選手であることには変わりはないようで、「人間的にもフットボール選手としてもすごい人だ」とも語っている。またメッシは、チャンピオンズリーグ最大のライバルにリバプールを挙げ、リーガでは「レアル・マドリーが優勝候補」としながらも、バレンシア、セビージャの安定感、バルサとともに良いフットボールを展開するビジャレアルを挙げている。
●UEFA(欧州サッカー連盟)は今週金曜日にアトレティコ・マドリーが出廷する裁判の場に、オリンピック・マルセイユの立会いを認めないことを発表した。
●アルゼンチンサッカー協会(AFA)のフリオ・グロンドーナ会長は、COMラジオのインタビューに対し、11月19日にグラスゴーのハンプデン・パークで行われるスコットランド対アルゼンチンの親善試合に、バルセロナのFWリオネル・メッシが出場しないことを明言した。
●レアル・マドリーの元スポーツディレクターであるアリーゴ・サッキ氏がラジオ・マルカのインタビューに応じ、先日マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督がレアル・マドリーの体質を“独裁主義”と批判した発言について、次のように反論した。「レアル・マドリーのことを紳士的でないと文句を言っているようだが、マンU自身、パルマラット(パルマの親会社)の破産状態につけこんで、まだ16歳だったジュゼッペ・ロッシ(現ビジャレアル)をかっさらったではないか」サッキ氏はまた、このところ、「クラブとの間に溝がある」と報じられているセルヒオ・ラモスを擁護した。「誰にでも間違いはある。過ちを認めて繰り返さない方が大事だ。セルヒオはまだ若いがもう十分経験は積んでいるだけに、まず口を開く前に少し考えた方がいいだろう。しかし、思いやりのあるいい青年だし、(レアル・マドリーは)彼を大目に見てもいいのではないか」また、今夏の欧州選手権で優勝したスペイン代表については、「サッカーを愛する人間として、自分もスペインファンの1人。優勝に値する戦いでとても感銘を受けた。サッカーを全世界にアピールした」と絶賛した。
●先日、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督がレアル・マドリーを批判する材料として再びガブリエル・エインセの名を挙げ、「レアル・マドリーはクリスティアーノ・ロナウドを獲得するための布石としてエインセを迎え入れた」と発言したことに対し、エインセは不快感を示し、『デイリー・メール』紙とのインタビューでこう反論した。「ここ数カ月間、ファーガソンのコメントにはたびたび僕の名前が登場しているが、なぜだか理解できない。僕のことなどとっくに忘れてしまったものだと思っていたよ。ファーガソンはマンUのボスで、反抗する者は誰でも疎外されてしまう。今、マンUにいない僕のコメントを妨げることはできないけどね」
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、日曜日のチェルシー対リバプール戦でリバプールの勝利を願っていたことを明かした。ファーガソン監督は、今季の優勝争いのライバルは昨季と同様にチェルシーとアーセナルで、リバプールについては、8ポイント離されることになったにもかかわらず、恐るるに足らずと考えているようだ。
●29日に行われたブンデスリーガ第10節の試合で、首位を行くホッフェンハイムがアウェイでボーフムと対戦。開始2分に失点するが、後半の7分間に3点を連取し、3-1で勝利。勝ち点を22に伸ばし、前日の試合でブレーメンに2-0と勝利したレバークーゼンに1ポイント差をつけた。また、ハンブルガーSVはシュトゥットガルトを2-0で下して3位。
●プレミアリーグ第10節の試合が29日に行われ、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーで壮絶な同点劇が展開された。レドナップ新監督就任直後の週末のボルトン戦で今季初勝利を上げたトッテナムは、アウェイで89分までに2-4とリードを許しながら、ジーナス、レノンのゴールで4-4と追いついたのだ
●29日に行われたセリエA第9節の試合で、インテルがアウェイでフィオレンティーナと対戦、0-0で引き分け、2試合連続でドローとなった。
●リーグアン第11節が29日に行われ、ここ2試合連続ドローだったリヨンがソショーに2-0で勝利した。ベンゼマのゴールで先制し、ロスタイムにデルガドがダメ押し点を入れた。リヨンは勝ち点24とし、2位ボルドーと3ポイント差の首位に立った。
●今回の監督就任について、アダムスは「リスクはある」と語りながらも、「このポストを他の監督に奪われたくなかった」と喜びを語っている。「(監督就任は)とても光栄だよ。断わるなんて考えもしなかったよ。本当にワクワクしている。クリスマス・プレゼントをもらったみたいだ。確かにリスクはある。レドナップ監督の後を継ぐのは大変だからね。でも、素晴らしい選手が揃っている。彼らの中には、私が連れてきた選手もいる。だから、他の監督にこのポストを奪われたくなかったんだ」さらに、アーセナル時代の恩師、アーセン・ベンゲル監督に、監督就任について相談したというアダムス。その時の会話について、「アーセンにオファーの話をしたら、『地獄へようこそ』と言われたよ。だから、『ビビってるのかい?』と言っておいたよ」と語っている。
●イギリスの大衆紙『サン』の報道によれば、ミランに期限付き移籍が決まったデイビッド・ベッカムがミラノに新居を購入したそうだ。期限付き移籍なのに購入する必要があるのか?と思ってしまうのは庶民の感覚なのであろう。ベッカムにとってはわけもないことである。ただ、これは完全移籍の可能性が高まっている証拠ではないかとも報じており、ますますその動向に注目が集まっている。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、トッテナムがファンデ・ラモス監督を解任したことについて、「非常に驚いた」と語っている。「もしラモスが7月に監督就任していたとすれば、この時期に解任されることはなかっただろう。このリーグではよくあることだが、カーリング・カップで優勝したとしても、チャンピオンズ・リーグやUEFAカップの出場権を獲得できなければ、突然評価を落とすことになる。私はラモスが結果を残せなかったことに、非常に驚いている。彼は優れた監督だし、人間としても素晴らしいから、とても残念に思うよ。トッテナムが決断を下さざるを得なかったことは理解できるが、もう少しチャンスを与えてもよかったはずだ」
●アルゼンチン代表監督就任が決定的となった元アルゼンチン代表で同国の英雄でもあるディエゴ・マラドーナ氏が、現地アルゼンチンのスポーツ紙“Clarin”の公式サイト上で現在の心境を述べている。「代表には全てを捧げてきたつもりだ。私が代表監督のポストに就くことになるだろう。最初の課題は、選手1人1人としっかりと話し合いことだ。アルゼンチン代表のユニフォームに袖を通すことの名誉について、今一度考え直してもらいたい。名誉はお金では買えないものだ」とコメント。「メッシは怪物であり、自由にプレーしてもらうためにも、彼に掛かる重圧を取り除きたい。彼には私の経験を伝えていきたい。アグエロとテベスも欠かせない存在だ。また、ベロンとリケルメも私のチームの構想に入っている」と明かした。
●セリエA第9節が各地で行われた29日、ユベントスはアウェーでボローニャと対戦し、MFパベル・ネドベド(36)の2得点で2-1勝利を収めた。勝ち点を「15」に伸ばしたユベントスは8位に順位を上げた。
●アルゼンチン代表の新監督就任が決定したディエゴ・マラドーナは早速記者会見に臨み、キャリアを通じて監督としての経験がないことを指摘する声を一笑に付した。「私に監督としての経験がないなどと言っているのを聞くと、笑いがこみ上げてくる。確かにそうかもしれない。だが、私にはカルロス(ビラルド)がついているし、代表にも20年以上かかわっている」また、マラドーナ新監督は、「今現在、チームスタッフを選抜している最中で、必要な時間をかけて行っていく」と述べ、すでに新チーム作りに着手し始めていることを明らかにした。
●リバプールは今季のプレミアリーグでは、ほぼ固定のメンバーで試合に臨んでいたが、ここに来て過去数シーズンのようなローテーション制を採用。ベニテス監督は今後の戦いに向けて、ローテーション制が重要であることを力説した。「3日間で1試合のペースで、さらにチャンピオンズリーグでも戦っているのなら、何人かの選手を変更する必要がある。ポーツマス戦で2、3人のフレッシュな選手を入れることは明確だった。今こそチームを管理すべきだと思っている。」
●今季初のロッテルダムダービーが29日に行われ、スパルタがフェイエノールトを2-1で下した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
"強姦プレイ最高ー!!"
"爆乳人妻に生挿入したら「生はダメ、中はダメ」とか連呼してた(笑)
もちろん中にどっぷり中出したけどな!"
"http://wiiwi.net/kaimas/wwukz4n.html"
2008/11/01
(土) 22:21:28 | URL | "貴公子" #MvlfLWHQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。