UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/13UEFAサッカー情報
●バルセロナに所属するフランス代表FWティエリ・アンリが、マンチェスター・シティ(マンC)移籍のうわさを否定した。アンリは現在、来年1月の移籍市場でイングランド・プレミアリーグへ復帰するものと見られている。2007年夏に8年間過ごしたアーセナルを離れてバルセロナへ移籍したが、今のところは“移籍失敗”という評価が妥当な状況だ。また、アンリ自身も先日、「ロンドンに住む娘と会いたい」と発言。そのため、新オーナーを迎えたマンCが獲得を狙っていると見られていた。
●2009年6月30日でレアル・マドリーとの契約が満了するイタリア代表DFファビオ・カンナバーロだが、彼の契約延長を強く望んでいるのがシュスター監督だ。今夏、選手補強をめぐって自身の要望が叶わなかった同監督にとってカンナバーロの契約延長は譲れないものであるようだ。「カンナバーロは私にとってベースとなる選手で、契約が満了すれば、あと1年の延長が必要だ。彼を失いたくない。我々のディフェンスにとって不可欠な存在だからだ。彼がいなくなれば、我々は大きく後退すると思う。彼には来シーズンもここにいて欲しい」。
●カンナバーロの去就について、代理人を務めるガエタノ・フェデレ氏がコメントしている。「ナポリ移籍が報じられているようだが…。ファビオの将来は、まずレアル・マドリーとの話し合いが最優先事項だ。ファビオはこの10年間トップレベルでプレーを続けてきた。彼はワインに似ている。年を重ねる度に熟成されていく」
●バルセロナのフランス代表FWティエリ・アンリ(31)は13日、ドメネク監督を擁護する発言をしている。「今この場で明確にしなければならないことがある。監督は彼であり、周りが騒ぐことじゃない。また彼1人が責任を取るような事態でもない。ここではっきりさせておくことが、全員にとっての最善策である。ルーマニア戦は、我々自身、フランスサッカー界、そしてドメネクのために戦った。我々選手は監督と共にある」
●スペイン代表のダビド・ビジャは、11日に行われた2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の欧州予選、エストニア戦でPKを決め、代表通算ゴール数を22に伸ばした。これによりビジャは、伝説の名選手アルフレド・ディ・ステファノのゴール数にもあと1点に迫った。ビジャがこの先目指すのは、前述ディ・ステファノの23ゴール、ブトラゲーニョの26ゴール、モリエンテスの27ゴール、イエロの29ゴールだが、現在のプレーレベルを維持することができれば、これら記録の更新は比較的容易に達成できるはずだ。しかし、2006年以降代表から遠ざかっているものの、歴代1位に君臨するラウルの44ゴールという記録の更新は、はるかに遠い先の話だろう。
●11日のエストニア戦でスペイン代表として通算86試合目の出場を果たしたスペイン代表GKイケル・カシージャスと控えGKホセ・マヌエル・レイナは、スペイン代表GKの連続無失点記録を710分に伸ばし、それまでアンドニ・スビサレッタとパコ・ブヨが持っていた691分の記録を上回った。ちなみに710分の内訳は、カシージャスが643分、レイナが67分となっている。
●11日に行われたW杯南米予選で、アルゼンチンは隣国のウルグアイを2-1で下し、4試合連続ドローの泥沼から抜け出し、6試合ぶりの勝利を手にした。また、首位に立つパラグアイはアウェイでコロンビアを1-0で下している。
●元イングランド代表監督のボビー・ロブソン氏が、スティーヴン・ジェラードとフランク・ランパードは共存できると主張、ファビオ・カペッロ監督に4-4-2のフォーメーションを採用するよう求めた。イングランドは土曜日のカザフスタン戦に5-1で勝利したが、3トップを採用した前半はゴールを奪うことができなかった。
●ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は12日、2-1で勝利した土曜日のロシア戦の最中にスタジアムから許可も取らずに姿を消したFWのケヴィン・クラニー(26歳)について、今後は代表に招集しないと話した。
●12日に行われたW杯南米予選で、ブラジルがアウェイでベネズエラに4-0と快勝。11カ月ぶりに代表のピッチに戻ってきたカカが開始6分に見事なゴールを決めて、攻撃の口火を切った。
●先週末行われたW杯予選のカザフスタン戦で2ゴールを奪ったイングランド代表FWウェイン・ルーニー(22歳)が「もっとゴールを決めていきたい」と抱負を語った。
●ACミランは、どれほど高い金額を提示されてもブラジル代表MFカカを売却することはないと主張した。
●新グラウンド建設中のリヴァプールが、新本拠地への移転を延期してアンフィールドの拡張を計画していると報じられた件について、クラブ側はこれを完全否定した。
●11日に行なわれた2010年W杯欧州予選で、フランスがルーマニア戦を2-2で引き分けた。この試合における最大の関心は、ドメネク監督の去就にあったが、翌日のフランスの報道によると、“首の皮一枚でつながった”とする見方でほぼ一致している。
●U-21ユーロ2009の最終予選セカンドレグが14日と15 日に行なわれる。グループ10の2位で最終予選に残ったフランスは、グループ9を1位で通過したドイツと対戦するが、強力な“助っ人”を招集し、必勝態勢で臨む。
●11日のW杯欧州予選ルーマニア戦を終え、フランスに同点ゴールをもたらしたヨアン・グルキュフ(ボルドー)を絶賛する声が鳴り止まない。フランスの1点目となったリベリのゴールをアシストし、引き気味でゴール前を固めるルーマニアを30メートルの強烈なミドルシュートで粉砕した22歳の若者を、フランスの各メディアは“ヌーヴォー(新)ジダン”の称号で持ち上げている。
●スコットランド代表のFWクリス・ボイド(レンジャース)が今後の代表招集を拒否する声明を出し話題となっている。
●リバプールのMFシャビ・アロンソは、来年1月の移籍マーケットでユベントスへ移籍する可能性を示唆。さらに、スペインのバレンシアも獲得に興味を示すなど、アロンソの去就問題が再び浮上しそうだ。
●現在、プレミアリーグで2位につけるリバプールが、FW陣の戦力アップを目指し、1月の移籍マーケットで補強を行なう動きを見せている。ラファエル・ベニテス監督が獲得に興味を示しているのは、ボルドーのFWフェルナンド・カベナギだ。
●アッズーリを率いるマルチェロ・リッピ監督が、15日のモンテネグロ戦への意気込みを語った。「ウディネーゼで行われたグルジア戦(9月10日の同予選)当時と比較しても、フィジカルコンディションは良くなっている。モテネグロは同国の伝統ともいえるテクニック溢れるチームだ。ブルガリア戦では決定的なチャンスの場面が少なかったという報道もあるようだが、私はポジティブに捉えている。南イタリアのレッチェで開催?モルドバ戦(2006年W杯予選2-1勝利)を戦ったが、レッチェの熱いサポーターが我々を後押ししてくれたよ。南部特有の暖かさがある」
●トッテナムはファンデ・ラモス監督に「今後6試合でこれまでの成績を挽回(ばんかい)できなかった場合は、解任もやむを得ない」という最終通告を行った。トッテナムのフロントは、同監督を信頼しながらも、忍耐の限界が近づいていることを認識しているようだ。
●クラニーが所属するシャルケ04のミュラー・マネージャーはクラブ公式HPで、代表では不遇と我慢の続くクラニーを擁護するコメントを出している。「彼の行動が正しかったか否かについては議論のあるところだ。彼の起こした行動は、彼の中で失望があまりにも大きく、もうこれ以上それに耐えられないということの表れだ。その動機について、もっと考慮すべきだろう。彼が大きく失望したのは、これで3回目。まず2006年W杯でフェアーではないやり方でメンバーから外された。その後、実力で代表復帰をもぎ取りユーロ(欧州選手権)2008予選のチェコ戦で2ゴール決めるなど、予選通過に大きく貢献したにもかかわらず、本大会での出番は皆無に等しかった。ほかの選手がトップコンディションではなかったにもかかわらずだ。そして今回のロシア戦という重要な一戦で登録外だ。コーチングスタッフにはほかのFWと同じように彼に信頼を与えてくれることを望んでいた」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。