UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/10UEFAサッカー情報
●世界的経済不安定の影響はスペインでも顕著だ。今シーズンの1部リーグのうち、なんと6クラブがメインスポンサーを得ることができず。これは今までには見られなかった状況だが、今後もスポンサー撤退の可能性が示唆されている。また、バレンシアはスポンサー契約したはずの『バレンシア・エクスペリエンス』社から約10億円を受け取れず、先月同社を相手取って訴訟を起こしたばかり。莫大なお金が動くサッカー界。その流通が止まれば、一気に崩壊の危機も。深刻な状況と言える。
●リーガ第3節のラシン・サンタンデール戦で負傷し、戦列を離れていたレアル・マドリーのMFグティだが、ケガもほぼ回復しており、すでにボールを使った練習も開始している。「状態はかなりよくなっている。当初は安静が必要だったけれど、もうほとんど回復しているよ。来週にはチーム練習にも復帰できるだろうし、ダービーに出場できる状態になると思う」。グティと同じく戦列を離れていたMFガゴもまたマドリー・ダービーでの復帰が見込まれている。インターナショナルウィーク明けにマドリー・ダービー、そして21日にはユベントスとのチャンピオンズリーグを控えるレアル・マドリー。両選手が離脱中、ディアラ、ファン・デル・ファールト、デ・ラ・レッドの3選手で中盤のやりくりを強いられてきたシュスター監督にとって前節のエスパニョール戦でのスナイデルの復帰に続き、嬉しいニュースとなった。
●セビージャのメディカルスタッフは、MFディエゴ・カペルが内転筋の肉離れで全治1カ月と診断されたことを発表した。
●バルセロナのメディカルスタッフは、若手FWのペドロ・ロドリゲスが右足の肉離れのため、全治1カ月であることを明らかにした。ペドロはU-21スペイン代表の練習中に右足を痛め、同クラブのメディカルスタッフにより治療を受けていた。
●今シーズンにアーセナルから移籍したアレクサンドル・フレブは故障から回復し、チームメートとの練習に合流した。フレブは9月13日にカンプ・ノウで行われたラシン・サンタンデール戦で相手DFパブロ・ピニージョスからタックルを受け、左足首じん帯を負傷していた。
●スペイン代表のセルヒオ・ラモスは2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の欧州予選、アウエーのエストニア戦へ出発する直前に行われた練習で再び筋肉の痛みを訴え、トレーニングを中断した。同選手は、練習前半は通常のメニューをこなしたものの、紅白戦の前に練習場を引き上げた。一方、大事をとって前日の練習の後半を欠場していたアンドレス・イニエスタは、9日の練習では問題なくフルメニューをこなした。イニエスタはひざに痛みを抱えていたが、11日のエストニア戦、15日のベルギー戦にはスタメン出場できる見込みだ。
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は『マルカ』紙のインタビューで、クラブの現況から、ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任、ロナウジーニョの放出、ライバルのレアル・マドリー、その中心選手ラウル・ゴンサレスにいたるまでコメントした。その中でラポルタ会長は、「ロナウジーニョをもっと早く放出すべきだった」と厳しく自己批判した。ラポルタ会長はまた、ここ数年クラブに漂っていた好ましくない雰囲気が、チームの成績に悪影響を及ぼしたことを認めている。「レアル・マドリーがリーガ・エスパニョーラを2連覇したのではなく、バルサが優勝を逃しただけだ」と語る同会長は、ライカールト前監督の後任としてグアルディオラ監督を推薦したのが誰であるかも明らかした。「ヨハン・クライフは1年前から『グアルディオラは指揮を執る準備ができている』と言っていた」
●ドイツ代表正GKのロベルト・エンケがケガのため、11日に行われるロシアとのW杯予選を欠場することになった。ドイツサッカー連盟は9日、エンケは非公開の練習中に手首を骨折したと発表した。EURO2008終了後にイェンス・レーマンが代表を引退したため、それ以降の3試合はすべてエンケがゴールを守ってきた。ヨアヒム・レーブ監督は、控えのレネ・アドラーとティム・ヴィーゼのどちらを起用するか選ばなければならないが、二人ともフル代表での出場経験はない。
●サンダーランドのロイ・キーン監督が、アーセナルとチェルシーを、自前の選手を育てず、若手を買い集めると批判した。ダイアモンドの原石を見事に磨き上げると評判のヴェンゲル監督だが、キーン監督にしてみれば、それもアーセナルの地元の選手を発掘するのではなく、才能ある10代の選手を国内外のクラブからつれてくるだけなので評判倒れと言うのだ。「ちまたでは、アーセナルは若手を育て上げてすばらしいと言われている。だが、そういう若手の多くはほかのクラブからつれてこられたもので、アーセナルのアカデミー育ちじゃないんだ。それはチェルシーにも当てはまる」
●イングランド代表は11日にウェンブリーでカザフスタンと対戦するが、腰を傷めた主将のジョン・テリーは欠場することになりそうだ。テリーは先週行われたチェルシーのCL対クルージュ戦で負傷し、週末のアストン・ヴィラ戦は保護パッドをつけてプレーした。しかし、その試合後痛みがおき、水曜日の代表練習は途中で切り上げていた。
●今夏の移籍マーケットで、イタリアのユベントス移籍が確実視されながらも、リバプールに残留したMFシャビ・アロンソ。このスペイン代表を獲得しなかった経緯について、ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は、「アロンソにはスピードが足りない」と語った。
●アラブ首長国連邦(UAE)の投資グループによって買収されたマンチェスター・シティがレアル・マドリーからロビーニョを電撃獲得したのが1か月前のこと。そのマンチェスター・シティが、今度はサンプドリアのアントニオ・カッサーノの獲得に乗り出し話題を集めている。
●株価暴落によって世界中に金融不安が広がっている。当然ながら、サッカー界も大きなダメージを受けており、国外企業からの資本に頼るプレミアリーグは現在、難しい状況に立たされている。先日、イギリスの有力紙が発表したところによると、ほとんどのクラブが赤字状態にあるという。トップがチェルシーで約1100億円、続いてマンチェスター・ユナイテッドの約1080億円、そしてリバプール、アーセナルが約500億円の赤字を抱えながら経営しているそうだ。赤字を抱えていてもクラブやリーグを支えているスポンサーが健全で、これまで通りに資金が循環すれば問題はないのだが、アメリカでは大手投資会社や証券会社の破綻が相次いでおり、世界的な恐慌を示唆する専門家も多く、今後はサッカー界を支えている企業や投資会社の破綻も考えられる。そうなれば、赤字を返済する目処も立たなくなり、リーグも立ち行かなくなるだろう。好ゲームが繰り広げられている一方で、プレミアリーグの将来に暗い影がさしている。
●スウェーデンで09年に開催されるU-21欧州選手権(ユーロ)出場権の懸かったイスラエルとのプレーオフを11日(第1レグ)、15日(第2レグ)に控えたU-21イタリア代表。若きファンタジスタとして急成長を遂げているユベントスMFセバスティアン・ジョビンコ(21)が、現在の心境を語った。今季セリエAでも主力としてユベントスの攻撃を組み立てるジョビンコは「イスラエルは強豪であり、持てる能力を全て出さなければならないだろう。我々は2年間の集大成を発揮するつもりだ」とコメント。一方、ユベントスとの契約問題については「既に話し合いは行ったが、来週にも再び話し合うこととなる。僕はサインする準備はできている。(ユベントスの本拠地)トリノで生涯プレー出来ることを願っている。模範となる選手?デル・ピエロだ。ユーベは今、厳しい現実に直面しているが、ビッグクラブであることを証明できると確信している」
●マンチェスター・ユナイテッドのブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(27)が、11日の10年W杯欧州予選イタリア戦への意気込みを語った。「ブッフォンの欠場は喜ばしいことであり、そう思っているのは俺だけではないはずだ。彼はイタリアのシンボルであり、世界一のゴールキーパーだからね。我々はラッキーだ。トニとデル・ピエロとの対戦を楽しみにしていた。若いジュゼッペ・ロッシが選ばれるとは、予想もしていなかったよ。彼は1人では何もできないんじゃないかな?」
●「チーム内に確執はない。我々は力のあるチームであり、結束力は堅い」。ここ3試合白星から遠ざかり、チーム危機が囁かれるユベントス。今季開幕前にパレルモから移籍入団したFWアマウリ(28)が、報道される不穏説を完全に否定した。
●10年W杯南米予選の12日ベネズエラ戦、15日コロンビア戦を控えたブラジル代表は現在合宿中。心身ともに復調の兆しを見せるインテルFWアドリアーノ(26)が、レギュラー獲得に闘志を燃やしている。
●インテルのフランス代表MFパトリック・ヴィエラ(32)が、怪我の早期治療目的で、フランスでは認可されていない幼牛血液抽出物のアクトベジンを使用した」とのスクープ記事を掲載。「15年の選手生活の中で、最も受け入れがたい報道だ。怪我の早期治療に有効ということで、アクトベジンを勧められたことはある。ただ、この薬の知識が不十分だったので、他国での結果リポートを聞いてみた。副作用などの不安があったので服用はしなかった。法に触れるようなことはしておらず、自分は潔白だ。鏡に映った自分自身を直視することができる」とコメント
●ピルロが、自身のフィジカル・コンディションなどを語った。「今は復帰に向けて全力を尽くしており、少しは良くなっている。しかし、ピッチに戻るのはもう少し先になりそうだ。ガットゥーゾ、アンブロジーニそしてセードルフが良いパフォーマンスを披露している。自分の特長と彼らとの特長は異なるが、上手く機能している」
●トルコのベシクタシュは、ムスタファ・デニズリ監督を新指揮官として迎え入れたことを発表した。ベシクタシュは今週、成績不振を理由にエルトゥグルル・サグラム前監督を解任していた。
●ポルトガルの各メディアは、ポルトとFWリサンドロ・ロペスとの間で行われていた、2013年までの契約延長および給与条件の見直しに向けた交渉が決裂したことを一斉に報じた。
●ポルトガル代表のペペは、同国『マイス・フッテボル』の公式ページで、2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の欧州予選で11日に対戦するスウェーデンについて、「イブラヒモビッチだけのチームではない」と警戒した。
●ロシア代表のフース・ヒディンク監督は、ロシアのサッカーを強化するために必要な仕事の独立性が確保されるなら、2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会以降も同国代表を率いる可能性があることを明らかにした。このオランダ人監督は、ロシア『スポート・エキスプレス』紙のインタビューでこう述べた。「若手選手と仕事をすることは素晴らしいことだ。私はまた、ただ単にチームと働くだけでなく、スポーツのインフラ面での改善にも興味を持っている」
●マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のウェイン・ルーニーは、自身のシーズン序盤のパフォーマンスへの批判を受け入れる姿勢を示し、イングランド代表のカペッロ監督への信頼を表した。イングランド代表は2010年ワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会の欧州予選で、11日にはホームでカザフスタンと、15日にはアウエーでベラルーシと戦う。ルーニーはこの2試合を万全な状態で迎える。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。