UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/27UEFAサッカー情報
●マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーFWセルヒオ・アグエロ(20歳)に興味を示していると報じられたが、アトレティコ側は「シティからの打診はない」と噂を否定した。アグエロは2006年に移籍金1500万ユーロ(約23億円)でインデペンディエンテからアトレティコ・マドリーに移籍、アルゼンチン代表の将来を担う選手として期待されている。
●24日のベティス戦でも出番なし。ベンチで過ごす時間を増やしているティエリ・アンリがバルセロナの地元ラジオ番組内で「今はバルサから出て行くつもりはないが、人生には時として思いもよらないことが起きる」と現時点での移籍は考えていないものの「アーセナルにいた時もチームを去るとは考えていなかった。でも、今僕はここにいる」と意味深な発言をしている。
●マンチェスター・シティ(マンC)のロビーニョは、レアル・マドリーからチェルシーへの移籍騒動の際に主役を演じ、結局マンCへの移籍を手掛けることになった代理人のワグネル・リベイロ氏を解雇したことを発表した。「ワグネル・リベイロがこれまで僕のためにしてくれたことには感謝している。しかし、仕事のサイクルが一段落ついた今は、それぞれ別の道を歩んだ方がいいと思う。僕はマンチェスター・シティの一員として、新しい目標に向かって進みたい」過去6年にわたって代理人を務めてきたリベイロ氏に代わり、今後はロビーニョの父親が代理人として各方面の交渉を担当することになる。
●バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督は27日に行われるエスパニョルとのバルセロナ・ダービー前の会見に臨み、「相手の主力選手が欠場することを最も心配している」と述べた。同監督は、「不利な状況にあるチームほど逆に怖い」と説明し、「できれば彼らの全選手が出場できる方がいいのだが。とはいえ、カンテラ(下部組織)にはいい選手もいるし、主力が欠場するといっても油断はできない」と、警戒心を表した。しかし、今回のダービーではバルサが有利との見方については否定せず、「バルサは常に相手に対して優位でなければいけない。ユニホームにかけて戦うからだ。だからこそ、このチームでプレーすることは簡単ではないのだ」と述べた。
●アンリはバルサに移籍した当時をこう振り返る。「移籍のタイミングは最悪だった。故障でプレーできる状態ではなかったからね。最初の数カ月は、かえって無理しない方が良かったのかもしれない。当時、コンディションが悪かった時にライカールト監督から、『ロナウジーニョの状態が思わしくないんだが、試合に出られるか』と聞かれたんだ。僕としても、移籍早々3カ月もプレーできないのは嫌だったから『出られる』と答えたんだが、本来ならあの時『無理だ』と答えるべきだったのかもしれない。それまで6カ月もピッチから離れていたんだからね。誰に強制されたわけでもなく、ただ試合に出たいと思ってやったことだから、その責任は僕にある」
●レアル・マドリーは、負傷で戦列を離れているオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルが近日中に実戦に復帰できることを発表した。スナイデルは、8月3日に行われたエミレーツ杯のアーセナル戦で左ひざを負傷。しかし、26日の練習ではチームメートとともに全メニューを無事にこなした。
●アーセナルMFセスク・ファブレガスが、「自分が幸せであることが一番大切で、ここ数年タイトルを逃していることは気にしていない」と主張した。アーセナルでは2005年のFA杯優勝しか経験していないセスクだが「すべて順調に進んでいるから僕は幸せだよ。“タイトルを獲得していない”と指摘する声もあるけど、僕自身はアーセナルでプレーするのを楽しんでいる。もちろん優勝に向かって努力しているし、出来れば今年は結果を出したいね。“2~3年もトロフィーから遠ざかっているじゃないか”という人にはこう言っているんだ。“ピッチに立った時、僕がどれだけ幸せで自由を感じているか君は知らない”とね。このチームのために、そしてファンの前でプレーすることを本当に満喫している。僕にとって幸福こそ人生で一番大切なものだからね」
●ニューカッスルは26日、元ウィンブルドン監督のジョー・キニア氏(61歳)を暫定監督に任命した。期間は5週間で、10月末にはケヴィン・キーガン前監督が復帰する可能性がある。
●26日に行われたブンデスリーガの試合で、開幕から無敗を続ける首位のシャルケを、3連敗中のケルンが0-1で下した。
●カーリングカップ準々決勝の組み合わせが27日に発表され、昨季の覇者トッテナムは優勝歴7回のリヴァプールと対戦することになった。また、マンチェスター・ユナイテッドは、3回戦でアストン・ヴィラを下した2部のQPRと対戦。また同じく2部のバーンリーはチェルシーと対戦する。アーセナルはリヴァプールと同様、プレミアのウィガンと対戦。サンダーランドとブラックバーンが3組目のプレミア対決となる。
●リバプールの主将スティーブン・ジェラードによると、近代サッカーにおけるMFの役割は変わりつつあるという。「サッカーは常に進化している。昔はMFはシーズン10点を挙げればそれでよかった。それがMFにとっての十分な数字だったんだ。でもスコールズやランパードの活躍が、その数字を上げたんだ。15点から20点にね」と語ったジェラード。しかし彼の役割は得点を狙いに前線へ飛び込むだけではないとしている。「時には攻め上がらずに、バランスをとることも必要だ。いつもボックスに飛び込んでばかりはいられない。特に大試合はね」。
●チェルシーのDFジョン・テリーは、23日のリーグカップ3回戦を若手選手中心で臨んだアーセナルのアーセン・ベンゲル監督を称賛。イングランド代表の強化に繋がるとして、ライバルクラブの指揮官を高く評価した。「アーセナルの試合を観て、とても勇気づけられたよ。イングランド・フットボール界にとって、とてもいいことだ。チェルシーでも、リザーブチームに多くのイングランド選手が台頭してきている。彼らがトレーニングで目立つことは、僕にとっても嬉しいことさ。ベンゲル監督の場合は、自信を持って若手にチャンスを与えてる。イングランド代表にとっても、良いことだと思うよ」
●28日に行われる“ミラノ・ダービー”について、ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長とインテルのマッシモ・モラッティ会長が意気込みを語っている。ガリアーニ副会長は「ここ数試合はポジティブな結果が出ており、ほっとしている。チームは試合を経験するごとに成長しており、ダービーを戦う準備は整った。シェーバ(シェフチェンコ)とロニー(ロナウジーニョ)のコンディション?問題はない。徐々にコンディションを上げている。3年前のクレスポのようにね」一方、モラッティ会長は「ダービー?モウリーニョ監督に任せているので、心配はない。パフォーマンスどうこうより、まずは勝利が重要だ。ロナウジーニョ?コンディション不足が噂されてはいるが、彼が偉大な選手であることに疑いの余地はない。できれば最後までベンチにいてほしいが(笑)」
●ACミランの主将DFパオロ・マルディーニ(40)が、28日のセリエA第5節インテルとの“ミラノ・ダービー”への意気込みを語り始めた。「過密日程の中の試合となるが、日曜までにはコンディションが整うはずだ。順位表から判断すると、我々ACミランの勝利を懸念する声が噴出していることも理解できる。ただ、ダービー戦で一気に上昇気流に乗るつもりだ。このような試合では、フィジカルコンディションが万全であることが最も重要だが、同時に相手をどのように封じ込めるかというディフェンス面での戦略も重要となる。インテルに対するリスペクトは常にある。彼らとは、プレースタイルは異なるが、レベルは互角だ。セットプレーからの失点には特に注意しなければならない」
●プレミアリーグデビューとなった20日のニューカッスル戦で2得点を挙げ、チームの勝利に貢献した元イタリア代表FWダビド・ディ・ミケーレ(32)。彼の才能はまるでデル・ピエロ、ロベルト・バッジョのようだ…。現フルアム監督で、7年前のウディネーゼ監督時代にディ・ミケーレを指導したロイ・ホジソン監督が、フランコ・ゾラ新監督就任に伴いトリノからウェスト・ハムにレンタル移籍したディ・ミケーレを絶賛した。
●UEFAは26日、フランスのボルドーで開いた理事会で、ポーランドとウクライナが共催予定の2012年欧州選手権の準備状況を確認し、両国に対し、開催準備を早めるよう警告した。ロイター通信が報じた。
●ミランのGKクリスティアン・アビアッティが、今週半ばに『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に対して行った発言がイタリアで思わぬ波紋を呼んでいる。アビアッティは、自身が右よりの思想の持ち主であることを告白し、同国で“タブー”とされているファシズムについて、「一部共鳴できる部分もある」とコメントしたのだ。
●元バルセロナの選手で、現在アヤックスに所属するオレゲル・プレサスが、2003年9月にバルセロナ近郊のサバデル市で警官を負傷させた事件で検察庁から起訴された。検察庁は同選手に、懲役2年および損害賠償450ユーロ(約7万円)を求めている。
●2011年チャンピオンズリーグ(CL)決勝の舞台が、ロンドンのウェンブリー・スタジアムとなることが確実となった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。