UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/27UEFAサッカー情報
●26日に行われたスペインリーグの試合で、バレンシアはアウェイでレクレアティーボと対戦、1点をリードされた62分にビジャがゴールを決めて、1-1に追いつき、前日バルセロナに奪われた首位を取り戻した。バレンシアはこれで6勝2分けで勝ち点20。これは、ラファ・ベニーテス現リヴァプール監督が率いて優勝した2003-04シーズンと比べると、勝ち点で1ポイント上回って、過去最高の序盤戦とした。また、レアル・マドリーはホームでアスレティック・ビルバオと対戦、イグアインのこの日2点目のゴールで、3-2の接戦を制し、勝ち点19で3位に浮上。ここまでリーグ戦3連敗のアトレティコ・マドリーはアウェイでビジャレアルと対戦、10人になりながら、4-4のドローに持ち込んだ。アトレティコは開始1分にシマン、22分にはフォルランがゴールを決めて2点を先制するが、37分にバネガが一発レッドで退場となる。ビジャレアルは後半の20分間にセナ、ジョレンテ、ゴンサロ、ロッシが次々とネットを揺らして逆転に成功したが、アトレティコも、終盤にシマン、ラウール・ガルシアがゴールを決めて追いついた。バレンシアと共にここまで無敗のビジャレアルは勝ち点18で4位。アトレティコは勝ち点10で10位。セビージャはホームでマラガと対戦、公式戦9試合で初の失点を許し、0-1で敗れて5位に交代した。昇格組のマラガはこれで4連勝として、勝ち点13で6位につける。
●25日に行われたリーガ第8節、対アルメリア戦でバルサのユニフォームを着ての3度目となるハットトリックを決めたFWサミュエル・エトー。前半5分で先制ゴールを決めたエトーは、20分、24分と立て続けに相手ネットを揺らし、試合開始から24分間でハットトリックを決めた。これはクラブ史上最短記録だ。これでエトーはゴール数を9に伸ばし、バレンシアのFWダビ・ビージャとともにリーガ得点ランキングのトップに立った。
●バルセロナに所属するカメルーン代表のFWエトーが自身のハットトリック達成について「チームのおかげだ」とコメントした。エトーは25日に行われたリーガ・エスパニョーラのアルメリア戦(5-0)でハットトリックを達成。ここまで8試合で9得点を挙げ、バレンシアのFWビジャと並んで得点ランキングで首位に立っている。「(アルメリア戦で)シャビとレオ(メッシの愛称)は、僕が簡単にゴールできるようないいパスをくれた。ストライカーはゴールを決めることが仕事だが、僕は一生懸命に動き、チームの勝利に貢献することだけを考えている。優勝するためにはビッグチームだけに勝っていてもダメなんだ」
●プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーは26日、解任したファンデ・ラモス監督の後任にハリー・レドナップ氏を任命したと発表した。61歳になるレドナップ監督はポーツマスを率いて3年、1年目はチームを残留に導き、昨季は1939年以来のFAカップ優勝をもたらしたが、シーズン途中でライバルクラブに移ることになる。
●26日に行われたプレミアリーグの首位対決。共にここまで無敗のチェルシー対リヴァプール戦は、リヴァプールがシャビ・アロンソのゴールで1-0と勝利。チェルシーのホーム無敗記録を86試合で止めることに成功した。ラファ・ベニーテス監督は試合後、「今日は自分たちの力を十分に示し、チェルシーのホームで勝利することができた。非常に攻撃的なチーム相手に、試合をコントロールすることができた。チャンスも作ったし、ただ1-0のリードを守るだけではなかった。攻撃的なメンタリティを維持し、2点目を目指した。後半にはチェルシーが前がかりになったので、スペースもあったしね。守備も本当にすばらしく、相手にほとんどチャンスを与えなかった」と選手たちを絶賛
●今季ブンデスリーガの台風の目となっているホッフェンハイムが26日の試合でハンブルガーSVを3-0で下し、首位に躍り出た。
●26日に行われたプレミアリーグの試合で、ファンデ・ラモス監督を解任したトッテナムが、パブリュチェンコのゴールとベントのPKでボルトンを2-0で下し、今季初勝利を挙げた。ベンチでは試合前に就任が発表されたばかりのハリー・レドナップ監督が指揮を執り、これまでラモス政権下では精彩を欠いていたモドリッチ、パブリュチェンコ、ベントリーらが見違える動きで、チームに活気をもたらした。
●セリエA第9節が26日に行われ、インテルがジェノアと対戦。後半立ち上がりに相手が1人退場になりながら、決めきれず、0-0で引き分けた。勝ち点1を得るにとどまったインテルは勝ち点18で3位へ後退した。
●26日のリーグ・アン第11節で、パリ・サンジェルマン(PSG)がアウェーでマルセイユを4―2と圧倒し、10位から6位に浮上した。マルセイユは、勝てば前日に引き分けたリヨンを抜いて首位に立つチャンスだったが、ディフェンスが崩れ今季初黒星。押し気味の試合だっただけに悔やまれる結果となった。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、自身の引退について言及。12月31で67歳の誕生日を迎える老将は、監督キャリアを60代で終えると宣言した。
●ユベントスはここ4試合2分け2敗と低迷し、チームの危機説が囁かれていた。このような状況の中での勝利に、モリナーロは「我々の実力がなかなか発揮できず、厳しい時期を過ごしていた。ただ、チームは和を乱すことなくまとまっていたし、平常心を保っていた」ネドベドは「調子は良い。通常通りの練習メニューをこなしている。怪我した瞬間は重傷かと危惧したが、チームが緊急事態に陥っていたので、痛みに耐えてプレーを続けた。また、チームの危機説が噂されていたが、そのような状況には陥ってはいなかった。一部のジャーナリストが、想像で報じたことに過ぎない。それに年間60試合を全勝することは不可能だ。とにかく結果が求められる中で勝利できたことは良かった」
●「危機?確かにその通りだ。私自身の立場も危機だと痛感している。そしてそれが監督の運命だとも。歯車が噛み合わずに事態が好転しなければ、危機と感じることは当然の流れだ」。26日のセリエA第8節アウェーのウディネーゼ戦で1-3の完敗を喫したASローマ。試合後、ルチャーノ・スパレッティ監督が窮地に立たされていることを認めた。「クラブは慎重にスランプの原因究明を行い、全てをコントロール下に置く必要がある。話し合いの結果、我々は合宿を行うことを決定した。このような事態に陥った以上、緊急合宿は避けられない」
●セリエA第8節(最終日)の行われた26日、インテルはホームでジェノアと対戦し、まさかの0-0スコアレスドローに終わった。試合後インテルのジョセ・モウリーニョ監督は「勝利への意欲はうかがえたが、戦略的な規律とひらめきに欠けていた。敗戦の責任を取るのは監督の仕事だが、選手には、私の指示通りにプレーしてもらいたい。特に後半は、私を全く理解していない選手がいると痛感した。その選手は次節代償を払うことになる」
●イギリスのタブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、今季限りでの退任がささやかれているマンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督の後任について、現インテル監督のジョゼ・モリーニョの名を挙げている。
●「彼ら(チェルシー)はここで長い間、負け知らずだった。この勝利は、プレミアリーグ優勝を目指して残りのシーズンを戦っていく上で大きな刺激になる」リバプールのスペイン人監督ラファエル・ベニテスは、首位攻防戦となったチェルシー戦後の会見で、スタンフォードブリッジで4年半もの間無敗を誇っていたチェルシーを破ったことについて、このように述べた。「われわれは、主力選手の欠場という困難を克服し、チームの誰もが大きなことを成し遂げられるということを証明した。この道を歩き続けていくためには、簡単な試合を落とすようなことは許されない」「シャビ・アロンソがゴールを決めた後、チームは後ろに引かずに戦った。われわれは2点目を狙いにいったし、そのチャンスもあった。試合には満足している。別のシーズンだったら、リードしてからは後ろに引いて守ってしまい、チェルシーの攻撃を防ぐことができなかったかもしれない」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。