UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/23UEFAサッカー情報
●アウェイでのヌマンシア戦で逆転勝利を収めたビジャレアル。勝ち点3を獲得するとともに、この試合でFWニハト・カフベチが戦線復帰したことはチームにとって大きな喜びとなった。「またプレーできてとてもうれしい。僕にとっては良い復帰戦となった。バルサが勝てなかったスタジアム、それにレアル・マドリーが苦戦して勝ったチームを相手に勝利を収めることができたからね」。3ヶ月ぶりの復帰への喜びをそう言い表したニハト。トルコ代表として出場したユーロ2008の準々決勝で負傷し、手術を受け、スタートが出遅れていたニハトだが、ヌマンシア戦で今シーズン初めて招集メンバーに入り、同試合の68分にギジェ・フランコに代わりピッチに立った。「プレーしたくてたまらなかったし、やっと一歩を踏み出した。シュートへの恐れもなかった。2ヶ月半しっかりトレーニングしているし、チームメイトとのリズムはまだまだだが、調子は良かった。それにプレーへの自信もあった」
●レアル・マドリーは、中盤のメンバー構成で新たな悩みを抱えることになった。21日のラシン・サンタンデール戦で負傷退場したグティが、翌22日に行われた精密検査の結果、右足ヒラメ筋の筋肉と腱(けん)の結合部の損傷により、全治15日との診断を下されたのだ。これによりグティは、24日のスポルティング・ヒホン戦、27日のベティス戦、10月5日のエスパニョル戦のリーグ戦3試合に加え、30日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2節のゼニト・サンペテルスブルグ戦への欠場が確実となった。
●レアル・マドリーのオランダ人MFアリエン・ロッベンは、昨季同様レアルには高いレベルの選手がそろっているものの、チームに純粋なウインガータイプの選手がいないことをやや懸念している。「ロビーニョが移籍してしまい、チームにはウインガー的な選手が必要かもしれない。補強があるかどうかは、冬の移籍市場までは分からないけどね」
●元ブルガリア代表のフリスト・ストイチコフは、かつて自身が所属したバルセロナについて語った。現在のチームはライカールト監督、ロナウジーニョ、デコの退団により新たなスタイルを模索しているとはいえ、それでも世界最強だと信じているようだ。ブルガリアの『サン』紙のインタビューに応じたストイチコフは、その理由をこう述べている。「おそらく今季のチームは最強だろう。バルサは世界で最も偉大なチームで、常にナンバーワンでなければならない。さらに、今シーズンは追い風も吹いている。レアル・マドリーはチームの骨組みこそ維持しているが、補強には成功しなかったからだ」「いつの日かバルセロナの監督になるというのは私の夢だ」と素直に心境を明かした
●ユナイテッドは21日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー戦を1-1の引き分けで終え、開幕から4試合での勝ち点がわずか5ポイントに留まっている。しかし、監督はパニックになる必要などないと断言した。「厳しいスタートになった」と、監督はスカイ・スポーツでコメントしている。「アウェーのアンフィールドでは無駄に失点を喫して敗戦したうえ、次の試合がスタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦だった。その前にはここ数年、勝つのが非常に難しいとされているアウェーでのポーツマス戦だ。本当に厳しい試合ばかりだった」「チェルシー戦での1-1という結果をどう評価するかは難しいところだが、10月に入れば我々の調子も上がるはずだ。試合をこなすほどに我々のゲームのレベルは上がっているし、ロナウドとベルバトフもこれからいくつもの試合に出場する・・・・・・我々のベストが見られるのはそれからだろう」
●23日にマンチェスター・シティの完全買収の手続きを終えるアブダビ・ユナイテッド・グループのシェイク・マンスール・ビン・ ザーイド・アル・ナヒヤン氏が、マーク・ヒューズ監督は“不可欠な存在”と主張、指揮官をフルサポートすると約束した。「我々の計画において、マーク・ヒューズは絶対に必要だ。最も優秀な若い英国人監督だと信じる人物がすでにクラブにいるなんて我々はラッキーだよ。クラブには大いに期待しているが、プレミアリーグでトップ4入りの常連となり、ヨーロッパで栄光を手に入れる実力を備えたチーム作りには時間がかかることは我々も理解している」
●元日本代表監督のジーコ氏は22日、ウズベキスタンのクラブ、ブニョドコルの監督に就任することになったと発表した。同氏は昨季、フェネルバフチェを率いて初のCL準々決勝に進出したが、現在は所属がない。「クラブの理事会と口頭で合意した。これから(リオデジャネイロを)出発し、契約にサインする。詳細はその後明らかにしたい」と自らのサイトで説明した。
●ロナウドと共にマンU攻撃陣を支えるルーニーは、このポルトガル代表が近いうちに昨シーズンの勢いを取り戻すだろうと語っている。「クリスチアーノの復帰は、チーム全員に大きな影響を与えたよ。彼が入ることで、チームのプレーに新たな次元が加わる。あとは、試合を重ねて、勘を取り戻すだけさ。彼が偉大な選手であることは、すでに証明済みだ。コンディションが戻りさえすれば、また最高のプレーがみられるよ」
●ウエストハムに新加入した元イタリア代表FWダビド・ディミケーレが、アップトン・パークの新たなヒーローとなりつつある。ニューカッスル戦で2得点を決める大活躍を見せたディミケーレには早くも“新ディカーニオ”の愛称が。ディミケーレ本人は「僕は僕だ。ディカーニオは最高の選手だったけど、僕はこのクラブに自分の名前を残したいんだ」
●サンテティエンヌから、MFのパスカル・フェインドゥーノ(ギニア代表主将)が抜け、カタールのアル・サッド・ドーハに移籍する模様だ。レキップ紙が22日夜にウェブ版で報じたところによると、翌23日に同クラブのメディカルチェックが予定されている。なお、カタールの移籍期間は22日0時が期限だった。
●セリエA第3節を終え、2勝1分けの勝ち点「7」でユベントスと並び首位に立ったインテル。マッシモ・モラッティ会長が、今季開幕前に就任したポルトガル人のジョセ・モウリーニョ監督を絶賛した。「モウリーニョは世界一の監督だと確信している。そして我々は今、最高のサイクルに入ったと実感している。トリノ戦(21日セリエA第3節)は今季最高のパフォーマンスだった」と絶賛。一方、28日の“ミラノ・ダービー”では敵将となるACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「インテルと我々は適度な距離感を保った関係にある。モウリーニョがインテルの監督に就任したことは、イタリアカルチョ界にとってプラスの要素となるはずだ。彼は決して平凡なコメントを残さない。挑発的な発言もあるが、彼の発言は、知性を感じる発言ばかりだ。私が監督を引退する日がくれば、モウリーニョが指揮を執る試合を深い興味と共に観戦するだろう」とコメント。
●21日のセリエA第3節ラツィオ戦(4-1)で試合を決定付ける4点目のミドルシュートを決めたACミランMFカカ(26)。今季リーグ戦初勝利から一夜明けた22日、カカが現在の心境を語った。「ACミランのシーズンは始まったばかりだ。水曜(24日)にレッジーナ戦があり、そして週末(28日)には“ミラノ・ダービー”が控えている。ベルルスコーニ(オーナー)からは『インテルを負かしてくれ』とお願いされている。オーナーである彼を喜ばせなければならない。我々の最大の強さは組織力だ。UEFA杯(18日チューリヒ戦)そしてラツィオ戦では良いパフォーマンスを披露することができた。特にラツィオ戦ではまとまりがあった。長いシーズンを勝ち進んでいくためにはチームのまとまりが最も重要だ」
●アンチェロッティ監督「あのゲームは組織的な試合展開ができた。チームが一丸となって戦い、まさに最高の『試合の見本』というに相応しい内容だった。また、記憶に残る試合でもあった。最もポジティブな結果が出たと確信している。試合前にはカカが『個々のクォリティと才能に依存し過ぎている』と指摘していたが、まさにその通りだったと思う。我々には試合に臨む適切な精神が欠けており、対戦相手は我々に対して強烈なライバル心を持って試合に臨んでいた」
●イタリアの首相であり、クラブのオーナーのシルビオ・ベルルスコーニが、今季の目標がスクデット(セリエA優勝)であることを改めて強調した。「今季はリーグ戦優勝とUEFA杯を獲得して欲しい。私は自分の責務を果たした。あとはピッチ上で彼らが結果を出す番だ。私はここ数年、クラブのために予算以上の私財を投じており、今季、結果を出すことができなければ、サポーターと同様の失望を感じることになる」また、28日の“ミラノ・ダービー”インテル戦については「ダービー戦勝利を私の誕生日(9月29日)プレゼントにして欲しい」。
●ジラルディーノは「これが本来のジラルディーノの姿だと思う。ACミラン在籍中の3年間で、自分が変わったわけではない。ただ、今は信頼されているということをより強く感じられる。その信頼感のお陰で、精神的に落ち着きを取り戻すことになった。そのことが、現在の好調につながっている」
●シェフチェンコが現在の心境を語っている。「再び俺は走り始めた。そしてACミランも同様に。俺は今も成長を続けている。練習が最も重要であり、ゴールは後からついてくるはずだ。チームはカルロ・アンチェロッティ監督のためにも戦っている。我々は常に1つにまとまっている。スランプに陥った時こそ団結することが大切だ。ラツィオ戦では素晴らしいパフォーマンスが披露できたが、シーズンは長い」
●オランダ・エールディビジ伝統の一戦、“デ・クラシケル(フェイエノールト対アヤックス)”が21日、スタディオン・フェイエノールトで行われ、2-2で引き分けた。
●ベンフィカの公式サイトは、同チームのホンジュラス人FWダビド・スアソが右太もも後部の筋肉を痛め、数週間戦列を離れることを発表した。同サイトによると、スアソは18日に行われたUEFAカップの1回戦、ナポリ戦(2-3で敗戦)で負傷したが、21日のMRI検査で故障の状況が確認されたという。同選手の負傷について、クラブは正確な回復期間は明言せず、「検査結果を考慮し、スアソは数週間試合を欠場する見込みだ」とだけ説明している。
●ユベントスは、負傷した右ひざの手術を行う予定のFWダビド・トレゼゲに続き、右外転筋(がいてんきん)を痛めたGKジャンルイジ・ブッフォンも10日間の戦線離脱となることを発表した。
●チェルシーのメディカルスタッフによると、デコは肉離れと診断され、全治まで約2週間を要するという。カルバーリョのけがは、より深刻だ。マンU戦で先発したものの、スタンフォード・ブリッジのピッチにわずか11分しか立つことができずに退場したポルトガル人センターバックは、ひざの靭帯(じんたい)を損傷しており、復帰まで3、4週間かかると見られている。
●“石油富豪”がチェルシーの計画を壊さなければチームメートになっていたかもしれないレアル・マドリーの元10番の選択に対し、バラックはこうコメントした。「選手は自分の決断に従って行動するものだ。でも、もし僕がロビーニョなら、マンCへは行かなかっただろう。選手としてのキャリアのためにレアル・マドリーからマンCへ移籍する、という論理はあまり説得力がない」
●数日中にもマンチェスター・シティ(マンC)の所有権を完全に手に入れるアブダビ・ユナイテッドグループは、サッカー界の移籍市場の常識を破壊しようとしている。ここ数日、マンCの獲得リストにピックアップされていると言われているのが、ジョン・テリー(チェルシー)、カルロス・テベス(マンチェスター・ユナイテッド)、カリム・ベンゼマ(リヨン)の3選手だ。マンCは、テリーに週給25万ユーロ(約3925万円)を支払う用意があるというが、チームの補強と同時に、チェルシーの大黒柱であるテリーを引き抜くことによってライバルの戦力ダウンも狙っているようだ。
●国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ワールドカップ(W杯)欧州予選に参加するグルジアのホームゲームを今後、同国で開催することを認めた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。