UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/28UEFAサッカー情報
●今夏レアル・マドリーへ移籍するか否かで世間を騒がせたマンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアーノ・ロナウド(23歳)が、来シーズンもユナイテッドでプレーするつもりだと語った。
●レアル・マドリーのキャプテン、ラウルとセルヒオ・ラモスの間には冷たい空気が流れているようだ。26日に行われたアスレティック・ビルバオ戦でラウルがベンチに下がった際の映像がそれを物語っている。同試合の89分、ベンチに下がったラウルはスナイデル、ファン・デル・ファールト、ドレンテといった1列目に座っていたチームメイトとはガッチリ握手を交わしたものの、後部に座っていたセルヒオ・ラモスへは顔を見ることもなく、さっと手を合わせただけ。そっけない挨拶だった。セルヒオ・ラモスの隣に座ることなく、1席空けて座った様子が試合翌日、スペインのTV局“クアトロ”の番組内で流れた。セルヒオ・ラモスは“アス”紙のインタビューで「批判すべてが僕に向けられている」、「右サイドで孤立している」、「以前は右サイドでベッカムのサポートがあった」、「今はプレーを楽しんでいない」、「僕だけの問題ではないのに、(自分だけが批判されるのは)ちょっと不公平だ」などと現状への不満を口にしている。
●レアル・マドリーは審判の判定にうんざりし始めている。試合ごとに繰り返される誤審に、クラブ内では状況改善のための具体的な行動に出るべきとの考えもあるようで、ミヤトビッチSD(スポーツディレクター)は審判のミスについて「非常に不愉快であると同時に心配だ」との苦言を公にした。
●アトレティコ・マドリーのセルヒオ・アグエロは、ハビエル・アギーレ監督の判断により、22日のチャンピオンズリーグ、対リバプール戦(1-1のドロー)、26日のリーガ・エスパニョーラ、対ビジャレアル戦(4-4のドロー)と2戦続けてスタメンから外れた。これについて、27日に通信社EFEの“リーガ・エスパニョーラにおける最優秀南米選手賞”を受賞した後の会見で、アグエロは次のようにコメントした。「この2試合は、厳しい試合になることが予想されていた。ここまで多くの試合をこなしてきたが、あと1試合か2試合、休みを取らずにプレーしてたら、けがをしていたかもしれない。今週になって監督と話したところ、リバプール戦とビジャレアル戦は少し休養をくれると言ってくれた。自分には良かったと思う。もちろん、僕はいつだってプレーしたい。けれど監督は、僕が故障して1カ月、2カ月を棒にふることがないよう配慮し、スタメンに起用しないことを決断してくれた。今週は練習も問題なくこなして、次の土曜日の試合には出場したい」
●ゴルフクラブが主催したイベントに出席したバルセロナの元監督ヨハン・クライフは、現在のバルセロナをこう評価した。「プレシーズンの時点でも言ったが、今季のバルサはいいプレーをしている。ここ数週間の試合を見れば、これまでとの違いがはっきり分かるだろう。まだ改良の余地はあるし、やるべきこともたくさん残っているが、チームの将来は明るい」クライフはまた、シーズン開幕直後にバルサを批判していたマスコミに対して冗談を交えながらこう言い返した。「2試合前まで、マスコミはバルサを“さんざんなチーム”と批判しながら、今になって“新ドリームチーム誕生”などとほめそやしている。わたしは常に『このバルサはいいチームだ』と言ってきた。なぜだか分かるかい? なぜなら、わたしはプロで、君たちはそうじゃないからさ」
●トッテナム・ホットスパー監督に就任したハリー・レドナップによるトッププレーヤーの引き抜きをポーツマスが警戒、いかなる交渉にも応じない構えを見せている。
●LAギャラクシーのアメリカ代表ストライカー、ランドン・ドノバンが冬の移籍マーケットでイングランドかスペインのクラブへ移籍したい、とヨーロッパ再挑戦へ意欲を見せている。
●今夏レアル・マドリーへ移籍するか否かで世間を騒がせたマンチェスター・ユナイテッドMFクリスティアーノ・ロナウド(23歳)が、来シーズンもユナイテッドでプレーするつもりだと語った。
●チェルシーは日曜日の試合でリバプールに0-1で敗れて、86試合続いていたホーム無敗記録が途絶えたが、GKペトル・チェフがチームメートに敗戦を早く忘れるように訴えた。「これだけ連続したのはすばらしいし、これから86試合のホーム無敗記録に近づけるチームはいないと思う。驚異的な記録だからね。僕はチェルシーに入ってからホームで一度も負けたことがないから、ヘンな気分だったよ。だけど、その記録が途絶えた今、考えるべきことは水曜日のハル戦のことだ。彼らとは勝ち点で並んでいるから、勝たなければならない。ここからまた新しい無敗記録を始めたい。僕らは何をやるべきがわかっているし、その力もあるさ」
●元ポーツマス監督で、先日トッテナムの監督に電撃就任したハリー・レドナップは、自身の決断について「断われるオファーではなかった」と語った。「このチャンスを逃したら、一生後悔していたと思う。トッテナムは間違いなくビッグクラブだ。最下位にいようが、それが変わることはない。観客やスタジアムなど、クラブを取り巻く環境すべてが、ビッグクラブのそれだ。今回のオファーは、到底断われるものではなかった。実は1年半前にも、トッテナムの監督に就任する可能性があった。また、今年の初めにはニューカッスルの監督就任のオファーもあったが、結局実現しなかった。それで、『ビッグクラブで指揮を執りたがらない男』とのレッテルを貼られていたがね」
●10月26日、ホームのスタンフォード・ブリッジでは2004年2月21日のアーセナル戦以来となる敗戦を喫したチェルシー。0-1でリバプールに敗れた後、スコラーリ監督は敵将ベニテスの戦術を絶賛し完敗を認めた。「ベニテスはとても賢い人物だ。彼はあえてサイドのスペースをあけ、我々にクロスをさせようとした。チェルシーに2メートル級のFWがいないのを見切ってね。我々はフリーでクロスをあげたが、一度だって中で勝つことはできなかった。リバプールの方が優れていた」
●10月27日付の英紙デイリー・ミラーはセルティックの中村俊輔が1月に日本へ帰国する可能性が高まったと報じている。同紙では横浜マリノス関係者の話として、「中村のマリノス復帰はいつ移籍金が準備できるのか、という時間の問題だ。スポンサーのニッサンがいつ資金援助するか、それ次第でもある」
●インテルのジョセ・モウリーニョ監督が25日、今月11日のW杯予選ルーマニア対フランス戦の試合前に負傷したフランス代表のパトリック・ヴィエラがまだ戦列に復帰できないことについて触れ、暗にレイモン・ドメネク代表監督を批判した。翌日のレキップ紙が報じた。「次のW杯予選は来年だ。ヴィエラはまだ代表で不安を抱えているのだから、クラブに専念させて来年また招集するのが妥当だろう。しかし、11月の親善試合に呼ばれると確信しているよ! 私がインテルに来たときは、ヴィエラは代表戦を欠場していて、そのあと見事にプレーした。ここ数年来、初めて続けて4試合に出られたんだ」
●26日のセリエA第8節フィオレンティーナ戦で1-3敗戦に終わったパレルモ。フィオレンティーナのFWアルベルト・ジラルディーノが決めた先取点が、ハンドだった可能性が議論される中、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が怒り心頭でコメントしている。「テレビ番組に出演したジラルディーノの発言を見て、益々怒りがこみ上げている。彼は嘘を付いていた。私は何より彼の『狡猾さ』に対して憤りを覚えている。彼は2年前のACミラン時代にもパレルモ相手に汚いやり方でPKを獲得していた」
●26日のセリエA第8節で格下のジェノア相手に0ー0ドローに終わったインテル。試合後インテルのジョセ・モウリーニョ監督は「まだ私を全く理解していない選手がいる」と語気を荒げ、自分勝手なプレーをした数名の選手を批判した。一夜明けた27日、後半か出場のFWクルスがモウリーニョ監督と衝突していたことが明らかとなった。チーム内に急浮上した今回の問題について、インテルのマッシモ・モラッティ会長は「モウリーニョが自分勝手なプレーをした選手に対して怒りをあらわにしたことは知っていたが、クルスと問題を抱えていたことは知らなかった。しかし、あくまでモウリーニョと彼の間の問題であり、クラブとして介入するつもりはない」
●06-07シーズンを最後に現役引退した元ACミランの元イタリア代表DFアレッサンドロ・コスタクルタ(42)が、セリエBマントバの監督に就任したことが明らかとなった。
●スポーツ裁判は27日、前日のセリエA第8節パレルモ対フィオレンティーナ戦で「故意にハンドで得点を挙げた」として、フィオレンティーナのFWアルベルト・ジラルディーノ(26)に対し2試合の出場停止処分を言い渡した。
●オリンピック・マルセイユのウルトラス(熱狂的サポーターグループ)が、1日に行われたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦に続き、今度はパリ・サンジェルマン(PSG)のサポーターとも問題を起こしていたことが明らかになった。
●国際プロフットボール選手協会(FIFPro)は27日、2007-08シーズンの年間最優秀選手賞にマンチェスター・ユナイテッド(マンU)のクリスティアーノ・ロナウドを選出したことを発表した。
●ミランに所属するFWロナウジーニョとMFフラミニが29日に行われるセリエA第9節のシエナ戦を欠場することが分かった。ロナウジーニョとフラミニは26日に行われたアタランタ戦(1-0でミランが勝利)で負傷。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。