UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/19UEFAサッカー情報
●スパレッティ監督は勝ち点「6」差をつけられている厳しい現実にも、インテル戦勝利を確信しているようだ。「熱狂的なホームで相手を倒すことで、今の厳しいチーム状況を脱することができれば最高だ。このチームが彼らのレベルに追いつくことが出来ると確信しており、また選手はどのような戦い方をするべきか理解しているはずだ。今現在の順位表など関係なく、一切受け入れる必要がないことも」テニスの世界ランク1位ラファエル・ナダルが、18日のマドリード・ダービーに勝つのは、応援するレアル・マドリーだと自信を見せた。熱狂的なレアルファンのナダルは、テニスのマスターズシリーズでマドリードに滞在しており、ダービーマッチを観戦するつもりでいる。「アトレティはとてもいいチームだし、すばらしい選手がたくさんいる。それに、(ビセンテ)カルデロンで勝つのは難しい。だけど、僕らのチームは勝利を手にできると思うよ」
●18日に行われたスペインリーグの試合で、レアル・マドリーが劇的なロスタイムのPKでアトレティコとのダービーマッチに2-1で勝利した。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は18日、アスレティック・ビルバオ戦に向けた招集メンバーを発表した。15日のスペイン対ベルギー戦で右太ももを痛めたシャビ・エルナンデスは、順調に回復しているものの、大事をとってメンバーから外れた。
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督は、1-2で敗れたレアル・マドリー戦を振り返り、「引き分けが妥当だったが、サッカーではこういうこともある。今回の敗北でチームは深刻な成績不振に陥ってしまった」とコメントした。「最後まで結果が分からない緊迫した試合だった。後半、アトレティコは捨て身で戦った。状況を打破することはできなかったが、開始直後の1分と終了直前の97分にゴールを奪われたのは痛かった」シマゥンではなくバネガをスタメンに起用したことについては、「自分の決断だったが、結果的にはあまりよい判断ではなかった」と自己批判した。
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督は、2-1で勝利したアトレティコ・マドリー戦後の記者会見で、「審判のせいで5-1を逃した」と同試合の判定を批判した。「レアル・マドリーは試合終了まで自分たちの得点力を証明したが、審判がそれを踏みにじった。後半はずいぶんアトレティコに有利な判定をしていたからね。アトレティコに勝たせるか、少なくとも引き分けに持ち込ませようとしていたのが見え見えだった。審判のせいで5-1を逃したようなものだ」シュスター監督は、中でもファン・ニステルローイが受けたレッドカードの不当性を強調した。「ペレアのレッドカードは明らかだったのに対し、ファン・ニステルローイのレッドはペレアの“穴埋め”のために出されたようなものだ。レアル・マドリーは試合の主導権を握っていたし、アトレティコはほとんどピッチから消えていた。ただ、あの判定を機に、アトレティコが調子を上げてきた」
●マンチェスター・ユナイテッドは18日、ホームでのプレミアリーグでウェスト・ブロムウィッチに4-0で快勝。サー・アレックス・ファーガソン監督は、チームが今シーズン最高のパフォーマンスを見せてくれたと話している。
●現在勝ち点13でセリエAの首位グループにいるラツィオだが、ケガで長期間戦列を離れていたキャプテンのトンマーゾ・ロッキが日曜日のボローニャ戦から復帰する。ロッキは今季ここまでのチームの快進撃に感心しており、「これは我々の新たな時代の始まりだ。ここからどうなるか予想するのは時期尚早だが、我々全員が同じ目標を抱いている。それは欧州で戦うことだ」と話した。
●18日に行われたスコットランドプレミアリーグの試合で、セルティックがアウェイでインヴァネスと対戦、2-1で勝利した。
●18日に行われたブンデスリーガ第8節の試合で、バイエルン・ミュンヘンがカールスルーエと対戦。終了4分前に、ミロスラフ・クローゼが決勝点を入れ、1-0で勝利した。
●18日に行われたプレミアリーグの試合で、首位のチェルシーはアウェイでミドルズブラを5-0と粉砕、2位のリヴァプールはホームでウィガンに3-2の逆転勝利をおさめ、ともに無敗を守った。ここ2試合で1敗1分のアーセナルはホームでエヴァトンと対戦。序盤にオズマンにゴールを許すが、後半に投入したウォルコットが試合の流れを変え、ナスリ、ファン・ペルシー、ウォルコットのゴールで3-1と逆転に成功。勝ち点16で3位。
●18日に行われたスペインリーグの試合で、レアル・マドリーが劇的なロスタイムのPKでアトレティコとのダービーマッチに2-1で勝利した。
●セリエA第7節の2試合が18日に行われ、ナポリがユヴェントスを2-1で破った。
●リーグアン第9節が18日に開催され、首位リヨンがホームでリールと2-2で引き分けた。常に先手を取られる苦しい展開で、1-2で迎えた76分にグロッソのゴールで追いついた。一方、ボルドーはトゥールーズと上位対決に臨み、グルキュフとベリオンのゴールで2-1の勝利を収めた。
●「確かに対戦相手は強いが、勝利を狙える試合だ。ASローマはホーム開催に加え、我々インテルより6ポイントも下回っており、9ポイント差にしないためにも、明日の試合には全てをぶつけてくることだろう」とジョセ・もうりーにょ監督。
●アンチェロッティ監督は「本当に疲れ切っている様だった。しかし、今のチーム状況にあって彼の存在は欠かせない。出場するかどうかは彼次第だ。貢献する気が感じられないようなら、当然、外すしかないが」
●セリエA第7節の2試合が行われた18日、フィオレンティーナはホームでのレッジーナ戦を3-0勝利で飾った。
●途中出場で2得点のジラルディーノ(26)はこれでセリエA通算100ゴール。今季開幕前にACミランから移籍入団したジラルディーノの活躍に「彼は試合出場への意欲をみなぎらせていた。わずか20分で2得点…。彼は他の選手の模範となるべき選手だ」とプランデッリ監督。
●敗戦後、ユベントスのラニエリ監督は「不可解なゴールで同点に追いつかれてしまった。ハムシクを注意するように指示していたが、ボールがないときの連係が乱れていた」
●「一時的にとは言え、順位表でトップに立った。ただし、これで浮かれているわけではない」とアウレリオ・デ・ラウレンティス会長。
●ブラジルのメディアによると、サンパウロの国家警察は、脱税と審判買収(2001-04年)の疑いでパルメイラスの捜査を開始したという。『フォリャ・ジ・サンパウロ』紙は、「当局はクラブの脱税、審判買収のほかに、少なくとも16名の元幹部を“違法収入”の疑いで捜査している」と報道している。
●ボルシア・メンヘングラッドバッハのベンチに、5年ぶりにハンス・マイヤー監督が戻ることが決定した。
●ディエゴ・マラドーナは、イタリア国税局から3600万ユーロ(48億9600万円)の支払い命令を受けた
●ベニテス監督は、もっと簡単に試合を決めるべきだと語った。「立ち上がりはひどかった。ウィガンは多くのセカンドボールを拾い、試合を支配していた。われわれも徐々に調子を取り戻したが、彼らに2点目を許してしまった。多くの点で変更が必要だったが、その後はチームの特徴を示してくれた。相手にプレスをかけ、ボールをつないだことにより、勝利を収めることができた。前半に1、2点、または3点奪えるようにしたい。だが、プレミアリーグでは非常に難しいことだ。今日チームが示してくれた特徴を、この先の試合でもやることが重要だ。まずは、次週のチェルシー戦で示すことができるか見てみようじゃないか。ベンチで冷静に見ていたいものだ」
●イングランド代表のファビオ・カペッロ監督がロサンゼルス・ギャラクシー(米国)に所属するMFデイビッド・ベッカムについて、「チームにとって重要な選手」と明言した。
●ガゼッタ・デロ・スポルト紙は19日付で、サッカーのイングランド代表MFベッカム(ロサンゼルス・ギャラクシー)を、イタリア1部リーグ(セリエA)のACミランが来年1月に獲得する可能性があると報じた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。