FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/10/21UEFAサッカー情報
●今回のインターナショナルウィークで、スペインリーグに所属する選手の15パーセントが何かしらの問題を抱えてそれぞれのクラブに戻ってきたことがわかった。これに疲労や飛行機の遅延などを加えると、その数は20パーセントに増えるようだ。最も被害が大きかったのはセビージャ。すでに前回のインターナショナルブレイクでアルーナ・コネをケガで失ったが、今回はハビエル・チェバントン、ディエゴ・カペル、フレデリック・カヌーテ、イヴィツァ・ドラグティノヴィッチの4人が週末のアルメリア戦を欠場し、後者2名はさらに2週間の戦線離脱となった。ルイス・ファビアーノも故障者リストに載っている現状で、マノロ・ヒメネス監督は、前線の入れ替えを余儀なくされている。スペインリーグの二大クラブ、バルセロナとレアル・マドリーも例外ではなく、レアルはミゲル・トーレスとマアマドゥ・ディアラ、バルサはエイドゥル・グジョンセンとペドロが戦列を離れた。合計では1部リーグの20チームのうち18チームが代表病におかされたことになり、代表選手のいないヌマンシアとマラガだけは無事だった。
●19日に行われたスペインリーグの試合で、バレンシアはビジャの2ゴールなどでヌマンシアを4-0と粉砕した。また、セビージャはアドリアーノのゴールでアルメリアを1-0で下し、2ポイント差の2位につける。バルセロナはアウェイでアスレティック・ビルバオと対戦。ミッドウィークのCLバーゼル戦に向け、メッシとチャビを温存したが、63分にアンリのスルーパスからエトーが見事なコントロールでネットを揺らし、これが決勝点となって1-0で勝利した。グアルディオラ監督は試合後、「すごくうれしいよ。このグラウンドでは2-0でも安心できないからね。もし負けていたら、チャビとメッシがいないせいだろうと言われていただろうが、そんなことはない。うちはチームとして機能している。メッシを出場させることもできたが、時差のあるところで10日間もやってきたから、スタメンからはずし、結局使わないことにしたんだ」と話した。勝ち点を16にしたバルセロナはビジャレアルに1ポイント少ない4位。レアル・マドリーは得失点差で5位。
●バルセロナの新星、ジェフレン・スアレスが「セルティックでプレーしてみたい」と移籍願望を明らかにした。「僕がセルティックでプレーする可能性はある。すごくいい行き先だと思うし、(バルセロナからセルティックへ移籍した)マルク・クロサスは、あらゆる面でクラブの雰囲気は最高だって教えてくれたよ」
●フランスのフットボール専門誌“フランス・フットボール”が創設したが欧州年間最優秀選手に贈られる賞である“バロンドール”の候補者30名が発表され、今夏、見事ユーロ2008を制したスペイン勢からは最多の7選手、イーケル・カシージャス、フェルナンド・トーレス、ダビ・ビージャ、セスク・ファブレガス、チャビ・エルナンデス、マルコス・セナ、セルヒオ・ラモスがノミネートされた。上記7選手の他にリーガ勢からはぺぺ、メッシ、“クン”アグエロ、ファン・デル・ファールト、ファン・ニステルローイ、エトーもノミネート。また、クラブ別で見ると、5選手が候補に入ったレアル・マドリーがトップでこれに3選手のバルサとチェルシーが続く形となった。
●ビセンテ・カルデロンでのレアル・マドリー戦で1-2と敗れ、目下リーガ3連敗中のアトレティコ・マドリー。開幕直後の勢いは早くも失速し、順位も8位と後退する中、アギーレ監督の将来も水曜日に行われるチャンピオンズリーグ、リバプール戦の結果如何となっているようだ。同クラブのセレソ会長は、チームがリバプール戦で敗れるようなことがあれば、アギーレ監督の解任も検討しているとのこと。
●リーガ7節を終え、6勝1分、勝ち点19で首位に立つバレンシア。目下5連勝中とバレンシアの快進撃を支える一人が20歳のFWフアン・マタだ。マタは、これまでのリーガ7試合すべてにスタメンで出場し、4ゴールをマーク。チーム内においてエースのダビ・ビージャ(8ゴール)に次ぐゴールを決めている。マタのゴール全ては、メスタージャのファンの前で生まれたもの
●アトレティコ・マドリーは、チェコ代表DFウイファルシが左足の大腿(だいたい)二頭筋の損傷により、戦線離脱することを発表した。ウイファルシは、18日のレアル・マドリー戦で負傷し、70分でピッチを後にした。翌19日に行われた精密検査の結果、少なくとも今後の4試合に欠場することが確実となった。
●バルセロナのセイドゥ・ケイタは19日のアスレティック・ビルバオ戦でひざをねんざし、全治まで約2週間を要することが分かった。
●レアル・マドリーのMFアリエン・ロッベンは筋肉の故障から順調に復帰し、21日に行われるチャンピオンズリーグのグループリーグ第3戦、ユベントス戦の招集メンバー入りを果たした。また、18日のアトレティコ戦ではローテーションにより欠場したクリストフ・メツェルダーもこの試合に招集された。一方、グティは右足ヒラメ筋の肉離れでユベントス戦の欠場が確定。マリ代表との試合で負傷したマハマドゥ・ディアラの回復も間に合わなかった。全治3週間の負傷を抱えたミゲル・トーレス、同じく故障中の第3GKジョルディ・コディナも招集されなかった。
●セルティックが、バルセロナのベテラン左サイドバック、シウビーニョに熱い視線を送っている。今季、バルサからマルク・クロサスを補強したセルティックは、同じバルサのカンテラ(下部組織)出身のジェフレン、そして、今季終了後にバルサとの契約が切れるシウビーニョの獲得も狙っている。
●イングランドのタブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、アーセナルのMFセスク・ファブレガスが、来年夏の移籍市場でチームを去る可能性を指摘した。セスクとアーセナルの契約は2014年に終了するが、同紙は「セスクはアーセナルの提示した契約更改のオファーを断ったようだ」と報道している。一方、セスク本人は早速アーセナルの公式サイトでこの情報を否定している。
●バルセロナのMFヤヤ・トゥーレをめぐる移籍話がうわさされているようだ。数日前、アーセナルがトゥーレ獲得に名乗りを上げたばかりだが、今度はユベントスが“争奪戦”に参戦した。
●ブラジルサッカー界の期待の星、グレミオの攻撃的MFドウグラス・コスタに、欧州のビッグクラブが注目している。中でもレアル・マドリーは、1年前からコスタを追いかけており、同選手の現状を確認するために代理人と会談を持つに至っている。一方、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)も、この才能豊かなブラジル人に興味を示している
●今夏、バルセロナから放出される寸前だったFWサミュエル・エトーは、シーズン開幕から好調を維持しており、バルサで新たな記録を打ち立てようとしている。19日のアスレティック・ビルバオ戦で決めたゴールで、エトーのバルサでのリーグ戦通算得点は114試合で83点(1.37試合で1ゴール)となり、ゴール決定率で、クラブ史上に残る伝説的なプレーヤー、クバラ、リバウドを上回り、クラブ歴代2位につけている。現時点で、バルサのクラブ史上、ゴール決定率でエトーを上回るのは、リーグ戦117試合で97ゴール(1.21試合で1ゴール)という脅威的な数字を残したマリアーノ・マルティンのみとなった。
●マンチェスター・ユナイテッドのMFダレン・フレッチャーは、21日に対戦するセルティックのなかで、中村俊輔を最大の脅威と告白した。「非常に難しい試合になると思うし、中村にエリア近くでFKを与えないようにしなければならない。彼はセットプレーで相手を罰することができる。前回の試合でもセルティックは非常に厳しい相手だった。2006年にはパークヘッドで0-1で負けているから、僕らはみんな彼らが危険な存在だってわかっている。それにオールド・トラッフォードの試合もすごく大変で、かろうじて3-2で勝ったんだ」
●イタリアのメディアは19日、イングランド代表のデイヴィッド・ベッカムが、メジャーリーグサッカー(MLS)のシーズン終了後、1月からミランで練習を行うと報じた。
●19日に行われたプレミアリーグの試合で、トッテナムがアウェイでストークに1-2で敗れた。これで開幕8試合で6敗と、クラブ史上最悪のシーズン序盤となった。
●セリエA第7節が19日に行われ、インテルがローマを4-0で破り、単独首位に立った。一方、好調のラツィオはアウェイでボローニャと対戦。勝って首位キープといきたいところだったが、26分までにディ・バイオの2ゴールなどで3失点を許す苦しい展開で、後半に1点を返すのがやっと。1-3で敗れ、5位へ後退した。カターニアはホームでパレルモと戦い、2-0で勝利した。ミランはロナウジーニョの2ゴールなどでサンプドリアに3-0で快勝。勝ち点13で5位タイとなっている。
●リーグアン第9節の3試合が19日に開催され、マルセイユがヴァランシエンヌを3-1で破った。マルセイユは勝ち点19に伸ばし、首位リヨンとの差を1ポイントとした。ル・マンはナンシーに2-0で勝利。オーゼールとレンヌは0-0で引き分けた。
●インテル・ミランのジョゼ・モウリーニョ監督が「インテルとの契約が満了したらイングランドに戻りたい」と改めて主張した。
●ファンデ・ラモス監督が、改めて辞任の意思がないことを主張した。「我々は共に一生懸命仕事に打ち込まなければならない。しかし、時には現状を説明しづらいことがある。10人でプレーするのは難しい。前半は大丈夫だったが、後半が始まってすぐ相手が2点目を入れた。それで状況が非常に苦しくなってしまった。今は全員がすごく落ち込んでいて、私はそのことを心配している。この状態を変えるためには努力が必要だ。事態を好転させるにはそれしかない」
●リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督が、先週末アンフィールドで対戦した際に2ゴールを決めたウィガンのエジプト代表FWアムル・ザキ(25歳)に熱視線を送っている。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、21日(日本時間22日未明)のセルティック戦にエースのクリスティアーノ・ロナウドを先発からはずすかもしれない。マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、21日(日本時間22日未明)のセルティック戦にエースのクリスティアーノ・ロナウドを先発からはずすかもしれない。」
●フランス・フットボール誌が主催するバロンドール(年間最優秀選手賞)の候補者30人が19日に発表され、フランスからはカリム・ベンゼマ(リヨン)とフランク・リベリ(バイエルン・ミュンヘン)が選ばれた。2000年以来ノミネートの常連だったティエリ・アンリ(バルセロナ)は選外となった。
●ASローマの主将フランチェスコ・トッティ(32)が、0-4大敗に終わった19日のセリエ第7節ホームのインテル戦を振り返った。「試合内容は散々だが、一つだけ喜ばしいことがあった。自分の膝の状態が間違いなく快方に向かっていることだ」
●カルロ・アンチェロッティ監督が上機嫌で試合を振り返っている。「サンプドリアの選手が(退場処分で)1人少ない状況での3-0勝利だが…。われわれは相手が10人となってから、何度もスペースを作り出し、より円滑にゲームを進めた。サンプドリアとの対戦は常に困難を強いられる。その中でも、最後まで集中力を保ち、よりバランスの取れていた我々ACミランが勝ち点を稼ぐことに成功した」
●マッシモ・モラッティ会長は「チームは素晴らしいパフォーマンスを披露した。モウリーニョ(監督)の言う通り、進化した姿を見せてくれたよ。目標に向かって全力疾走する姿を見ることは最高だ。結果的にも、モウリーニョにとっても、我々にとっても素晴らしいことだ」
●ガリアーに副会長は「ユベントスとASローマは、我々が昨シーズン開幕当初に陥ったのと同じような状況にはまっている。スポーツの世界ではこのような現象が一定周期で訪れるのかも知れない。ただし、両チームとも挽回する力は持っている」
●アドリアーノのACミラン移籍が噂される中、「私は何も知らないし、インテル関係者から何も聞かされていない。我々はまだ将来のことについて話し合ってはおらず、年末年始にかけてイタリアに(交渉に)行くかも決まってはいない状況だ。契約はまだ2年も残っている。ACミランからの提案などもない」とリナウディ代理人
●主将として、DFの要としてチームを牽引するジョン・テリー(27)はインタビューで「モウリーニョは我々に『強いメンタリティー』を伝授した。モウリーニョ体制では勝ち点3の獲得方法を知っていたとも言える」「今は、試合を締めくくる2点目に飢えている。最小得点差でも勝利を奪うことは出来ることを選手達は理解しているが、スコラーリは我々に常に攻撃的な姿勢を求めている。スコラーリとともにプレーすることは非常に楽しい」
●元ブラジル代表FWのロナウドの将来はいまだ未知の状態が続いている。けがからの完全復活を目指してリハビリ中のロナウドは、現在フラメンゴの練習に参加し、ボールを使ったトレーニングを開始している。同選手の獲得には、フラメンゴを含め、マンチェスター・シティとパリ・サンジェルマンが興味を示してきたが、イタリアの2チーム、サンプドリアとナポリが加わったようだ。
●アーセナルに所属するコートジボワール代表DFコロ・トゥーレが、肩のじん帯を痛めたため、21日に敵地で戦うチャンピオンズリーグ第3戦のフェネルバフチェ戦を欠場する可能性が高いことが分かった。
●マンチェスター・ユナイテッドは、所属するフランス代表DFエブラがハムストリングの負傷のため、21日にホームで戦うチャンピオンズリーグ第3戦のセルティック戦を欠場することを発表した。
●ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は、21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第3戦、対レアル・マドリー戦を前に「引き分けに甘んじるつもりはない」とコメントし、勝利への意欲を見せた。「われわれの目標は引き分けではなく、勝つことだ。ユベントスは得るものはあっても失うものは何もない。レアル・マドリー戦はほかの試合とは違う。CLの優勝候補に挑むこの試合は、きっと素晴らしい一戦となるだろう」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.