UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2008/10/25UEFAサッカー情報】
●国内外で高い評価を受けるブラジル人プレーメーカーのダグラス・コスタ(18歳)が「将来レアル・マドリーでプレーしたい」と胸の内を語った。
●アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレーソ会長は24日、リーグ戦3連敗で地元メディアからの批判を受けるハビエル・アギーレ監督を擁護した。「日曜日のビジャレアル戦で何が起きても、監督が引き続き指揮を執ることを保証する。リヴァプール戦でチームが見せた変化が続いて、いい試合をやって勝つことを望んでいる。リーグではトップ3に入りたい。ビジャレアルに敗れると、上位への足がかりを失うことになるので打撃だ。しかし、シーズンはまだ8試合目だし、試合は数多く残っている」
●27歳になるホアキンはこの夏には移籍の噂もあったが、今ではパブロ・エルナンデスとのポジション争いにも勝って右サイドに返り咲いた。「バレンシアは今シーズン、とても力強いスタートを切って、まるでモーターバイクのようにすっ飛んでる」
●バルセロナのグアルディオラ監督が、選手全員を信頼しているからこそローテーションシステムを使えると話した。「私は選手たちをとても信頼している。選手全員をだ。もちろん、ある選手はほかの選手よりもプレー時間が長いといったことはあるが、私は選手全員を信頼しており、だからこそ今シーズンはほとんどの選手が先発しているんだ」
●ボージャンのゴールは、7月30日に行われたフィオレンティーナとの親善試合以来、公式戦では5月4日に行われたリーガ第35節バレンシア戦以来、実に5ヶ月ぶりのゴールとなる。「スタメンとしてプレーしたくてたまらなかったし、チャンスが来るのを待っていた」と今シーズン初のスタメン、しかも2ゴールに満足さを見せたボージャン。試合当日の昼食後までスタメンに入ることは知らなかったようで、「監督は、僕に落ち着いて、自分が知っているプレーをしろって言ってくれた」
●チャンピオンズリーグ、対ユベントス戦での敗戦はレアル・マドリーのスタッフたちの危機感をあおることになったようだ。右サイドを埋める選手が欲しいレアル・マドリーは、この冬の移籍マーケットで右サイドのスペシャリストを補強するべく、ミヤトビッチSDが動く準備をしていると24日付けの“マルカ”紙が報じている。その補強リストにリストアップされている一人と言われるのがCSKAモスクワ所属、18歳の新鋭アラン・ジャゴエフだ
●オランダ代表でもあるスナイデルはスペイン紙“AS”のインタビューで「我々のチームはクオリティ溢れる強い集団だ。レアル・マドリーは参加する全ての大会で優勝出来ると思っている」と言い切った。また、黒星を喫したユベントス戦については「前半のユベントスは戦術がチームに浸透し、機能していることを証明した。ただ、後半に入ってからは我々の方が優位に試合を進めていたが、チャンスを何度も逃したことが敗戦につながってしまった」と振り返っている。
●今週末の日曜にホームにエスパニョルを迎え撃つマジョルカのファン・アランゴは試合に先立ち、エスパニョルの2トップ、ルイス・ガルシアとラウル・タムードを「審判をだますのがうまい」と評し、彼らの“シミュレーション”に気をつけるべき、とけん制した。
●リーガ・エスパニョーラの前節、アトレティコ・マドリー対レアル・マドリー戦に起こったある出来事が、アトレティコのフィジカルトレーナーを解雇に追い込んだ。この試合の後、アトレティコのフィジカルトレーナー、セバスティアン・トュルヨルスは、宿敵レアル・マドリーのGKイケル・カシージャスのユニホームを求めてピッチを駆けていた。カシージャスはライバルチームのスタッフからのリクエストに驚きながらも、自身のユニホームを差し出した。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、1988年から96年までヨハン・クライフ監督(当時)が率いた、同クラブ史上最強といわれる“ドリームチーム”と現在のチームが比較されていることについて好ましく思っていないようだ。かつてリーガ・エスパニョーラ4連覇、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ=CL)初制覇を果たした同チームの頭脳だったグアルディオラ監督は、「われわれもあのレベルに届くことを願っているが、絶対に無理だろう。あれは再現不可能なチームだ」と述べ、比較自体が無意味であるとの見解を示した。
●UEFAカップのグループリーグ第1節の試合が22日に行われ、ミラン、セビージャ、ハンブルガーSV、ウディネーゼ、シャルケなどが白星発進した。
●ニューカッスル・ユナイテッドのジョー・キニアー暫定監督が、クラブとの契約を1カ月間更新し、11月まで指揮を執ることが判明した。
●チェルシーMFフランク・ランパードが、26日のリヴァプール戦へ向け準備は万端だと語った。「僕らはリヴァプールと共にリーグトップに立っているが、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルもすごく近い位置にいる。チェルシーは素晴らしいスタートを切ったけど、それで有頂天にならないことが大切だ。僕らは今までと同じクオリティと姿勢でパフォーマンスを維持する必要がある」
●フランスU-21 代表MFブレーズ・マトゥイディ(21歳)が、今シーズン終了後にアーセナルに移籍する可能性があることを示唆した。
●ドイツ代表主将のミヒャエル・バラックが最近の意見の相違について、ヨアヒム・レーヴ監督と話し合うことになった。レーヴ監督は、今週始めに明らかになった、代表チーム内で年上の選手が尊重されていないというバラックの発言に憤慨。水曜日の新聞に、主将の発言は許されないものという趣旨の声明を出していた。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、ナイトクラブでタバコをくわえている写真を撮られた主将のウィリアム・ギャラスに苦言を呈した。「彼はアーセナルフットボールクラブのキャプテンとしての責任があり、今回のことは認められない。私自身は写真を見ていないが、気に入らないね。キャプテンにはより多くの責任があるんだ。公人としての責任を持って行動すべきで、それは(チームの)みんなにもあてはまる」
●チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督は日曜日のリヴァプール戦前に、記者会見で、冬の移籍市場での補強を否定しなかった。「1月まで、何が起きるかわからないからね。エッシェンがケガをしたときは選手を何人か入れ替えたし、ミネイロを獲得した」
●来年1月から、ACミランへのレンタル移籍することが確実となっているMFデイビッド・ベッカムについて、現所属クラブであるロサンゼルス・ギャラクシーのブルース・アリーナ監督が不快感を示している。「正直言って、この移籍話は不可解だ。ギャラクシーやMLSにとっては、何のメリットもない。いまだ、この話を信じることができないよ。チームを新たに作り上げる時期に、チームのトッププレーヤーを放出するなど、私にとっては理解しがたいことだ」
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、ファンのサポーターを痛烈批判。「私は自分のチームに誇りを持っている。しかし、それに値するサポートを得られているとは思えない。昨シーズンのプレミアリーグでタイトルを獲れなかったことで、皆さんが失望していることは理解している。しかし、チームに対し怒りをぶつける前に、チームをサポートすることを考えるべきだ。若い選手が多ければ多いほど、皆さんのサポートが必要になるんだ」
●「ACミランは、今まで歩んできた道を今後も突き進むつもりなのだろう。だからこそ通常とは逸脱した選択が出来る」。来年1月からイングランド代表MFデビッド・ベッカム(33)のレンタル移籍入団が明らかとなったACミランを、同じミラノに本拠地を置くインテルのマッシモ・モラッティ会長が痛烈に批判している。
●UEFA杯グループリーグ初戦が各地で行われた23日、ACミランはアウェーでオランダのヘーレンフェーンと対戦し、3-1勝利を収めた。カルロ・アンチェロッティ監督は「グループリーグを好発進できた。ヘーレンフェーンはオフェンシブなチームであり、簡単な試合ではなかったが、我々は適切な精神で臨んだ。今ではUEFA杯への世間の関心は低く、魅力を感じられないと言われているが、私はこの大会に魅力を感じている。選手も私と同じ見解であることが今夜のゲームで証明されたのではないか」
●「レアル・マドリー戦では、精神的にも肉体的にも非常に多くのエネルギーを消耗したが、勝利を収めたことでそれに代わる重要なエネルギーを手に入れることができた。 “ダービー”はテクニック面よりもメンタル面が影響する特殊な試合であり、布陣に関しては、試合当日の朝に決定する」とラニエリ監督。
●英紙“Daily Mirror”は「FWディエゴ・ミリート(29)のパートナーとして、ジェノアが今冬の移籍市場でニューカッスルのFWマイケル・オーウェン(28)を狙っている」と報じた。
●欧州CLグループリーグのレアル・マドリー戦で2-1の勝利を収め、勝ち点「7」でH組首位に立つユベントス。
●ジャンルイージ・ブッフォン(30)がチームの現状について語った。「チーム内にまだ問題は残されているが、レアル戦の勝利が絶好の栄養剤となった」
●半月板の痛みに悩まされ、厳しいシーズンを過ごしているフィオレンティーナのルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥ(29)。「これまでも、多少コンディションが悪くても試合に出場してきた。俺は休まずにプレーを続けたい。肘も完治しており、膝はトレーナーと共に日々チェックしている。『半月板の手術が必要』との声も挙がっているようだが、その必要はない。誰の目にも明確な成長を遂げた姿を見せたい。この(絶好調だった)2年間のプレーを取り戻してみせる」
●アーセナルのスペイン人GKのマヌエル・アルムニアは、イングランドサッカーにすっかり順応したようだ。彼はイングランドでの生活にも慣れ、地元メディアに「同代表選手としてプレーする可能性」までほのめかしている。
●21日のチャンピオンズリーグ(CL)のアーセナル戦で、2-5という大敗を喫したフェネルバフチェ。ヨーロッパの大会での5失点はクラブ史上2度目となる屈辱で、ルイス・アラゴネス監督、そして同監督を唯一擁護しているアジズ・ユルドゥム会長の立場も危うくなっている。この敗戦により、アラゴネス監督に与えられたとされる数週間の猶予はすでになくなり、同監督の将来は今週末のリーグ戦、ブルサスポル戦の結果次第となる可能性が高くなった。
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、けがのため長期離脱中のFWエドゥアルド・ダ・シルバが、3週間後には戦列復帰できる可能性があることを明らかにした。
●北京五輪でアルゼンチン代表を率いて金メダルを獲得した、セルヒオ・バチスタ監督は、同国フル代表のアルフィオ・バシーレ監督が先週辞任したことを受け、「フル代表の監督に昇格するというのは、選択肢としては興味深い」と、新監督就任に意欲を見せた。母国メディアの取材に応じた同監督は一方で、新監督に立候補したディエゴ・マラドーナも有力な監督候補であることを認めたものの、彼のアシスタントコーチになる意思はないことを明らかにした。
●FIFA(国際サッカー連盟)の理事会は、2018年と22年のワールドカップ(W杯)開催候補地を決定するプロセスについて総意を得られず、詳細の決定を延期した。FIFAのジョセフ・ブラッター会長は、「理事会のメンバーは、同時に2つの大会の開催候補地を決めるというプロセスについて、基本的には前向きな反応を見せた」と述べた
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のアレックス・ファーガソン監督が同チームに所属するイングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブスについて、「売り物ではない」と語った。
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は、26日にアウエーで対戦するチェルシーとの一戦に向けて自信を見せた。無敗同士の首位攻防戦にエースストライカーのフェルナンド・トーレス抜きで臨まなければならないリバプールだが、ベニテス監督は同クラブの公式サイトで次のコメントを残した。「フェルナンド・トーレス抜きでも、われわれはチェルシーに勝てる。わがチームは、十分な実力と、強いメンタリティーを有している」
●年間最優秀選手に与えられる『フランス・フットボール』誌主催の“バロンドール”には、ここ数年、ありがたくないジンクスがある。1998年以降、バロンドールを獲得した選手は、その翌年に再び最終候補の3人に残ることはないという、いわゆる”バロンドールの呪い”だ。
●カルデロン会長はBBCに対して次のように語っている。「マンUは彼を放出したがってはいない。それが現状だ。彼らはこの点において、非常に明確な態度を取っている。よって、われわれはこの件を忘れなければならない。マンUはここ3、4カ月ほど放出を拒んでおり、われわれも彼らとトラブルを起こしたくない。世界で最も大きなクラブの1つだからね。未来に何が起こるか分かる者はいないが、レアル・マドリーはマンUといい関係を築いていきたいのだ。彼らが受け入れない取り引きを、手段を選ばずに強引に成立させるようなことはしたくない。われわれは、シーズン途中にビッグクラブから選手を獲得することが簡単ではないと分かっている。誰かが大けがでもしない限り、誰かれ構わずに選手を獲得することはない」
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のクリスティアーノ・ロナウドは、バロンドール(世界年間最優秀選手賞)とFIFA(国際サッカー連盟)最優秀選手賞の受賞に確固たる自信を持っている。同選手は『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のインタビューで、「受賞のために、ほかのどの候補者よりも多くのことを成し遂げてきた」と語っている。「正直、両方の賞を取れる自信がある。(イケル・カシージャス、フェルナンド・トーレス、リオネル・メッシらほかの候補者については)確かに2、3人は受賞にふさわしい選手がいるかもしれないが、シーズンを通じての実績を考慮すれば、自分はほかの誰よりも多くのことを成し遂げたと自信を持って言える。バロンドールとFIFA最優秀選手賞を取るのに、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグの制覇以上の何が必要だと言うんだい?」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。