UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/15UEFAサッカー情報
●18日に行われるアトレティコ・マドリーとのマドリー・ダービーでレアル・マドリーが最も警戒するのはアルゼンチン代表FW“クン”アグエロであることは間違いない。そこで、ポルトガル代表DFペペに“クン”アグエロ封じを任せることにしたようだ。4日に行われた2010年ワールドカップ欧州予選、スウェーデン戦でもイブラヒモビッチをきっちり抑えたぺぺは、翌日にもクラブ側から称賛の言葉とアトレティコ・マドリー戦、“クン”アグエロに集中するよう激励のメッセージを受け取ったという。カルデロン会長は「アグエロは、いかなる時も我々を窮地に陥れることができる」と語っているが、それはレアル・マドリーの選手らも同じ。シュスター監督は、危険なストライカーをマークするスペシャリストであるペペにアトレティコ・マドリーの“10番”封じを任せることにしたようだ。
●セビージャはウルグアイ代表のFWチェバントンのけがが当初の診断より重傷ではないことを発表した。同クラブのメディカルスタッフのリーダー、フアン・リバス医師によると、昨シーズンもチェンバントンの手術を担当したモンテビデオのカルロス・スエロ医師が行った検査の結果、同選手の左ひざに関節内部の損傷は認められなかったようだ。
●オサスナは14日、ホセ・アンヘル・ジガンダ監督に代わって新監督に就任したホセ・アントニオ・カマーチョの入団発表および就任会見を行った。来季の目標について、カマーチョ監督は次のように述べた。「まず次の試合で、選手たちの持つベストのパフォーマンスを引き出したい。当面の目標は一部残留だ。まずはこれを確実にしたところで、その先については考えたい。とにかく、毎週厳しいハードルを越えなければならない」「率いるチームによって挑戦の意義は異なる。ここへは大きな期待を持ってやって来た。唯一私がやらなければならないことは、“すべての試合を勝ちにいく”ということだ。重要なのは“オサスナ”が勝つことで、監督の勝ち負けではない」
●レアル・マドリーのMFアリエン・ロッベンは、18日に控えるアトレティコ・マドリーとの“マドリー・ダービー”の出場がほぼ絶望的のようだ。レアル・マドリーのメディカルスタッフは、ロッベンの故障が深刻化しないように、「十分休息をとるべき」と忠告した。
●アルゼンチンサッカー協会(AFA)は14日、バルセロナ所属のリオネル・メッシが、同国代表が今後予定しているスコットランドおよびフランスとの親善試合に出場しないことを発表した。AFAは、バルセロナからの「メッシを親善試合には招集しないでほしい」という申し出を、最終的に聞き入れたようだ。両者の間ではここまで、AFAが要望していた“メッシの北京五輪派遣”をバルセロナが認めたという経緯があった。
●スペイン代表のビセンテ・デルボスケ監督は、15日に行われる2010年ワールドカップ・南アフリカ大会欧州予選のベルギー戦を前に、チームのメンタル面の大切さを強調した。「現欧州チャンピオンで、好調の波に乗るスペインに対して、対戦相手が闘志を燃やすのは当然のことだ。われわれは『自分たちが最強』とうぬぼれるのではなく、常に高いモチベーションをキープしながら1つ1つの試合に臨まなければならない」「ベルギーは強い。われわれは全力で戦わなければならない。この試合に勝利すれば、グループリーグ通過に向けて大きく前進するが、実際に勝つまではあくまで仮定にすぎない。ボスニア・ヘルツェゴビナもいいチームだが、ベルギー戦はスペインにとって試金石の試合になる。相手は起こり得る問題を予想して、作戦を立ててくるはずだ」
●「長いこと楽しみにしていただけに最悪なニュースだし、こんな形で知らされるなんで思ってもみなかった。上訴されることを信じている。最終的にどうなるかは分からないけれど、解決して欲しいね。こういった事件でスタジアムが閉められるなんて残念だ。でも、もしそういうことが起こっていたなら、受け入れないといけないね」。そうコメントしたトーレス。アトレティコのカンテラで育ち、トップチームでプレーしてきた彼は、カルデロンでのこの試合を誰よりも楽しみにしていただけにショックを隠し切れない様子だ。
●アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、テレビ番組『ベオ・マルカ』とのインタビューで、チャンピオンズリーグのグループリーグ第3戦、アトレティコ対リバプール戦を「予定通り本拠地のビセンテ・カルデロンで行う」と断言。第2戦のオリンピック・マルセイユ戦で起きた暴動に対する処分として、UEFA(欧州サッカー連盟)から下された「別のスタジアムで試合を開催する」という指示に真っ向から対立した。セレソ会長はマルセイユを厳しく批判した。「もし、マルセイユがあの試合に勝っていたら、ここまで文句は言わなかっただろう(実際は2-1でアトレティコが勝利)。われわれはUEFAの処分に対して上訴するつもりだ。UEFAが公平な態度をとり、正しい決断を下すことを期待している。期限外に送られた書面が、UEFA代表と審判団が当日ピッチの上でとった記録より有効というのはおかしい。欧州だけでなく、世界中がマルセイユ戦を見ていたから分かるだろうが、試合後は特に何もなかった。警察はスタジアムをコントロールするために適切な行動を取っただけだ」
●UEFA(欧州サッカー連盟)は、1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第2戦、アトレティコ・マドリー対オリンピック・マルセイユ戦で起きたスタジアムでの暴動に対し、アトレティコに「UEFAが主催する大会3試合のホームスタジアム使用禁止」および「15万ユーロ(約2100万円)の罰金」という処分を下した。
●この一連の決定について、UEFAのスポークスマンのウィリアム・ゲイラード氏はスペインのラジオ局『オンダ・セロ』とのインタビューで、次のような見解を述べた。「スペイン警察と問題が起きたのはこれが初めてではない。これまで当局と話もしたし、書類も交わした。2シーズン前も、セビージャでトッテナムのファンが殴打された事件があった。当時の被害者の中には障害者も含まれていた。アトレティコには3日間の上訴期間が与えられているが、今後5年間は同クラブの行動が監視されることになるだろう。もし新たに問題が起きれば、制裁は確定的なものになる」「ユーロ(欧州選手権)2008開催中に見せたような“模範的な態度”をCLやUEFAカップでも貫いてほしい。相手サポーターに対して“敬意を払う”ということだ。アトレティコ対マルセイユ戦の出来事は、このポリシーに反するものだ」
●イタリアは15日のW杯予選でモンテネグロと対戦するが、マルチェロ・リッピ監督は試合前日、「この試合には本当に勝ちたいね。もし勝てれば、ソフィアでのドローもいい結果と言えるが、勝てなければ2試合続けて残念な試合をしたことになる」と語った。
●ドイツ代表の試合途中に姿を消し、ヨアヒム・レーブ監督から「もう代表には呼ばない」と言われたFWケヴィン・クラニー(26歳)「2006年W杯には参加できなかったし、EURO2008でも、調子はよかったのにほとんど使ってもらえなかった。シャルケの試合で2ゴールを決めたあと、先週末に代表チームに合流したのに、ドルトムントではスタンド観戦だったんだ。とにかく逃げ出したかったんだ。僕のやったことは悪かったし、チームに影響を与えた。監督には電話で謝罪したが、慰めの言葉はなかった。自分のやったことを後悔はしていない。この3年間たまっていたものが爆発したんだ。もうこれ以上、選手としても人間としても耐えられなかった」
●ドイツ代表主将のミヒャエル・バラックがふくらはぎを傷め、15日に行われるW杯予選対ウェールズ戦を欠場するかもしれないと、ドイツサッカー連盟が14日に発表した。
●エバートンのデイヴィッド・モイーズ監督(45歳)は14日、クラブと新たに5年契約を結び、2013年までチームを率いることになった。2002年3月に監督に就任したモイーズは、「これからまた5年間エヴァトンにいられて最高だ。これまで以上にいいチームを作りたい。家族も続投を願っていたし、私もそれを希望していた」
●ウェストハムは14日夜、元スペイン代表FWのディエゴ・トリスタン(32歳)と契約したと発表した。マジョルカ、デポルティーボでプレーしたトリスタンは代表歴15キャプ。昨季はセリエAのリボルノに在籍したが、シーズン終了後は所属がなかった。
●フランス代表は14日にチュニジアと親善試合を行い、3-1で勝利した。
●イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが、ファビオ・カペッロ監督が指揮を執るまで、代表チームはまるで“サーカス団”のようだったと認めた。「正直言って、選手たちの妻やガールフレンドたち(通称WAGS)に関して言えば、僕らは少しサーカス団になっていた。まるでイングランド代表チーム全体を取り巻く大きなショーがあったみたいに思えるよ。メインのフットボールがほとんど二の次になってたからね。イングランド代表チームよりもむしろ、人々が何を着てどこに出かけるのか皆が気にしていたんだ。でも今の管理体制は水も漏らさぬほど完璧だ。自分たちが正しい方向に向かっているように感じている」
●ロビーニョが新天地マンチェスターでの生活を満喫している。9月にマンチェスター・シティに移籍したばかりのロビーニョ。よくブラジル人選手は英国のグレーな天候に苦しむというが、彼に関してはそんなことはないようだ。「正直に言って最初は心配したよ。人々の評判を聞くと、マンチェスターは何もない荒地のようなところかとさえ思った。確かに天候は悪いし、空はいつだって曇っている。でも町には遊ぶところもあるし、いいレストランも多い。チームメイトのエラーノが町を案内してくれたんだ。天気にも慣れつつあるし、ここでの生活をエンジョイしているよ」
●ブラックバーンのFWロケ・サンタクルスは、マンチェスター・シティへの移籍に対する興味を明言。その理由について、プレミアリーグで実績を残すパラグアイ代表は、ブラジル代表FWロビーニョの存在を挙げている。
●サビチェビッチ監督は専一、イタリアで報道されたインタビューにて、就任から現在まで無給で務めていることを明らかにした。サビチェビッチほどのビッグネームが無給とはにわかに信じられない話だが、同監督は「この国の代表を率いることができるのは大変な名誉。お金など問題ではない」と、祖国への熱い想いを語っている。
●ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の南米予選は14日、ラパスで1試合を行い、ウルグアイがボリビアと2-2で引き分けた。
●カペッロ監督は自身のスタイルである“勝利へのこだわり”の重要性も強調した。「私にとって、4試合で勝ち点12という結果を残すことが最も大きい。私は常に勝利だけを考えており、選手たちに『引き分けを狙え』などと一度も言ったことはない。全員が勝つためにプレーしなければならない。これは極めて重要なことだ」「現在、イングランド代表は良い時期を過ごしているため、ポジティブな結果を出し続けなければならない。15日には大事な試合を迎える。ベラルーシは素晴らしいチームだけに、決してやさしい試合にはならないだろう」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。