UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/30UEFAサッカー情報
●ビジャレアルのFWジュゼッペ・ロッシが、30日に行われるCLのセルティック戦について、勝利は勝ち点3以上の意味があると話した。「僕にとっては、勝ち点3以上の意味があるんだ。なぜなら、彼らは非常に厳しい競争相手だからね。セルティック戦に向けて練習をしてきたし、カギを握るのは攻撃だ。もし序盤にゴールを決められれば、いい展開となるだろう。だけど、ゴールなしに時計が進むと、ちょっと苛立つだろうから、それがプレーに影響するかもしれない。セルティックは楽な相手と考える人もいるようだけど、彼らは危険なんだよ。スコットランドのサッカーはこの数年間で大きく進歩したからね。だけど、僕らが自分たちのシステムでプレーできれば・エル・マドリガルで敗れることは考えられない。スタジアムはチームの守り神だし、それはライバルもよく知っているよ」
●27日に行われたエスパニョル対バルセロナ戦(バルサが2-1で勝利)のロスタイムに、バルサにPKが与えられた際、メッシは「エトーとの間でどちらがPKを蹴るか」について“暗黙の了解”の下にPKを蹴ったことを告白した。
●バレンシアのMFホアキン「チームのメンバーは昨シーズンからほとんど変わっていないが、今年は秩序が戻って、選手1人1人がそれぞれのやるべきことが何であるかを知っている。エメリ監督はチームの力を認識し、それに見合った方法で物事を進める。決して事態を複雑にしたり、むやみに新しいことを取り入れたりはしない。その意味で今季は、幸運にも“しかるべき監督がいる”と言えるね。昨シーズンと比べてチームのムードはずいぶん変わった。ピッチの内外で問題を抱え、あちこちでいろんな論争が飛び交っていた去シーズンがうそのようだ。今のチームはまとまっている。物事が順調に進むということは、いつだってチームにとってプラスになる」
●ゼニト・サンクトペテルブルクのディック・アドフォカート監督は、30日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第2戦の対戦相手レアル・マドリーのここ数年の補強をこう評価した。「レアル・マドリーはいい補強をした。昔は選手の“実力”より“名前”を選ぶという過ちを犯していたが、今はより実力を評価して選手集めをしている。今のレアルには、世界トップクラスの選手たちがいる。オランダ人選手だけではなく、全員のコンビネーションがうまく機能している。才能あふれる選手が多く、守備も素晴らしい」
●バイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリ(25歳)が「フランス王者リヨンとの対決(CL予選)が待ち遠しくてたまらない」と話した。「ついにCLの試合がやってきた。対戦相手がリヨンだし、僕にとってこの試合はすごく特別なんだ。試合開始が待ち遠しくてたまらない。30日は全フランス人が僕に目を向けるだろうけど、それはちゃんと自覚しているよ」
●元イングランド代表FWで現在TVコメンテーターとして活躍するアラン・シアラー氏が「古巣ニューカッスル・ユナイテッドにコーチとして復帰する報道には驚いた」とコメント、噂を完全否定した。“古巣復帰の報道の中で真実の部分はあるのか?”と問われたシアラー氏は、「全然、一切ないよ。そんな噂がどこから来るのか僕にはまったく分からない」と回答。
●リヨンで七度の優勝を経験し、現在はアトレティコ・マドリーに所属する元フランス代表GKのグレゴリー・クペがレイモン・ドメネク・フランス代表監督を公然と批判。「選手たちは意見が言えない。僕はやめたから話せるんだ。独裁政権そのものだったよ」とフランスフットボール誌に話した。
●プレミアリーグのロブ・スタイルズ主審は29日、マンチェスター・ユナイテッド対ボルトン戦でユナイテッドにPKを与えたジャッジについて、ボルトンに謝罪した。
●ベルルスコーニ氏は「我々の選手補強キャンペーンはなかなか評価されなかったが…」と皮肉交じりに饒舌に切り出した。続けて「ACミランには、1人で十分にスタジアムに足を運ぶに値するようなスター選手が、多く揃っている」とオーナーの顔で上機嫌に話した。
●ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長「ロナウジーニョのACミラン移籍後初ゴールのニュースは、世界中を駆け巡っている。世界で最も偉大な選手の一人である彼のゴールを私は心から喜んでいる」。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長「ACミランは持ち味を生かして、美しいゴールを導いた。3名のブラジル人選手(カカ、ロナウジーニョ、パト)は素晴らしいパフォーマンスを披露していた。我々もまた、我々の特長を生かした。個人的にはドローが妥当だったと感じている。しかし、結果はその試合内容と異なる場合もあるものだ」。
●アンブロジーニ「ACミランは、以前から報じられているほど大スランプに陥っているわけでもなければ、病に侵されているわけではない。確かに問題は抱えていた。しかし、選手が大きく入れ替わったチームがスタートの段階で問題を抱えるのは普通のこと。ただ、開幕2連敗を喫したことで、『崩壊』と大袈裟に取り上げられた。我々はようやく軌道修正に成功した」
●パレルモの名物会長マウリツィオ・ザンパリーニが、モウリーニョ監督評をした。「モウリーニョ獲得はモラッティ(インテル会長)の最強の補強策だ。多少、ホラ吹きな点もあるが、偉大な監督である以上、その点は受け入れるしかないだろう」
●エバートンの南アフリカ人MFスティーブン・ピナールが、自宅で女性に対し暴行を働いた容疑で、地元リバプールの警察に逮捕された。現在26歳のピナールは直ちに保釈金を支払い、新たな調査の進展があるまでということで釈放された。
●イギリスBBCによると、あるナイジェリアの企業グループが、ニューカッスル・ユナイテッドの買収のためのオファーを出したという。なお、このグループの名前は公表されていない。
●27日に行われたイングランド・プレミアリーグ第6節、エミレーツ・スタジアムでハル・シティに1-2で敗れ、それまでホームゲームに絶対的な自信を持っていたアーセナルに衝撃が走った。アーセナルは30日のチャンピオンズリーグ(CL)第2節でFCポルトを迎えるが、ホームでこれ以上の失態は許されない。サミル・ナスリが出場できない中、ベンゲル監督にとって気掛かりなのは、ミカエル・シルベストルの回復状態だ。ベンゲル監督は「また負けるかどうか分からないが、われわれにとっては自信を取り戻すことが大事であり、火曜日の一戦に向けて備えたい」
●イングランド・プレミアリーグのWBAに所属する韓国代表MFキム・ドゥヒョンが、負傷のため6週間の離脱を強いられることが分かった。
●途中出場での起用が多い21歳のバベルだが、ベニテス監督は近い将来にバベルが先発出場できるほどの成長を見せてくれることを望んでいる。「イングランドに来たオランダ人選手は、その素晴らしい才能を発揮するのに時間がかかることが多い。ロビン・ファン・ペルシやデニス・ベルカンプも時間を必要とした。オランダとイングランドでは全く違うリーグが存在する。オランダのリーグは非常にテクニカルだが、良いチームはわずか2、3チームのみ。(前所属のアヤックスでは)多くの試合でボールを支配して、楽しいフットボールをすることができたと思う。だが、ここではそう簡単にはいかない。それでもバベルは、われわれのためにファンタスティックなプレーをいくつか披露している。彼がさらなる成長を見せてくれることを信じている。そのためにも、今は一生懸命ディフェンスにも取り組んで、多くのことを学ばなければいけない。彼は影響力の強い選手で、まだ若い。簡単ではないが、必ず成長すると確信している」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。