UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/12UEFAサッカー情報
●11日にW杯欧州予選が行われ、欧州王者のスペインはエストニアを3-0で下し、3連勝とした。グループ5では、ほかにトルコがボスニア・ヘルツェゴヴィナに2-1、ベルギーがアルメニアを2-0で下している。これでスペインは予選3連勝で首位をキープ、無敗記録を25試合に伸ばした。また、2ポイント差でトルコとベルギーが続く。
●アルゼンチン代表FW“クン”アグエロが100%アトレティコ・マドリーの選手となった。これまでは“クン”アグエロの前所属クラブであるインデペンディエンテが彼の10%の権利を保有していたが、インデペンディエンテのオフィシャルサイトでの発表によるとアトレティコ・マドリーが500万ユーロ(約6億7400万円)を支払い、残り10%の権利を買い取ったとのことだ。
●アトレティコ・マドリーのウルグアイ人FWディエゴ・フォルランは、バルセロナのラジオ局ラジオ・カナル・バルセロナとのインタビューで、「アグエロの方がバルサのリオネル・メッシより決定力がある」とコメントした。その理由として、「一流のセンターFWは、攻撃的MFより決定力で上回る」ことを挙げた。「メッシは素晴らしいテクニックと得点力を兼ね備えているが、攻撃的MFであることに変わりはない。チーム内にペナルティーエリアで存在感を示すFWがいるのといないのとではずいぶん違う。クレスポ、ディエゴ・ミリート、アグエロのような、とどめを刺す“9番タイプ”は抑えるのが大変だし、攻撃的MFより決定力で上回る。ほかのポジションの選手がセンターFWとしてプレーするのとは訳が違う。それがメッシのように、得点力と試合を決める実力を備えた選手であってもね」
●元パラグアイ代表のGKホセ・ルイス・チラベルトは、ボカ・ジュニアーズに所属する同郷のフリオ・セサル・カセレスが、チームメートのフアン・ロマン・リケルメを非難した件について、「リケルメは在籍したすべてのクラブで問題を抱えていた」と、その発言を擁護した。パラグアイ代表のカセレスは7日、母国メディアとのインタビューで「ボカ・ジュニアーズが現在陥っている危機の原因は、リケルメの低調なパフォーマンスにある」と、このアルゼンチン代表MFを非難した。その一方で、同じくアルゼンチン人のFWマルティン・パレルモについては次のよう賞賛していた。「リケルメとパレルモの違いは、マルティンは34歳という年齢にもかかわらず、17歳の選手たちと一緒にプレシーズンの練習を行い、これまですべてをボカで勝ち取ってきたということだ。また彼は、練習で一度たりとも不満の表情を見せたことはない」
●スペイン代表のビセンテ・デルボスケ監督は11日、2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の欧州予選、対エストニア戦での勝利に満足の意を表した。「選手たちはノルマを果たした。勝点3をきっちりとることができたし、すべてにおいてポジティブな試合となった。今度は、次のベルギー戦のことを考えなくてはいけない。もちろん、今日と同じように勝利を目指す」「選手は自分たちをコントロールすることができる。彼らは“何が重要か”ということをよく理解しているし、来週水曜日のベルギー戦がひとつのキーポイントとなることを知っている。ベルギーは手ごわい相手だ」
●11日のW杯欧州予選で、イングランドは今予選初めてのウェンブリーの試合に格下のカザフスタンを迎え、5-1で勝利した。前半は人数をかけて守るカザフの前に攻撃陣は不発、ハーフタイムには9万人近い観客から野次られる始末だった。
●11日のW杯欧州予選のグループ8で、イタリアがアウェイでブルガリアにスコアレスドローに押さえられた。
●11日のW杯欧州予選のグループ7で、ドメネク監督の去就が取りざたされるフランスがルーマニアと2-2で引き分けた。
●11日のW杯欧州予選で、ドイツがロシアを2-1で下し、首位を守った。
●11日に行われたW杯欧州予選のグループ9の試合で、オランダがアイスランドに2-0で勝利し、首位を守った。
●11日に行われたW杯アフリア予選2回戦で、セネガルの敗退が決まると、ファンが暴動を起こした。
●11日に行われたW杯欧州予選で、グループ1のポルトガルはアウェイでスウェーデンとスコアレスドローだった。
●ワールドカップ予選カザフスタン戦を控え、イングランド代表のカペッロ監督はこの国で常に話題とされる“ジェラードとランパードは共存可能か”について語った。カペッロは「彼ら二人は共にプレーできる。私は、いい選手というのは共存できるものと、そう信じている。ジェラードは2,3のポジションでプレーできるが、私は彼のベストポジションを知っている。それはカザフスタン戦で分かるだろう」
●ここ3試合で2分け1敗と低迷するユベントス。フォワードの決定力不足やクラウディオ・ラニエリ監督の解任説が連日報じられる名門に、追い討ちをかけるバッドニュースが舞い込んだ。右腿の筋肉を痛め、1か月の離脱と診断されていたGKジャンルイージ・ブッフォン(30)が、当初の診断以上に重傷であることが判明した。
●イタリア代表のマルチェロ・リッピ監督は「選手達は威風堂々と、そして個性を生かしたプレーを披露してくれた。勝利のためにあらゆる手段を講じたが、相手チームも素晴らしかった。結果以上に、この試合はポジティブに捉えている」
●欧州CL2得点と絶好調のイタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノについて、バティストゥータは「ジラルディーノが最終的に何得点を挙げるかは分からないが、自分は彼のプレースタイルを気に入っている。ACミラン時代は、チーム内のポジション争いもあり、過度のプレッシャーを感じていたのだろう。フィレンツェで本来の姿を取り戻したのではないか」
●イングランド代表MFデービッド・ベッカムは11日、当地西部のウェンブリー競技場で行われたワールドカップ(W杯)欧州予選のカザフスタン戦で後半途中から出場し、通算試合出場をボビー・チャールトンと並ぶ同代表歴代3位の106に伸ばした。 1位はピーター・シルトンの125試合で、2位がボビー・ムーアの108試合。ベッカムは3月のフランスとの親善試合で、同国史上5人目の通算100試合出場を達成した。
●元ブラジル代表のリバウドがサンパウロ州選手権2部リーグの優勝チームであるモジ・ミリンの新会長に就任することになった。現在、ジーコ監督率いるウズベキスタンのブニョドコル(旧クルブチ)でプレーする36歳のリバウドは、同選手の顧問弁護士と代理人を務めるウィルソン・ボネッティ氏を通じ、マルコス・バロス前会長からの権限移譲にかかわる書類にサインした。
●今シーズンわずか21分しか試合に出場していないインテルのFWエルナン・クレスポは、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』とのインタビューで、冬の移籍市場で同クラブを去る可能性をほのめかした。「モリーニョはすごい監督だが、理想の監督ではない。僕の理想はカルロ・アンチェロッティだ。彼の現状に対する姿勢、勝利や敗戦の受け止め方は素晴らしいと思う」
●ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の南米予選は11日に各地で3試合を行い、首位のパラグアイがアウェーでコロンビアを1-0で破り、勝ち点20で首位を守った。アルゼンチンはホームでウルグアイに2-1で勝利。メッシとアグエロが得点し、勝ち点16で2位。ボリビアはペルーを3-0で破った。
●フランス代表のレイモン・ドメネク監督は、11日に行われた2010年ワールドカップ(W杯)・欧州予選のルーマニア戦を終えた後(2-2の引き分け)、MFビエイラ(インテル)がウォーミングアップ中に負傷したことを踏まえ、試合を振り返った。「最初の15分間は心配だった。ビエイラの負傷など、何点か不安材料があったからね。それに、チームは非常に若い。ただ、後半に選手たちが見せてくれたスピリッツは好きだ。この試合で、われわれには“本大会出場権を獲得する”という未来があることを証明できたと思う」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。