FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2008/10/04UEFAサッカー情報
●スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は3日、今月中旬のW杯予選に向けた代表メンバー21名を発表。9月の予選をケガで欠場したフェルナンド・トーレスが復帰し、ボージャン・クルキッチがはずれた。先月行われたアルメニア戦で代表デビューしたばかりの19歳は、トーレスの復帰で、Uー21代表チームに戻ることになった。代表は7日にマドリードに集合し合宿に入る。11日はタリンでエストニアと対戦、その4日後には引き続きアウェイでベルギーと対戦する。9月のボスニアとアルメニア戦の勝利で、無敗記録を25試合に伸ばしたスペインは、グループ6で首位につける。
●今週末のリーグ戦でバルセロナと対戦するアトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督が、ペッペ・グアルディオラ監督に惜しみない賞賛の言葉を贈った。トップレベルの指導者として経験不足のグアルディオラ監督だが、アギーレ監督はバルサは最高の人事をしたと考えいるようだ。「ペップ・グアルディオラはあのクラブの真髄だ。彼は若いころに何人かの指導者を得て、偉大な選手に成長した。監督しては猛スピードで学んでいるし、よくやっている。立ち上がりは不安だったが、それは就任したばかりの監督にはよくあることだ」と説明。4日の試合については、「相手の速い動きを抑えなければならないが、あっちにはすごい才能がそろっているからね。メッシ、チャビ、イニエスタはみんなすばらしい選手だよ」と、あくまで相手を賞賛した。
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は、レアル・マドリー移籍の可能性が浮上しているDFダニエル・アッゲルについて、「手放すつもりはない」とコメント。アッゲル本人とも話し合った結果として、スペイン移籍のウワサを一蹴した。足の甲の骨折で昨シーズンの大半を棒に振っていたアッゲルは、今シーズンから復帰。しかし、昨シーズン加入したマルティン・シュクルテルにポジションを奪われ、ここまで公式戦の出場はわずか2試合となっている。
●「ステファノはピッチ上で知性を発揮していた。ヘディングが強く、得点嗅覚に優れた選手だった。その実力は、現在フィオレンティーナで活躍するアルベルト・ジラルディーノ以上だったとも感じている。とは言え、アルベルトがACミランでの経験を生かし、フィオレンティーナのリーダーに成長することも願っているが」
●スペインの『MARCA.COM』とイタリアの『GAZETTA.COM』のネットユーザーによる投票によって、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ベストプレーヤーを決める合同アンケートの途中結果が発表され、第2節を終えた時点で、バルセロナのリオネル・メッシがここまでのベストプレーヤーに選ばた。
●2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の欧州予選、アイスランド戦とノルウェー戦に向けたオランダ代表メンバーが発表され、ひざのけがから回復したばかりのレアル・マドリーのウェスレイ・スナイデルと、ユーロ(欧州選手権)2008後に代表引退を表明していたマンチェスター・ユナイテッドのエドウィン・ファン・デル・サールが代表に復帰した。
●アトレティコ・マドリーのFW“クン”(アグエロの愛称)が、1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第2節のオリンピック・マルセイユ戦で、同クラブでの公式戦100試合出場を達成した。アトレティコの絶対的な攻撃の柱であるアグエロは、外転筋に痛みを感じながらもマルセイユ戦でプレーを続けた。フォルランの離脱により、FW陣のローテーションを組めないアトレティコにおいて、アグエロはここ数試合すべてにフル出場している。ハビエル・アギーレ監督はアグエロの酷使を避けるため、試合の後半15分を過ぎたあたりでチームの勝利が確実な状況にあれば、同選手を休ませるというプランを描いている。だが、CLグループリーグ第1節のPSV戦、リーガ・エスパニョーラ第3節のレクレアティボ戦では実現できたそのプランも、接戦となったリーガ第4節ヘタフェ戦、第5節セビージャ戦、CLグループリーグ第2節のマルセイユ戦では実行できず、アグエロはその3試合でフル出場を余儀なくされている。アグエロにとって、4日のバルセロナ戦を終えた後は、ただちにアルゼンチン代表での試合が待っている。また、その先もリーガ第7節のレアル・マドリーとのマドリー・ダービー、CLグループリーグ第3節のリバプール戦、リーガ第8節ビジャレアル戦と重要な試合が連続して控えている。疲労蓄積が心配されているアグエロだが、どうやら休む暇はなさそうだ。●
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は、アトレティコ・マドリーとの対戦を翌日に控えた3日、報道陣を前に記者会見を行った。グアルディオラ監督はまず、相手のエースである“クン”(アグエロの愛称)を賞賛しつつ、チームのエースであるリオネル・メッシに、より高い評価を与えた。「アグエロは素晴らしい選手だとこれまでも言ってきた。だが、私にとってはレオ(メッシ)こそがナンバーワンだ。アグエロを軽視しているわけではないが、われわれには最強の選手がいる」とはいえ同監督は、メッシが自身の力だけで試合に勝とうとしないよう注意を促したことを明かし、注目されている両者の対決については、あくまでもチーム同士の対戦であることを強調した。「メッシが、クンのいるチームと対戦することに個人的なモチベーションを持っているかどうかは知らないが、純粋にチームの勝利を目指して試合に臨んでほしい。なぜなら、(メッシがそうやってプレーすることにより)われわれは高い位置へと力強く上りつめることができるからだ」
●バルセロナのFWリオネル・メッシは3日、アトレティコ・マドリー戦に向けた前日会見に臨み、“クン(アグエロの愛称)対メッシ”の話題が過熱していることについて、「あくまでチーム同士の試合」と述べ、これを一蹴した。「両チームには多くの素晴らしい選手がおり、“クン対メッシ”なんて構図は考える必要ない。試合は個人ではなくチーム同士でやるものだ。アトレティコは、すでにチャンピオンズリーグ(CL)の試合も含めて、偉大なチームであることを示している。従って、とても厳しい試合になるだろう」一方、アグエロとの関係については、「クンとはそれほど多くの試合でプレーしていないけど、僕らは息が合っており、将来は一緒にプレーしたいと思っている。でも、(それぞれ強豪クラブに属しており)それは難しいだろう。僕らは友達だから、お互いにとって最高の試合になることを望んでいるが、別々のチームで対戦する今回は自分のチームの勝利を望むのが当然だ」と述べた。そして、「今シーズン、彼が何かしらの個人タイトルを取れることを願っている」と、友人であるアグエロにエールを送った。
●今年1月にハムストリングを負傷して長期離脱中のアーセナルMFトマシュ・ロシツキが、12月に復帰できそうだとアーセン・ヴェンゲル監督が明らかにした。2006年夏にアーセナルに入団したチェコ代表のロシツキだが、度重なるケガに見舞われてプレミアでの出場回数はわずか37試合しかない。
●マンチェスター・ユナイテッドは3日、ポール・スコールズ、ダレン・フレッチャーの二人と契約更新した。スコールズは1年間、フレッチャーはさらに3年間、オールド・トラッフォードでプレーする。
●イタリアでは何か一言いえば、それが大きく見出しになることを承知しているモウリーニョだが、「試合のあと、私が記者の前で、選手を非難するところを聞いたことはないだろう。私は、逃げも隠れもしない。私は攻撃的な男だ。そして意地悪で、傲慢だ。もし試合に負けたら、それは私のせいだし、試合に勝てばそれは運が良かったとすればいいんだ。私はそれでかまわない。監督が守ってくれていると選手たちが感じてくれることが大事だからだ」
●マッシモ・モラッティ会長現地イタリアの報道陣から強烈なバッシングを浴び続けているジョセ・モウリーニョ監督については「彼はイタリア・メディアに敬意を払っており、両者の関係は良好だと感じている。今後も彼は『モウリーニョ流』を貫けばよい。監督として、また男として非常に刺激を受けている」
●ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督は、5日のセリエA第6節パレルモ戦で守備陣の入れ替えを余儀なくされることとなった。開幕戦以降、ディフェンスの負傷者が続出しているユベントスは、パレルモ戦もレグロッターリエとキエッリーニの主力2選手の欠場が決定的となった。
●ACミラン移籍入団後は負傷が原因で納得のいくパフォーマンスを披露できずに苦しんだエメルソン。UEFA杯チューリヒ戦フル出場で復調の兆しを見せるエメルソンが、現在の心境を明かした。「コンディションはかなり回復している。しかし、チューリヒ戦と比べれば、まだまだ良くなる面はあると実感している。ただ、公式戦フル出場から遠ざかっていたことを考えると、チューリヒ戦はとても意義のある試合だった」
●イブラヒモビッチは「時は流れており、毎年歳を取っていくが、生活は充実しており嬉しいよ。家族に囲まれ、毎日カルチョをプレーすることができている今は、本当に楽しい日々だ。これ以上の環境はない。とても幸せであり、今の幸せが毎日続くことを願っている。スランプに陥ったとしても、気持ちを穏やかに保つよう心掛けたい。充実した満足感は他人に伝わるからね」
●現役時代にACミランでボルゴノーボ氏とチームメートだった現アヤックスのマルコ・ファン・バステン監督は、難病と闘うボルゴノーボ氏の現役当時を振り返った。「ステファノはピッチ上で知性を発揮していた。ヘディングが強く、得点嗅覚に優れた選手だった。その実力は、現在フィオレンティーナで活躍するアルベルト・ジラルディーノ以上だったとも感じている。とは言え、アルベルトがACミランでの経験を生かし、フィオレンティーナのリーダーに成長することも願っているが」
●UEFA(欧州サッカー連盟)の顧問ウイリアム・ガイラード氏は、近日中にポーランドサッカー協会の再建が行われない場合、FIFA(国際サッカー連盟)の規約を順守し、ポーランドでのユーロ(欧州選手権)2012の開催を見直す可能性を示唆した。ポーランドは、ウクライナとともに2012年ユーロの共同開催国に決定している。
●ドイツ代表のレーブ監督はワールドカップ(W杯)・南アフリカ大会欧州予選の2連戦、10日のロシア戦(ドルトムント)、15日のウェールズ戦(メルフェングラッドバッハ)に参加する22名を発表した。レーブ監督は、毎回ほぼ決まった顔ぶれを招集しており、これまでメンバーの大幅な入れ替えやサプライズ招集などは行われていない。今回もメツェルダーとマリンが招集外となった以外はおなじみのメンバーが招集された。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
尻を叩くと絞まるw
ツレがこのサイトで、モデル体型の奥さんと5時間やりまくって30マンもらったって言ってたから試しにいってみたらマジだったw アクオス買ってきたwww 
2008/10/04
(土) 16:21:17 | URL | 立ちバック最高 #oyrireJc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.