UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/03UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーが冬の移籍市場でリバプールのDFダニエル・アッガー(23際)獲得に乗り出すと明かした。ここ数日、メディアではマドリーがリーグ連覇とチャンピオンズリーグ優勝を達成するために守備の選手層を厚くしたがっていると報じていた。
●バルセロナFWティエリ・アンリ(31歳)が「バルセロナでハッピーだ」と語り、噂されるバルサ退団説を否定した。ジョゼップ・グアルディオラ監督から与えられたポジションに不満を持つと報じられるアンリは、2日のCLグループリーグ対シャフタール・ドネツク戦でも実力を発揮できないままリオネル・メッシと交代。そのメッシが2ゴールを決めて、バルサが逆転勝利を収めた。
●アスレティック・ビルバオの元スペイン代表FWホセバ・エチェベリアがプロフットボール界において過去にない決断を下した。ビルバオのマクア会長が「エチェベリアは2009-10シーズン、“無給”でプレーする」と発表した。1995年1月25日にレアル・ソシエダでトップチームデビューを飾ったエチェベリアは、翌1995-96シーズンにライバルクラブでもあるビルバオに移籍。以来ビルバオ一筋、高いレベルでプレーし、クラブのシンボル的存在ともなった。この間、スペイン代表として53試合に出場している。そして、来年32歳となるエチェベリアは、15シーズン目となる来シーズンでプロとしてのキャリアに終止符を打つことを考えている。「長年に渡ってビルバオから受けてきた愛情に感謝するために、何らかの形をみせたかった」と説明したエチェベリア。
●バレンシアのDFラウル・アルビオルは、2日に行われたUEFAカップのマリティモ戦での負傷により、5日に行われるリーグ戦のバジャドリー戦への出場だけでなく、スペイン代表の2010年ワールドカップ・南アフリカ大会に向けた欧州予選、11日のエストニア戦および15日のベルギー戦への招集も絶望的となった。
●今年8月3日、エミレーツ・カップのアーセナル戦で左ひざのじん帯を負傷したレアル・マドリーのMFウェスレイ・スナイデルは、復帰まで残りわずかのところまで回復した。スナイデルはアーセナル戦でMFアブー・ディアビからタックルを受け、「左ひざ内側じん帯断裂、全治3カ月」と診断されていたが、予定よりも早い回復を見せ、5日のリーガ・エスパニョーラのエスパニョル戦には復帰が期待されている。スナイデルのコンディションは整っているが、レアル・マドリーは復帰の時期をまだ決めかねている。というのも、オランダ代表のベルト・ファン・マルワイク監督が10月11日および15日に行われる2010年ワールドカップ・南アフリカ大会欧州予選のアイスランド、ノルウェー戦にスナイデルを招集することを検討しているからだ。
●UEFAカップの1回戦(第2戦)が2日、各地で行われ、スペイン勢は全チームが勝利を収め、グループステージに進出した。2005-06年シーズン、および06-07年シーズンの同大会の王者セビージャは、オーストリアのザルツブルクと対戦。ホームでの初戦に2-0で勝利を収めていたセビージャは、この試合も2-0でライバルを下し、合計スコア4-0で順当に勝ち抜きを決めた。バレンシアは、予想以上に苦められたものの、勝ち名乗りを上げた。第1戦に1-0と勝利していたバレンシアは、デル・オルノが高い打点のヘディングでゴール右に突き刺し、合計スコア2-1と勝ち越しに成功。その後、落ち着いて試合を進めたバレンシアは、終了間際にもビジャが自ら得たPKを決め、合計スコア3-1でグループリーグに進出した。ラシン・サンタンデールは、フィンランドのホンカ・エスポーとアウエーで対戦。第1戦に1-0と先勝していたラシンは、今回も最小得点差の1-0で勝利し、合計スコア2-0で勝ち上がった。この日最も劇的な試合を行ったのは、ノルウェーのSKブランと対戦したデポルティボ・ラコルーニャだ。アウエーでの初戦を0-2で落とし、勝ち上がりに向けて厳しい状況に立たされていたデポルティボは、18分にDFコロットのゴールで先制したものの、29分にはFWリキが退場処分を受けてしまい、窮地に追い込まれる。だがデポルティボは76分にコロットが再びゴールを決め、2試合の合計スコアで2-2に追い付き、勝負を延長戦に持ち込む。両者ともに譲らぬ延長戦ではゴールが生まれず、決着はPK戦にゆだねられると、ここでヒーローとなったのはデポルティボGKのアランスビア。今シーズン新加入したこのGKは、相手のシュート3本をストップし、デポルティボはPK戦を3-2で制した。なお、これにより40チームが出そろったUEFAカップ。グループステージの組み合わせ抽選は10月7日に行われる。
●9月30日のチャンピオンズリーグ、アールボー戦で足首を負傷したマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーは、4日に行われるプレミアリーグ、ブラックバーン戦出場が微妙となっている。ルーニーは3-0で勝利したアールボーとの試合の後半で負傷し、週末のリーグ戦を欠場する可能性が高まっている。ただ、代表戦出場を避ける事態には至らないと思われている。
●チェルシーは2日、CLのクルージュ戦で負傷したFWディディエ・ドログバについて、思ったよりも軽傷ですんだと発表した。検査の結果、当初予想されていた膝の靭帯には損傷がないことがわかった。
●2日に行われたUEFAカップでスタンダール・リエージュに1-2で敗れ、ヨーロッパの舞台から早々に姿を消すことになったエヴァトン。プレミアリーグ勢では唯一の敗退となったが、デイヴィッド・モイーズ監督は辞任するつもりはないとアピールしている。
●リヴァプールFWディルク・カイトが、主将スティーヴン・ジェラードの獲得は諦めるようマンチェスター・シティに警告した。「どの選手もリヴァプールからマンチェスター・シティに移籍したがらないと思うよ。だってリヴァプールの方がずっとビッグクラブだからね。スティーヴィーは偉大な選手。MFで通算100ゴールを達成するなんてすごい功績だよ。“リヴァプール=スティーヴィー”だから、彼を手に入れるのはとても困難だろうね。それにシティに移籍するために彼がリヴァプールを去るとは考えられないな」
●アーセナルのGKマヌエル・アルムニアは、火曜日に行われたチャンピオンズ・リーグのポルト戦に4-0と快勝した背景にアーセン・ベンゲル監督の叱責があったとコメント。指揮官の変貌ぶりに、チームの士気が上がったと語っている。
●初戦ホームのCFRエコマックス・クルイを1-2で落としたASローマが、第2戦目にして貴重な勝ち点「3」を稼いだ。2得点を挙げる活躍でチーム勝利に貢献したバティスタは「フリーキックは俺の武器だからね。厳しい試合だった。ボール支配率が前半と後半では大きく異なった。負傷者が続出しており、今季に入ってスパレッティ(監督)は、完璧な状態のチームを指揮することが全くできていない。その点がかなり災いしている。今後もASローマの攻撃パターンに慣れていく必要があるが、上手くやっていく自信はあるよ」
●試合後インテルのジョセ・モウリーニョ監督は「危機感を覚える必要はない。今週は1分1敗(ミラノ・ダービー敗戦)という結果に終わったが、我々を取り巻く環境はポジティブであることに変わりはない。これでボローニャ戦とホームのアノルソシス・ファマグスタ戦では勝利を収めなければならないが。グループリーグの順位表に目を向ければ、我々は勝ち点『4』を稼いでおり、冷静でいられることができる。第3、4戦で計『4』ポイントを稼げばよい。また、3位と低迷しているブレーメンだが、最終的に決勝トーナメントに進出するまで順位を上げてくることは間違いないだろう」
●ユベントスの主将アレッサンドロ・デル・ピエロ(33)が自身の公式サイト上で、2-2ドローに終わった9月30日の欧州CLグループリーグ第2戦(第1レグ)BATEボリソフ戦を振り返った。「予想以上の厳しいアウェー戦となり、ドローという残念な結果に終わってしまった。しかし、まだ試合は残されており、レアル・マドリーとの2連戦が我々を待っている。練習を重ねてさらに成長する時間はある。BATE戦では、0-2とリードされてから2-2に追いついた。勝利への執念を燃やして、試合終了まで逆転のチャンスを狙っていた。今後も不屈の精神を維持していかなければならない」
●今夏の移籍市場でパレルモからユベントスへ移籍入団したFWアマウリ(28)が、5日のセリエA第6節パレルモ戦(ホーム)への思いを語っている。「もし自分がゴールを決めても、喜ぶことはできないだろう。俺にとっては心の試合となる。パレルモには素晴らしい思い出がたくさんあり、優しくしてくれた人々の顔が今でも浮かぶ。パレルモ戦に先駆けて、友人からも多くの電話をうけたが、今はユーベでの仕事に専念するしかない。できるだけ長くここでプレーを続けるために移籍を決断した。挑戦を失敗に終わらせるわけにはいかない」
●CLグループリーグ初戦ASローマ戦2-1勝利(アウェー)に続き、第2戦チェルシー戦0-0ドロー(ホーム)と快進撃を続けるルーマニアのCFRエコマックス・クルイ。同チームを率いるイタリア人監督マウリツィオ・トロンベッタが、強さの秘密を明かしている。「ヨーロッパには無名ながら、成長を続けているクラブが存在する。CFRは決定力があり、また良く組織された結束の固いチームだ。もちろんASローマとチェルシーはグループリーグ突破となる2位以内を目指しているだろうが、我々は3位を目標にしている」
●ジャンルイジ・ブッフォンは「批判の中には思わず失笑してしまう類のものもある。監督は経験豊かなナビゲーターであり、采配に問題はない。しかし、監督の手助けをする意味でも勝利を収めなければならない」
●復帰初ゴールが決勝点となったシェフチェンコは「やっとゴールが生まれて、とても嬉しい。開始早々の絶好のチャンスでミスしたにも関わらず、声援を送り続けてくれたサポーターに感謝している。自分を支え、常に絶妙なパスを出してくれるチームメート、そしてカルロ・アンチェロッティ監督、クラブ関係者全員のお陰だよ。これまでは何かに邪魔されているかのようにシュートが決まらなかったが、今日やっと得点へとつながった。俺にとって大きな第1歩だ。フォワードにとって、得点を挙げることは重要な仕事だ。今後も練習に励まなければならない」
●UEFAカップは2日、各地で1回戦第2戦が行われ、MF長谷部誠のウォルフスブルク(ドイツ)、MF松井大輔のサンテティエンヌ(フランス)がグループリーグに進んだ。
●フェネルバフチェのルイス・アラゴネス監督は、「1試合1試合が決勝」というサッカーの決まり文句を試合ごとに思い知らされているようだ。同クラブのスポーツディレクターは「アラゴネス監督を100%信頼している。われわれは2シーズンの契約を結び、それを全うする。これまで同様、討論の余地はない」と断言するが、今後の黒星が命取りになることはアラゴネス監督自身が一番よく分かっている。
●フランス代表のレイモン・ドメネク監督は、11日に行われる2010年ワールドカップ・南アフリカ大会に向けた欧州予選のルーマニア戦、および14日に行われるチュニジアとの親善試合に向けた招集メンバーを発表した。アトレティコ・マドリーのフロラン・シナマ・ポンゴルが初のフル代表入りを果たし、バルセロナのエリック・アビダルやティエリ・アンリ、セビージャのセバスティアン・スキラッチが選出された。
●インテルのDFマルコ・マテラッツィは、1日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第2戦、ブレーメン戦で右太ももを負傷し、全治2週間と診断された。
●UEFAカップに参戦したオランダの5クラブ(アヤックス、フェイエノールト、トゥエンテ、ヘーレンフェーン、NEC)は1日、同大会1回戦を突破し、グループリーグ進出を決めた。これはオランダサッカー史上初めての偉業で、昨季はわずかAZだけがグループリーグに進出していた。
●GKファン・デル・サール(マンチェスター・ユナイテッド)のオランダ代表緊急復帰が決まった。オランダ代表は11日にアイスランド、15日にノルウェーと2010年ワールドカップ・南アフリカ大会欧州予選を戦うが、正GKのステーケレンブルフ(アヤックス)は負傷中で参加できない。また、控えGKのティマーは代表メンバー入りこそしたものの足首を痛めており、1日に行われたUEFAカップの試合に出場できなかった。この緊急事態にファン・マルワイク監督はすでに代表を引退していたファン・デル・サールに助けを求めた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。